受験生

水曜日、登校した次男ですが、

木曜の朝、38.3度の発熱。完全に治ってなかったか

はたまたぶり返したのか・・・うまくいかない(>_<)

来週からに期待。


今日はバレーでした。

長男と同じ学年の子を持つ人が多いので、

最近は受験の話題が多い。

「うちの子、全然だめなのよ、高校行けるかしら」

「うちは塾変えたのよ、個別指導してくれるところに」などなど・・・。

全然勉強しない、やる気がない、自覚がない。

母たちは嘆く。

長男が中学へは入学式しか行っていないことを言ったら

この人たちは仰天するに違いない。

最初こそ隠したい気持ちだったが、今は絶対に知られたくないとは

思っていない。ただ、無理に報告することもないやというのと

話すタイミングがないだけだ。

転校したころは、事情を(いじめにあっていたことや先生が強烈だったこと)を

知っていたので

「新しい学校はどう?」

「元気に行ってる?」などと聞かれもしたが。

話したらきっと根ほり葉ほり聞くだろう。

そして、慰めの言葉をかけてくれるに違いない。

それは、少し気が重い。

志望校を決めるころには、きっと話すことになるだろう。

もっと前に話すかもしれないが・・・。

学区が同じになるしね。


高校かー。

正直、行って欲しいとは思う。

本人さえその気になれば、行けるのだ。

どこの高校にも行けるというわけではないが。

以前N学園の先生(不登校児と関わりながら、不登校について20年以上も

勉強している先生)と話した時に、

少なくてもこの県は、高校へ行きたい人は必ず行けることになっていると

言っていた。定時制も含めての話しであるが。

「勉強しろとか、進路はどうするのなどと言わなければ(追い詰めなければ)

まず間違いなく進学する」と。

ただ、この場合の進学とは必ずしも中学をでてすぐとは限らない。

一年たってからの高校進学や、何年かのち高認を受け、大学への進学というのも

含めての話しである。

これは、周り(家族)の理解と本人の心の回復次第で時期が違ってくるだろう。

もちろん、進学ではなく就職するにしてもだ。


人間は本来、向上心というものを持っている。

前を向いて歩くというのが本来の姿なのだ。

赤ちゃんが誰にも教わらなくても立ち上がり、歩きだしたように。

言葉を話しだしたように。

いろんなものに興味を持ち、なんでも知りたがったように。


動けなくなってしまうのは、その子が怠けものだからではない。

生まれつきの怠けものなんていないのだ。

その子の向上心を奪うなにかがあったから。

それは、親が手を出しすぎたり、なんでも禁止したり

或いはその逆でサポートの意味を履き違えて

子供の人生を奪っていたり(親に悪気はない)

誰かに「おまえはダメだ」と言い続けられたり(そう思わせたり)

やる気をそがれるようなことを言われ続けたり

いじめにあったり・・・

とにかく、自分の中に自分に対するマイナスイメージが

大きくなってしまって動きたくても動けなくなってしまうのだと思う。

そのことを理解し、正しい対応(マイナスイメージをプラスイメージに塗り替える)

と回復をじっくり待ってあげることが出来れば

きっとまた歩き出す。

だってそれが自然な姿。


親にとって待つということがどれだけ、忍耐力を必要とすることか。

子を持つ親ならわかると思う。叱咤激励するほうがよっぽど簡単だ。

誰に甘やかしと言われても

長い人生のほんの一瞬、一部分を切り取られて

批判されようが、この想いに迷いはない。

死ぬほど考え、向き合ってきてたどり着いた考えだから。

長期戦は覚悟の上だ。


でもやっぱり、受験の話は複雑だぁ~(笑)


明日は三男の参観日&保護者懇親運動。

キンボールをやる。やったことないけど、けっこう燃えるらしい。

楽しみだわ~。


ご訪問&お返事、明日になってしまいそう。いつも遅れて申し訳ない!



blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

ドントコイ #-

次男君、お熱、そんなに出たんですか。
完治まで、少し、お間がかかりそうですね。
疲れが溜まる時期ですもんね。

お兄ちゃんには、ぜひ青春を楽しんでほしいですよね。
勉強は、そりゃ、大事で、あの時ちゃんとしとけばよかった、って思うけれど、遊ぶことや恋愛って大切ですしね。

三男君、参観日ですかー。
積極的に授業に参加するタイプですか?
たいたいは、気配を消すタイプです。

2010年06月05日(土) 02時36分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

そうなんです。やはり扁桃腺が腫れてるようで(>_<)
今は36度代に下がっています。

そう、高校へ行って欲しいと思うのは
まずは学生生活を楽しんでほしいということ。学生時代の友達って密度も濃いし一生もんじゃない?
そういう経験をしないのはもったいないと思う。
学校いがいでもエンジョイできるかもしれないけど、なんていうか同級生ってのは特別だから。

もう少しで学校へ行ってきます。
三男はまあまあ積極的かな、いまのところ。
長男、次男は気配を消すタイプだったよ(笑)

2010年06月05日(土) 12時33分 | URL | 編集

関西人ママ #-

大丈夫です

大丈夫です 我が家の次男だって 勉強全然だけど 単位制の高校に合格することができました
中学校の時の カウンセリングの先生がおっしゃってましたが 「若いから 未来に希望を持つ それが 高校進学につながると思います」って それに 私たちの?時代と違って 今は 選択肢は いくつもありますから 長男くんにあった道がきっと見つかります 偉そうにすみません

次男くん はやく良くなるといいですね
お大事にしてください

2010年06月05日(土) 15時17分 | URL | 編集

ふぃる #-

次男クン、大丈夫?
こちらでも今風邪が流行っています。
お腹にくる風邪みたい。
そっか~うちの娘と同じ年だから
周りの親の会話は想像つく(^^ゞ
ただ、うちは最初から高校は
息子の行ってる私学に行くと言ってるので
誰もが私には話さない。
きっと親同士不安などを共有したいんだろうね^^
高校は、本当に今の時代色々な方法がるもんね。
全日もあれば通信・定時制(昼の部・夜の部)って。
ゆっくりと前に向かってくれたら良いよね^^

2010年06月05日(土) 21時01分 | URL | 編集

海のいるか #-

★関西人ママさん

ありがとうございます!
未来に希望を持つ、本当にその通りだと思います。本人が行きたいと言う気持ちを持ってくれればいいのだけど、そこがまだ・・・。
まだどこかで先のことを考えることから逃げています。
やりたいこと、なりたい自分をみつけてくれるといいのだけど・・・。
焦らず見守るしか今は出来ないですよね。
心強いお言葉、ありがとうございます!!

2010年06月06日(日) 15時34分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ふぃるさん

次男、なんとかよくなった・・・と思います(^^;)
風邪、流行ってますね。昨日の三男の参観日でも欠席の子がけっこういました。

そっか、娘さんと長男同い年なんですよね。
この時期くらいから親は焦りだすけど
子供は全然でって感じですかね。
今のところは聞かれていないけど
これから聞かれるだろうな(^^;)

ありがとうございます!
少しずつでもいいから進んで欲しい。

2010年06月06日(日) 15時39分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。