施設実習

昨日、今日の2日間特別養護老人ホームへ施設実習に行ってきました。

最期まで・・・という長期入居者が70名、短期入所が15名の施設。

寝たきり4割、車いす4割、歩行器使用を含む自力歩行可能者が2割

認知症は4割強だ。

私が担当したのはそのうちの30名くらい。

といっても、私は介護者ではなく実習生なので

一人で勝手にトイレに連れていったりベットから車いすへの移乗などは

してはいけない。

(職員がOKを出せば出来るけど)

利用者さんは私を介護者と思っている人も多く

(実習生だとあいさつしているが、わかってなかったり忘れたり)

でいろいろ頼んでくるけど、そのつど担当ヘルパーに伝えて

指示を仰がなければならない。

認知症の人が多いので

ずっと歌を歌っている人、話しだしたら止まらない人、

逆に無反応の人、ときどきうなったり、怒鳴ったりする人など

様々で最初は戸惑った。同じ事を3分おきに聞いてくる人もいたしね(^_^;)

この二日間で私がやったのは

食事介助、排泄介助、移乗介助、入浴介助(着脱介助)、口腔ケアなど

一通り。

食事介助以外はヘルパーさんと一緒にだけどね。

「慣れてるね、どこかで働いているの?」

「働いてません。はじめてです」

「おうちにお年寄りがいる?」

「いえ、いません」

「どこの実習生さん?」

「二○イ学館です」

「あ~、あの厳しい・・・」

厳しいんだ、余所知らないからな~。

慣れてると言われたのは技術ではなくたぶん、声かけだろう。

スクーリングでうるさいくらい声かけが大切だと言われたから(笑)

誰彼かまわず話しかけたりしてたし、(お風呂上がってきたら、

「さっぱりしました?お茶のみましょうね。」とか、車いす押すときは

必ず「動きますよ」とか。)

緊張はしていたんだけど、そう見えなかったみたい。

施設長、相談員さん、介護チーフ、リーダー、

それぞれにうちで働かないかと言われた。

例の施設経営の話はなくなったし、迷うところ。

ネックは夜勤なんだよね・・・。

あ、話がそれた。もとに戻すね。

デイサービス実習でもそうだったんだけど、ここの施設でも

たとえゆっくりでも、歩けるなら

歩いてもらう。、片側麻痺で着替えや移乗が自分では出来なくても

たとえわずかでも動ける部分は動かしてもらう、など

不自由な部分はあったにしても、残っている機能は充分に使うということを

大切にしている。

人間の体って(いや身体だけじゃなく心も)使わないと

衰えていってしまうから。

手すりにつかまってやっと車イスで移動している人を見ると

つい手を貸したくなるけれど、それは本人のためにはならない。

けど危険がないかだけは見守っていないといけない。

なんとなく子育てに似てるよね。

やってしまえば早いけど、本人のためにはたとえゆっくりでも

待ってあげなきゃいけない。

認知症の方とのコミュニケーションでは

*笑顔やスキンシップ、優しいしぐさで感情に働きかける

*失敗も危険を伴うことでなければ否定せず受け入れて

 正しい行動を思いだすきっかけを与えるようにする

*現実のことだけを要領よく手短に伝える

などが大切。

認知症になってもプライドは絶対になくならないから

自尊心を傷つけるようなことはNG。

事実と違うことでも、今のその人にとってはそれが真実ということも

あるようだ。

介護というと、なんだか暗いイメージがあるけれど

なんていうか、特別なことではないんだなと思った。

うまくいえないけど、誰でも老いていくじゃない?

普通の日常というか・・・

といっても、やっぱり介護度の高い人(認知症も含めて)を

家族だけで見るのは大変だと思う。家には設備だってないしね。

ほとんどの場合、女の人(嫁とか)の肩にのしかかってくるしね。

入所待ちの人も多いのだという。

施設に入れるのは冷たいとか言われた時期もあるけれど

いや、今でもそう言う人はいるけれど

ストレスのたまった家族と思い通りにならない身体を抱えて

家庭で過ごすことが幸せだとは限らない。

確かに家族と一緒にいて幸せな人もたくさんいるだろうけど。

なんでもそうだけど、一概にどの選択が正しいとは言えないよね。

高齢者社会の今、介護の問題は誰にも訪れることだよね。

何かの形で役にたてたらいいなと思う。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

関連記事
スポンサーサイト

コメント

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年12月23日(金) 00時39分 | | 編集

ふぃる #-

声かけ、本当に必要ですよね^^
それが自然と出来るいるかさんに期待をしての
誘いなんだと思う^^
必要としてくれてる職場があるのって良いよね^^
夜勤は悩みどころだけどね^^

2011年12月23日(金) 20時57分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

私にとってはタイムリーなお話ですね。
特に「3分毎に同じことを聞いてくる」あたりが・・・
できることは自分でやってもらう・・・その通りだと思います。
やってあげたほうが楽だし早いんだけどね。
いい施設のようですね。
ちゃんと人としての尊厳を大事にしてる。
実は病院の予定などを以前は私が姑の手帳に書いちゃってたんだけど、今は自分で書いてもらうようにしてます。
書いても忘れちゃうのかもしれないんだけどね。

事実と違うこともその人にとっては真実かもしれない・・というのもその通りですね。
最初はどうしたもんかと思ったけど、今は姑の言うことを尊重してます。
「へぇ、そうなんだぁ」って。

またいろいろ教えてくださいね。
とても参考になりました。

2011年12月23日(金) 22時41分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

やっぱり二○イは厳しいんですね。
ま~、その方が仕事に着いた時はいいのでしょうけど。

介護施設に入るか入らないかは人それぞれだけど
どちらにしても介護の問題には突きあたりますよね。
そうですね、上手に年をとりたいもんです。

2011年12月25日(日) 11時11分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ふぃるさん

本当に一言あるのとないのは違いますよね。

誘ってくれる職場があるのは嬉しいです。
ちょっと心動いたけど
やっぱりまだ夜勤は無理かなー。
夜から朝、登校までに帰ってこれないし。
野球も最後の1年だから土日もあと1年は
いてあげないとかなって。
しばらくはパートでやっていこうと思います。

2011年12月25日(日) 11時21分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ yuyuhayaさん

他人が仕事としてやっているにはイラついたり
しないけれど、家族の場合は認知症は大変だろうなと
思います。いろんな思いがあるだろうしね。
出来る事はやってもらうというのは大切だよね。
やらなければ益々出来なくなるから。

そうですね。いい施設でした。
認知症の方のために廊下が回廊になっているの。
ぐるっとつながっているから
迷っても大丈夫。
とにかく歩けば目的地につくから。

うんうんて聞いてあげると安心して
話してくれたりするんだよね。
気持ちが落ち着くのが一番だよね。

2011年12月25日(日) 11時33分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。