三者面談

昨日は長男の高校の三者面談でした。

最近、たまに欠席することもあるのですが、

それでも出席率はいい方だそうで(単位制なので出席日数は関係ない)

レポートも多少遅れ気味のものはあるものの全く問題ない程度らしい。

学校での様子も友達(主に先輩たち)と楽しくやっているようで

学習態度もいいみたい。

中学で全く勉強していなかったのでわからないところはあるけれど

真剣に聞いているので理解も早いということ。

つまり、まあ心配なことは特になしというわけだ。

それはいいのだが・・・

いきなりBの話になり・・・

長男にむかって

「メールでやりとりしたりはしないの?声かけてあげたりしない?」と。

私はいつも横から口を出したりはしないのだが

このことに関しては言っておかなくてはならない。

「他の先生にはお話してあるのでご存知だとは思いますが、

長男はBくんともう一人の子からずっと暴力を受けていたんです。

なので入学式の日に同じ学校だと知って正直すごくショックでした。」

「はい、聞いています。しかし次の日二人で親しく会話をしていたし

ふたりにとってはもう過去になっているのではないでしょうか?

これからいい友達付き合いができたらいいんじゃないかと・・・」

すごく詳しく話したわけではないので

先生はわかっていない。

長男がどれだけ心の傷をおったか、

どれだけの思いをして乗り越えてきたか。

それは簡単に消えるものではない。

たとえ表面上、どう見えたとしても。

「自然にそうなっていくのならそれはそれですけど。

じつはこの子にも話していないのですけど

入学式の日、Bくんのお母さんから電話がありまして・・・

学校へ通えないかもしれないから声をかけてほしいというような。

でも、長男が自ら声をかけるならとめはしないけど

まわりから長男にBくんに声をかけてあげてとは言って欲しくないです。

それは違うと思います。

うちの子はあの子にいじめられていたんですよ。なぜ、学校へ誘ってあげなければ

ならないのですか?」

「そうですね・・・。実は一生懸命連絡をとってずっと話しをしてきて

6月から登校しようということになっているんです。

二人が過去にいろいろあったにせよ、これからは新たに

いい友達としての関係を築いていけたら一番いいですよね」

う~ん・・・。

先生には悪いがそれはどこかの学園ドラマだ。

時間がたってそういうこともあるかもしれないが

それにはかなりの時間が必要だし、

その必要性も感じない。

過去にいろいろあったが、今は吹っ切れてどうということはない、

それで充分だと思う。というかそこまでこれた長男はそれだけですごいじゃないかと思う。

友達でいなきゃいけない理由はどこにもない。

長男がBと話がしたいと思えばすればいいし

一緒に遊びたいと思ったらそれもいい。

けど、それはあくまでも長男が決める事だ。

誰とでも仲良くすることだけがいいことだとは思わない。

付き合わない選択をすることだって時には必要だと思うのだ。

だから・・・放っておいてくれ。

せっかくここまで来た長男にそんな負担を背負わせないでくれ。

「さっきも言いましたけど、二人が自然にそうなるのなら

それもありだとは思います。でも正直言ってそれが一番いいとは私は

思っていません。暴力だけでなく、遊び方、付き合い方にも問題がありました。

ふたりとも成長して、変なことにはならないとは思いますが

それでも心配は心配です。」

どこまで伝わったかわからないが、とりあえず私の考えは話した。

学校側としてはBも登校させたいのは当然だろうと思う。

でも・・・。

帰りながら長男に

「先生に言われても無理にBと連絡取る必要はないからね」と言うと

「わかってるよ。取る気もないよ。

もう、あいつなんて関係ない。一日来た時いっぱい話したのは

他に知り合いがいなかったからだよ。来たらきたで普通に話しはするけど

特別どうということはない」

入学式に言っていたことと変わりはない。

私よりどっしり構えてる。

先生の話をいい意味で流すということもいつの間にか出来るようになっている。

以前は全部ストレートに受け止めていちいち大きな反応をしたり

強い反抗を示したり、逆に気にしすぎたりして

けっこう大変だったよね。

ある意味純粋すぎて傷ついてた。

不器用で痛々しかった長男がいつのまにか

たくましく、大人になっていっている。

ま~、まだまだ子供の部分もいっぱいあるけどね。

しょうもないこと言うこともあるし。

でも、なんていうか鎧というか

武装?というか

そういう余計なものを脱ぎ捨てた気がする。

それは私も同じかもしれない。





blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年05月26日(木) 01時54分 | | 編集

はるか #3cXgguLU

わかります。
先生もその子の親も必死で
長男君に動いてほしいのかもしれないけど
そんなのいまさらする必要ないと思う。
きて話しかけられれば
無視するつもりはないのだし
あくまで自然にまかせればね

長男君は、もう大丈夫だね^^

2011年05月26日(木) 09時27分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年05月26日(木) 10時30分 | | 編集

junmama #xmZaWf.c

この担任、今までの経過をよく知らないから言えるのかな(;;)
でも、この問題は、長男君とは関係ないような気がするの。
Bが学校に来ないのは、長男君がメールしたり、声かけしても解決しない。
B、本人の問題であって自分で解決しないといけない。自分自身が乗り越えなくちゃいけない問題だと思う。
それを長男君に求める事は担任は、お門違い。
長男君の気持ちを考えているのかな?!
いるかさんが横から口出した気持ち、分かるわ~。

長男君、ホント成長したね(^^)
逞しく感じます!!

2011年05月26日(木) 15時11分 | URL | 編集

猫亀さん #-

それでいいと思います。

2011年05月26日(木) 20時50分 | URL | 編集

ふぃる #-

その先生って、きっといじめがどんだけ
その子を傷つけ、自分に対しての自信を無くすか知らないのかな?
そこまでされてて、どうしてこちらから手を差し伸べてあげないといけない?
過去の事と割り切れるほど、些細な事じゃないのに。
逆に、私はその先生の言葉が長男君を傷つけてないか心配です。
自分は優しい人間じゃないのか?とか考えてない。
そういった事をするのは優しさじゃないと言ってあげたい。
しかし、読みながら腹が立って仕方ないです(ーー゛)

2011年05月26日(木) 21時08分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

長男君、本当にどっしりしてきたね。
腹が据わったし大人になった。
なんて知ったかぶりしてすいません。

でも、この先生の言ってる事って一見、正当なことのように聞こえるけど、長男君に押し付けてるだけだよね。
こういう事をいう先生(学校に限らず、習い事とか)って結構いますね。
以前、長男が習っていたサッカーのコーチに同じような事をいわれたので「それはコーチの方から言ってください」って電話した事がありますよ。

以前の出来事が過去になったかどうか、それは長男君が決めること。
連絡を取るかどうかも。
いるかさんの言うとおりだと思います。

先生はまだお若いのかな?
経験不足な感じがしますね。

2011年05月26日(木) 21時26分 | URL | 編集

ひめ #-

先生それは都合よすぎでは??

過去の事・・・
長男君は今しっかりと前を見て進んでいるけど
決して消えてないし、できれば関わりたくないことだと思う。

自然の日々の流れで話す事はそれは長男君の意思であると思うし。。。

先生がどこまでわかってくれているのか・・・

長男君の言葉がとても力強く 安心できます

2011年05月27日(金) 12時09分 | URL | 編集

みやママ #-

先生も難しい事 言うんですね(>_<) 長男君も学校に慣れようと 一生懸命頑張ってるのに Bの事まで気を配れないですよ!ましてや あんな事があったのに。
学校に行けない事はBが自分で解決して乗り越えないと いけない事だと思います。
うちの次男も同じです。
幼なじみと同じクラスにしてもらったけど それだけでは 難しいですもん。
心強い存在なんだけど 簡単ではありませんね(^_^;)

2011年05月28日(土) 15時50分 | URL | 編集

かのこ #kwzMfkEo

円満に収めよう、解決しようとなさってるんだとは思うんですが、それを解決するのは当事者間であって、周りが無理やりお膳立てすることではないですからね。
長男君、しっかりした考えを持ってるようですから、大丈夫ですね!

2011年05月29日(日) 18時43分 | URL | 編集

mimi #-

来たらきたで普通に話しはするけど特別どうということはない

大人な対応ですね。

親が思っているより・・思っているより・・成長しているのかもね。

周りは・・黙って見守るのが良いかと思います。

まあ・・親は・・いつでも気は抜けませんが(笑)。

親としては・・つきあって欲しくない子・・は・・いますよね・・

何気なくは言いますが・・基本本人に任せてます。

段々と・・選んで行くようには・・して欲しいわ・・親としてはね。

年頃になると・・色々難しいわよね~~~。

2011年06月01日(水) 16時43分 | URL | 編集

海のいるか #-

★コメントくれたみなさんへ

お返事、とても遅くなりごめんなさい。

先生が知っているのは前を向いて歩き始めている長男と
前を向けずに苦しんでいる(?・・自業自得だけど)Bであって、ものすごく傷ついて苦しんで乗り越えてきた長男の過程を知らないし、そういうことに対する想像力が不足しているのではないかと思います。
先生からみて苦しんでいるようにみえるBを救いたいと思うのは無理ないし、そういうBに手を差し伸べてあげていいと思いますが、長男にそれを望むのはデリカシーがないというか、お門違いというか・・・。

ふぃるさんのコメントにあるけど
長男が変に気にするのではないかというのが
ちょっと心配だったけど
その辺は大丈夫そうです。

私の気持ちとしてはBとはもう関わって欲しくないし
学校にだって来て欲しくない。
でも、先生に話したのは私の気持ちは置いといた上で
物事の道理として話したつもりです。
決めるのは長男で、私の意思と関係なくまた付き合いが始まったとしたら、
それはそれで見守るつもりですが
周りの思惑など関係なく本心で行動してほしいので
ちょっとね、腹たっちゃった。

ありがとうございます!
味方というか理解してくれる方がいっぱいいて嬉しくて
心強く思っています。

2011年06月02日(木) 12時49分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。