役員生活

昨夜は育成会の引き継ぎ会でした。

去年もそうだったんだけど今年も新にも旧にも属している私。

来年度で3年目・・・だったんだけど4月いっぱいで引っ越しなので

申し訳ないけれど1カ月だけです。

地区が別になってしまうのでね。

そうなっても声かけてくれればいくらでも仕事しますよと

言ってありますが。

ここの学区の育成会は地区育成会長、支部長、評議委員、そして学校PTAの学年会長、

副会長で構成されています。

学校の役員でこの地区の人が多ければこの地区の育成部員も多くなりますが

学校役員が他の地域の人ばかりとなると

部員は少なくなります。

今年度私が部員となったのはそのため。

つまり部員が少なかったので前年度評議委員だった私が

育成会だけ留任したというわけです。

で、来年度は5学年の副会長なので自動的に育成部員となるというわけ。

地区で引き受けた(役員を)わけではないので

引っ越すことがわかっていながら5年生の役員に立候補しました。

申し訳ないような気はしたけれど、仕方ないよね。

で、前に引越すかもしれないという話はしてありますが

大家と話がついたので昨日正式に決まったと話をしました。

事情はみんなわかってくれているから大丈夫だけど

「淋しくなる」「ずっとこの育成会の役員でいると思っていたのに」と

言ってくれました。

ついでに「いなくなったらこのメンバーで飲み会するのは

最後なんだから今夜は帰さない」と遅くまででしたが(^^;)

今回は記憶はあるけどめずらしく二日酔い(苦笑)


12月の末も末、28日に引越してきて

4月から何もわからないまま引き受けた評議委員。

育成会、校外指導部、地区の運動会ではアナウンサーまで

やらされました。

誰一人知り合いのいない場所で、気が付いたら

たくさんの人と知り合いになっていました。

「やあ、いるかさん」

育成会だけじゃなく、年配の方からも声をかけられます。

公民館で豚汁やうどんなどをみんなで作るのにも

慣れました。鍋、皿、しゃもじ、何がどこにあるかもバッチリです。

地元の人からも物を尋ねられるようになり、

「いるかさんはもう10年以上も前からここにいるような気がする」と

言われるようになりました。

大変なこともあったけど、2年間の役員生活は私にとって

そして子供たちにとってもプラスだったと思います。

旦那にとってもね。

私に知り合いが増えると家族にもプラス面は大きい。

すぐ目と鼻の先だけどそれでも

引っ越したら違う地区。

地区の行事からはじまっていろいろなことが違います。

ドキドキするけど

やっぱり楽しみです。


私、もともとは人見知り。そしてアガリ症

今まで・・・19で家を出て東京からこの県へ。

C市の山のホテルで2年間住み込み。

そして山から下りてきてO市の友達のアパートに1カ月ほど居候。

そのごS町でアパートを借り

3年後に結婚。

同じS町に別のアパートを借り15年。その間に子供が3人生まれて。

そして3年前に今のところへ。

一人ならば仕事上の付き合いだけあれば生活できるけど

子供がいるとそうもいかない。

初めての子供となるとわからないことだらけ。

子供のことや町のちょっとしたことを相談できる人も欲しいし

子供の友達だって作ってあげたい。

公園では片っ端から話しかけた。

そう、どこでも自分から飛び込んでいくしか

関係を作っていくことは出来なかった。

人見知り、アガリ症の私が今ではまったくそうは見えないらしい。

「あなたみたいに気さくで面白い女性はこの辺にはいない」と

昨日も会長に言われたけど

きっと生まれつきの性格だと思っているだろう。

人は変われる。変わろうとさえすれば。

変わる勇気さえ持てれば。

成長するとはそういうことをいうのかもしれない。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください



FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
関連記事
スポンサーサイト

コメント

yuyuhaya #iRTvXO9Q

なかなかゆっくりお邪魔できず、今じっくりこの数日間の記事を読んでなんか涙が出ました。
関わった先生方がみなさん転勤されたり定年を迎えられたり、そして引越し・・
何だか象徴的というか、次のステージに進んでいくんだなぁと勝手に思ってしまいました。

この3年間は、いるかさんにとっても長男君にとっても大きな3年間だったと思います。
手探り状態で試行錯誤を繰り返して悩んで葛藤して・・・
一見遠回りに見えるような事も、甘やかしと思えるようなこともみんなみんな必要な事だったんだよね。
いるかさんの忍耐力には脱帽です。
見極めもすばらしい。
もちろんこれでゴールではないんだけど・・・
もうね、拍手ですよ。
本当によかった!!


引越しはやっぱり寂しいね。
地域の活動に積極的に参加していただけに余計にだよね。
でも、いるかさんなら次の地域でも「10年以上前から・・」と言われるよ、きっと。
人見知りでアガリ症・・・?ほんまかいな?(失礼)

2011年03月21日(月) 22時32分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

お返事遅くなりました<m(__)m>

なんか本当に一区切りというか
綺麗に離れ離れ。担任の先生は長男が入学のときに
この中学に赴任してきたので、長男が在学していた3年間のみということになります。
先生は「この学校での思い出=長男も含めた3年2組の子供たち、ということになるから返ってよかったかなと思う」と言っていました。
やっぱり運命を感じます。
こんなにいい先生たちに囲まれていたこと。

本当に濃い3年間でした。
生きて行く上で感じる感情を全部味わったのではないかと。
この3年間が長男のこれからにプラスになっていくと
信じています。

ありがとうございます!!

2011年03月25日(金) 19時16分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。