長男&次男

今日は長男の担任の先生との面談&スクールカウンセリングに行ってきました。

最近はカウンセリングの日に担任の先生の都合がよければ

できるだけ同じ日にしてもらっています。


中学へ行き、まずは事務室に次男の学年費と宿題を預ける。

今日は集金日なんだけど(この中学は毎月生徒が現金で持っていき

中学へくる郵便局員に渡しに行きます・・・学年費は入学のときに作る郵便局の貯蓄口座に

預けられます)

次男は欠席。朝微熱がありました(>_<)


長男の担任の先生と一緒に今日は教頭先生が顔を見せにきてくれました。

今年、校長も教頭も変わったんだけど

教頭先生とはまだお会いしていなかったので。

「お兄ちゃん、どうですか?」

「今、停滞期です

「エネルギーを充電中かな?」

「そうですね・・・」

「○○(施設名)はね、うちの義理の兄が時々手伝いにいってるんです」

「え、そうなんですか?」

「モンゴルにもね、2度ほど行きましたよ」

「長男は去年行きました。じゃあ、お会いしたことあるかしら?」

「あるかもしれませんね。・・・弟さんの方はどうですか?」

状況を話し

「その子によって違いますよね」

などと話しをし、

「これから会議があるのでこれで失礼しますが、私のところでも

校長のところでもいつでも、来てくださいね」

と言って下さった。今度の教頭先生も気さくでいい先生のようで

よかった(^◇^)


さて、担任の先生との話。

「どうですか?」

「自室にこもっている状態からは脱出しました。でもまだそれ以上の動きはないかな」

と最近の様子を話す。

「やっぱりね、進路のことが心配です。高校へ行きたいという気持ちがあるなら

そういう方向で動けるし、働くにしてもそうなんだけど

まだしっかり向き合う(自分自身と)のを避けているところがあるし。

時間はまだあるけれど、今のままだともし高校へ行っても

あるいは働いても、きっちりと時間に行くとか

うまく人間関係を築いていけるか、嫌なことがあっても頑張れるかという点で

不安があります。進路が決まっても続かなければ意味がありませんから」


「そうですよね・・・。施設へは土日も行ってない?」


「最近は行ってないですね。辞める?って聞くと辞めないって言うんだけど」


「うん、○○くんにとって、あそこはなければいけない場所なんだと

思います。あそこはとっておかなくちゃいけない。だけど

もしかしたら今の○○くんにとってちょっと物足りなくなってきているんじゃない?

スカイプで話しているのは同世代・・・中学生、高校生でしょ?

自分と同じかちょっと年上。施設では立場が家と同じで“お兄ちゃん”じゃない。

ネットは顔が見えないからいいという面もあるけど

リアルでももっと同年代との付き合いがあれば違ってくるかも」


「あー、そうですね!今の施設以外の場所をさがすということは

思いつかなかった。今の施設から他に変えるということじゃなくて

あそこはとっておきながら、他にも目を向けてみるっていいかもしれない」


「お母さん、その線でアンテナを張ってみましょうよ。

私も今おかあさんと話していて急に思いついたんです。

やっぱり話しをするって大事ですね。私も情報集めてみます。

その中でお母さんがまず見学へ行ってみてから考えたらいいと思います」


「なんか、アンテナを向ける方向が見つかってスッキリしました。

ありがとうございます!!」

そうだ。まずは進学、就職に向けての準備期間を設けること。

その場所をみつけることが今は必要なのかもしれない。

今の施設を見つけた時も長男が興味をもって通える場所を必死で探しているときに

あっさりと見つかったのだ。

あの時の長男とはまた違う。新たな一歩を踏み出す場所を探してみよう。

方向性がみつかった(^◇^)


その後はスクールカウンセラーの先生と。

こちらは主に次男の話。

「どうですか?来れてます?」

「いや、宿泊体験から帰ってから一日しか来ていないんです。

熱がでて、割とすぐ下がるんだけど

じゃあ、今日から行くかとなるとまた熱が出るんです。扁桃腺がはれているのは本当だけど

それだけじゃなくて、もしかしたら精神的なものもあるんでしょうか?」

「学校へ行きたくないと言う気持ちが強くて39度の熱を出す子もいます。

だから、それも関係しているかもしれませんね」

「そんなに出る子もいるんだ!・・・どうしたらいいんでしょう?」

「う~ん・・・。あんまり引っ張るのはよくないと思います。

だけど、まったく引っ張らないと学校へ全く来れなくなってしまう・・・?」

「そう思います。長男とは違って次男はうまくサポートすれば

完全不登校になるのは避けられるんじゃないかと思うんです。

ただ、身体と心が大事なので、あまり追い詰めるのはよくないと・・・。

それで、対応に迷うんです」

「そうですね、うまく通えれば一番いいですもんね。

相談室なども利用しながら、まずは気楽に来れればいいですよね」

「そうなんです。相談室は一回行ってみれば、たぶん大丈夫だって

思えると思うんです。ただその最初の一回に持ち込むまでが・・・」

「次回のカウンセリングに一緒に来るっていうのはどうですか?

そのときに一緒に相談室に見学へ行く。無理ですかね?」

「うまく伝えれば大丈夫かも(^◇^)

そうしてもらえます?でも、もしその日朝から登校したら・・・」

「スクールコーディネーターの先生に話しておくので

その日は、登校してもしなくても一時間目はこちらにくるということに

しておけば。担任の先生にもそう話してくれると思います」

次回は一週空いて、二週間後。

それまで次男の状態がどうなっているかわからないが、

どちらにしても一回見学に行っておいた方がいいだろう。

まだ本人に話していないけど。

なんて言おうかな。


身体も頭の中もいろいろと忙しいけど

お母さんは頑張ります

二人ともいい方向へ行くことを祈って。




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

ひめ #-

身体が拒否しちゃうんですかね。
子供の心は繊細だから。。。
私はその繊細なところを丁寧に扱ってあげられなかったなぁ。
ブログを読ませてもらっていると
今までの自分にダメだしの嵐だわ・・・

きちんと相談できる先生に会えてよかったですね。

ファイトです(^.^)/~~~

2010年06月08日(火) 15時30分 | URL | 編集

はるか #3cXgguLU

いろいろ考えることが多くて
いるかさんもいっぱいいっぱいになってない?
大丈夫?

でも救いは学校の先生たちが
いるかさんがパイプをつないできたから
みんな味方なこと

がんばって
応援してます。

お兄ちゃんは適応教室みたいなところはあるのかな?
いい場所が見つかるといいね

2010年06月08日(火) 20時35分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

やっぱり一人よりも二人の知恵。
施設が物足りなくなっているっていうのは盲点でしたね。
何かいい場所がみつかるといいね。

2010年06月08日(火) 20時45分 | URL | 編集

ドントコイ #-

そっかー、お兄ちゃんは、また、違う道が出来そうですねー。ほんと、話をするって、すごいですね。話をすることで、いいアイデアが出たり、考えがまとまってきたりすrんですね。
次男君は、お熱が心配ですね。たいたいも、精神的なことで、すぐお腹が痛くなるので、
悩みます。これはこれで、微妙な対応が必要そうで、母ちゃんの、おおざっぱな対応で大丈夫なのかと、心配になります。

2010年06月09日(水) 02時29分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年06月10日(木) 17時53分 | | 編集

海のいるか #-

★ひめさん

そうなんです、身体に出てしまうんですよね。難しいです。

なんとかいい方向へ行くように頑張ります!

ありがとうございます!!

2010年06月11日(金) 20時01分 | URL | 編集

海のいるか #-

★はるかさん

最近はいっぱいいっぱいというより
方向性が定まらなくて(それを決めるのは本人だけど、どういう働きかけをするか、私にできることはなんだろうという答えが見つからなくて)それが自分自身に対してじれったいような感じがしていたんです。

なので気持ちが少し楽になりました。
まだまだ悩みはありますが、とりあえず動き出せそう。

町の中間教室があるんですが
たぶん、それは行く気にはならないと思います。少なくても今はね。
なんとか、興味のもてそうなところを探してみたいと思います。

ありがとう(*^_^*)

2010年06月11日(金) 20時10分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

ホント、盲点でした。
たぶん、あそこはなくちゃいけないんだけど
もう少し違う場所も必要なのかも。
いろいろと検討してみたいと思います。
今はまだ悟られないようにしながらね。
(焦らせるといいことないから)

2010年06月11日(金) 20時13分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

ホント、いろんな人と話をすると
また違った観点からみることが出来たり
いろいろと整理できたりしますよね。
大切なことだなと思います。

身体に出るってことはその子にとって
かなりきついってことですよね。
こちらが神経質になりすぎるのも
どうかなと思うし、かといって無神経なのも
症状を悪化させてしまうから
難しいよね。

2010年06月11日(金) 20時20分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

ありがとうございます!
うちからはちょっと遠すぎて難しいです。
でも近くでも探してみたいと思います。

同世代と関われる場所、なんとかみつかるといいなと思います。

娘さんも頑張っているんですね!
私たち親も頑張らなきゃね。
本当にありがとう(*^_^*)

2010年06月11日(金) 20時23分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。