いじめ

昨日は本当は違うテーマで書く予定だったのですが、

書きだしたら心にあることがドンドン出てしまってあんな独り言に

なってしまいました(^^;)

今までもいろんなことがあったのに、はじめてのことではないのに

心乱されるとは私もまだまだですな。

まー、そんな自分も可愛いじゃん ということにしておきます。

あまりになんでも達観できたら、それはそれで可愛げってもんがないしと

都合のいいように解釈したりして


今、私がよく遊びに行くブログのお子さんがいじめに遭っているようで・・・

他にいじめ→不登校になってしまいそうなお子さんのことで相談にのっている方もいます。

なんだかね・・・切ないです。

昔と質が違って、いじめてる子は表面上“いい子”だったり

するんだよね。親や先生の前では。

ひたすら陰湿、陰でね。正体不明だったり。

うちの長男をいじめた奴らは、別に“いい子”じゃなかったけど

まあ、一見普通の子。

でも、親を完全に見下していて、親も子供のいいなりと言うパターンだった。

長男をいじめた子、その家庭

Bの場合

うちの場合は特殊で、はじめは息子も一緒につるんで悪さをしているようにしか

見えなかったので骨折するまで、いじめというものに

私はちっとも気付かなかった、浅はかなことに。

さて、発覚してからの学校の対応・・・

「全力で息子さんを守ります」

そういって、朝は担任が迎えに来て、

休み時間も教室で担任と一緒。

トイレは授業中に行けと言われ、

帰りは私が迎えに行く、そんな毎日。

もうその時は私も、頭が混乱していたので、とにかく二度とそんな目に

遭わせないことだけしか頭になかったのだが、

考えてみたらこの対応は一見長男を守っているようだが

長男を窮屈にしばり、いじめをしたいわば加害者は野放しに

しているだけだ。

いじめの件、学校もいじめた子たちも私に隠そうなどとは

しなかったけど、周りに公にもしなかった。

なので、長男のこの様子をみて

他の子があざ笑ったり、からかったりと新たないじめが始まりそうな

気配もあった。

もうすぐ、卒業。

そんな6年生の秋だったから(発覚したのが。暴力自体は1年以上続いていた)

当時の小学校の対応などよりも

その先の中学のことを考えて、転校を決めた。

その地区は小学校と中学校は、そっくりそなままのメンバーで

増えも減りもしないという状況だったから。

小学校の間、なんとかやり過ごしたとしても

中学いけば再び、その子たちが近づいてくるのはわかってたから。

親も話にならなかったから・・・。

なので、私はこの問題について学校と闘ってはいない。

だけど、この時の経験から言っても

いろんな人のいろんな話を聞いても

どうも、あてにならない学校が多い。

いじめの加害者は平気で学校へ行ってるのに

行けなくなるのはいつも被害者だ。

引っ越さなければ、入学していた中学でも

ちょうど同じころ、屋上から飛び降り未遂があって、

そのころ、上の子が中学生だったお母さんたちに話をきけば

やはり原因はいじめだが、学校は認めず、

結果、その子はその後学校へ行けなくなり

フリースクールへ行ったときいている。

昨日ちょっと書いたけど不登校になると

それまでの経緯などとは別に“不登校“という物に対しての

罪悪感、偏見と闘わなくてはならず、

いじめられた子は全く悪くはないのに

(いじめられる方にも原因があるなどと言う人もいるが

たとえ、どんな理由があるのせよ、集団(二人以上)で一人を攻撃していい理由などない)

人生を狂わせ、いくつのも荷物を背負っていくことになる。

場合によってはいじめた方はすっかり忘れてしまうにも関わらず。

いじめた方にも人権はある、そんなことはわかってる。

しかし、あまりにもおかしい気がする。

極端に言えばいじめっこたちしか学校へいけなくなるではないか。

なんとか、ならないかな。

事件でもなんでも、いつも被害者のほうがつらい。

加害者の人権と言う前に被害者の人権を考えて欲しいものである。

今、いじめで苦しんでいる子たちが笑顔で登校できること、

心から祈ってます。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください






関連記事
スポンサーサイト

コメント

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年12月09日(木) 10時43分 | | 編集

みやママ #-

こんにちは

私は小6の時にいじめにあいました。単純な仲間外れでした。でも今のいじめは深いですよね。最近 三男の友だちがいじめで学校に来てないと知りました。隣のクラスなので全然知らなくて 説明会を開いたと学校だよりには書いてあったけど それも知らず…。被害者の母たちは 我が子1人のせいじゃない 中心はあなたの方でしょう となすりあい(T_T)そこじゃないのになぁと悲しくなりました。 昨日の記事 へこたれそうな私に負けるもんか!とパワーを頂きました。イルカさんはしんどかったと思うけど…。私は嫌な思いした時は 人の振り見てなんとやらで あんな風にはなるまい!と思う事にしてます(^_^;)

2010年12月09日(木) 11時43分 | URL | 編集

みやママ #-

さっきのコメントで書いた お母さんたちも色んな思いされてるんだろうって思うけど、他の人に言い訳めいた事を言ってるのが ちょっと残念で… と言う私も こうやって また書いてる所が言い訳ぽいですね。

2010年12月09日(木) 13時27分 | URL | 編集

はるか #3cXgguLU

本当に

極端な話、そうですよね
いじめた人
加担した人
何もいわなかった人
そのグループに入れなかったほうはいけなくなる。

本当に何とかならないかなと思います。
もっといじめの罪を重くするとか
そうするしかないんじゃないかな

卒業してだいぶたち
というか卒業前から
いじめたほうはすっかり忘れてると思う
でも私はそいつの顔も、親の顔も
忘れられません。

2010年12月09日(木) 14時58分 | URL | 編集

空飛ぶミケ猫 #-

こんにちは

一個前のコメントを読ませていただきました。私が休んでいる間にもっとひどいこと…。
大変だったんですね。

確かにいるかさんのおっしゃるように子どもの世界だけでなく、社会全体に妙に加害者の人権を守ることに過敏になっているような気がしますね。
被害者の顔や被害状況(中には知られたくないことや見せたくないこともあるはずです)は平気で報道するのに、加害者の方は顔も名前も出さなかったり…。
おかしいですよね。
そう思います。

2010年12月09日(木) 20時36分 | URL | 編集

愛希穂。 #-

No Title

初めてコメントさせて頂きます。

被害者の人権を守って欲しいと本当に思います。
私は教師ではありませんが、小学校で働き、子ども達と関わっています。
その中で感じる事は、「いじめ」については、いじめる子の問題もありますが、教師の対応にも問題がある場合があるということです。
ある子が授業中に平気で他の子を「うざい、どっかへ行け。あいつはテスト50点や、アホやで」と大きな声で言っても、担任がそれを注意しないのです。
そしてひたすらに授業を進めようとする。
だから、子供のいじめも歯止めがきかなくなる。
そして、そのクラスにあいている先生を入れて、表面上はクラスを落ち着けようとしますが、対処療法にしかすぎず、根本が変わっていないので、いじめは相変わらず存在しています。
親も教師も、子ども達に関わる大人が真剣に子供と向き合わなければいけないのに、それがスルーされている。

海外では、いじめっ子は小学生であろうと、登校禁止などの措置がとられますが、日本では、海のイルカさんが書かれているように、いじめられた方ばかりに負担が強いられますよね。

人の好き嫌いがあるのは仕方ないかもしれないけれど、だからと言って、それは人をいじめたりする理由には決してならない。

子ども達が笑顔で登校できること、私も望みます。

2010年12月10日(金) 18時38分 | URL | 編集

けい #JalddpaA

No Title

こんばんは!

いじめって 本当に色んなやり方があるんですよね。。。
自分の子は大丈夫 と思っていても
いつの間にかその渦中に なっていたりします。

学校側の対応もさまざまですね。
私もいつも思います。
何か事件があっても 加害者の人権が優遇されてしまう。それでは被害者はどうなのよ。。。
我が家はニュースをみながら 何時もそういうツッコミをしてしまいます。
被害者の泣き寝入りは 本当になくなって欲しいですね!

2010年12月10日(金) 18時52分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

何かあった時にすべてをごっちゃにするのではなくて
きちんと整理して考えることが大切ですね。

いじめに対しては表面的に、建前として
一応中尉はするけど・・・という学校が多いように思います。
あからさまに面倒がる学校もあると聞くし。
なんか、責任を問われるのが嫌というふうに見えるんだけど、
実際にいじめに遭ってる子にしたら誰の責任かなんてそういう問題じゃなくて
助ける手を差し伸べて欲しい、やめてほしい
ただそれだけなのにね。
なんか・・淋しい世の中だなって思います。

2010年12月10日(金) 22時24分 | URL | 編集

海のいるか #-

★みやママさん

なんか今のいじめは質が違うんですよね。
昔のように単純じゃないというか、いじめる子も屈折してるというか。
加害者、学校、みんな責任のなすり合い。
そういう問題じゃないのに。
自分の子が誰かに何かしたら、親がすることは言い訳ではないと思う。

批判されたことは前にもあるんです。
うん、いくつかの記事だけを読んで、
そして、自分が子供のことで問題を抱えたことが全くなかったとしたら・・・
無理もないなとは思うんです。甘やかしと思われても。
ただ、それを公然と言い放って攻撃するのは
それとは別問題だと思うんです。
でも・・・そういって理解できる相手なら最初から攻撃仕掛けてはこないよね(^^;)

2010年12月10日(金) 22時33分 | URL | 編集

海のいるか #-

★はるかさん

いじめは犯罪だよね。
私はそう思う。
いじめられて、誰も助けてくれなくて
天国へ飛び立った子供たちだっているのに
なにが加害者の将来よって思う。

私はいじめる子は闇を抱えているのだから
その子たちを救ってほしいと思うけど
それはつまり、いじめがなくなって欲しいからであって、
だから、いじめる子の親は全力でその心の闇を光に替えないといけない。
その義務があると思う。
私は人の子に大変なことをしているのに
それでも我が子としっかり向き合わない親も
許せない。

2010年12月10日(金) 22時42分 | URL | 編集

海のいるか #-

★空飛ぶミケ猫さん

はい、大変だったんです(^^;)
その時に、挑発にのってはいけないと思い知ったのに、ついついね(苦笑)
まだ、子供だから(^^ゞ

そうなんです。
被害者は知られたくないことまで知られたり、
場合によっては命さえ落としているのに
加害者だけが守られるのは納得できないですよね。
やり直すチャンスといったって、被害者はやり直せない場合だってあるんですから。

2010年12月10日(金) 22時49分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ 愛希穂。さん

はじめまして。コメントありがとうございます(*^_^*)
ブログは時々拝見させていただいています。

最近は、面倒なことに関わりたくないという態度の教師がいたり、
対応に問題があったりということも少なくないですよね。
子供が3人いますのでいろいろな先生を見てきましたが、
こういってはなんですが“はずれ”の先生もけっこういました。
先生の存在はけっこう大きいのに。

親も子供と真剣に向き合っていない場合もありますね。仕事が忙しかったり
いろいろあるのはわかるけど何をおいても、しっかりと向き合わなきゃいけない時ってあるのに。

いじめというものに日本は甘すぎる。
そう思います。その分もっと被害者に対して優しくしてほしいと思います。

2010年12月10日(金) 23時02分 | URL | 編集

海のいるか #-

★けいさん

家の場合は本当にいじめとは思っていなかったんです。
どんどん悪い道へいくのを何とか止めなければと必死で。
今思うと、友達から暴力を受け、脅されて
そうとは知らない私に物凄く怒られての毎日・・・
可哀そうなことをしました。当時の長男の心境を思うと今でも胸が締め付けられます。

本当に。加害者の人権もわかるけど
被害者も同じ、いやそれ以上に考えてほしい。
そう思います。いじめに限らずね。

2010年12月10日(金) 23時10分 | URL | 編集

アム #Oe0o/lgM

うん!うん!と頷きながら見てしまいました。

ホント加害者は人権あって、被害にあった子供にはないんですよ…
先生も教育委員会もさじをなげ…
面倒だからと逃げてく…
けれど、先生が被害にあうと警察沙汰なんですよ…
ほんと不思議だし理解出来ないでいます。
先生は生徒を疑いたくないといいながら
生徒になにかされたら全面戦争状態です(*_*)

これが日本の教育なんでしょうね。

悲しくなります……


2010年12月11日(土) 03時18分 | URL | 編集

海のいるか #-

★アムさん

そうなんですよね。
子供だけでなく、大人も自分さえよければそれでいいと思っているってことですよね。
教師という職業をなぜ選んだのでしょう?
志、きっとあったはずなのに。
教師が教えるのは勉強だけではないと思うのに、教えるべきものを持っていないのかと悲しくなりますね。

2010年12月12日(日) 15時44分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。