程よい力で

入院して手術して1カ月がたちました。

以前の忙しさは嘘のようにゆったりとした日々を送っております。

役員の仕事もスクールカウンセラーの先生や長男の担任の先生との

面談も一時お休みしているし、もちろんバレーもまだ復帰できないので。

役員会などは出ているし、ボチボチカウンセリングの方も再開しようと

思っていますが。

今まで忙しい時は文字通り秒刻みのスケジュール。

家のことも子供のことも何もかも背負いこみ

すべてを頭に描くようにはこなせず(当たり前だ)

勝手にストレスをためていた私がいました。

今回、初期といえども癌になり、これからは

無理をしないと決めてから、逆にいろんなことがうまく回りだした気がします。

ゴミだし(に限らず何かを)を旦那に頼むのに罪悪感を覚えなくてよくなって

(切腹後という大義名分があるから)

嫌な顔せず持っていってくれたら素直に ありがとうの言葉が

口にでる。当たり前のことなんだけど以前の我が家には少なかったんだなー

こういうことが。

前は私がどうしても不可能なことしか頼まず(それも頼むことに罪悪感を

感じながら)、躊躇しながらやっとのことで

頼むのにも関わらず、嫌な顔やめんどくさそうな様子。

或いは、わかったといいながらなかなか実行に移さない様子に

心底腹がたち、もう二度と頼むもんか!と心の中で決めるけど

子供が3人、私の身体はひとつなので

やはり手をかりなければならない状況が出てきて、躊躇しながら

そして頼まなければいけないということに少しの嫌悪感を覚えながら

頼んで・・・の繰り返しだった。

私は頼むことがいけないのだと思っていたけど

逆だったんだなーと思う。

もっとちょっとしたことでも上手に頼ったりした方がうまくいくんだよね。

一回や二回嫌な顔されて傷ついていちゃいけなかったんだ(笑)

これは子供に対しても同じだね。

うちは3人とも男の子。

男って何歳でも頼られれば嬉しいものなんだよね(笑)



入院中や術後の家事をしに来てくれていた母は先週帰りました。

二学期になってほとんど登校していない次男に

やっぱり納得いかないようでした。

学校へ行かないこと自体もそうですが

その理由が不明というところ。

母なりに、生活のリズムが乱れてる(夜更かしのせいで起きられない)

とか、休みがちなので友達と馴染めないのが悪循環になっている、とか

休んでいる間の勉強がわからなくてつまらないとか

いろいろと思ったようですが

これは正直、どれも正しくて、どれも間違っているといえるでしょう。

つまり、このようなことはあるにせよ、

順番が違うのです。“登校出来ない”のが先。

その結果、リズムがくるってきたり、友達と親密になれなかったり

しているのです。

その証に、どうしても行かなければと思ったときは

例え徹夜だったとしても行くし

行けば友達とそれなりにやってきます。

反対に、リズムよく生活が出来ているときでも

行けないときはいけないし、友達に声を掛けられても行きません。

今回、長く家にいたことで、そのことがわかったようで

余計に納得できない!と言う思いが強くなったようです。

怠けてるのではないかと思えて腹がたったり途方にくれたり

何年か前の私みたい(^^;)

声を荒げる母に私は

「行かなくちゃと思っても行けないんだよ」と言うと

「だって、なんで?理由を言えばわかるけど 言わないじゃない」

「自分でも説明つかないんじゃないかな」

「そんなの納得出来ない。リズムが整っても行かないし

先生が嫌いではないようだし、友達と揉めてる様子もないでしょ?

やっぱり、行かない方が楽になってしまっているんじゃないの?

無理にでも行かせた方が・・・」

「それが出来るならやってみて」

「私のいうことなんて聞かないもの」

「私の言うことだって聞かないよ。無理やり連れていくのは不可能だよ。

それをしようとしても無理な上に追い詰めて余計に行けなくなるだけだよ。

悪いけど、この点じゃお母さんより経験してる」

「頭ではわかるけど、理由がないんじゃ見ていて腹がたつし

納得できない」

「あのね、理由がないんじゃなくて説明できないというか

単純なものじゃないんだと思う。

大人だってあるでしょ?一つの大きなことがあったわけじゃないけど

小さなことの積み重ねでどうにも疲れてしまったりすることが。

気持ちってうまく整理して説明できるものばかりじゃないじゃない?

理由がわからないから納得できない、認められない。

そうだね、納得は出来ない、私もね。

でもね、大切なのは私たちが納得できるかどうかじゃないんだよ。

どうしたらあの子が人生をうまく歩いていけるかということ。

怒鳴ってそれができるようになるならいくらだって怒鳴るけど

残念ながら、そんなことじゃうまくいかない・・・」

「そうだよね、あんたは私の何倍もいろいろとやってみて

考えているんだよね。本当に強いよね、あんたは」

「あの子たちの親だからね」

自分でいうのも何だが、私も成長したなと思う。

以前ならこんなに冷静に話せず、ただ怒鳴る母を批判してしまっていただろう。


次男に対しては迷うこともまだ多い。

変な言い方だが、長男のように完全に行けないと言う方が

楽な面もある。“学校へ行かせる”以外の選択肢を考えるからだ。

つまり、毎朝(今日は登校できるだろうか)と思ったり

欠席の電話もしなくていい。

毎日のように電話をするのは気が重いものだから。

毎日届く連絡帳。届けてくれるクラスメートに罪悪感。

(その子に負担にならないように半分は先生が届けてくれる。)

授業がどこまで進んでいるかを気にかけなくてもいい。

それでも行ける可能性があるうちは、そんなものに負けてはいられない。

私は完全不登校の長男を100%受け入れてはいるが

学校へいくほうが人生にとってプラスになる(得だ)と

いう考えに変わりはないからだ。

もちろん、行くことが出来るならの話しであるが。

これからも肩に力を入れすぎず、だけど手を抜かず(子供のことだけはね)

頑張っていこうと思う私です。




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

ミクロにゃんこ先生 #-

お母様とのやりとりの部分
今までの経験から状況を飲みこんで前進されてる様子が伝わってきて、とても感銘を受けました。

お体のほう大事にされてくださいね(^u^)

2010年09月15日(水) 11時20分 | URL | 編集

ばぶぅ母さん #MMIYU.WA

こちらに

コメントさせていただきますね←久しぶりで何だか気おくれしちゃってますが。
痛いほど解ります、イルカさんの現在の気持ち。
去年の今ごろのうちの二男と同じ状況だから。
二男までも不登校にしてはいけない、ともがき苦しんだ日々でした。不登校を全面否定するわけじゃないと頭では解るつもりでも、割り切れない思いがあり、苦しかったです。
完全不登校になってしまったら、本当に楽になりました。
欠席日数30日で不登校の線引きされるなら、40日が50日になろうと100日になろうと一緒だと思い直し、二男を縛り付けていたものから解放しました。
朝、友達の誘いと先生への連絡、これがなくなってから私も落ち着いたと思います。
去年(中1)の12月の末に、長男と入れ替わりに支援教室に通えるようになってからは休むこともなく笑顔で生き生きと過ごしていますし、2学期から時々学校に顔出し(別室)できるまでになりました。
どんな時でも『大丈夫!』
乗り越えられると信じて、焦らないように&笑顔を忘れずゆるゆるやっていきましょうね♪

2010年09月15日(水) 13時40分 | URL | 編集

のん #64owOXpE

こんにちは^^

ご無沙汰してしまいました。
無事、退院おめでとう^^
長男くんも15歳おめでとう^^

今回の記事、我が家の長女と三女のようで。
長女は完全不登校だったけど、
三女は行ったり行かなかったり。
中3の1学期は安心してたものの、夏休み明けまた行かない日が増え・・。

ホント、不登校と言っても色んなケースがあるものね。
お母さんに言った言葉。
うんうん頷きながら読んでたよ^^

まだまだ無理しないようにね。
動けるのがわかると一気に手伝ってくれなくなっちゃうかもしれないから(笑
今のうちに旦那さんも躾けておかなくちゃね^^

2010年09月15日(水) 14時35分 | URL | 編集

青い星 #44L9NZv2

こんばんは。何でも一人で背負い込まないで。私も、そういうところある。ゴミ出し、廃品回収、いつも私がやる。頼むのが嫌なのは、嫌な顔されるのが嫌だからなんだけど、これは、みんなでやることだと、気にせず頼んだ人の勝ちなのかも。そのうち、何にも言わなくても、やってくれるようになると思う。と言いつつ、今日も、私がゴミ出す。
お子さんのことは、難しいですね。でも、海のいるかさんがついているから、きっと大丈夫。頑張ってね。

2010年09月15日(水) 18時52分 | URL | 編集

けい #JalddpaA

こんばんは!

いるかさん 本当に強くなりましたね。子供を100パーセント受けとめるって 中々できません。
つい一言 言ってしまいます。
言った後で 必ず後悔してしまうのですが・・・
それを分かっていても 言ってしまうんですよね。。。

次男君もわかってはいるのでしょうが・・・
自分でもどうしようもないのでしょうね。

でも必ず 何かのきっかけがあって 登校できるようになると信じましょうね!!

2010年09月15日(水) 19時27分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

ずっと一人で頑張ってきたよね。
病気になったことはいいことではないけれど、自分や家族のあり方を見つめなおす機会になりましたね。
きっと病気になる前に「抱え込みすぎだよ」って言われても納得できなかったんじゃないかな?
私もどちらかというと甘えベタなので解る部分がたくさんありますけどね。

完全不登校の方が楽というのはわかります。
確かに毎日「今日はどうかな?」って聞いたり欠席の連絡を入れたりってのは気が重いよね。
子育てって状況や事情が違えどこういう一つ一つの事を乗り越えていくことの連続な気がする。
親が真剣に真正面からぶつかっていれば、絶対子供の心に響くと思います。
私も子育て真っ最中だけど、子供には真正面からぶつかっていきたいなと思ってます。

2010年09月15日(水) 20時38分 | URL | 編集

はるか #3cXgguLU

お母さんの怠けてるように思える気持ちも
「違うんだよ」と説得するいるかさんの気持ちも
どちらもわかるような気がするので
最後はお母さんがそういってくれてよかった。
先は長いので肩の力を抜いて
たまにはこうしてのんびりしながら次男君を見守ってあげてください。
今までが忙しすぎ!
ゆっくりね

2010年09月16日(木) 10時20分 | URL | 編集

にゃお美 #zD6oamb2

いるかさんの決意の程が伝わってきました!

逃げずに必死で向き合ってきたからこそ言える言葉は力強いです。
大丈夫ですよ!
いるかさんの祈りは子供達の心にきっと届く。
応援してます v^^



2010年09月16日(木) 20時42分 | URL | 編集

junmama #xmZaWf.c

いるかさんって本当に素晴らしいなぁ~。
子供の事を全部受け入れているって伝わってきます。
私は、自分の思い、価値観が優先してしまい、子供にその思いを押し付けてしまうもの(^^;)
一人一人の子供と、一対一で向き合ってそして、悩み、葛藤したから今のいるかさんがあるような気がします。
お母様もそんないるかさんを見て、なんとかしてあげたい気持ちでいっぱいなのでしょうね。
お母様には本当はいるかさんの気持ちは伝わっている事と思いますよ(^^)

無理せずに頼れることは頼りましょうね(^^)

2010年09月17日(金) 10時42分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ミクロにゃんこ先生さん

ありがとうございます。
長男とのことでいろいろな気付きがありました。
今、3人の子供たちそれぞれと向き合えるのはその結果です(*^_^*)

お気づかい、ありがとうございます。
無理せず頑張ります(^^)/

2010年09月18日(土) 18時44分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ばぶぅ母さん

ありがとうございます!!(*^_^*)
あー、そうでしたね、お互い上の子の影響なども考えたり悩んだりしていましたよね。

うちの場合ね、いやみんなそうかもしれないけど長男と次男ではケースや
“学校へ行けない”レベルというのかな、そういうものが違います。
長男はあれだけのことがあったし、
本当にもう翼が折れていたから学校というものが全面的にダメだった。
でも次男は、きちんと毎日は行けないけどそれでも登校出来る日はある。
無理に行かせることは出来ないししたくないけど、
本人が行けるうちは(たとえ、何日かに一回でも)その部分の頑張りを応援したいと思っています。

次男くん、進んでいるのですね!!
親が大きくゆったりと構えることが大切ですよね。
ありがとうございます!!

2010年09月18日(土) 18時59分 | URL | 編集

海のいるか #-

★のんさん

ありがとうございます(*^_^*)

兄弟(姉妹)でもやっぱり違いますよね。
その子その子に応じて考えられるうちのベストの対応をしていくしかないですよね。
3歩進んで2歩下がったり、足踏み状態が続いたり、そうかと思うといきなり進みだしたり。
子育ては予定通りになかなかいかないけど
一緒に歩いて行きたいですよね。

身体はだいぶよくなりました。
でも、これを機会になるべく旦那にも子供にも手伝ってもらうようにしたいと思っています(^_-)-☆

2010年09月18日(土) 19時04分 | URL | 編集

海のいるか #-

★青い星さん

癌になって、今までの自分を振り返りました。
で、もうひとりで背負いこんだり無理するのはやめようと決めました(^^ゞ
青い星さんも無理しないでね。
ありがとうございます!
励みのなります(*^_^*)

2010年09月18日(土) 19時08分 | URL | 編集

海のいるか #-

★けいさん

ありがとうございます。
余計なことを言ってしまうことは私もあります。(長男の不登校に関しては今はもうないけど。)
でも、私の想い(期待)と子供の気持ちとは分けて考えるようにしています。
子供の気持ちが私の思いとは違っても
その気持ちは受け止めてやりたいと思っています。その上で私の思いを伝えることはありますが。

次男のことは長男よりわかりにくい面もあり、まだまだ試行錯誤の繰り返しです。
でも子供のために悩み、迷い、試行錯誤することが子育てなのかもしれませんね。
ありがとうございます!!明るい未来を信じています

2010年09月18日(土) 19時16分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

抱え込みすぎているのはわかってました。
でも、どうしていいかわからなかったんです。私がやらなきゃ誰がやるの?誰もやってくれないしって。
でも、きっと私がそうしちゃった面もあるのかなってことに気付きました。私が任せられなかったというか、
どこかで自分がやらなきゃ気が済まなかったというか(^^;)
気も強いしねー。
これからは甘え上手を目指します(^^)/

そうですね、子育てはいろんな思いをしながら
親子でいろいろなことを乗り越えていくことなのかもしれないですね。
うん、しっかり向き合って行きたいと思う。
まだまだ頑張るぞー!!

ありがとう(*^_^*)

2010年09月18日(土) 19時24分 | URL | 編集

海のいるか #-

★はるかさん

母の考える事は私がかつて考えたことなので
よくわかります。
そこを乗り越えてきたから
「そうじゃないんだよ」って言うことができる。

そうだね、ゆったりいきます。
返事遅れてごめんね<m(__)m>

2010年09月19日(日) 15時35分 | URL | 編集

海のいるか #-

★にゃお美さん

お返事遅くなりました<m(__)m>

ありがとうございます!そう言ってもらえると心強いです。
にゃお美さんの言葉にいつも励まされています。
本当にありがとう(*^_^*)

2010年09月19日(日) 15時37分 | URL | 編集

海のいるか #-

★junmamaさん

お返事遅くなりました<m(__)m>
なんだか恥ずかしいです(^^;)
いろんなことがあり、失敗や間違いに気付いたことで今の私がいます。
向き合う大切さを教えてくれたのは子供たちです(*^_^*)

2010年09月19日(日) 15時44分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。