色々

え~、色々と忙しくて順番がぐちゃぐちゃですが・・・

三男は4月4日に入学式でした。
制服を着るとやっぱりちょっと大人っぽく感じました。
小学校の頃は学年たった21人だったけど、
今は1年生は5クラスあり、175名です。
三男は副学級長になりました。
クラブはもちろん野球部に入部。
朝6時過ぎから朝練のために家を出て、放課後は6時まで部活で
帰ってくるのは6時半過ぎ。
朝雨が降り電車で登校した日は帰りは部活をしてくると電車の時間がちょうどいいのがなく、
家に着くのは7時半近くになります。ええ、真っ暗です。

家に帰るとごはんを食べてお風呂に入るとバタンキューで
寝てしまい、朝5時前に起きて宿題をやっています。
授業があるなしにかかわらず、英語、数学、国語は毎日宿題があります。
そのほかに、連絡帳に簡単な日記。
この4つは必ず毎日。休みの日も。
そのほか、たとえば社会は1週間に一度新聞のスクラップを提出などなど。
ま~、宿題でもないと家庭学習は中々しないからいいことではあるんだけど。
運動部に入った1年生は体力がつくまで大変です。
ただでさえ、アップダウンの激しい坂道を片道30分近くかけての
自転車通だしね。電車だと2駅。
高校生の生活みたい・・・
公立なのに遠いな~。

まあよく頑張っています。


次男はというと、4月16日の日曜日に東京まで行って(私も一緒に)
入学式に出席しました。
学校ではなく、ホールを借りての入学式。

通信制なので全国5か所くらいの会場での入学式です。
都合のいい会場や日にちを選び
出席するというシステム。

東京・・・会場まで特急電車などを乗り継ぎ
行きは3時間半、帰りは4時間かかりました。
疲れたよ~。

交通費、往復2人分で約2万5千円・・・

まあ、あとは年に1度、3泊4日でスクーリングに出席する以外は
完全に通信のみです。

レポートの提出も試験もすべてネットです。
楽は楽ですが、自己管理はしっかりしなくてはいけない。

ま~、少しずつ頑張っているようです。


長男は・・・書くことない・・・
そう、相変わらずなのです。
進級はしましたが、まだ3年になってから一度も登校していない。
もちろんレポートもやっていない・・・
おしりに火がつかないと動かないその性格は
ちょっと私に似ているが
私よりかなりひどいぞ。

う~ん。進路がかなり心配ではありますが
とにかく、この先は自分でなんとかしろとのみ言ってある。
卒業できなくても、高校の学費は今年度までしか払わない、
もちろんこづかいもやらないとだけ。
本人は卒業したら専門学校かどこかに・・と漠然と思っているようだけど
行くとしても、これだ!と思うものがあり、いや場合によってはそこまで
思いが強くなくてもいいけれど
しっかりと頑張ってやれないなら即辞めさせる、その場合入学金なども
あなたに返してもらうから、よく考えて決めろと。
しかし、就職だって簡単にはないぞと。
もちろんニートを養う気もなきゃ余裕もないと。

脅す気はないけど、停滞期が長すぎる。
3年前のあの時とは今は違う。
あの時はすべて、どんなことも受け入れてやることが
とても大切だったけど
その時期はもう過ぎたと思う。
そろそろ、少し突き放す時期にきている。
人から見れば、とっくに、なんだろうけど(笑)


さて、私。
仕事はとてもハードです。
ベテラン職員が二人やめ、新人が二人入ってきて
頭数は同じだけど、もちろん能力が違う。
当たり前だが。
新人に仕事を教えながら今までの倍くらい動かなければならず、
その上、看護と運転手も1人ずつ辞め、
送迎やらその他の負担も増えている。
朝なんて一人で3便飛ぶときもある。
で、帰ってきたら風呂当番の日は速攻着替えて風呂の介助だ。

でもまあ、忙しいながらも、
そして職員同士のごたごたなど色々ありながらも
やりがいのある充実した日々を送っているのもまた事実である。
入社1年3か月の私だけど、すっかり大きい顔してるしね(笑)

今年度から、会社の制度なども少し変わり
年度初めには一人ひとりが業務目標と能力開発目標をかかげる。
年度の中間と年度末にはその目標についての達成度や反省点を
あげる。

私が次に取るのは介護福祉士の国家資格である。
しかし、受験資格には3年の実務経験と
私が最短で受けられる試験からは
450時間の実務者研修を受け終えていなければならない。
あ、私はヘルパー2級を持っているから320時間だけど。

試験は28年1月(あ~、入社があと1週間早ければ27年1月に実務者研修なしで
受けられたのに・・・試験、年に1回しかないの。
そして制度が変わるのはこの私が受けられる試験から)

出来れば来年にはこの実務者研修を受けておきたい。
研修は6か月以上かかるからね。

あと1週間早ければ・・・と悔やまれるとこではあるけれど
でも、その代り今までは介護福祉士であってもさらに研修を受けなければ
出来なかった痰の吸引や経管栄養など、より医療行為に近いことも
この実務者研修を受けて取得した介護福祉士からは
すぐに出来るようになる。

で、私が介護福祉士になれるのはまだまだ先なのに(だいたい一度で受かるとは
限らない)
会社からはもう痰の吸引が必要な
IさんとSさんはいるかさんの担当になるからね、などと言われている。
研修は通信だが、7度ほど実務があり、当然仕事にも
影響を与えるが
会社側は協力してくれると言っている。

でもまあ、これはまだ先の話。
今の私がすることは、この準備(費用や勉強時間の確保など)と
そして、それ以前に日々介護技術の向上であったり
リハビリ体操、、医療など
関連すると思われる知識を増やすことであったり
ひとりひとりの利用者さんに寄り添うことであったり
そういうことだ。

介護は本当に奥が深い。
この間の研修で倫理観のジレンマというのがあって
たとえば、家族が嘘をついて利用者さんを入所させる場合がある。
これをどう思うか、と言うのに対し
嘘をついて施設に入れるのはよくないと
誰もが思う。
しかし、例えば認知があり、徘徊をくりかえし
何度も警察に保護されていたりして危険もある。
本人に判断能力もなく
家族は仕事もあり、24時間見ていることは不可能で
でも、どうしても本人が施設に入るのを拒否しているという背景があって
尚且つ、福祉サービスを駆使してもどうしても
自宅介護が困難であるという場合、
嘘をついて入所させた家族を責められるのか、となると
これは難しいところである。

こんなふうに介護の現場では正しいこと、間違っていることが
明確にできないことが多々ある。

ただ、少なくてもどうしても方法がないのなら
せめて優しい嘘をついて欲しいとは思う。

ああ、何が書きたいのかわからず
とりとめのない記事になってしまいました(苦笑)

PC開く間があまりなくて
書きたいことがいっぱいありすぎてまとまらなくなってしまいました。

とにかく、毎日頑張っています!(ちょっとまとめ方が強引かな、笑)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

ハート #-

さんの記事は楽しい!読んでいて元気をもらえます。いつもありがとうございます♪

2013年05月09日(木) 22時52分 | URL | 編集

アコ #-

はじめまして

初めてこちらのブログにお邪魔しました。
すごく素敵なブログですね!

またお邪魔させていただきます(^O^)

2013年05月30日(木) 11時43分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年06月12日(水) 16時11分 | | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

No title

お久しぶりです。
三男君、入学おめでとう・・・ってもう夏休みですね。
勉強に部活に頑張っているご様子。
大変だけど大きく成長するよね。
提出物だけはシッカリ出したほうがいいよ。

いるかさんも忙しいながらも充実した様子が伺えます。
応援してます!!

2013年07月17日(水) 08時13分 | URL | 編集

#-

★コメントくれたみなさんへ

コメントありがとうございます。
お返事とてつもなく遅くなり、ホントごめんなさい。
子供たちはそれぞれですが、とりあえずみんな元気です)^o^(
今はそれでOKです!

2013年07月18日(木) 21時47分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。