長男始動!

木曜日、長男はまず床屋へ。

床屋へ行くのは、たぶん2年以上ぶり。モンゴルへ行くまえに行ったきり(記憶が正しければ)

あ、それ以来切っていないわけではなくて2度ほど私が切っているが

それももうかなり前。なので伸び放題である。

学校見学もその頭でいきました(^^;)

今回とりあえず仮の願書を出すにあたり、写真が必要で

さすがにその頭では・・・と。

だけど、床屋へ行くのにかなり勇気がいったみたい。

前回までは私と一緒に行き、理容師さんと話をするのは私だったのだが

一人で行って(車で送っていくけど、店に入るのは一人)

理容師さんに髪型を告げる。

たったそれだけのことでも不登校の子にとっては(みんながというわけではないだろうけど)

勇気がいるのだ。一時は対人恐怖症に近いところまでいっていたのだから。

「・・・気が重いなー、なんて言おう?」

「適当に短くしてもらえばいいんじゃない?」

「う~ん・・・言うのがな・・・」

「お母さんも行こうか?」

「いや、さすがにそれはみっともない。」

ドキドキした顔で店に入っていきました。

私はその間買い物をしたりして終わるのを待っていました。

さっぱりとした頭で出てきて

「切られすぎた・・・」と(笑)

「さっぱりしていいじゃん」

その足で写真を撮りに行き、帰ってから願書に記入をする。

練習用にコピーした方にまずは練習。

その後、本物の用紙に鉛筆で薄くかいてからペンでなぞる。

鉛筆の段階で何度も書き直す長男。

「うわ、変な字になった」とか言いながら。

「大丈夫だよ。ちゃんと書けてるじゃん」

「こういうのは綺麗に書かないとダメなんだよ」

クスッと思わず笑ってしまう。

だって、この子、小学生の高学年のころは

字をかくのが面倒で面倒で

漢字の書き取りとかも「もっと丁寧に」といくら言っても

「メンドくせー、いいんだよ、これで」って適当な字ばかり書いていた。

そんなことを思い出しながら、今真剣に丁寧に書いている姿を見ると

微笑ましくなる。

学校へ行かなくなってから字をかくことすら滅多になかったから

その姿は新鮮だ。

昨日それを持って私がK学院に届けると

「すごく丁寧に書けている」と担当の先生に褒められた(^-^)

明日の日曜日には施設へ行って先生に推薦書を自分でお願いするそうだ。

すべてが中3としては当たり前の姿なのかもしれないが

私には今の長男の姿は感動的ですらある。


毎日毎日、遊びまわっている長男を探しあるいた日々。

ここには書きれなかったことだっていっぱいある。

問題を起こし頭を下げ、

叱り飛ばし、反抗、取っ組み合い。

どうすればいいのかわからなかったときに

ろっ骨を骨折してはじめて気が付いた同級生からのいじめ。

気付いたときには長男の心はズタズタで

愛情に飢え、自己否定も強く、

どうにもならない感情を私に、弟たちにぶつけ、

旦那に怒鳴られ、殴られ、ますます荒れて・・・。

引っ越し、転校、不登校。

覚悟を決めて1から親子関係をやり直してきた。

甘やかしと言われても、私は長男のすべてを受け入れ

とことん甘えさせることから始めた。

それは世間体やいつの間にか身につけた価値観・・・私自身との戦いの日々でもあった。


進学したからと言ってすべてがとんとん拍子ではないかもしれない。

ひょっとしたらまた行けなくなることもあるかもしれない。

それでも、今の長男を見ていて思う。

確実に人間的に成長をしている。

確実に強くなっている。

待っていれば必ず動き出す日がくる、暗いトンネルの中にいた日も

涙が止まらない日も

くじけそうになった日も

そう信じ続けてきた日々は

やはり正しかったのだと。そうして私は彼の力をこれからも信じ続ける。

この先何があったとしても。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ピース #tHZpurY6

勇気づけられます

ブログ読んでいて涙とまりませんでした…。私も信じます!娘の生きる力を!必ずトンネルはぬけられると!イルカさんのように信じて娘と向き合って行きます。

2011年02月19日(土) 21時40分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

一人で床屋に行った事。字が丁寧だと褒められた事。
他の人には何でもないことでも長男君からしたら大きな一歩だよね。
一つ一つが自信に繋がっていくんだと思う。
「行かない」という選択肢もある中でK学院を選択した長男君。いっぱい悩んだよね、きっと。
普通に中学に行って高校に進む子とは比べ物にならない位に考えたと思う。
上手く言えないけど感動です。

「それは世間体やいつの間にか身につけた価値観・・・私自身との戦いの日々でもあった。」
その通りだと思います。
ありのまま受け入れる・・・言うのは簡単だけど本当はすごく難しい。
でもそれをしてきたいるかさん。
「本当にこれでいいの?」って自問したこともあったんじゃないでしょうか?
確証なんてどこにもないもんね。

きっといるかさんにとっても長男君にとってもこの数年間の経験はものすごく大きな意味のあるものだと思います。
この先もいろいろあるかもしれないけれど、この二人の絆や信頼関係はいろんな困難に負けないほど強いんだと思いますよ。

長男君には学校生活を楽しんで欲しいな。

長々すいません。

2011年02月19日(土) 23時31分 | URL | 編集

けい #JalddpaA

おはようございます。

本当に成長しましたね。。。
私も初めて訪問させていただいた当事の事が
思い出されました。
あの頃は いるかさんも ご主人様の事でも
悩んでいらして・・・

何だか今は 雲が晴れたような 清清しい気持ちに
私までもがなってしまいました。
良かったですね。
何事も 「受け止めてそして信じる」
とっても大事な事なんですよね。

親はどうしても知らないうちに自分の価値観を
おしつけてしまっている事が多かったりします。
私も多分そうだったのかもしれません。

これからの長男君の成長がとっても楽しみです。
学校生活に 楽しみや幸せ感が早く見つかると嬉しいです。(^^)

2011年02月20日(日) 08時38分 | URL | 編集

みやママ #-

ブログを読んでいても、1日1日 長男君が殻を破って行く姿が見えるようです(^O^) 今までの頑張りや過ごしてきた時間が、この先 起こる事も乗り越える力になると思います♪なんて私が友だちに言われた事 なんですけどね(^_^;) 何もないままの人よりも 絶対何かプラスになってるよって。不安はなくなったかと言えば そうではないけど きっとまた歩き出す日が来ると信じて 頑張りますV(^-^)V まだまだ先は長いかもしれないけど テレビでも言ってました。「終わらない坂はない」って(^O^) くよくよしたりもするけど 子どもたちも頑張ってるし 踏ん張らないと! またパワー頂きました♪ ありがとうございますm(_ _)m

2011年02月20日(日) 21時38分 | URL | 編集

かるだもんてぃ #-

髪を切りに行くだけでもなかなか出来ることではないですよね
これは 不登校児の母でないとわからないかも…

ウチの娘も髪は伸びたままです。超ロング
女子だと結んじゃえばいいやって伸ばしっぱなしなんですけど
さすがに男子で願書の写真はね(笑)

辛かった日々があったからこそ
あたり前のこと それがとても嬉しい
なにがあってもきっと大丈夫…
私も子どもの力を信じよう~
読んでいて力が湧いてきました。ありがとう。

2011年02月21日(月) 01時36分 | URL | 編集

junmama #xmZaWf.c

読んでいて、涙があふれてしまいましたよ。
長男君の気持ちがどんどんと変わっていくことが・・・。
今まで支えてきたいるかさん。
嬉しいですよね。
今までの長男君の歩いてきた道は、間違ってなかった。
必要な事だったんですよね。
長男君、確実に強くなってます!!

長男君は、自信に満ちた素敵な花を咲かせて行くのでしょうね。

2011年02月21日(月) 09時27分 | URL | 編集

ひめ #-

すごい前進
長男君の成長ぶりがうれしくて
私まで誇らしげな気持ちになってきます。
まだまだ子供たちは色々とやらかしてくれます。
私も長男がどう転んでも正面からどーんと受け止め
将来について話していこうと思っています。

長男君の笑顔が増えること信じています。

2011年02月21日(月) 11時21分 | URL | 編集

ふぃる #-

親子で、苦労した分嬉しさも倍増だね^^
長男君、この三年間でよくぞここまで
心の傷も治ってきて、しかも自分の道も決めて
それを行動にうつせるまでなったよね^^

最初、正直高校はどうかな?心の傷が治るかな?って思ったけど
ここまで治り成長がすごいよね^^
いるかさんが時間を逆回ししたのが正解だね^^

2011年02月21日(月) 19時47分 | URL | 編集

RinRin #-

こんにちは いるかさん

長男君、すごい進歩ですね
目標が出来ると力が湧いてくるんだね
この先、また困難にぶちあたることあるかもしれない
でも今の長男君は着々と前に歩き出している
私まで・・なんか嬉しい
いるかさんのサポートがあったからこそ!!ですね
春はもうそこまで来ていますよ

2011年02月22日(火) 11時05分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ピースさん

お返事遅くなりました<m(__)m>

3年間・・・いやその前のゴタゴタもあったから
4~5年、様々な想い、経験をしてきました。
それでも、長男の生きる力、前進していく力を信じようと決めてからはそこだけはブレずにきました。
人間とは成長するように出来ている、つらくても立ち直れる力を持っている。その力を信じて決して邪魔をしないことが大切だと確信しています。
どんな時も、応援していきたいよね(*^_^*)
まだこの先もいろいろあるかもしれない。次男のことも一番いい方法をさがしたい。
お互いがんばりましょうね!!

2011年02月25日(金) 11時06分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ yuyuhayaさん

まだ何も問題がなかったころは
人見知りもまったくなくて感心するくらいでした。
何処へ行ってもすぐに友達を作って・・・わからないことは近くにいる知らない大人に聞いて・・・。
すべてが、いったん崩れました。同じ年頃の子をみると
走って逃げるようになって・・・
そこからの再出発です。なので床屋へ一人で行くことも
私にとっては涙でそうなほどなんですよ。
そんな顔は長男には見せないけどね(笑)
これからの行動が本当の意味での自信になっていくと思います。
一緒に歩いてきた道は険しかったけど
大事な日々です。

2011年02月25日(金) 11時13分 | URL | 編集

海のいるか #-

★けいさん

うまくいかない時はすべてがうまくいかなくて
だけど、自分にできることを精一杯、そして何より
信頼するということが大切なですね。

知らないうちに身に付けた世間と同じ価値観。
そしてそれがすべてにおいて正しいとは限らないということに気付かせてもらってよかったと思っています。
苦しいことはあったけど、やり直せる時期でよかったと思っています。

このブログにもずいぶん救われたと思います。
みなさんに感謝です(*^_^*)

2011年02月25日(金) 11時20分 | URL | 編集

海のいるか #-

★みやママさん

不安、葛藤、迷いいろいろある中である日ふと思ったのです。人間はどうしてみんな歩き出すのだろうって。
だって歩けと命令されたわけでもなく
手をとって無理に歩かされたわけでもない。
なのに、どの子も身体的に問題がない限り歩き出すじゃない?
それで、人間の中にはそういうプログラムがあるんだって思ったの。待っていれば必ず歩き出すんだと。
これは心も身体も同じことだと思うのね。
もしもそれが出来ない状態ならば、きっと何かに邪魔されているんだって、そう思ったの。
だから邪魔しないで待っててあげようって決めた。
それからは不安はあまりなかったように思う。
まだまだこれから。頑張ります(*^_^*)

2011年02月25日(金) 11時27分 | URL | 編集

海のいるか #-

★かるだもんてぃさん

そうですね、不登校児の母じゃないとわからないかもしれませんね。説明も難しいし(^^;)
不登校児ってただ単に学校へ行かない子っていうんじゃなくて学校へ行けないにはそれなりの理由があって
なのに行けないことで更に罪悪感も背負うことになる。
たぶん、世間の人が考えているよりも心の傷、葛藤、恐怖などがずっとずっと大きいんですよね。
だから、その中で進んだ一歩は誰が何と言おうと
とても大きく、貴重な一歩だと思います。
親もいろんな思いを味わいながら一緒に成長してきたよね。これからも頑張ろう!

2011年02月25日(金) 11時34分 | URL | 編集

海のいるか #-

★junmamaさん

子供って進歩がないように見える時期が続いたかと思うと急激に成長したように見える時がありますよね。
たぶん心の中ですこしずつ蓄えているのかもしれません。
長男がこれから歩いて行く道は、自分で決めた一歩です。
そのことがとても誇らしい。

私も批判コメ、掲示板攻撃(100件以上の書き込みがありました)、いろいろされました。
ひどいことも言われたけれど
振り回されることなく歩いてきて良かったと思います。

2011年02月25日(金) 11時44分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ひめさん

ありがとうございます!\(^o^)/
ただ、ここのところ本人の不安が見え隠れしています。
(俺、ちゃんと行けるかな・・)とつぶやいたり
まあ、無理ないですけどね。
甘やかさず、突き放さずの微妙な距離を保っています。
ちょっと不安定かなと思うけどそこはどっしり構えてね。
私も成長しました~(笑)

ひめさんも今大変ですね。
長男くんの結論、ひめさんの結論、
見守っています。

2011年02月25日(金) 11時52分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ふぃるさん

すごく密度が濃い親子の時間でしたね。
だけど、本当によかった。やり直しが出来て。
私にとっても大事なことに気付かされた時間でした。
長男の傷が癒えて歩き出せるようになったのがなにより嬉しいです。
これからは外の世界で楽しみを見つけて行く時間。
頑張ってほしいな!

2011年02月25日(金) 12時00分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ RinRinさん

自分で決めたというのが大きいですね。
高校進学、私は90%くらい諦めていましたから。
私がしつこく言わないことで(将来について)
本人が考えたんだと思います。

手を貸すところ、貸さないところ
無用な指示、必要なアドバイス
見極めが大事なのかもしれませんね。

一緒に喜んでくれてありがとう。
嬉しいです(*^_^*)

2011年02月25日(金) 12時07分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。