三男(^◇^)と う~ん・・・

金曜日はラジオ体操、学校プール、野球練習。

昨日は一日野球練習と毎日頑張っている三男。

今日は大会の予定だったんだけど

雨で延期に。グランドの状態も悪いということで

練習もなしになった。

「今日は打てそうな気がしていたのに」かなりがっかりの三男。

昨日の練習で初ホームランを打ったようで

手ごたえを感じていたみたい。

がっかりの原因はもう一つあって

今日は子供会のお楽しみ会で、ま~、ちょっとした日帰り旅行というか

ちょっと遠くまで行ってマイハシ作りや五平もちを作る体験を

したりするのだが、大会のためそちらは諦めて申し込みをしなかったのだ。

野球をやっている子でも4年生以下の子はお楽しみ会を

選択していたのだが。

けっきょく、何の予定もなしになってしまった・・・。

と、電話。

支部長さんからで「野球中止ならお楽しみ会来ない?」と。

「いいの?」「うん、大丈夫だよ」

三男 やったー

この地区で野球をやっている子は6年生一人と5年の三男、あとは4年生以下。

その6年生の子も行くことになって

元気に出発していった。

よかったね。




三男と同級生で今年から野球をやりだした子がやめたいと言っているらしい。

その子が入ったのは今年だが現在中1のお兄ちゃんがずっとやっていたので

ちょくちょく来てはいた。(兄ちゃんは1年生からやっていたらしいので親はチーム7年目)

その子の両親がちょっと変わっていて・・・

お父さんは、良く知らないがおたく系変わりもの。

お母さんは・・・なんて説明したらいいだろう。

かんたんに言えば、怠けもの?

お兄ちゃんのとき、ユニフォームに穴があいていたり

グローブがボロボロだったりということがあって

怪我をするといけないから、縫ってあげるか新しいの買ってあげてとか

監督、コーチに言われても長期間そのままだったり

試合では5、6年生の母はスコアをつけたり、

ピッチャーの玉数を数えたりする仕事があるので

試合開始の遅くても15分前には行っていなければならないのだけど

いつも来るのは試合の途中。(結果、仕事は出来ない)

で、これを言ってはなんだが、その~いつも髪はベタベタボサボサで

身体に悪いくらい太っている。冬は服もほこりだらけ。

仕事はしていなくて、そこの家の子供が言うには

寝てるか、パソコンいじっているか・・・らしい。

それだけならまだしも、自分はそんな状態なのに

人には偉そうに色々言ったり、ベンチの子供たちに説教したりする。

子供に説教・・・はみんなするのだが

普段きちんとサポートしているからこそ言えるのだし

子供たちもわかっているから聞くけれど

彼女の発言には子供たちも聞き流している感じ。

何かでカレーなどを作り、それが余れば

そのときばかりはいつにない素早さで家から鍋をもってきて

真っ先に持って帰る・・・。


昨日の朝、練習が始まる時間に来て監督に

子供がやめたがってると行った時

私はたまたま傍にいた。

理由を聞く監督に彼女の口から出た言葉は

「声を出していたのに、声が出ていないとコーチに怒鳴られた」

おいおい、その程度で?

それは子供にとってはショックかもしれないが

その程度のことは日常で

そんなんでやめていたら、今頃誰一人いなくなっている。

試合中、熱くなった監督やコーチからは

そこまで言わなくても・・・と思うほど

罵声が飛ぶ場面も多々ある。そこをフォローするのもまた親の役割じゃないのかな。

けど、みんな心の底で

子供がそう言っているからというのは口実で

本当は自分がいろいろと面倒くさいんじゃないか、と

感じていた。

来週は合宿で母たちには一番大変な時間になる。

合宿所、グランド、家を行ったり来たり。

朝は6時には合宿所に行って朝ごはんを作らなくてはならないし。

でとりあえず、昨日、今日は休むと言った後で

「私お茶当番なんだけど・・・どうしよう」

これは誰か変わってくれないかなということ。

でも、普段が普段だし、今正式にやめたわけでもないし

お茶当番のとき子供が欠席しても、みんなお茶だけは持ってきてるし・・・

とみんな無言でいると

監督が「子供の状態と当番は別なのでお茶はお願いします」と。

「わかりました。3時(練習終了時間)にまた取りにきます」

で、3時・・・お迎えに。

実際は3時に練習を終了してから、グランド整備、整理運動、

かんたんなミーティングをするので終わるのは3時半近い。

が、3時半過ぎても彼女がくる気配はない。

お茶は3時には片付けてもいいんだけど。

とりあえず、私が使ったコップやタオルなどを片付けたが

来ない・・・。

「来ないね」「来るって言ったよね」「寝てんのかな?」

「どうする?」と母たちと話していると

父たちが、「やめたいっていってんだって。俺らがあの父ちゃんに

冗談で次期会長やれっていったからかな?」と。

あらあら、父たちは父たちでそんな話になっていたのね。

しかし、誰もが子供の気持ちではなく、親の都合ではないかと

思っているということだ。

もし子供の気持ちより親が面倒だからという理由なら

子供が可哀そうだよね。

中には仕事がいそがしいから野球はやらせられないという人もいるけれど

そういう事情の人には手を貸すし、それでも無理と言う場合は

家庭の事情なので仕方ないとは思うけど

一度入れておいて・・・というのは・・・

最近は土日出勤になってしまった母も何人かいるけど

出来ないことはしょうがないから出来る事をしてもらってる。

それを悪く言う人はいない。

けど、出来るのにやらない人に対しては厳しい。

当然といえば当然だ。

みんなが口にする。「子供が可哀そうじゃん・・・」

とりあえず、監督がその子供と直接話をしてみると言っている。

どうなるかな・・・。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか



関連記事
スポンサーサイト

コメント

みやママ #-

ご無沙汰です。7月は何かとバタバタなのに加えて体調も悪かったりで(;_;)生理が3回もあって 卵巣も腫れてるって。薬を飲んで 様子見てます。ブログはずっと拝見してました♪ イルカさんのいろんな葛藤や不安に 私は何もできなくて…。でも去年の秋にイルカさんのブログに出会ったおかげで 今私は次男に落ち着いて向かい合えています。子どもたちの話だけでなく その他の話も またまた うまい事言って~ って思われそうだけど 似たような事が起こって 聞いてたから 慌てずに済んだり とても心強い存在なんです(^O^) もし やめられてたら 寂しかったです。ゆっくりでいいので また いろんなお話 聞かせてくださいm(_ _)m
イルカ家の頑張ってる様子が私を元気にしてくれてます♪
また コメント書いたり拍手送ったり しますね♪

2011年08月01日(月) 13時10分 | URL | 編集

海のいるか #-

★みやママさん

身体、大丈夫ですか?
無理しないで大事にして下さいね。

ありがとうございます(*^_^*)
そう言ってもらえて、やっぱりやめなくてよかったなと
思います。なんだかバタバタとしていて
単なる日記になってしまうことが多くなってしまいましたが、無理しないで続けていこうと思います。
よろしくです!

2011年08月03日(水) 11時51分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。