習慣化

金曜日は中学の初参観日でした。

担任の先生の授業で、理科。

内容は花のつくり。

まー、ごく普通だったかな。先生は元気よかったです。

私は中学でわが子が授業を受けている姿を見るのは初めてです。

ふたりめでも・・・長男は一時間も授業は受けていないからね。

制服姿というだけで、みんな成長したように見えるから不思議。

授業が終わり、PTA総会はパスしていったん次男を送る。

同じ小学校出身の子はほとんどこのパターン。

雨がけっこう降っていたし、電車の時間まで1時間近くあったから。

こういうとき歩いて行ける距離じゃないのはやっぱりちょっと不便よね。


学年PTAが始まるころに再び中学へ。

ここでは、学年の先生の紹介や、中学校生活について

今月の末にある宿泊体験の説明など。

学年主任の先生のお話は

ここ4年行われている全国学力テストで、3年連続1位になっている(中3で)

秋田県について。

大阪では知事が、前回成績が思わしくなかった学校は受験しないように

などと言い、問題になりましたが、秋田県ではすべての学校で

このテストを受けています。つまり、全員の生徒がね。

それで、3年連続1位。

では、秋田県では成績のいい優秀な子が多いのか?

それとも、下の層・・・つまり成績の悪い子が少ないのか?

答えは後の方。

つまり、できない子が少ないのです。

それはなぜか?

先生がいろいろと調べた結果、

秋田県では子供が小学校に上がった時点で

“子供をやる気にさせる10か条”なるものが親に配られるそうです。

*勉強嫌いにさせない・・・勉強=嫌なものという思い込みを消す
             
*環境作りでその気にさせる・・・決まった時間になったら机に向かう          
                机の上には学習用具だけを置く
                「ながら勉強」をしない
                家庭が心配や不安のない居場所であること
                
*嫌にならない学習時間とタイミング・・・親子で話し合い、子供が決めて親が援助

*自信を持たせる・・・「やってみよう」というチャレンジ精神を育む

*習慣づけのポイントを活かす・・・テレビやゲームのルールを決める
                 がんばりを認め、褒める
                 勉強に向かう心構えをしっかりつくる
                 子供がいつでも尋ねられる場所にいる
                 親子のふれあいの場にする

などなど。

目新しいものや、へえと感心するものではなく、

よく言われることであるし、知識として知っていることばかりです。

しかし、この一見あたりまえのようなことができている家庭は少ないのではないでしょうか。

うちが次男が中学生になってから真剣に取り組みだしたことばかりです。

最近では次男との勉強時間がけっこういいコミュニケーションになっています。

秋田県ではこういう形のあるものを配られ、親の意識が高まるのか

宿題以外の家庭学習がきちんと習慣化されている子が多いのだそうです。

その内容は決して高度なものではないようですが

毎日の積み重ね、それが全国1位という結果になるのでしょうね。


最後に資料(学年PTAの)に有った言葉です。

「はじまり」は苦しくても習慣付くまで繰り返し繰り返しやらなくてはなりません

習慣化にいちばん大事なのは、親の意識と働きかけです。

一度決めて、「よし、これで試してみよう」と思ったら安易に例外を作らず

手をいれ、声をかけ、親が根気よく付き合う覚悟が必要です。

子供は、はじめてのことが多く先の見通しをもてません。

しかし親は先を見通して今習慣づけておきたいことを経験から知っています。

「はじまり」で苦労しておくと、その先はぐっと楽になるし

「はじまり」がうまくいくと、その後ずっとうまくいきます。




blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト

コメント

ドントコイ #-

はぁ、そういうことだったのかぁ。
ウチでは、勉強のさせ方に関しては、父ちゃんが上手かったってことかぁ。なんでかっていうと、宿題がある時は、母ちゃんは、家庭学習はしなくていいかなぁ、って思うのですが、父ちゃんは、宿題があるなしにかかわらず、少しでもいいから、しなさいよ、と、声をかけます。そして、たいたいも、そうだねぇ、と、テレビを見ていても、オモチャで遊んでしても、いやがらずに、します。
そうかぁ。習慣づけってことなんですねぇ。
たいたいのほうも、しないとならんという、習慣がつきつつあるってことなのかもしれないですねぇ。
なんか、感心しました。

2010年05月10日(月) 00時36分 | URL | 編集

ひめ #-

同じようにしてても、兄貴と妹では
まるで生活態度が違う。。。


学校での子供同士をきちんと先生も見てくれて、
一緒に1人1人を育てていきましょう。
とかないのかなぁ??

なんて思ったりして。。。

2010年05月11日(火) 09時44分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

私は
宿題があるときはいっか~とか土日はいっか~、休んだ日はいっか~と気づいたら例外だらけになっていたの。仕事、仕事でみてやれないから口で言うだけになっていたし。
今思えば私は手抜きをしちゃってたんだなと思います。
習慣がついていないと大変な思いをするのは
結局は子供なのよね。
だんなさん、偉いわ!

2010年05月12日(水) 13時33分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ひめさん

うん、同じように接しても同じようにいかないのが子育ての難しいところですよね。
たとえ兄弟でもひとりひとりみんな違う。
その子にあったやり方、働きかけ。
日々試行錯誤ですよね。

2010年05月12日(水) 13時36分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。