スタート!

今日は長男の入学式でした。


・遡2011_0407rikujyou0001_convert_20110409194237

受付を済ませ、学生証をもらい、在校生に案内されて

長男は生徒席、私は保護者席へ。

もらった式次第に目を通す。

新入生の名前が載っている。

なんとなく見ていると、一つの氏名に目がとまった。

嘘でしょう?一瞬目を疑う。

けど、間違いなかった。

そこにはBの名前が・・・。

B・・・長男をいじめた一人だ。

長男の転校、不登校の直接の原因。

同姓同名?いや、そうではないだろう。長男も名前に気付いたらしく

誰かがくるたびに入口を振り返ってみている。

まもなくドレッドヘアーのBと母親が現れた。この親子については→Bの場合参照

私はほんの一瞬絶望的な気分になる。

しかし、一緒になってしまったものは仕方がない。

私と長男との3年間があったように

この親子にもまた3年間という時間があったのだ。

3年前とは違っている・・・と思いたい。

「こんにちは」

自分でもはっきりとした理由はわからないが

私は自分からBの母親に声をかけた。

「あら」

ホッとしたような顔をするBの母。

今のBの状態にさぐりを入れると

中学は卒業証書をもらいに校長室へたった一度行っただけだと言う。

風のうわさで入学式も出ていないのは聞いていたが。

ここへの入学も2月になって急に決めたということ。

まー、状況だけをみればうちと大差はない。

「ここへ来る前、本人はとても不安でいたみたいだけど

○○くんがいたら心強いと思う。よかった」心底ホッとした顔。

まさか、忘れてはいなだろう、あんたの子供がうちの子に

いったい何をしたのかを。

「・・・いい難いけど・・・。大丈夫よね?

もう暴力的なことはしないわよね?はっきり言って心配だわ」

自然に口から出てきた正直な言葉。

「それは・・・もうない。あのときは3人だったから・・・

うちの子だけならしなかったと思う」

それは・・・たぶんそのとおりだろう。

でも、その考え方(他の子のせい)は気に入らないが。

「○○くんにしたことは後悔しているし、

自分が加害者になってしまったことで人からどう思われているかが

気になって学校へも行けなくなってしまった。

結局自分のまいた種であることはわかっているはずだから・・・」

う~ん。正直それを100%鵜呑みには出来ない。

でも、おめでたい奴だと笑ってくれ。

私たち親子が成長したようにこの親子もまた成長したと信じたい私がいる。

いや、違う。

ええ、馬鹿なんです。でも、同じ親としての苦しみがわかるのです。

憎い気持ちはあるけれど、それを越えた部分でね。

それに・・・Bは加害者、うちは被害者。

だけど、なんていうのかな、同じ出来事を通して

2人とも苦しんできたというのはあって

ここで再会したのは、もしかしたら

ふたりそれぞれがそこを乗り越えるためではないかと。

二人は決して声をかけたり目を合わせたりすることはなかったが。


帰り道

「ねえ・・・」

「ああ・・」

長男も私もお互いに言わんとすることはわかっている。

「どうよ?」

「べつに。どうってことないよ」

「大丈夫?」

「大丈夫だよ」

淡々としている。

うん、大丈夫。そう思った。

でも、念のため学校へ電話。長男には内緒で。

事情を話す。

「もう、大丈夫だとは思うんです。だけど念のため気をつけて

見てもらえたらありがたいです。

私は、もしも普通の友達としてもう一度付き合いが始まるのなら

そして、過去をふたりが乗り越えていけるのなら

それはそれでいいとは思うのです。

だけど、正直心配なので、変わった様子があれば教えていただきたいのです」

「そうだったんですか・・・。

いや、Bくんね、今日の今日まで入学式に来れるかどうか

わからない状況だったんですよ。本人も今朝は不安な思いで来たようなんです。

帰りに『よく来たな!』って言ったら『俺、こいつ知ってるんだ!』って

○○くんの名前を指差して嬉しそうに言ったんです。

もし・・・ここで再会して、今度は本当の友達になれたら

いいですよね。」

理想論かもしれない。

でも、そうなるならそえでよし。

いっさい関わらないのなら、長男がそう結論をだしたならそれもよし。

二度と・・・もう二度と

あんなことにさえならなければ。

きっと大丈夫。だって長男は何かあったら

今度はきっと話してくれる。自分で処理できないことならば。

きっとわかっているはずだもの。

自分の存在の大切さ。

帰る途中、施設の先生から電話。

様子を気にかけてくれている。

帰ってからかけ直す。長男に代わると

「はい、はい・・・うん大丈夫」などと話してる。

その後、中学のときの担任の先生から

こちらは私宛に電話。

みんなが応援してくれている。

きっと肌で感じてる。

だから、不安は今は置いておこうと思う。

様子を見ながら、長男を信頼しながら、

だけど用心深く見守っていこうと思う。


さあ、楽しい高校生活の幕開けよー!!




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください



FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
関連記事
スポンサーサイト

コメント

yuyuhaya #iRTvXO9Q

ご入学おめでとうございます。

びっくりですね。
確かに心配だよね。
以前の記事を読んだ限りでは母親も信用できないし。
B君親子はいったいどんな3年間を過ごしてきたんだろうね。

二人がそれぞれ乗り越えるために再開した・・・そうであって欲しいですね。
そうでなくっても、今は長男君自身も、取り巻く環境も以前とは違う。
何かあったら絶対にいるかさんに相談してくれると思うし、流されていく事のない強さを長男君は得ていると思う。
学校の先生方も気をつけてくれるだろうしね。


楽しい高校生活を謳歌して欲しいね。

2011年04月09日(土) 22時39分 | URL | 編集

ピオーネ親父 #-

実は 前の事 詳しくはわかりませんが
こうやって 二人が 一緒になったのは
どう云う関わりかは 分かりませんが
二人とも 乗り越えて行かなければ 
ならない壁 何でしょうね。

いろんな人に 心配していただき
気遣っていただき 幸せですね。
いるかさんが がんばっているの 知っているからでしょうね。

2011年04月09日(土) 22時54分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年04月10日(日) 00時05分 | | 編集

mimi #-

自分のした事の重大さが・・本当にわかっているのなら・・
本当に反省出来ているのなら・・もしかしたら・・よい関係が・・
そう願いたいですね。
注意深く・・見守ってやってね。
楽しい学校生活がおくれると良いね。

2011年04月10日(日) 00時28分 | URL | 編集

きなこ #mvcB0rpk

いるかさん

自分から声をかけるなんて、やっぱり凄い。
尊敬します。
そして。
応援しています。

2011年04月10日(日) 08時37分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年04月10日(日) 11時25分 | | 編集

節子 #-

不安なお気持ちお察しします。
私が同じ立場なら正直関わりたくない,関わって欲しくないと思います。
けれど悩んで選んで決めた進学先で出会った事。
何か乗り越えなくてはいけない「課題」があるのかもしれません。
仲良くなる必要はない。交流などなくてもいい。
けれど例えば,対等な立場になれること,無視できる強さ,
そういったもの身に付ける段階なのかも。
もし私がお相手の親の立場なら,新しい先生,新しい同級生の親達に
子供の過去の悪事をある事(ない事)ばらまかれ,色眼鏡で見られないか
きっと相手の方も不安な気持ちは同じだと思います。
先生方は長男くんの応援隊だと思います。
きっと大丈夫!入学おめでとうございます!

2011年04月10日(日) 18時17分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年04月11日(月) 19時14分 | | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

ありがとうございます(*^_^*)

びっくりでした。一瞬頭の中でガ~ンて音がした(苦笑)よりによってこんな偶然・・・。
でも、長男がとても落ち着いていて安心しました。
長男が成長したので大丈夫だとは思いますが
やはり心配はありますね。
信じるしかないですね。

2011年04月13日(水) 05時41分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ピオーネ親父さん

今なら乗り越えられるから再会したのかもしれないと思ったりもします。
一般的(?)ないじめとは微妙に違っていて
最初は仲がよかったのは事実です。
一連の出来事で長男がとても傷ついた(身体も心も)のは間違いないのですがBに対する長男の思いを正確には私もわからないのでどういう形であれ、長男の心がすっきりとできるといいなと思います。

2011年04月13日(水) 05時48分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

あちゃー、まさしくそんな感じです。
頭の中で『なぜ?よりによって・・・』と一瞬真っ白に。
でも思いのほか長男が落ち着いていて助かりました。
長男とともに歩いてきた日々を信じるしかないです。
そんな友達の中にしか居場所がなかったあのころとは違うから・・・。
何かあればきっと言ってくれると思います。
楽しい高校生活であってほしいです。

2011年04月13日(水) 06時01分 | URL | 編集

海のいるか #-

★mimiさん

そうですね。自分のしたことを本当にわかっているのなら、そして後悔しているのなら
新たにいい関係が作れるかもしれないと思います。
心配はありますが、様子を見守りたいと思います。

2011年04月13日(水) 08時17分 | URL | 編集

海のいるか #-

★きなこさん

自分から声をかけたのは・・・
今思うと、さぐりをいれたかったから。
今の様子を知りたくて。
やみくもに不安を育てるのは嫌だから。

ありがとうございます。
いい方向へ動いていくことを望んでいます。

2011年04月13日(水) 08時20分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

ありがとうございます。
これは制服ではないんですよ。
服装は自由な学校なんで、入学式用に着てきました。
Bはドレッドヘアーに半そでTシャツでしたよ(^^;)

やっぱりショックでしたよ。
心配ですし。
でも長男が私なんかよりもとても落ち着いている様子を見て、大丈夫だと思いました。

小学生のころは体格のいい大きい子だったんですが
今は長男の方が大きい。
そんなことでも時の流れを感じました。

楽しい高校生活になると信じたいです。

2011年04月13日(水) 08時29分 | URL | 編集

海のいるか #-

★節子さん

この子たちと離したくて引っ越しまでした我が家です。
正直ショックでしたが可能性を全く考えていなかったわけではありません。進学すると決めて通信制など何校か見学していながら長男ともその可能性についての話はしていたので、もしかしたら私よりも長男の方が覚悟が出来ていたのかもしれません。
昨日の初登校。
少し会話があったようです。内容までは聞いていませんがごく普通に話せたようで
それはそれで心配だったりもしますが
様子を見守りたいと思っています。
ありがとうございます。

2011年04月13日(水) 08時39分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

ありがとう(*^_^*)
そちらも入学おめでとうございます。
新しい春、楽しみな春ですね。

うん、ここでの再会には何か意味があるのかもしれないと思っています。
プラスにもっていって欲しいです。

ドレッドヘアーに帽子、半そでの黒Tシャツでしたよ・・・

2011年04月13日(水) 08時43分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。