御用聞き

以前読んだ本に

親は子供に対しセールスマンのような押しつけではなく

御用聞きになりましょうというのがあった。

例えば、大学(高校)はここがいい、こういう職業がいいとそれがどんなにいいところか

どんなに役にたつかを延々と話して「だからここへ行きなさい(これにしなさい)」と

いうのがセールスマン。

これに対し御用聞きは「何か(困っていること、手助けできること)は

ありますか?」と聞き「今はないよ」と言われたら

気がかりな様子があったとしてもしつこく聞いたりしないで引き下がり

「実はどの学校へ行こうか迷ってる」と言われたら

いろんな学校の情報を提供してあげる。

あくまでも情報提供者に徹して、決めるのは本人である。

なぜセールスマンよりも御用聞きの方がいいのかというと

自分で意思決定し行動することによってそれに対しての責任もとるというのは

自分の人生を歩いて行く中でとても大切なことだからだ。

自分で決めたことならば、人のせいにするわけにもいかず

結局は自分で責任をとるしかない。

たとえ失敗してもその積み重ねによって学んでいくことは大きいだろう。

これがもし親が決めたことに従った結果失敗したら

どうだろう。

(あのとき親がそう言ったから・・・)

(言う通りにしただけなのに・・・)

もっとひどい場合は親を怨んだりするだろう。

成功したとしても、

(親の言うとおりにしていてよかった。)

(親のいうことを聞いていれば間違いない)と思うかもしれない。

これは親にとっては一見“親の言うことを聞くいい子”に映るかもしれないが

いつまでたっても自分で判断することの出来ない人間にしてしまうだろう。

親ならばおそらく誰もが子供には失敗させたくない、辛い思いをしないでほしい

出来る事ならば何事もうまく行って欲しいと思い

そのために口うるさく言いたくなったり、手をだしてしまいたくなるだろう。

だけど、本当に我が子を愛しているのなら

子供が失敗するのを見る覚悟を持たなくてはいけないのかもしれない。

失敗を踏み台にして大きく成長する姿を信じながら。

失敗のない順風満帆な人生からは

逆境に強い人間など決して生まれはしないのだから。



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

ふぃる #-

私は友達に教えてもらった。
最後の決断は子どもにさせないと
いつまでも自分で考えて行動できないって。
自分で決めて、嫌になっても自分が決めた事だから
やり遂げる事ができても、親から言われてした事は
いつまでも親に言われてるからという気持ちでしてるから
投げ出すんだって。
結果がどうであれ、自分で決めた事は自分で責任も取るしね^^
私も助言はしても、最終は自分で決めさせてる。
自分のケツは自分で拭けってね(笑)

2010年10月20日(水) 22時01分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ふぃるさん

うん、子供の人生だからね、やっぱり本人が決断しないとね。
たとえ親の思いと違ったとしてもね。
そうそう、自分のケツは自分で拭いてもらわなきゃ(^◇^)

2010年10月21日(木) 07時33分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年10月21日(木) 08時46分 | | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

親の言うとおりに動けば親は楽かもしれないけれど、
成長出来ない子供は後で辛い目にあうよね。
今、会社でも“指示待ち人間”が多いと聞きます。
指示をされれば動くけど自分から判断して動くことは出来ない。

親は都合のいい子を育てるんじゃなくていろんな角度から自立できるようにしてあげなきゃね。

2010年10月22日(金) 19時56分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。