受け入れるということ

不登校の解決方法・・・

この言葉にちょっとした違和感を覚える。

不登校児の問題点は“学校へ行かない”ということなのだろうか?

いや、不登校児というのは学校へ行かない子のことをいうのだから

学校へ行かない(行けない)ということが問題だということはわかる。

でもね・・・よく“不登校克服!” “この方法で行けるようになりました”とか

っていうのがあるじゃない?

なんだかね、学校にさえ行ければすべて解決、って言っている感じで

なんか違うんじゃないかって思うんだよね。

以前、このブログがある掲示板にさらされたことがあって

言いたい放題言われてたんだけど

(よせばいいのに見に行きました)

その中にね「偉そうなこと書いてるけど、自分の子供が更生してから書けばいいのに」って

のがあったのよ。

それ見て思わず苦笑い。

更生って・・・まるで不登校=不良少年みたいじゃないの。

偏見があるっていうのは承知しているけど

そんなレベルなんだと思ったら反論する気にもならないわよね。


親は我が子が不登校になれば焦ります。

なんとか学校へ行かせようと思います。

あの手この手を使い、怒鳴ったりおだてたり励ましたり

原因探しや親である自分自身を責めたり

相談に行ったり、本を読んだり、ネットで調べたりして

解決方法=学校へ行く方法を必死で探します。

で、そんなこんな一通りやって、やっと悟るのです。

この子は学校へ行かないんじゃなくて行けないんだと。

不登校状態から学校へ復帰する子ももちろんいます。

でも少なくても不登校だった間は“行けなかった”のです。

大切なのはその状態を受け入れることだと。


私は不登校に限らずどんなことも(自分のことであっても、人のことであっても)

まずは受け入れることから始まると思います。

出来ないことを、出来ないんだと受け入れる事によって

どうしたら出来るようになるのかを考える事ができるのです。

出来ないのに出来るはずだ、怠けているだけだと思うから

その方法が見つからないのです。

受け入れると言うと、認める、肯定することだって

いう風に感じるかもしれないけれど

そうじゃないんです。

そういうことじゃなくて、例えば白い絵具があるときに

これは白い絵の具だなと認識するのと同じです。

白は嫌いだとか赤の方がいいとか、そういうのを抜きにしてということ。

人にはいろんな価値観があり、好き嫌いもあります。

どう感じるかはその人の問題であり

そこにある絵具が白いから悪いとかそういうことではないはずです。

その絵具をみて『白いはずがない!!』と言ったところで

それが白い絵の具であることに変わりはありません。

どう頑張っても魔法で赤く変えることは出来ないのです。

たとえ、その絵具自身でもね。

だからまず。それが白い絵の具だと認識する。

それによって、じゃ赤を足してピンクにしようとか

青をたして水色にしようとかいう発想が生まれる。


自分の弱さ、自分とは違う価値観に出会った時、

または理解できないこと、納得できないことに出会った時、

正しい、間違っている、好き、嫌いとか

そういうものをいったんはずして、ただそのものを認識してみる。

それが受け入れるということ。


どんな問題でも第一歩はそこからのような気がする。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

yuyuhaya #iRTvXO9Q

これって障害児の親にも言える!!
まずは受け入れること。
そうじゃないと前に進めない。
受け入れて初めて第一関門突破で、次のステップ。
「もっと早く気づいてれば・・・」
「自分の子に障害なんて・・・」などと考えていたときはどうしようもなかった次男が、私が障害を受け入れたとたんグン!!と落ち着いたんですよ。
親の不安定な気持ちが子供に伝染していたんだ!ってビックリでした。
でも、悩んだり苦しんだり受け入れられるまでの過程も必要なことだったのかもしれないですけどね。

きっとこういう気持ちって、何も障害だとか不登校だとかに限らずどの子にもいえるんだろうね。
おチビにも・・・

2010年11月15日(月) 11時02分 | URL | 編集

けい #JalddpaA

http://lightskyblue17.blog10.fc2.com/

こんにちは!

そうですね。
受け入れてから 考える。分かります。

受け入れて 会話が少しずつできるようになれば
子供の思いも理解できるようになるかもしれません。
受け入れた事によって親子の信頼が深くなれば
一人で考えるのではなく 親子で考える事もできます。

親側は大概の事は検討がついても 子供の話を聞くまでは
親側の意見は控えめな方がいいのかもしれませんね。

2010年11月15日(月) 11時30分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年11月15日(月) 11時32分 | | 編集

ぴろこ #-

人として、上品

まったくもう、200%おっりゃる通りです!
私も紆余曲折、周りの言動に傷つきながら、悟りました
不登校は、尊いことです

だいぶ以前、不登校関係のあるシンポジウムに出たとき
「不登校の子は、人間として上品である」
という言葉を聞き、我が意を得たりの思いでした

不登校に至る経緯や原因は人それぞれでしょうが
不登校という道を選んだその選択を
今風の言い方でいえばリスペクトしてあげたいです
自らの人間としての尊厳を損なわないための不登校なのですから

2010年11月15日(月) 12時30分 | URL | 編集

みやママ #-

ありがとうございます

イルカさんのブログを読んでいろんな話を聞かせてもらって私もだいぶ 受け入れる事ができるようになりました。少し前の私は朝 早くから目が覚めて今日は行けるかなと自分がドキドキする毎日で… なんで行きたいって言ってるのに咳が出るの?って。イルカさんや他の方のコメントを読んでそうなんだなぁ そう言う事なんだなぁって思えるようになりました。引きつってた笑いが自然になった気がします。(私も次男も)不登校って なかなか理解してもらえず 辛い思いもするけど 今まで見えなかったものが見えたりするんですよね。次男ってポジションでガマンしてたのかなぁ(^_^;)

2010年11月15日(月) 16時09分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年11月15日(月) 22時34分 | | 編集

ふぃる #-

どんな事でも受け入れる事はなかなか難しい事だと思います。
不登校に限らず、習い事1つにしても
もっと上を目指す事が出来ると親は思い
子どもは上を目指すより楽しくしたいと思ってる事を
受け入れるにしても、なかなか出来ない。
でも、きっかけがありそこから受け入れる事が出来ると思うんだよね~
そこまでの道のりは親として困難だけどね。
親の力を試されてるのかな?(笑)

2010年11月15日(月) 23時19分 | URL | 編集

ぱーくまま #-

今回のお話、考えさせられました!
実際、そういうことになると、客観的に見られないですもんね!
いつもは親は子供を受け入れてあげたいですね!

2010年11月16日(火) 06時33分 | URL | 編集

junmama #xmZaWf.c

私、受け入れるまでに時間がかかりました(^^;)
なんで~!?から始まり、いや違う!そんな思い。
そして、なんとか普通と言うレールに乗せようと。
でもいろんな事をして見ても無理なんですよね。(天使の場合)
そこで思った事が、無理なら、無理なく天使が出来るように・・・。
そうやりながら、受け入れる・・・・私自体が受容出来たんだと思います。
白い絵の具を赤にしようと・・・・それに近いものにしようと・・・。
白は白なんですよね。
受け入れると事が出来たら自分が楽になりました。
おそらく、天使も楽になったんだろうなぁ~!(^^)

2010年11月16日(火) 09時43分 | URL | 編集

関西人ママ #-

おはようございます

私も 次男の中学校のカウンセリングの先生に
「今の状態を受け入れてあげてください」って一番初めに逢ったとき言われました 
でも 私の場合 長男が高校不登校になり 次男まで・・っていう気持ちが 
いっぱいだったので 受け入れるっていうのは 大変で むなしさばっかりでした 
カウンセリングの先生に 「それは いつまで?」って 聞いたこともありました

でも 次男にとっては 休養が必要・・って 思い始めたころ 
ようやく 子供たちを 少しずつでも 受け入れれるようになった頃 
子供たちとも普通に話できるようになっていったようにもいます

今は なんで もっと早く子供たちの気持ちに 添えなかったのか・・と思いますね
きっと 親の気持ちばっかり・・だったんですね

2010年11月16日(火) 09時55分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

問題がなんであれ、同じなんだよね。
yuyuhayaさんに会ってからそのことがよくわかる。
不登校でも、障害でも、たぶん他のことでも。
親が不安定だと子供も不安定。本当にびっくりするくらいそうだよね。
私も不登校や長男の心の中のいろいろ、受け入れて受け止めてから長男は変わったもの。
子供は兄弟であってもそれぞれだけど
どの子のこともまずは受け止めてあげたいよね。

2010年11月16日(火) 13時41分 | URL | 編集

海のいるか #-

★けいさん

まずは聞いてあげる、受け止めてあげることですよね。
自分の意見を言う前に。
親はつい先走っちゃうけど
しっかり受け止めてあげるだけで
すごく安心すると思います。
大人だってそうですもんね。

2010年11月16日(火) 13時44分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

まずは受け入れる、
そこからだよね、前に進むことが出来るのは。
どんなことでも同じだよね。
そっか・・・旦那さん・・・
ファイト!

2010年11月16日(火) 13時48分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ぴろこさん

前に知り合いがその知り合いと不登校の子の話をしていて
『すごくいい子なのに』って言ったら『だから不登校になるのよ』って言われたと言っていました。
つまり不登校になるような子はそれだけ純粋だと。

学校へ行っているからいいというわけでもないし
その逆でもないけれど
自分が壊れるくらいなら行かないという選択があってもいいと思います。
その子の存在そのものよりも大切なものなんてないですからね。

2010年11月16日(火) 13時59分 | URL | 編集

海のいるか #-

★みやママさん

親のドキドキや不安定感て伝わるんですよね。
子供も罪悪感のようなものがあるから
プレッシャー。受け入れてあげると親も子も安定するからいい方向へ回り始めるんだと思います。
私は長男は上の子というポジションで
次男は真ん中の子というポジションで
それぞれ大変な面もあったのかなと思います。

2010年11月16日(火) 15時07分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

大丈夫ですか?
頑張りすぎちゃったんですね。
ゆっくりと休養してください。
はやく良くなってね!!
待ってます(^-^)

2010年11月16日(火) 15時09分 | URL | 編集

mimi #-

出来ないのに出来るはずだ、怠けているだけだと思うから

その方法が見つからないのです。

・・・私も本当にそう思います。

お姉ちゃんの時に上手く受け入れてあげられなくて・・ぶつかってばかりで・・本当に可哀そうな事をしたな・・と・・今でも思います。

中学三年になってからの転校や・・今までと違う環境・・
もう少し私が大人だったら・・あんな嫌な思いはさせ無くて済んだのにな~と・・今でも思いますわ。

自分の価値観だけが正しいと思いこむ事がどんなに幼稚な事で有るか・・

色々な思いも・・嫌な事も・・総て人生のお勉強。

人の心の痛みをわかるのは・・痛い思いをした事の有る人だけ。

それだけでも・・考えようによっては・・人より得じゃない?

親も子も・・良いお勉強できた訳だからね~♪。

人を攻撃してしか優越感が得られない人は可哀そうだわよ。

本当の愛情も知らないのかもしれないと・・思うのよ。

海のいるかさんならそんな事に負けないとは思うけど・・

普通に心の有る人なら・・やっぱりへこむわよね・・

ガンバ!!。

2010年11月16日(火) 15時09分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ふぃるさん

そうですね、すべてを簡単に受け入れることは出来ないですね。
ジタバタして葛藤して迷って。
そういう時間も必要なんだと思います。
今思うと険しい道でした(^^;)
だけど、それがあって今がある。
親子そろって成長です(*^_^*)

2010年11月16日(火) 15時12分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ぱーくままさん

何も出来なかった赤ちゃんの時代から子供はどんどん成長していきます。
親はそれに伴って対応の仕方や手の出し方を変えていかなければならないのに
内面的なことが子供の成長に追い付かなかったりします。
自分と子供は同じだと思いこむのは大人の方なんですよね。

2010年11月16日(火) 15時29分 | URL | 編集

海のいるか #-

★junmamaさん

問題は違うけど同じです。
私もね長男の不登校を受け入れるまでに時間かかりました。
いろんな思いがあって当然だと思います。
嵐の中、暗闇の中、いろんなところを通り抜けて
辿り着いた思い。
だからこそ、しっかりと安定できるのかもしれません。
親も子もね。

2010年11月16日(火) 15時34分 | URL | 編集

海のいるか #-

★関西人ママさん

不登校、一人目より二人目の方がある意味つらいですよね、親にとって。
一人目は“たまたま”と思っても二人となると
家庭・・・いや自分に問題が?とか一人目よりも背負う荷物が増える。

だけど、それぞれなんですよね。
兄弟なので気質は似ているけど
それぞれがそれぞれの問題で行けない。
だからやっぱりその子その子で向き合うことが大切ですよね。

親も鍛えられるな~(^^;)

2010年11月16日(火) 15時41分 | URL | 編集

海のいるか #-

★mimiさん

>自分の価値観だけが正しいと思いこむ事がどんなに幼稚な事で有るか・・

これに意外と気付けないんだよね、というか
自分の価値観を押し付けているんだということに気付けない。とくに子供に対してね。

うん、いろんな思いをしたけれど
たくさんの気付きがあった。
だから・・・よかったと思う。

書き込みされたと知った時は得体のしれない恐怖すら
感じた。子供の写真も乗せちゃってたし(ある程度隠してだけど)
で、読みに行って・・・
腹もたったけど、仕方ないなって。
それこそ価値観の違い(苦笑)

ありがとう(*^_^*)

2010年11月16日(火) 15時53分 | URL | 編集

mimi #-

昨日も価値観押し付けて息子を泣かした私です(笑)
ここに来ると・・また冷静な自分に戻れる気がします。
わかっているんだけどね~~~
感情をすぐ爆発させる私は・・結構大人げないww
まだまだ・・大人になりきれないわ~~~。

2010年11月17日(水) 19時18分 | URL | 編集

海のいるか #-

★mimiさん

母親だって神様じゃないから
そういう時もあります(^-^)
頭でわかっていて、あとでまずかったなーって
思えれば大丈夫です。
でもさ、こちらが感情をついぶつけてしまっても
子供って許してくれるじゃない?
案外子供の方が大人かもって時々思う私です(^^ゞ

2010年11月18日(木) 07時00分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。