次男

ずっとお返事も書かずにごめんなさい。

皆様のところへもなかなか行けず、読ませていただいてもコメントも出来ず

更新も中々出来ないこのブログに訪問してくださり、コメントまでいただいて

本当に感謝しています。

しばらくはお返事はそちらへ伺って書かせていただきたいと思います。

遅れるかもしれないけど許してね。





今日は次男のことを書きたいと思います。

次男が完全不登校になったのは中1の夏休み明けから。

細かいことは過去記事に書いてあるのではぶきます。

1学期の終わりころにはほぼ欠席状態になり、行けても

私と一緒に放課後ちょっと顔を出すという感じだったと思う。

夏休みの終わりころ、私が子宮頸がんのため子宮摘出手術をしたため

二学期が始まっても車で送ることが出来なくなり

完全に行けなくなりました。

すでに家には完全不登校の長男もいたしね。

手術前にこうなる覚悟はしていました。

私は長男のときの経験から

心の安定がなにより大切であることはわかっていたから

登校するしないより、精神的に安らげるよう、笑っていられることを大切にしてきました。

あ、このことに関しての批判は受け付けてませんから(笑)

次男の場合は長男の時のように荒れたりということはありませんでした。

わりと穏やかな日々。

しかし、そのまま停滞しているという状態。

どのように背中を押すか、タイミングはいつか、

これは、長男よりわかりづらかったかもしれない。

スクールカウンセラーの先生と私は月1で会い、(中1の間は週1だった)

「お話を聞いていると次男くんは精神的にとてもいい状態のようですね」

「はい、安定はしていて穏やかではあるんですが、まだ一歩は出せません」

「とにかく、心が安定していることが一番ですから。お母さんは

よくわかっていらっしゃいますが、無理に背中を押して心が不安定になるのが

一番よくないですからね。まあどこかでいいタイミングで背中を押してあげることは

必要だけど・・・まだそのタイミングではないようですね・・・」

という会話を繰り返していた。

その中で、外出出来なかったのが私と一緒に買い物や外食、

ボーリングなど行けるようになり、

一人でコンビニも行けるようになり、と本当にわずかずつ

変化が見られ

この夏には友達とも会い、

そして2年ぶりに放課後私と一緒に学校へ行き

週1で放課後登校できるようになって1か月半。

ついに昨日、自転車でひとりで学校へ行きました。

卒業写真を撮りに。

中2になる時にクラス替えがあったので

中3の10月になってはじめて今のクラスメートたちの中に入っていったことになる。

私は仕事だったため、本当に行けるかドキドキしていたけど

仕事から帰ってきたら「行ってきたよ」といい顔をした次男が待っていた。

そして今日も仕事から帰ったら制服が脱ぎ捨ててあって・・・

昨日はクラス写真、今日は個人写真の撮影だったみたい。

先生から「自転車置き場で待っていたら汗だくで頑張ってきてくれて

感動した」と電話があった。

クラスの子たちも喜んで迎えてくれた様子。

誰がなんと言おうと大きな一歩だと思う。

私、嬉しくてこっそり泣いちゃいました。











関連記事
スポンサーサイト

コメント

vanilla #-

次男君の大きな一歩に 私も嬉しくて泣いちゃいました。。。

次男君 これからも無理をせずに 
少しずつでも良い方向に変化してくれるといいですね。

2012年11月01日(木) 08時03分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012年11月01日(木) 09時34分 | | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

うわー!!
何か鼻の奥がツーンと・・・・

「行きなさい」という言葉を飲み込んで見守り続ける・・・
それがどんなに大変なことか。
本当によかった。
私もうれしいです!!

2012年11月01日(木) 21時08分 | URL | 編集

ふぃる #-

良かった^^
目には見難くても、しっかりと次男クンも心の成長してるね^^
いきなり学校に1人で行くのは勇気がいると思う。
誰かが居て、背中を押してもらって
一緒に行くのとは全然違うもん。
本当に良かった^^

2012年11月02日(金) 23時11分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。