長男・次男

今朝、また長男と派手にやらかしてしまいました。

といっても、3~4年前と比べたら平和な喧嘩ですが(^_^.)

お互いに手は出ないもの(笑)

それともう一つ成長したのは(二人ともね)

派手に怒鳴りあった後は、落ち着いてお互いの気持ちや

状況を話し合えるようになったこと。

なのでまぁ喧嘩も悪いことばかりじゃありません。

今、長男の前に立ちはだかる壁。

逃げたい気持ちはわかるけど、いつかは乗り越えていかなくては

いけないこと。

逃げればその時は楽だけど、

思い描いている未来は手に入らない。

不登校の時期が長いほど、その後の課題は多くなる。

人間関係(対人恐怖も含めて)、学習のこと、スケジュールの決まった生活。

とくに、いじめを経験した者にとって

何かを断るということ一つとっても怖いことなんだと思う。

しかし、嫌なこと、出来ないことはきちんと断る勇気を持たないと

付け込まれる。たとえ相手がいじめっこでなかったとしても。

怖がるから怖い相手になってしまう。

そんなことのために、思い描いている未来が手に入らないのは

すごくもったいないではないか。

けど、本人もそれはわかっている。

乗り越えたいという気持ちもある。

だけど、なかなか勇気が持てずに一日延ばしになったり

ほかの理由を無意識に探したりする。

本当は長男にはもうそれを乗り越えていける力がある。

本人が気づいていないだけで。

だから、私は頑張れと言い続ける。

彼はもう以前のような飛べない鳥ではないから。

なんだかよくわからない話でごめんね。




昨日は中学のスクールカウンセリングの日でした。

夏休み中の二男の様子を聞かれ

「とくに変化はありません」と。

一緒に出掛けたのは花火だけ。

「リズムは夜型、昼型を繰り返しているということでしたけど

今はどうですか?」

「ここのところはまた夜型ですね」

「食事の時間は?」

「それは、うまい具合に朝6時ころ食べて、昼も普通に食べてから

寝て、夕方7時くらいに起きて食べるという感じなので

三食食べる時間は普通とそんなに変わりないです」

「じゃあ、寝る時間はズレているけど三食はきちんと取れているんですね?

食事は一人ですか?」

「いえ、そんな感じなのでだいたい一緒に食べてます」

「それなら、そんなに心配ないですね。リズムについては

カウンセラーによって考えは様々ですが、僕はお母さんと同様に

逆転している時期があってもしょうがないと思っています。

精神的にはどうですか?落ち込む様子やすぐにカッとするというようなことは?」

「それは、まったくないですね。穏やかです。」

「じゃあ、○○くんは○○くんなりに今の生活を安心して

安定した日々を過ごしているんですね」

「そう思います。なので、逆にこれからどうしていこうかなと

思ってしまいます。」

そうなのだ。同じ不登校といっても、長男の時と次男では

全然タイプが違う。

長男は精神的に不安定な時期があったし、学校のがの字も言えない時期があった。

けど、次男にはそれはなく、精神的に安定しているし(学校へいかなくなってからは

とくに)「そろそろ学校行ってみない?」なんてことも

平気で言える。

もちろん答えはNOなのだが、私のこの発言に不機嫌になることも

落ち込むこともなく、ただ淡々と「行かないよ」と

言うだけである。

私がしつこく言わないせいもあるとは思うけど。

「お母さんが今の状態を受け入れているから安定してるともいえますよね。

ただ、不登校経験者の中には『あの頃、背中を押してくれたら復帰できる状態だった』と

話す子もいるんです。ま~、そう話すのはあとからですけどね。

だから、今のように時々は学校について投げかけるということは

していた方がいいと思いますよ。追いつめるほどいうのはいけないけど。

今のお母さんのやり方で様子を見ていれば大丈夫だと思います。」

次男の場合もまた長期戦になりそうだ。

覚悟はできているけどね。

それから、先生のお子さんのことや

長男、三男の話、次男の過去の話など

いろいろ話して一時間の面談は終わった。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか


関連記事
スポンサーサイト

コメント

junmama #xmZaWf.c

そうか~。断る勇気。

これって、ホント、難しいことかもしれないね。
いろんな事を考えてしまう。

恐いかもしれないけど、長男君はきっと乗り越えられると思う。
乗り越えられた時に、自信となるんだろうね。


2011年09月01日(木) 11時16分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年09月01日(木) 14時37分 | | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年09月01日(木) 23時17分 | | 編集

海のいるか #-

★ junmamaさん

手を貸すよりも見守るほうが親にとっては大変だけど
自分の力で乗り越えてほしいって思います。
だから、応援しながら背中を押しています。
乗り越えられると信じています。
ありがとう。

2011年09月03日(土) 19時58分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

ありがとう。
教えていただいたサイト見て見ました。
長男にも見せられるといいのだけど
ストレートに言っても素直に見そうもないので
上手に教えられたらなーと思います。

自分の力で乗り越えないといけないことも
あるんだよね。そうしないといつまでたっても
進めない。
だから、見守ります。
背中、押しながらね(^_-)-☆

2011年09月03日(土) 20時04分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

生活リズムについてはいろいろな考え方があるけれど
長男、次男を見ていて思うのは
少なくてもこの子たちの場合は肉体的にも精神的にもコンディションがいい時はリズムもよくなります。
逆転しているときは、元気になりきれていないとき。
そこを無理に整えようとすると
精神的に余計に元気がなくなります。
不安定になる。
なので私はあえて何も言いません。

↑の記事を見てもらえばわかりますが
私が最初から理解ある母だったわけではありません。
今思うと胸が痛みます。
あれが長男の心の傷を深くしてしまったのだと思います。

息子さん、また悲しい目にあっているのですか?
大丈夫?

2011年09月03日(土) 20時15分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。