ひとりごと

不登校になる原因は様々です。

うちの長男のようにいじめが主な原因である場合もあれば

次男のように、小さなことがいくつも重なったと考えられるパターン。

あるいは、親や周りの目から見たら、いや場合によっては本人さえ

理由がわからないこともあると思います。

人は自分のことをわかっているようでいて意外と自分自身に対しても

うまく説明のできない物を抱えていたりするものですから。

いじめの場合、わかりやすい(理解しやすい)理由と言えます。

それでも、やはり偏見の目というのはあります。

不登校になってしまった子というのは不登校になってしまった時点で

すでに傷つき、疲れきって動けない状態である上に

さらに、学校へ行けないという罪悪感(これを感じない子はいません)

周りの目、無責任な忠告、中傷など更にいろいろなものを

背負わされます。

これは親も同じです。傷つく我が子を見るつらさ、

あるいは、怠けているように見える我が子に対する情けなさ、

甘やかしてるからだ、いや厳しすぎるからだ、

首に縄をつけても行かせればいいものを、

いやいや決して登校刺激はいけません。

いろんな人のいろんな発言。

無責任なもの、どこかで楽しんでいる、あるいは馬鹿にしているように

思えるもの、親切そうな顔をして興味本位なのが隠しきれない相手。

偉い人の自信に満ちた考え、それも情報は膨大で

中には正反対の対応がのっている。

いろんな場面の自分を責め、様々な言葉に振り回され

対応がバラバラになってしまう。

あるいは、怠けていると決めつけ子供を責め続ける親もいるだろう。

ひどい親なのではなくて、それが子供のためだと思い込んでいる。

それでも。

進んでいかなくてはならない。

子供の将来を親があきらめるわけにはいかない。

傍からみれば、無様な時も

それは違うんじゃないかと思う場面もあるだろう。

だけど、少なくても外野ではなく当事者である親は

当然のことながら、外野よりも何倍も何億倍も必死になっている。

必死になって子供を思い、見つめ、考え、

そして行動している。

そのことは、子供を持つ親ならば、想像できると思う。

目の前の我が子の一大事。

真剣にならない親はいない・・・ほんの一部を除いては。

理解してくれなくてもいいのです。

ただ、理解できない、共感できないのであれば

黙って通り過ぎればいい。

もしも、本当に相手を思い助言をしようと思うのなら

そのことについて少しは勉強してからじゃなければ失礼ではないかと思う。

それが必死に勉強し、試行錯誤しながら

日々頑張っている人に対しての最低限の礼儀ではないのか。

当事者にしかわからないこともある。

どんな相手にたいしても上から目線で誰かに何かを

しかも、知りもしないのに堂々と断言することなど

出来ないと思う。

神様でないのなら。もちろん、心のこもったアドバイスは別としてね(^_-)-☆

誤解しないでね、これは私がふと、いやいつも思っていることです。

何かがあったから、この記事を書いたわけではありません。

ほんの独り言。



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください


関連記事
スポンサーサイト

コメント

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年12月08日(水) 18時14分 | | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

No Title

いるかさんのブログにお邪魔して2年近く。
長男君が1歩1歩、時には行きつ戻りつしながらも前に進んで知るのを見て、
また、いるかさんの考えや思いに触れ、自分の価値観も変わってきたと思います。

不登校だけではなく、我が家のように障がい児を持つ家庭も、いろんな苦しみや葛藤、泣いたりぶつかったりしながら日々を送ってる。
現実を受け入れることから始まって次のステップ。
もがきながら前に進んでる。

<親は外野よりも何倍も何億倍も必死になっている>

これ、結構わかってない人多いんじゃないでしょうかね?
私にも、いるかさんにも歴史と言うとオーバーだけどここまできた過程がある。
普通に思いつくことはみんな試してみての今。
でも、その今だけ切り取られて評価されちゃあねぇ。
それは失礼ってもんだよね。

2010年12月08日(水) 21時20分 | URL | 編集

haha_san #-

No Title

いるかさん、こんばんは。
ちょっと辛い事があったのですね。。
大丈夫ですか?
私の反抗期の息子は、私の態度でいくらでも
良くなるのではないかと、最近思ってます。
その事も、いるかさんの日記に共感し、感動し、
私も頑張ろうって気持ちにさせて下さったからと、感謝しています。
あの方のブログは私もよく読ませて頂いて、
あの方はあの方の母の道で頑張っていらっしゃるように感じます。
しかし、いるかさんの日記に対して、中傷ととれるような記事をUPするのは、
明らかなネチケット違反だと悲しくなりました。
どこの親も、自分の子の為に身体張って子育て
しているんだし、その家その家でみんな子供の
性質も親の考えはそれぞれですから。
正解なんてないんだと思うんです。
いるかさんの息子さん達に対する温かさや
深い愛情は、読んでいる私達の心に沁み入って
こちらまで、温かい気持ちになります。
そういう読者が沢山居ると思います^^
母は強し!ですよね^^私達を母にしてくれた
子供達に感謝して、これからも子育てに励み
たいものです^^いるかさんもファイトですよ!
産みの母にしか分からない我が子だから。。

2010年12月08日(水) 21時22分 | URL | 編集

空飛ぶミケ猫 #-

こんにちは

いろんな想いが渦巻いていらっしゃるようですね。
確かに助言は難しいものだと思います。まぁみんな多様な経験をしているのですから、お互いの生き様を出していく中で「参考になれば…」というくらいがいいんでしょうね。

2010年12月08日(水) 21時47分 | URL | 編集

#

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010年12月09日(木) 00時25分 | | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

ありがとうございます。
そうなんですよね、同じ立場にたたないとわからないことはあると思うんです。
それはそれで仕方ないけれど、
自分の見方だけが正しいと胸を張って言われたり、陰で悪く言われるのは・・・。
わかってないな、わかってほしいとも思わないけれど、
自分がやっていることは平気で人を傷つけているだけなんだと自覚しないで
少しでも自分がいわれると噛みついてくる、その大きな矛盾に気付いていない。
面白くないし傷つくけれど
周りの人はわかってくれている。
自分が胸を張っていければそれでいいって
やっと吹っ切れました。

2010年12月09日(木) 09時52分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

ありがとうございます。
そうなんですよね、いざというとき親がどれだけ真剣になるか
、これは意外とわかっていないかもしれない。
普通に・・・つまり第三者が考え付くようなことは
とっくに試してるってことにね。
考え付く限りのことをして、我が子を見つめ、なにが必要で何が不要かを見ながら
進んでる。
たった一コマ、そこだけ見ればおかしいと思えることでも、もう少し長い時間、
広い視野でとらえれば必要なステップだったりする。
というと・・・たぶんあちらさんは「モンハンを買うことが?」と言うでしょう。
きっとね、理解なんて出来ないよね。
ただ、攻撃だけはやめてほしい。

2010年12月09日(木) 10時00分 | URL | 編集

海のいるか #-

★haha_san さん

ありがとうございます。
私はあちらのブログは今回はじめて見に行ったのでよく知らないのです。
ただ、同じ母親として頑張っていらっしゃるのだろうなとは思います。
人にはそれぞれ考えがあるし、価値観の違い、環境や子供の性格や実に様々です。
いつも書くけれど親子でも兄弟でもそれは違います。
これはあくまでも私が思うことですが
その違いを認めるということが親子でもとても大切なことだと。
だから、こんなふうに攻撃を受けると
ああ、私とは違うのだなあと思うけど、なぜ攻撃をうけなければいけないのかと思ってしまいます。
真剣に子供と向き合っている分、腹も立ちます。
私はあちらを批判したことなど一度もないというのに。

2010年12月09日(木) 10時07分 | URL | 編集

海のいるか #-

★空飛ぶミケ猫さん

ミケ猫さんがお休みの間にもっとひどいこともあったんです。
一時はこのブログを限定公開にしていました。

いろんな人がいて、いろんなことを言う。
それは百も承知だし、そのたび乗り越えてきました。理解してくれない人もいる、
だけどなぜ攻撃を受けなければならないのか、
私は人を攻撃したことなんてないのに。

だけど、私も安易に人を評価したり
したり顔で助言したりしないように
いつでも相手の気持ちをまずは思いやっていこうと改めて思いました。
そういうことを忘れてはいけないよという神の忠告なんだと思うことにします。

2010年12月09日(木) 10時16分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ミソオさん

そう思っていただいても構いませんが
ここには不登校のお子さんを持つ方がたくさん訪れます。
その方たちが傷つく恐れがあるので
コメントは削除させていただきました<m(__)m>

2010年12月09日(木) 10時18分 | URL | 編集

海のいるか #-

★真琴さん

ありがとうございます。
そういってもらえると嬉しいし、私も同感です。
が、ごめんなさい、今回は未公開にさせてください。
あちらの方が傷つくかもしませんので。
気持ちはしっかり受け取りました(*^_^*)

2010年12月09日(木) 10時21分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。