昨日、今日と三男は修学旅行でした。

行先は東京。

一日目は国会議事堂、東京タワー、そして東京ディズニーランド!

夕飯もTDLで好きなメニュー(値段・店は決められているけど)を選べて

一緒に回っているメンバーと好きな時間(TDLにいる16:30~20:55の間)

に食べていい(その店には常に先生の一人はいる)、ホテルは

TDLの近くで3人一部屋。もちろんベットで

風呂は部屋のユニットバスという、私が小学生の時とは全く違う自由さだ。

二日目の昼は浅草のホテルでスカイツリーを眺めながらバイキング。

一日目の夕方には、町を通じて家庭に一斉メール。

「6年生全員元気に一日目を過ごしています。今はディズニーランドで

楽しんで乗り物にのっています」

う~ん、時代は変わった!

今日の6時半ころ、学校に着き、どうだった?と聞くと

「スペースマウンテンに3回も乗ったよ!」とのこと。

とりあえず、元気に帰ってきて(風邪ぎみだったのだ)よかった。




最近、職場や学校、野球の親の人間関係で

色々思うことがある。

今日も野球の5年生の親と6年生の親のちょっとした誤解があり

なぜか私が間に入り誤解を解いたのだが(どういうわけかどこへ行っても

私はこういう役回りが多い)

なんていうかさ、蓋をあけてみれば

ほんの些細な行き違いなわけよ。

お互いが腹を割って話せば、大したことなく済むんだけど

それをしないで深読みしちゃうから

ややこしいことになる。

私が間に入って・・・と書いたが

どちらにも相談されて私がお互いの言い分、疑問を聞き、

角が立たないよう相手に伝えただけのこと。

ただ、職場ではこれは中々できず

双方の話をただ聞いてるだけのことが多いんだけどね。

どうして大人になると、裏のうらを見ようとしたり

思い込んだりしちゃうんだろう。

もちろん私にもそういうところがあるんだけどね。

人を信じることにも自分をさらけだすことにも臆病になるんだよね。

たぶん、今までの経験で傷ついたことや

バカを見たりしたことが

そうさせるのだろうと思う。

自己防衛というか、学習してきた結果というか。

けど、それって本当にかしこいことなのかなって。

だって傷つかないようにしていることで

逆に傷が大きくなっていることがいっぱいあるように思うから。

難しいね、大人は






関連記事
スポンサーサイト

コメント

ピオーネ親父 #-

う~ん。
有るよね。
自分も 傷つくのが嫌で 知らんぷりとか
自分のいいように解釈とか そんな事 沢山有るよね。

いるかさん いろいろ苦労してるから 人の気持ちわかるですね。
だから 人の間に立てるんですよ。

2012年11月08日(木) 22時48分 | URL | 編集

ひめ #-

三男君 豪華な修学旅行ね。。。

そうかぁ タワーの向こう側にいて 眺めていたのね。。。

楽しい思い出たくさんできたんでしょうね。。。


ん~ 大人になればなるほど大変で面倒な人間関係。。。

≪ 卒業 ≫ といういい区切りもないしね。。。

相変わらず?? 忙しいのに ややこしい事に巻き込まれているんですね。。。

身体に気をつけてくださいね

あっ!! 心 もね 

2012年11月09日(金) 10時42分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

修学旅行は私たちのころとはぜんぜん違うよね。
すごく自由で。
その分、先生は大変だろうけど。
三男君満喫したかな?


PTAとかでも学年が違うと敵対したりするよね。

「今年の人たちはこうだよね」

みたいな。
不思議でしかたない。
私は次男の親なだけあって、裏を読むとかが苦手だからのほほんとしてるけど、
深読みして何でもネガティブにとるひともいるよね。

同じ言葉でも、何も思わない人もいれば、傷つく人もいる。
難しいね。

2012年11月11日(日) 22時15分 | URL | 編集


トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

2012年11月13日(火) 05時47分 |

-

管理人の承認後に表示されます

2012年11月13日(火) 05時47分 |

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。