今日も失礼します

今日は雨です。

この時期、雨ってことは暖かいってことですね。

そろそろ、タイヤ交換かなーと思っているけど

いつもギリギリまでしない。減ったらもったいないし(^^;)

私はタイヤ交換はいつも自分で・・・いや息子たちと一緒にやります。

去年の様子

2009_041020080006_convert_20090412082624.jpg 2009_120520080010_convert_20091206142827.jpg 2009_041020080003_convert_20090412082733.jpg

長男は施設へ行っていることが多かったので

だいたい次男&三男。

もう慣れたもんです。助かります

男の子は頼りになりますね。



今日も時間がないので、以前書いた記事を以下に再度アップさせていただきます。

2009年、6月に書いた記事です。多くの方に読んでいただけたら嬉しいです。

以前から来て下さっている方、ごめんなさいね。

もう前に読んだからいいわと言う方はスルーしてください。

あ、ちなみに現在の長男は当時とは別人のように穏やかで心やさしき男に

なりました(*^_^*)



私は子供に対し、忍耐強く待つということや、ダメなことはダメだと毅然とすることが

大切だと思っています。

が、私もはじめから そんな風に接することが出来たわけではありません。

もし出来ていたなら、例えいろいろあったにせよ、長男の我儘がここまで増長はしなかったでしょう。


長男はもともと、好奇心がとても旺盛で何かに関心を持つと

それを抑えることが出来ない子でした。

なので小さい時から落ち着きがなく、なんにでも口をだすような子。

人見しりも全くないため、すぐに友達は出来るけど

その分トラブルも多かった。(誤解されることも多かったけど)

保育園では先生からADHD(注意欠陥多動性症候群)ではないかと言われたこともあります。

一応の検査には行きましたが、多分落ち着きがない普通の子だろうと言われ

詳しい検査はしませんでしたが、(席に座っていられないというほどのことはなかったので)

もしかしたら多少その傾向はあるのかもしれません。

長男に対しては、怒ることも迷うことも多かった。

怒るときは出来るだけその理由を丁寧に説明することは心がけていたけれど

今思うと彼の気持ちをくみ取るという部分は欠けていたように思う。

次男が生まれ、三男が生まれ、私からみたら立派な兄ちゃん。

今思うと厳しかった。

いや、厳しいというより・・・・怒りながら彼の我儘に負けてしまうことは多かった。

彼の“しつこさ"に耐えられず、最後には「勝手にしなさい!!」と

山のように文句を言いながらも、最後には聞いてしまっていたのである。


この繰り返しが彼を増長させたのは当然である。

駄目と言われても、しつこく騒げば・・・暴れれば・・・私が折れることを

彼は知っているのだから。


先生との間に、友達との間に、いろいろあった彼の心がすさんで

ものすごく荒れていた時は、大袈裟ではなく地獄のようでした。

旦那のことも加わり、長男が包丁を掴もうとしたこともあった(旦那に対し)

なんとかしなければ。

この思いだけがわたしの中で空回りをする。


甘え足りない部分を補いながら、

駄目なものははねつけなきゃいけない。

そう決心したものの、最初は言い出したら7時間も8時間もつきまといながらねばる彼。

物を投げ、私を蹴り、弟たちに八つ当たりをする彼にやはり最終的に負けてしまう。

その場は治まるが、私はひどい自己嫌悪。

そしてすぐにまた新たなバトルが始まる・・・・。


怒鳴り合い、殴り合い、つかみあい。なんでもありだった。

この子をこんなふうにしてしまったのは私だ。

私は自分を責め続けた。

そんな中で一歩ずつでも改善できたのは・・・・。

私がいままで目を向けなかったことに気づいてからである。

今まで最終的に“負けてしまった”ということで自分を責め続けていた私。

その中でふと気付いた自分の進歩。

例えば・・・彼が何かを言いだした時点で喧嘩ごしになっていた私が、

一回は冷静に 「それはダメ」と言えた事だったり(前は半分どなりながら『とんでもない!なに言ってるの!!』とすぐにヒステリックになっていた)

1時間で折れていたことを3時間まで折れずに頑張れたことであったり。

とるに足りない小さな変化。

最終的に負けてしまっても、そこに注目するようにしたのである。

そして自分に対し、責めるかわりにそんな自分を労わってあげたのである。

そうすることで、「よし、少しずつでも進んでいるぞ!今度こそ負けないぞ」と

思えるようになってきたのである。

と同時に彼の変化も感じられるようになった。

前は ダメっと言ったとたんキレていたのが

いったんは冷静に交渉できるようになってきたとか、

一日に10回くらいあったバトルが2回に減っていることとか。

私の中でそんな風に自分の頑張りも彼の頑張りも感じられるようになってから

事態は急速に好転していった。


私が自分を褒めてあげることが大切だというのは

こういうことからなのです。

自分を認め、子供を認める。

すぐに結果に出なくても、小さい変化に注目する。


たとえばダイエットでも物凄く頑張って、体重計の針が1ミリも動かなければ

やる気がなくなってしまう。

だけど、たとえば体重は変わらなくても体脂肪が減って筋肉に変わっていることが

わかれば、やがて体重に変化があると信じられますよね。

数字ばかりにとらわれず、引きしまってきた自分の体に目をむければ・・・・。


子供の勉強も同じことだと思います。

つまりすべてに通じることだと思うのです。

だから、小さな変化でも、ちゃんと自分を認めてあげましょう。

とっても、とっても大切だと思うんです。



自分自身に対する思いやりは何よりも効く特効薬だ
                       
                            セオドア・アイザック・ルービン


自分の能力をどれだけ発揮できるかというのは、結局どれだけ自分をおだてられるか、にかかってると思うんです

                              玄侑 宗久



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

mimi #-

No Title

怒りながら彼の我儘に負けてしまうことは多かった。
これは・・私も良く有りますよ。

自分の能力をどれだけ発揮できるかというのは、結局どれだけ自分をおだてられるか、にかかってると思うんです
・・か・・
うん。そうかもしれないな~~~
子供が・・自分は出来る!と・・思うように・・育ててやらなければ・・なのかな。
親って・・ホント・・難しいね。


2010年12月03日(金) 09時44分 | URL | 編集

RinRin #-

こんにちは

あぁ~わかります。
私と娘も今まさにその途中の段階かな?
と思っています。
娘が頑張っているのもわかるし、彼女なりの苦労も理解しているつもりでいます。
でも、自分の要求をなにがなんでも通そうとする
娘に対してブチッv-239っとなってしまうんですよね。
それでも、我が家のバトルの数もだいぶ減りつつあります。それが救いかな・・・・・v-238
イルカさん
良いお話をいつもありがとうv-237

2010年12月03日(金) 12時26分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年12月03日(金) 21時32分 | | 編集

空飛ぶミケ猫 #-

こんにちは

恒例のお子さんのお手伝い付きタイヤ交換ですね(笑)
子どもが成長して役に立てるようになってから「お願い」と言ってもきっと多くの子はなかなか動かないでしょう。
幼い時に興味津々でまとわりつき、どちらかというと邪魔だと思う時期がチャンスなんでしょうね。

過去記事またあらためて読んでみました。そして自分のコメントも…(笑)
多くの親は課題が見つかって「こうすればいい」というのがわかっても動くことはしません。それはきっと膨大なエネルギーが必要なのがわかっているから…
あらためているかさんはすごいなぁと思いました。

2010年12月04日(土) 00時32分 | URL | 編集

junmama #xmZaWf.c

No Title

>自分を認め、子供を認める。

すぐに結果に出なくても、小さい変化に注目する。

なかなか出来ない事ですが、その少しずつの積み重ねが大事なんでしょうね。

それって、自分自身と向き合う事の様な気がします。
自分の欠点と向き合う事で納得して、そしてその欠点を前むきに出来る事の様な・・・。そして自分に対して思いやりが見えてくるのかな。
それを乗り越えたいるかさん、見習う事ばかりです。
相田みつをの作品の中に

『 自分の心のどん底が 
  納得してるか
 どうか
 それが大事 』

そこから自分自身を褒める事が出来るのでしょうね。
私は、まだ自分自身悩んで、そして落ち込んで、その自分自身の嫌な所に向き合う事までです。
今回のこの記事で、自分自身が少しでも
自分をおだてられるように頑張りたいものです。
よい話をありがとうございます。

2010年12月04日(土) 13時48分 | URL | 編集

海のいるか #-

★mimiさん

自分をおだてる、難しいけど
やっぱり大事だと思うわ。
自分はできるって感覚は困難にであったときも
乗り越えていける力になるからね。
根っこのところは育ててあげたいって思います。
バランスというか・・・難しいけどね

2010年12月04日(土) 20時41分 | URL | 編集

海のいるか #-

★RinRin さん

忍耐力、ですね。
子供を育てるのは本当に忍耐強くなくてはいけないと思います。
そのぶん、自分も一緒に成長できるけど(^◇^)
そう思って頑張りましょう!!
バトルが減ってきているというのはすごく進歩してるってことですよ(*^_^*)

2010年12月04日(土) 20時44分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

応援ありがとうございます!!

2010年12月04日(土) 20時45分 | URL | 編集

海のいるか #-

★空飛ぶミケ猫さん

明日にでもタイヤ交換するつもりです。
なんだかね、パンクしているようなんです(^^;)
時期が時期だから、履き替えてしまおうかと。
そうですね、つきまとって邪魔な時期に我慢してやらせていると、ちゃんとモノになりますね。
やらせるのを面倒がるとずっとやってもらえない(苦笑)

今思うとあのときのパワーは自分でもすごかったと思います。それだけ必死だったんです(^^ゞ

2010年12月04日(土) 20時49分 | URL | 編集

海のいるか #-

★junmamaさん

そうなんです。子供と向き合うことは自分と向き合うことなんですよ。
それに、自分を受け入れられない人は本当の意味で子供を受け入れることができない。
そのことがこの経験からよくわかりました。
やっぱり親子は共に成長するんですよね。

2010年12月04日(土) 20時52分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。