今と未来をみつめて

久しぶりの更新なのにたくさんのコメント、ありがとうございます!

ブログをはじめて現在3年目ですが

私や子供たちのこと、とくにブログをはじめるきっかけとなった長男のことを

たくさんの方が応援してくれていると思うと胸が熱くなります。

本当にいつもありがとう!!

お返事が遅れがちでごめんなさい。


さて、前回はGW、長男編を書きました。

本当は引っ越し編として

たっぷり愚痴をかくつもりでいましたが、

今はそんな気分でもないのでそれは機会があったら書くということに

します。


家が変わり、小学校は今までより近くなりましたが

駅と中学には遠くなりました。

まあ~中学は・・・今はあまり関係ないというか・・・

(はい、次男は行く気配がありません)

長男は文句タラタラ(苦笑)

駅まで車で送り迎えをしてほしいと言うけれど

朝はともかく、帰りは何時になるかもわからないのに

(その日によって下校は様々)

待機などしてられないので迎えに行けるかどうかはわからないと

言ってあります。

駅に着くと一応公衆電話から電話をかけてきますが

私が出なければ歩いて帰ってきます。

まあ、当然だよね。

でも、以前なら山のように文句を言って「もう行かない!」と言っていただろうと

思うとこんなことでも笑みがこぼれてしまいます。

今は「歩くの絶対やだ」なんて言おうものなら

私に「じゃ、学校やめれば?」と言われてしまいます(笑)

「え?」と驚く顔が可愛いもんです。


次男は・・・相変わらず。

ちょっと前には風呂もロクに入らず、なんて時もありました。

長男は「きたねーな」と言いつつ

「まぁ、俺も風呂さえ面倒だった時期が・・・あったなー(遠い目)」

などと言っています。ある意味長男は次男の一番の理解者なのかも

しれません。

私も、長男と次男はまったく違うと感じながらも

おおまかに辿っている道(?)症状(?)は

とてもよく似ているように感じています。

風邪をひいたとき、たとえばちょっとしたのどの痛みからはじまって

微熱が出て、鼻が出て、熱が下がったと思ったら咳が出てきて・・・

みたいな一定の経過があるじゃない?

そういう感じかな?

昼と夜がひっくり返って、ゲームなどには熱中するくせに

他のことには無気力で

外出するのはもちろん、着替えるのさえめんどくさい。

自分のことすら何もせず、

言うことだけは一著前、なんだかとんがっている時期、

自分の世界にいる時間が多い時期

やたらといろいろと物を頼んでくる時期、

なんだか積極的に何かをやりだす時期・・・

どの時期も(あ~、長男にもこういう時期があったなー)と。

兄弟だから似ているというのもあるだろうけれど

人が傷つき、その傷を癒している過程で

共通する心の動き、法則のようなものがあるのかもしれないと

思ったりもしています。もしもそうならば

どの時期も、一見望ましくない状況も

邪魔をしない方がいいというのが私の考えです。

このブログに批判のコメントが来たことが何度かあります。

掲示板に100件以上の書き込みも。

多くは私が長男を甘やかしているというもの。

とても悔しい思いを感じながらも

ひとつはっきりしていることがありました。

私はいつも先を見ていた。

過去と未来を見据えた〝今”

あたりまえのことなんですが、どんなことにも

そこに至る経緯というものがあり、またその先という流れというものがあります。

同じ状況でとどまっているわけはないのです。

たとえば生まれたての赤ん坊には何から何まで手を貸す必要があるけれど

成長しても同じような世話をするわけではないでしょう?

健康な時は、運動した方が身体のためになるけれど

病気なときはそうではない。

そういう状況って身体だけではなくて心にもおきることなのよね。

何よりも休養が必要な時期。

だけど、もちろんそれは健康を取り戻すまでの間のこと。

ずっとずっと(その状況を乗り越えても)同じように

〝甘やかす”わけではないということをその人たちはわかっていなかった。


なぜ、こんなことを書くのかと言うと

親、とくに母親にとって外野のヤジというのは

想像以上に傷つくものなのです。

普通に生きている普通の母親は世間体というものはわかっているし

一般的な〝正解”もわかっています。

わかった上で、教科書通りに行かない子育て。

世間の正解ではなく、我が子の正解を必死でさがしている。

焦り、迷いと闘いながらね。

だから、どうか見た瞬間だけで攻撃しないでください。

いや、私にじゃないですよ。

親子関係、子育てでうまくいっていない誰かに対して。


それから、今悩んでいるお母さん。

どうか無責任な周りの外野に振り回されないでください。

その人たちの言葉の中に正解はありません。

正解は我が子と向き合ってこそ見つかるものなのです。

大丈夫。

あなたが信じた通りに明るい未来は来ますから。


なんだか、最初書こうと思ってたことと全然違うこと書いている気がするけど

まあいいか(笑)





blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください



FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ふぃる #-

私は、ここのブログを初めて見つけて
不登校に興味があったわけでも無くて
ただ、いるかさんの凛とした姿勢に共感して
読み続けました。
先を見据えて今を生きるんですよね^^
私は、何か辛い事があっても
今頑張れば半年先にはこうなってると
自分に言い聞かせて過ごしてきました。
多分、そういった考え方が似てたのかなって。
でも、私は自分の子どもが不登校になった時に
いるかさんのように凛としてられるか疑問だけど(笑)

私も、ブログを通じて知り合った人達の方が
的を得た意見をくれたりして感謝しています。
批判もあったりしたようだけど
それも、こういった考え方をする人も世の中には居てると思えてラッキーってな感じでいましょうね^^

2011年05月10日(火) 21時01分 | URL | 編集

ピオーネ親父 #-

あまりにも 月並みですが
頑張ってください。
息子を信じて !
信じられる事は 素晴らしい事です。

2011年05月10日(火) 22時47分 | URL | 編集

mimi #-

お久です♪
やっと落ち着いて遊びに来れました。
息子ちゃんが蹴られ・・結構大怪我で・・こちらもバタバタしてた~。
やっと歩けるようになりました。

2011年05月11日(水) 07時41分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年05月11日(水) 09時12分 | | 編集

みやママ #-

また読んでいて涙が出ました(;_;) ちょっぴり動いた次男を余計 追い詰めていた気がして 私が力を抜いて 次男にとって何が一番必要かって考えてました。やっぱりね 押し付けてました(^_^;)
いろんな想いをしていて 今はそっとした方がいい感じだって だいぶ わかるようになりました。
イルカさんの言葉がまた頑張ってみようって気持ちにさせてくれました☆
人生に必要でないものはない。今の時間はきっと 未来につながってるんだと信じて 大切にしたいと思います(^O^)

2011年05月11日(水) 18時48分 | URL | 編集

junmama #xmZaWf.c

何回も何回も読ませて頂きました。
イルカさんもここまで来る経緯には、色々とあった事だと思います。批判されたり・・・。自分との葛藤もあった事だと思います。しかし・・・いつも子供と正面から向き合って来たから今のいるかさんがあるように思えます。

生まれたての赤ちゃんは一人では生きていけない。だから手を貸す必要がある。
病気の人も同じで・・・。
人の心もそうで一人ではどうにもできない。休息する時間(充電する時間とでもいうか)が必要なんだと思います。
甘やかしではない。
育児(人生)にこれが正しい!って事はない。
私はそう思っています(^^)

私もよく言われるのは、『天使くん5時ぐらい歩いていたけど・・・』って。
他の人は、障がいがあるのに親は何してんの?!そんな風に思っているようです。
一人で歩かせるにも、初めから一人でじゃなく、初めは一緒に。そしてお兄ちゃんと・・・ステップアップしてのこと。天使を見て『一人でも大丈夫』と確信してからの事なんです。

一人で無理なら突き放しても無理。段階を見極めることが必要なんですよね。そして自信をつけさせること。

>正解は我が子と向き合ってこそ見つかるものなのです。

私も心からそう思います。

長くなってしまいました(^^;)

2011年05月12日(木) 09時16分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ふぃるさん

ありがとうございます!
人って正面から物事に向き合って
ある意味覚悟が出来るとブレなくなるんですよね。
先がしっかりと見えていれば頑張れる(^-^)

いろんな人がいるし物の見方があるよね。
その中で共感したり反発したりするけれど
そうだね、
〉こういった考え方をする人も世の中には居てると思えてラッキーってな感じでいましょうね

うん、それでいこう(^◇^)

2011年05月13日(金) 11時24分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ピオーネ親父さん

ありがとうございます!
子供たちとしっかり向き合って関われるのは
楽しいです。
苦しい時はあっても、やっぱり幸せなことだと思います。

2011年05月13日(金) 11時28分 | URL | 編集

海のいるか #-

★mimiさん

息子ちゃん、蹴られたんだ!!
バタバタしているとき、ちょっとそちらを覗いて
怪我しちゃったんだ、大丈夫かなーと思いつつ
コメできなかったんだけど、てっきりサッカーで怪我したのかと思ってた!!
(ん?サッカーで蹴られたの??)
大変だったね(T_T)
大丈夫なのかな?
早く完全に治りますように!!

2011年05月13日(金) 11時32分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

うん、そうだよね。
いろんな人がいていろいろいう。
本当にそう思って言ってる場合もあるし
ただ単に文句付けたい人もいる。
勝手に投げてきたボールを受け取るかどうか決めるのは
自分だもんね。
たまにね、暇人がいるな~って思う時あるわ(笑)

2011年05月13日(金) 11時43分 | URL | 編集

海のいるか #-

★みやママさん

見守るっていうのは忍耐が必要なんです。
意見を言ったり、導こうとする方が本当は楽。
でも、やっぱりとても大切なんだよね、見守るということが。
その子が自分の足で歩いていくためにはね。
親として、ジタバタしたり焦ったりするのも
悪いことじゃなくて貴重な経験。
そこから、大事なことがわかったりする。
未来は明るいよ。がんばろう(^_-)-☆

2011年05月13日(金) 11時48分 | URL | 編集

海のいるか #-

★junmamaさん

余所からではわからないことってありますよね。
その瞬間を捕まえて
やれ、放任だ、甘すぎる、厳しすぎる・・・
一々傷ついたり、振り回されてたら身体も神経も持たない。
でもやっぱり傷ついたり腹がたったりするんだよね。
だから、自分は誰かのほんの一場面を見ただけで
わかったようなことを言ってしまわないように
気をつけたいと思う。

2011年05月13日(金) 11時54分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年05月15日(日) 19時28分 | | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

こちらこそご無沙汰です<m(__)m>
返事も遅くなってごめんね。

周りの目に振り回されていいことはないですよね。
その子その子の性格、そのときの状況は他人がパッと見てわかるもんじゃないから。
自分と子供を信じていこうね!

2011年05月20日(金) 20時14分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。