カウンセラーの仕事とは

今日は中学のスクールカウンセリングの日でした。

「どうですか?」

「相変わらずかな。ただ、次男は学校はもう関係ないと思っている感じ(苦笑)」

「え、どんな?」

「前は『学校は?』と聞くと『具合悪い・・・無理・・・』と暗い表情だったんです。

これは私がなんとか行って欲しいという表情をしていたせいもあると思うんだけど。

今は私がこれまでとは全く違って、ほんと冗談ぽく『あれ?学校は?』と聞くと

『学校?なにそれ。おいしいの?』とか冗談で返してくる(笑)

すごく明るさが出てきた感じなんで、しばらくはこれでいいかなって。

長男と『学校行けよ』『おまえが言うなよ』とか言い合ってるのもおかしくて。」


「じゃ、精神的にはとても安定してるって感じなんですね?」

「はい、なんか重荷がなくなったというか、解放されたとかそういう感じです。

そうしたら生活リズムもよくなりました。今は普通に11時頃寝て

6時ころ起きてます」

「やっぱりそうなんですね、この前は二人が完全にそうなってしまった場合の

三男くんのことを心配されてましたよね?」

「はい、そうしたら三男までいずれ行かなくなってしまうんじゃないかと。

でも、思ったんです。行きたくないとか行けないと言う状態にもしなってしまった時の

言い訳にはなるけど、つまり兄ちゃんたちも行ってないじゃんというのがね。

だけど、そこが原因で行かなくなることはないと思うんです」


「つまり、もしも行けない状態になった時、『兄ちゃんたちも行ってないから』と

言うかもしれないけどそう言ったとしても原因はそこにあるわけじゃないってことですよね?」

「はい、たぶん。

次男が不登校になったのは長男が不登校だからではなく

次男は次男の問題で学校へ行けないわけで、

だから、いくら不登校の兄弟がいてもそれだけが原因で

不登校になるってことはないと思うんです。

まあ、学校へ行かないというハードルが他の子より低いことは

認めざるをえませんが。」


カウンセラーの先生は何度もうなずいて

「逆に万が一、そう状態になった時三男くんとしては言いやすいかも

しれませんよね。ひとりで抱え込まなくて済む。

いるかさんも長男くんや次男くんの経験があるから

あまりヤキモキせずに受け入れてあげられそうですもんね」


「私が(え?!この子まで!?)って気にさえならなければの話です。

だから、心のどこかで今から覚悟は決めておこうと思っています。

まあ、そうならないって思っていますけど」

話しているうちに気持ちがしっかり固まってくる。

この先生と話しているといつも気持ちがしっかりする・・・。


以前に→話を聞くということと言う記事を書きました。

この先生と話していて気付いたことです。

いろんなカウンセラーの先生がいますが

カウンセラーの仕事は基本、この先生のように

話を聞き、クライアントが自分自身で問題解決できる方向へ

導いてあげることです。

あくまでも解決するのは本人でその手助けをするということ。

こうしなさいと指示、アドバイス、指導するのではなく

本人の気持ちを受け止め、心の奥にある気持ちを引き出すことで

問題が解決、あるいは気持ちが楽になるようにサポートする、

それがカウンセリングだと思います。

そういう意味で、親はカウンセラーであるべきだと私は思います。

こうしなさい、ああしなさい、と親の思いを押し着けたり

レールを敷いたりするのではなく

子供が自分の力で物事に向かっていき、解決したり

判断したりできるように。

私はこのスクールカウンセラーの先生や長男の施設の先生、

そして長男に教えてもらいました。

本来、人間は大人も子供も関係なく

起こることすべてに対する解決法を心の中にはじめから持っているということ。

何かことが起きた時、自分の内側にではなく外側にそれを求めてしまうから

うまくいかないんだということ。

偉い人の言葉、とか世間ではそれがいいとされているから、とか

こうするべきだからとか。

あるいは、あの人がこう言ったから、あんな事さえ起こらなければと

人や周りのせいにばかりしていたりするからうまくいかないんだと。

だけど、本当はすべて自分で決めたこと。

起こる現象は変えられなくても

それによって“傷つく”とか“楽しむ”とかそういう感情を選んでいるのは

自分自身。

子供に「くそばばぁ」と言われ

ひどく傷つく人もいれば、腹を立てる人も、笑い飛ばす人もいる。

どれがいいとか悪いではなくて

自分は今、そういう気持ちになっているというだけのこと。

そういうことに気付くと自分との付き合いかたが上手になって

必要以上に自分や他人を責めなくてもよくなる。


私がカウンセラーになりたいと思ったのは

そういうことを通して自分を知りたいと思ったことや

子供の伴走者になりたいという思い。

それが一番のような気がする。



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

mimi #-

ついつい・・ああしなさい・・こうしなさいと言いたくなるので・・
忘れないようにしなくっちゃ。

2010年11月09日(火) 15時06分 | URL | 編集

yypapa #-

こんにちは^^

「クソババア」という言葉は
成長の証、大人への登竜門、だと個人的に思ってます☆

親に反抗せずに大人になっちゃう子ほど
怖いモノは無いと思いますね~><;

2010年11月09日(火) 16時34分 | URL | 編集

けい #JalddpaA

こんばんは!

カウンセラーのお仕事はやっぱり大変なお仕事ですね。
その人の判断を導くって忍耐力を必要とするかもしれませんね。
話をして分かる方ばかりではないでしょうし・・・

でもいるかさんなら大丈夫だと思います。
いるかさんのお話は分かりやすいですし説得力もありますもの。。。
但しご無理だけはなさらないで下さいね。

2010年11月09日(火) 19時16分 | URL | 編集

ふぃる #-

カウンセラーって、なかなか難しい職業ですよね。
話の聞き上手でないといけないし
相手の気持ちを引き出していかないといけないしね。
いるかさんも勉強を頑張ってるので
子どもに良い影響がきっと出ますね^^
頑張ってください^^

2010年11月09日(火) 21時35分 | URL | 編集

にゃお美(どんぐり) #zD6oamb2

ご無沙汰しています♪

読んでいて、
いるかさんに会いたくなりました。
語り明かしたいわ~~~~。
子育てと己育て顔晴ろうね v^^
資格習得頑張ってください。

2010年11月09日(火) 23時16分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年11月10日(水) 05時19分 | | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

カウンセラーって話を聞くだけでアドバイスはしないって聞きますよね。
確かに話しているうちにモヤモヤしていたものがハッキリしてきたり、自分の方向性が見えてきたりするもんね。
そうか、これって一見人に相談しているようだけどちゃんと自分で解決してるんだよね。
なるほど、目から鱗だ。

子に対して・・・は難しいね。
ついつい上から押し付けちゃうなぁ。
そうか・・あのオチビにも自分で解決する力が備わっているのか・・・・

2010年11月10日(水) 09時00分 | URL | 編集

海のいるか #-

★mimiさん

そうなのよね。
私も気をつけようと自分自身に
言い聞かせています(^^ゞ

2010年11月11日(木) 08時19分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yypapaさん

あは(^◇^)
そうですね!
自立心の一歩と言っていいかもしれません。
成長というものを大きな目でとらえていきたいですね。


2010年11月11日(木) 08時22分 | URL | 編集

海のいるか #-

★けいさん

ありがとうございます!
そうですね、難しい仕事です。
解決しなければ!というよりは気持ちに寄り添ってあげるということだと思います。
子育てにも通じるものだと思います(*^_^*)

2010年11月11日(木) 08時25分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ふぃるさん

相手の話をちゃんと聞くというのは
案外難しいものだと思います。
話を聞きながら相手の内側にある思いとか
力とかそういうものを見つけて上手に気付かせる。
うん、ホント難しいと思う。

子供も一緒に勉強頑張ってくれるといいのだけど(^^ゞ

2010年11月11日(木) 08時28分 | URL | 編集

海のいるか #-

★にゃお美さん

こちらこそご無沙汰しています。
読み逃げばかりになっちゃって・・・<m(__)m>
でもにゃお美さんが日々頑張っている姿に励まされています!
ホント、会ってお話したいですね!!
いつか実現するといいな(*^_^*)
お互い頑張りましょう!!
ありがとうございます!

2010年11月11日(木) 08時32分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

OKで~す\(^o^)/
ありがとうございます!

2010年11月11日(木) 08時33分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

声にだして誰かに話すことで気持ちって整理されたり
あいまいだったものがはっきりしてきたりするんですよね。
だから相手の話をきちんと聞くってとっても大事だと思います。とくに子供に対してね。

うん、なんだかね感覚でわかったの。
人間、だれでも(身体的な問題がないかぎり)
時がくれば立って歩き出すでしょ?
誰に指示されたわけでもないのに。
それと同じで邪魔さえ入らなければ心もちゃんと前に進むように出来ているって。
ただ、残念なことに邪魔が入ってしまうことが多い・・・。

2010年11月11日(木) 08時40分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年11月11日(木) 09時11分 | | 編集

ぴろこ #-

勉強になります

海のイルカさん はじめまして
発達障害で不登校だった娘(中2)の母です

カウンセラーと呼ばれる人には何人かお会いしてきましたが、当たりハズレが大きいという印象があります
なかなかこれは!という良いカウンセラーさんに出会ったことがありません

1,2度お話してみて、わざとらしい表情や物言いをしたり、知ったかぶりをしたりされると、もうダメ…
おそらくその時の自分の精神状態なども影響するでしょうし
いったん(あ~この人ダメだわ)と思うと、こちらがバリアを作り心を閉ざしてしまうのでしょう

カウンセリングってコミュニケーションそのものですから、
自分がこんな態度じゃ良いカウンセリングなど出来っこありませんよね…反省

いるかさんがカウンセラーさんならきっと、ヘソ曲がりの私も心を開いてお話できるのかも…と感じました

とりあえずカッとなりやすい私は「くそばばぁ」と娘に言われる日のために心の準備をしなければなりませんね

2010年11月11日(木) 11時30分 | URL | 編集

はるか #3cXgguLU

伴走者、いいね
一番大切なのは子供自身が決めた道を
歩いていくことを認めること
だよね

私もあれこれ口出さないようにしなくちゃ。

2010年11月11日(木) 14時33分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

丁寧なコメント、ありがとうございます!
そうなんですよね、人ってわかってくれる人がいるって思えるだけでとても救われたりします。
問題がなんであれ、たぶん同じことなんだと思います。
心の中にある素晴らしいもの、引き出すことが出来たら
いいなと思います(*^_^*)

2010年11月12日(金) 06時56分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ぴろこさん

はじめまして。コメントありがとうございます\(^o^)/

カウンセラーのあたりはずれ、わかります。
私も経験ありです(^^;)
カウンセラー自体にはとくに資格はいらないので
みんながみんな心について勉強しているとは限らないんですよね。
カウンセラー自身の思いや論理を押しつけるだけの人もいますよね。
それが合っている人もいるしそうじゃない人もいる。
私は、統計論とかこれが正解に決まってるとか
そういうことではなくて
その人の心の中にもっている答えを一緒に探すことができたらと思います。
答えはみんなそれぞれ違うから。

コメントすごく嬉しかったです(*^_^*)
私も伺います。
よろしくお願いします!

2010年11月12日(金) 07時09分 | URL | 編集

海のいるか #-

★はるかさん

うん、先導するんじゃなくて伴走者。
子供が選んだ道をしっかり歩いていくのをサポートしたいね(*^_^*)
ありがとう\(^o^)/

2010年11月12日(金) 07時12分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。