思いつくまま書いてしまった(笑)

はじめまして。皆さん、子育てに疲れていませんか?

・・・この言葉からはじまったこのブログ。

あれから、早いもので丸5年がたちました。

最初は毎日、時には日に2回更新していました。

当時中1、小5、小2だった子供たち。

現在は高3、高1、中1です。

ブログを始めたのは、長男が完全不登校となって半年ほどたった頃。

その前の数々の最悪なできごと。

問題は山積みだったけど、精神的には乗り越えかけたころでした。

私と同じように悩み苦しんでいる誰かに、その周りにいる人たちに、

あるいは

半年前の自分に、語り掛けたいことがいっぱいあった。

私の過ごす毎日が誰かの励みになってほしい、そんなことを思っていた。

そうか・・・あれから5年たったのね。

過去の記事を見ていると、ホント、たくさんの方たちにコメントを

いただき、勇気づけられたのはたぶん私の方。

全盛期(?)はコメント数がひとつの記事に46個とか

ホント、いろんな人がここにきてくれていたんだなあと思う。

交流していた方たち、半分、いやもう三分の二くらいの方が

ブログをやめてしまっている。

ブログ自体が削除されてしまっている方もいれば

何年も更新ない方も。

みんな元気でいるといいなと思う。


過去記事を読んでいると、

今の私は、あのころのようにちゃんと子供たちと向き合っているだろうか、

ベストをつくしているだろうかと、ふと思う。

家にいる長男、次男にもう慣れてしまった。

まあ、二人とも通信制高校なので

問題ないと言えばないのだ。

とくに次男に関してはなんの問題もない。(レポートなど自分でしっかりやっているし)

ただ、現在高校3年生である長男の卒業後の進路は決まっていない。

(いや、卒業さえ危ういかも?)

どうなるのか、全くわからない。

けど、なぜか私はあせっていない。

なんでだろう?自分でもよくわからないが

ひとつ言えるのは私が焦ってどうにかなるものでもないということだ。

もう18歳。

本人が決めるしかないのだから。

私は彼がどういう決断をするのか見守ることしかできない。

いや、もしかしたら私が必死になれば

専門学校や、就職に関しても、何かを決めてやることは出来るのかもしれない。

でも、いつまでもそんなふうに彼の人生に手をだすことが

本当の意味で彼のためになるとは、私には思えないのである。

中学が完全不登校。それが通信制高校へ進学したからといって

その先の進路がトントン拍子というわけにはいかないようだ。

本当の意味で彼が社会に出るのには、まだ時間がかかるのかもしれない・・・

彼が目覚めるのはいつだろう。


話はガラッと変わって仕事の事。

いやだった同僚が急に辞めることになりました。

正直、私は、いやみんなが 辞めtくれないかな~と思っていたんだけど

あまりに急でなんていうか、拍子抜け?って感じ。

「でも、まあよかったんじゃない?」とみんなで言っていますが。

今回、会社の対応はとても早かった。

普通ならば、急に辞めたいと言われても、すぐには職員を補充出来ないため

2か月ほど待ってほしいとなるのだが

(パートは1年ごとの契約なので本来は3月まではやめられないんだが)

今回は異例の早さで2週間ほどで退職となる。

せっかく本人が辞めるといっているんだから

気が変わらないうちに・・・という思いが見え見え(苦笑)

今まで何度も「やめる」と口にだし、

そのすぐあとに「やっぱりやめません」ということがあったらしいから。

だから、今回は本人が上司に辞めると言った次の日には

みんなに発表があった(苦笑)

実は私はその日のうちに・・・っていうか上司に言った直後に

本人の口から聞いていたんだけどね。「いるかさん、私辞めることにしたから」って。

本当かな~っと半信半疑だった。

と・・・

実はここまでは二週間ほど前に書いていた。

あとで続きを書いて更新をと思いながら二週間も過ぎてしまった(苦笑)

で、今日がその同僚の最後の日でした。

あの後の情報では、やはり「急じゃ大変だと思うから、もう少し働いてもいいです。」とか

何度も言ってきたらしい。

どうも、絶対引き留められると思っていて

辞めると言ったのはポーズというか、脅し?のつもりだったよう。

あまりにも立場や状況、人の気持ちを考えない態度を

少しきつめに注意したら

「申し訳ないので辞めます」といったらしい。

バカだねー、その言葉を会社が待っていたのも知らずに。

だってね~、ホントすごかったのよ。

具合が悪いとしょっちゅう休むし、

理由その1、椎間板ヘルニア

理由その2、坐骨神経痛

理由その3、メニエール病

理由その4、うつ病

っておいおい、ほんとだったら介護の仕事など無理だぞ。

あ、胃潰瘍ってのもあったな。

注射したら治ったと次の日、かつ丼食べてたけど。

そのほか、息子の交通事故、父親の交通事故、

娘の骨折、

試験勉強しすぎてめまいがする、

寝不足で倒れた。(寝不足の理由は仕事とは無関係)

ダイエットのしすぎでフラフラ・・・って全然やせてないんですけど。

私より10kgは多いって。いや、もっとかも。

つーか、試験もダイエットも会社で勧めてないってば。

いやいや、嘘見え見えだから。

でも、もっとすごいのは性格なんだ。

なにしろ、自分が気に入らないともろに感情丸出しだし

ずっと先輩の社員にも上から目線で指示するし

パートが口出しする範囲じゃないことも

思いっきり口出すし、

それで注意されると利用者さんや会社の上に「みんなが私をいじめるの~」って

ウソばっか言うし・・・。

そんなだから、もちろん利用者さんに対しても上から目線だし

デリカシーないし・・・

あはは(笑)

もうやめたんだからいいのに、私もよっぽどストレスためていたのね。

「いるかさん、あとは頼むわ」って帰り際言ってたけど

あなたに頼まれることは何もないから(苦笑)

けど・・・ちょっと可哀そうだなって思う。

ものすごく必死に「頑張ってます!!」「私は仕事ができます!!」と

アピールしまくっていた彼女。

人から認めてもらいたくて必死で

でも、人格、実力がともなってなくて、

休む時はただの風邪だと言えずにいろんな病気のふりをして、

自分で自分の首をしめていた。

優位に立ちたくて人のミスをことさら大げさに言い、

自分のミスはおかしいくらい下手な言い訳を繰り返したり

しらばっくれたり。

人によく思われたくて、人から認めてもらいたくて

そのことに必死になればなるほど

信用をなくし、嫌われて、必要のない人になっていった彼女。

私は彼女が嫌いだし、もう関わらなくていいことにホッとしているけれど

でも、ひょってすると、いや多分。

私の中にも彼女と同じものが存在しているかもしれない。

人からよく思われたいし、認められたいという思いは私にだって

少なからずある。一歩間違えば私だって彼女のようになってしまう可能性は

あるのだ。

反面教師だ、私にとっての彼女は。

そのことを忘れずにいようと思う。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年10月13日(日) 18時09分 | | 編集

茶目太 #-

どこにでもいますね。

 辞めてほしい人。いるかさんも、相当ストレスたまってしまったんですね。少し吐き出してさっぱりできたかな。私の職場には性格の悪さで『解雇』された人がいましたから(この経緯は別のブログで書きましたね。)、私も長いお勤め生活で(30年以上は仕事しています、転職続きでしたが)色々な人に出会いました。
 もちろん良い友達関係が続いている人もいますが、嫌な人もいっぱいいました。若いころは自分が辞めてしまえばそれでよかったけれど、年をとると簡単に辞めるわけにはいかず人生厳しいですね。50代になってからは仕事させてもらえるところがあるのが幸せと思いながら生きています。
 いるかさんの元同僚さんは、自分から辞めてくれてよかったですね。毒を撒いて生きている人が多いから、自分もそんな風にならないよう自戒して人に迷惑かけないよう生きていきたいなと思います。

2013年10月13日(日) 18時31分 | URL | 編集

けい #JalddpaA

こんばんは!

もう ブログ開設5年なんですね?
と言う事は 私はもう少したってしまったのかも😥
あの頃は 私も随分悩みを抱えていました。
でも記事を通して 色んな方と交流させて頂き 随分気持ちが軽くなっていたような気がします。

今の私は 更新が中々出来ずにいます。
気持ちは今日こそ・・・と思ってはいるのですが(苦笑)

職場の苦手な方が退職なさったのですね?
誰しも 心の中では同じような事を思ってはいるのでしょうが・・・
態度に出てしまうと 周りの方の対応が難しいでしょうね。
それも毎回では・・・。
私も 少し心に留めておかなければ!(*^^*)

どうぞお風邪等召したりなさいませんように!!!

2013年10月13日(日) 20時50分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年10月14日(月) 00時09分 | | 編集

亜子 #-

初めてコメントさせていただきます。私がいるかさんのブログを知ったのは今から3年前ぐらいだったでしょうか。
何度かコメントに書き込むものの結局全部消去してしまったりで(笑)、今回が初コメになります。
うちは、子供が2人。いるかさんちの上のお二人と一緒です。
男・女なのですが。
長男は高校進学もせず、小5からずっと引きこもっています。娘は中学が不登校、高校は通信制だけど通学スタイルのところに入りました。。。が、夏休みすぎから休んでます。たぶん、退学する予定です。
私も、まったくいるかさんといっしょで、なぜか焦っていません。

そうなんですよね、結局本人が動き出さないことには変わらない。
それを見守ることしかできないんだな~と、私もこの数年で学びました。
親の安心のために動かしても結局、本人の意思がともなっていないと。。ですよね。
本人が進学を決めた娘もなかなかうまくいかないようで、これも経験の1つだなーと、今回改めて実感しました。
うまくいってるかどうかで人と比べたら、いっていない事になるんでしょうけど、本人の人生を人と比較して評価しても仕方ないことなんですよね~。
世間ではそれが当たり前にされてますけどねー。
いるかさんは、お仕事もがんばっていらしてお子さんたちはそれを見ているだけでもすごく勉強になっているのじゃないのかな~。っておもいます。
陰ながら応援しています♪お体、ご無理のないようにがんばってくださいね♪

2013年10月15日(火) 23時07分 | URL | 編集

海のいるか #-

鍵コメさん

ありがとう!心強いです!!

2013年10月27日(日) 20時18分 | URL | 編集

海のいるか #-

★茶目太さん

お返事遅くなりました!
私もね、いろんな人見てきたんですが、今回の彼女はかなり強烈でしたね(+_+)
上も対応に困っていて・・・
だから急に辞めるといったとき、実はその前にやはり急に時短のパートさんがやめていて、あとこちらは出産のために今月辞めることが決まっている人もいて
彼女がやめれば一気に3人職員が減ってしまうという危機的状況にも関わらず
即、切りましたね。
今、3人辞めて、正直いっぱいいっぱいではありますが、振り回したり、がたがたする人がいなくなったから逆にそのぶんスムースです(苦笑)
私も彼女のようにならないように気を付けようと思います。

2013年10月27日(日) 20時29分 | URL | 編集

海のいるか #-

★けいさん

ご無沙汰しています!
コメントありがとうございます。嬉しかったです。

私も・・・中々更新できません(^_^.)
携帯から読み逃げが精一杯だったり・・・
ボチボチいきたいと思ってます。

本当に強烈な同僚でした。
会社が平和になりました。
まぁひとつ問題がなくなると、違う問題が浮上してきたりはするんですけどね。
今までと比べたら小さいもんです(笑)

頑張っていきたいと思います!

2013年10月27日(日) 20時42分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

お久しぶりです!!
コメントありがとう!

〉必ず1人はいそうな方ですよね
いやいや、そのレベルではないです。ちょっと病気の域に達していると思います。

〉もしかしたら自分にもある近い感覚だからこそ憎むべき部分なのかなって思ってしまう部分でもある・・・。
そうなんですよ。同じ要素が自分もどこかにあるんだと思います。
だからこそ、反面教師だなと。

どんな人との出会いも学びだよね。
心にとめておこうと思ってます。

2013年10月27日(日) 20時50分 | URL | 編集

海のいるか #-

★亜子さん

はじめまして。お返事遅くなりごめんなさい。
以前から読んでいただいていたんですね。
ありがとうございます。

そうなんですよね。結局親に出来るのは見守ることなんですよね。
うちの長男も高校ぐらいはでておきたいと自分で決めた進学でしたが
今、卒業が危ぶまれる状態です。
レポート・・・私がやってあげれば卒業はできるでしょうが、それはちょっと違うなーと。
去年は少し(いや、かなり)手伝ったけど、今回は放っておいてます。
なんとか自分の力で卒業してほしいのですが、どうかな・・・

親がじたばたしても始まらない。
ただ、どんな時もきちんと見守っていたいと思ってます。
お互い頑張っていきましょう。
肩の力は適度に抜いて(笑)

2013年10月27日(日) 21時00分 | URL | 編集

ひろこ #TY.N/4k.

読ませていただきました

思春期からとんできました

8年前 息子とバトルばかりの親でした

息子は 今 結婚し 子どもができました
きっと いいこと きます

あめは あがる
そう信じて 

お母さん
もう少しです(^_^)v

がんばんべー です<(`^´)>

2013年12月06日(金) 12時34分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。