FC2ブログ

育成会

昨日は育成会で天神様のお札配りと歓送迎会でした。

朝9時集合。役員は子供たちと一緒にお札を配る人と歓送迎会の

うどんを作る人に分かれる。

どうする?誰が残る(うどん作りに)?

男性役員はもちろん配る方だけどそれだけじゃ足りない。

「いるかさん、配る方お願いできます?範囲が広くて大変なんだけど

5班について下さい」

ラジャー

地図を見て確認する。ちょっと、5班の範囲広すぎるんじゃないの?

他の班と比べてものすごく広いんだけど?

きっと件数で分けたな。

5班が回るのは家はポツポツしかないけど(といっても40件くらい)

範囲は他の班の3~4倍あるぞ?

まあ、とりあえず出発!

もう一人の役員と子供が三人。三男と同級生、5年生の女の子。

1枚500円のお札を一軒一軒配ってお金をもらう。

昔からの行事(?)なのでどの家もわかっていて

「はいはい、御苦労さま。500円だっけ?」と言いながら

スムースに進んでいく。

途中5000円札しかないと言われて小銭で4500円数えてお釣りを渡すなんて場面も

あったが。

留守の家にはポストにいれておく。

あとからお金をくれる家もあれば、くれない家もあるけど

それは仕方ない。

範囲が広いので中々終わらない。

風がふくと寒い(>_<)

歓送迎会は11時から。三男たち4年生は新1年生をそれぞれの自宅に迎えに

行くことになっているが間に合うか?

11時をちょっと回って公民館に帰る。

まだ4年生はいるようだけど、なんだかバタバタしていて

私が貰ってきたお金を他の班の分と一緒にしたりしているうちに

三男以外の4年生が迎えにいってしまったらしい。

前もって担当を決めなくていいのか、支部長に何日か前に

言ったのだが、当日でいいということだった。

今日参加している4年生の方が新一年生より人数がすくなかったので

1人が1人~2人を迎えに行くことになるとお札を配りにいくまえに言っていたのに。

支部長さんにうちの子はどこへ迎えにいけばいいかと聞くと

「遅かったのでみんなで分担して行っちゃいました」と。

でも、いっしょに回っていた女の子は誰かと一緒に迎えに行ったというではないか。

三男がひとりで離れたところにいたわけではない。

きっと、5班が帰ってくる前に打ち合わせをして

一緒に回っていた子は女の子だったので仲がいい女の子に声をかけられたのだろう。

さて、それを知った三男。

「もう帰る」と・・・。

三男は自分が新一年生を迎えにいくんだという使命感を持っていた。

自分は一生懸命にお札を配っていたのだ。範囲が広かったため

他の班より帰りが遅くなった。

でも、ちゃんと迎えにいこうと張り切っていた。それにその時はまだ

迎えに行く前だった。寸前だったみたいだけど。

なのに、自分だけはずされた。一緒に回っていた子は行ったのに。

ショックで仕方なかった。くやしくて涙が出てくる。

もう歓送迎会など出る気にならない・・・とまあこんな感じ。

前からそうなのだが、この地域の人たちというのは

配慮が足りない、と思う。

前にも書いたけど、転校してきてはじめての焼き肉会では

次男だけ席に座れず、食べずにポツンと離れて座っているのに

近くにいる大人も誰も気にかけてくれなかった。私がたまたま通りかからなければ

次男は一口も食べれなかったに違いない。

夏休みのラジオ体操、雨が降ったら中止という決まりなのに

ある日、たまたま公民館が開いていたので来た子たちだけで中でやった。

雨だから中止だと思っていかなかった三男。

とても悔しかった。だって皆勤をめざしていたのに

その時行った子よりひとつハンコが少ない・・・。それから三男は

雨が降っていても必ず行ってみることにしている。

アバウトなんだよなー。

確かに大人からみたらどうってことないかもしれないけど

子供の気持ちにしてみたら・・・。

私が役員という立場になってからは

役員会などでやんわりと言ったりしているので

徐々に改善されている気はするけど。

話がズレました。

で、三男、本当に帰ってしまいました。

私が追いかけて帰ったけど押入れに入り込んでしまい

ひざを抱えて泣いている。

とりあえず私はいったん会場へ帰る。

「いやー、悪いことしちゃったな。可哀そうだったね・・・すみません。

大丈夫ですか?」

「今はダメです。かなりショックだったみたい。あとでもう一回行ってみます。

あの子のお昼は用意していないし」

歓送迎会が始まり会長があいさつをしているときに再び家へ。

「もう行きたくないよ」

「わかるよ、悔しかったよね。せっかくお迎えにいこうって

思っていたのにね。母ちゃんも悔しいよ。」と

ギュッと抱きしめる。

そうやって少し落ち着かせてから

「すごく悔しいけどさ、もう過ぎちゃったんだよね。

野球と一緒でさ、気持ちの切り替えが大切だと思うんだ。

これからビンゴとか楽しいこともやるし

このまま家でくやしいって泣いてるのは損じゃないかな?

頑張って行こう?」

ビンゴなんかどうでもいいと言っていた三男も

この一言で考えている。

「それにさ・・・母ちゃんは役員だから

最後までいなくちゃいけない。このまま三男が家にいたら心配だよ」

これを言うのはどうかなとちょっと思ったけど

私の正直な想いだから。

なんとかジャンバーを着て立ち上がる。

「強くなったね!!気持ちの切り替えができたんだね!

すごいなー!!」

で、一件落着。

ビンゴでは2回連続で一番だったようで

「頑張って気持ち切り替えて、くやしい思い乗り越えたから

神様がご褒美くれたんだね!」と言ったら嬉しそうに笑ってた。

大人にとって他愛もないことでも本人にはすごく大きいってことあるんだよね。

これは何も子供に限らず、大人でも他人からみたら大したことではないことだって

本人にとっては物凄く深刻だという場合もある。

だから、誰が相手でも「そんなことで悩むな」とか

「そんなことで一々気にしてどうする」なんてことは言いたくない。

何で悩んで何で傷つくかはそれぞれ違う。

小さなことでクヨクヨしない心を育てたいなら

小さなことでクヨクヨしていることを責めずに、突き放さずに

認めて共感してあげること。

その積み重ねが小さなことは気にしない心を育てるのだと私は思う。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください


関連記事
スポンサーサイト

コメント

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年02月28日(月) 12時24分 | | 編集

ピオーネ親父 #-

本当に ちょっとした 配慮なんだよね。
純粋な 子供(大人も)達に とっては 大きなことかも。
今日も 自分が 気をつけているかな?
なんて 考える きっかけになりました。
ありがとうございます。

2011年02月28日(月) 13時10分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年02月28日(月) 19時06分 | | 編集

みやママ #-

育成会の行事、お疲れさまでした。私も次男の事がなかったら「仕方ないよ、ぐずぐず言わない」って言ってたと思います(>_<) 私も子どもの気持ちを1度 受け止めてあげると いいって聞いた事があります。その事を気をつけようって思ってても ちゃんとできているかしら(^_^;)
三男君、えらかったですね(*^o^*)ビンゴはご褒美です♪
明日から学年末テストが始まります(^_^;) 担任の先生から どんな様子ですか~?と電話がありましたが 無理ですよ~。
次男がまだだろうなぁって感じ なんとなく わかります。私も時々 留守番させて出かけてます♪煮詰まってもいけないですよね。

2011年02月28日(月) 22時13分 | URL | 編集

mimi #-

認めて共感してあげること・・心にとめておきます。
私は・・どうしても・・それ位!!と・・思ってしまうところが有ります。
そう言ってしまうことも・・多々・・。
本人にとっては物凄く深刻だという場合もあるんですよね・・。

2011年02月28日(月) 23時30分 | URL | 編集

たたみ #cOLA5hDU

お札配り&歓送迎会、おつかれさまe-257

胸がぎゅうぎゅう締め付けられる思いで読みました(;ω;)
周りとしたらなんて事ないって思う事なのかもしれないけど、
本人にとっては計り知れないほどのショックなんよね。
いるかさんも親としてさぞ切なかったかと思います。。
こういう事、ワタシにも起こるかもしれない。て言うかあると思う。
その時はいるかさんのように子どもの気持ちに寄り添いたいです。
ワタシに出来るか・・・ちょっと自信ないけど、子どもの気持ちに共感したい。
きっとそれが子どもの心を育てる事になるんよね^^

うまく言えなくてm(_ _)me-345

2011年03月01日(火) 01時09分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

そうですね、大人がちょっと配慮すればいいことで
子供が辛い思いをするのはせつないですよね。
ここで、「そんなことくらいで気にするな」ともしも私が言ったなら三男は気持ちの切り替えが出来なかったと思います。大人だって何かで傷ついているときに〝その程度のことで〝と言われたら二重に傷つく。
だから、どんなことでもいったんはしっかり受け止めたいと思っています。

2011年03月02日(水) 21時11分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

こういうのって地域性みたいなのもあるのかな?
こういう事が逆に大問題になっちゃう地域も少なくないと思うんだけど。
特にラシオ体操を来てた子だけでやっちゃってハンコまで押しちゃうなんて、うちの地域じゃ考えられないなぁ。
絶対にクレームが入ると思うわ。
ルールがあるのになし崩しになっちゃうんだね。
良く言えばおおらかなんだろうけど、確かにアバウトすぎというか配慮がないよね。
悪気はないんだろうけど・・・
今までこういう事があっても声に出して言う人もいなかったんだろうね。
でも、三男君みたいに傷ついた子はいそうだよね。
来年はいるかさんの立場が悪くならない程度に、例えば誰が誰をお迎えに行くかを先に決めておくようにするとか提案できるといいね。
少しは周りの大人に三男君が傷ついた事を知ってもらったてもいいと思うな。

一度帰ってしまったのに、もう一度行くのは勇気がいったよね。
三男君頑張った!!
頭ごなしにせずに三男君の気持ちをまず汲んであげたいるかさんもサスガです。

2011年03月02日(水) 21時17分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ピオーネ親父さん

三男がつらかったのもそうなんですが、
私が三男が飲み込むのではなくてきちんと気持ちの切り替えをするように持って行かなきゃと思ったのはこの経験が責任感をそぐようなことになったら嫌だと思ったからです。
それくらい我慢しろと言えば、時間がたてば機嫌は直るでしょう。だけど、もし今度何か役目を与えられた時どこかで(自分がやらなくてもどうせ誰かがやるんだ)という思いがよぎると嫌だなと。
三男が傷ついたのは使命感があったからです。
その気持ちを大事にしたいなと。

2011年03月02日(水) 21時18分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

娘さんにもそんな経験があったんですね。
それ、ひどいですよね。足りなかったじゃ済まないですよ・・・。
本当にちょっとした配慮で済むと思うんです。
親として腹もたつし切ないですよね。
子供の・・・いや人の気持ちには無頓着ではいけないですよね。

2011年03月02日(水) 21時27分 | URL | 編集

海のいるか #-

★みやママさん

私も以前はそう言ってました。その結果長男は自己否定感が強くなってしまいました。(この3年かけてやり直しをしてきました)その経験からこんなふうに受け止めるようになったのです。三男が素直だったり、頑張り屋だったりするのは気持ちを受け止めてあげているからかもしれない。
長男を通して気が付きました。人間にとってくだらない感情なんてひとつもないと。だからどんな感情も否定してはいけないと思います。受け止めてもらった安心感で次に進めるのだと思います。

2011年03月02日(水) 21時32分 | URL | 編集

海のいるか #-

★mimiさん

私も長男のときは「そんなことくらいで」って
平気で言ってました。強くなってほしかったのが逆に自己否定が強い、心が弱い子になってしまいました。
(なのでやり直したのよ)その時の反省から
子供のどんな感情でも否定はしない、いったんはしっかり受け止めると決めました。

2011年03月02日(水) 21時37分 | URL | 編集

海のいるか #-

★たたみさん

ありがとう(*^_^*)

せつなかったです。三男がつらいのよくわかったし。
なんだか配慮のない大人に腹もたっちゃった。
中には(そんなことで・・・)と顔に書いてある人もいました。
以前の私ならそういう人の目を気にして三男の気持ちに寄り添えなかったかもしれない。
甘い親だと思われたくなくて。ただでさえ不登校児の親だという目で見ている人もいるしね。
口には出さないけど(甘やかすから・・・)と思っているのが見え見えの
人もいます(>_<)
長男の一連の出来事はこの地域の人は知らないからね、
私が打ち明けた人以外は。
けど、他人の目より我が子の心の中の方が大事だからね。母は強し!なのだ(笑)

2011年03月02日(水) 21時44分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

うん、地域性だと思う。田舎で人数が少ないせいかな?
前に住んでいた所なら考えられないよ。
新参者だから子供のことも考えると噛みつくことは
出来なかったけど、役員続けてやったりして徐々に大きい顔になってきたからやんわりやんわり言っているけどね。

今回の件はその場にいた大人はほとんどが知ってる。
まいったなぁ、まずいことしたなぁという感じでした。
中には「そんなことくらいで」って顔の人もいたけどね。
今回は文句は言わなかったけど三男の気持ちは代弁したつもり。こういうことはまずいと雰囲気でわからせたつもりだけど・・・。

長男のことがなかったら、こんなふうに三男の気持ちに寄り添うことは出来なかったと思います。
長男が小学生のときにこんなふうに接することが出来ていたら…と思ったりするけれど過去には戻れない。
今現在はしっかり向き合って寄り添っている・・・つもりだけど、大丈夫かな。
親も失敗を繰り返して成長するんだよね。

2011年03月02日(水) 21時57分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP