次男&必要な言葉、不要な言葉

月曜日に欠席して火曜日に元気に登校した次男。

4時下校のはずが5時過ぎても帰ってこない。

朝は晴れていたのに、3時頃から怪しい雨雲。

風も出てきた。

心配になる。

長男や三男は遊んでいたりして帰りが遅いというのは

小学校低学年のころからよくあることなので、

この二人の帰りが遅いのはそんなに気にならないのだが

次男は遅くなったことがない。

学校が終わればいつも即効で帰ってくる。

まして、まだ慣れていない自転車通学。

この天気・・・。普通に帰ってくれば4時半には家に着くはず。

5時半、まだ帰らない。

どうしよう、見に行こうか?でも、いくらなんでももう

帰りに向かっているだろう。

車で行っても、私の軽では自転車はのらないし・・・

色々考える。6時まで帰らなかったら見に行こう。

と思っていたら5時40分過ぎに帰ってきた。

「遅かったじゃん」

「体験入部してきた」

びっくり!だって部活なんて面倒だから、俺は入らない。帰宅部だ。

前からと言っていたから。

なんだか嬉しくなる。

体験してきたのは情報技術部。

パソコンでHPを作ったりするらしい。

次男には向いてる気がする。

友達に誘われて4.5人で行ったらしい。

「友達って、誰?」

「えーと、一人はTくんだけど他はまだ名前覚えていない」

なんと、全員違う小学校出身の子。

心配していたけど、ちゃんと友達出来たんだ!!

入部するかはまだ決めていないみたい。

5月までは体験入部できるので、他の部も見てみればいいね。

昨日も順調に行ったが、今日は欠席。

凸凹だ~・・・

aacc4779078ecab8447aaa3a539264534f4e8.gifaacc4779078ecab8447aaa3a539264534f4e8.gif

私は今日バレーの予定が、人数が集まらず中止。ちょっとがっかり。

話はガラリと変わるけど、私は石井裕之さんというセラピストが好きで

よく本を読みます。

例えばこれ↓↓

「心のDNA」の育て方~夢と目標を実現する7つの心理セラピー~(CD付)

この中に本文とは別にいくつかのコラムが載っていますが

私が、すごく納得したものがあったのでひとつだけ紹介したいと思います。

   「元気ないね?」

元気がなさそうな人がいると、「元気ないね?」とつい言ってしまいます。
でも、たいていの場合、これはあまり望ましい言葉がけではないのです。
相手がちょっと親しい人だったら、
「私はいつも元気じゃなきゃいけないってこと?」とキレられてしまうことすらある。
そこで気付く・・・
自分はホントウに相手を想って、「元気ないね?」と言ったのかどうか?
いや、たぶん、自分の不安を相手になすりつけてしまったんだ。
「元気ないのは、私と一緒でつまらないからかな?」とか
「オレ、何か変なこと言っちゃったかな」とか
そういう自分の不安を解消するために“だけ”相手に元気だして欲しいなんて思う。

だって、元気がないことは相手自身が一番わかっているんだから、
わざわざ言う必要なんかないはず。すごくハゲている人に向かって
「よくハゲていますね」なんて言わないのと同じ事で。

ホントウに相手を心配しているのなら、
「元気ないね?どうしたの?」なんて聞かずに、
元気のない相手をそのまま受け入れてあげて、ただただ楽しい気持ちに
なれる時間を作ってあげる方がいい。

これがなかなか難しい。
つい、「元気ないね?」と口から出てしまう。
頭でわかっていてもすぐにできるものじゃない。
 そこで、トレーニングをする。
「今日はできるだけしゃべらない」って日を作る。その日は
ホントウに必要最小限の言葉を口にするようにする。
言葉を吐く前に、「これから口を出ようとするこの言葉はホントウに
必要だろうか?」と考えてからしゃべるようにする。
でも、不足があってもいけない。
言葉足らずで誤解されてしまってもいけない。
だから、ホントウに必要かつ十分な言葉を使うように心がけてみるんです。

一日のうちの、ほんの限られた時間帯で構わないけれど、
このトレーニングを真剣にやってみると、実に多くの事に気づけます。
自分がどれだけ不安から無駄な言葉を垂れ流していたかということも。

不安からバカ食いする人がいるように、
不安から無駄にしゃべりまくる人がいかに多いかということも。
そして、自分の不安を相手に押し付けることと、
相手に対する思いやりをいかにごっちゃにしてしまっていたかということも。

そういうことに気付けてようやく、
ホントウに思いやりのある言葉が少しずつ話せるようになっていくのです。


私も多くのことに気付けた一人です(*^_^*)



blogram投票ボタン

 よかったらこちらも 
おうち生活 悪戦苦闘女ですもの

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ひめ #-

No title

そうね「よく禿げてますね」なんて言わないね(笑)
でも「元気ないね?どうしたの?」って言葉は
時に子供には必要なのかも??って
「 あなたのことはちゃんと見てるからね 」の合図になる気がするのですが。。
ああぁでもほかに何か言い方があるかなぁ??
これが、面倒だと思うときもあるだろうしなぁ。。。

むずかしい。。。。

凸凹しながら少し前進中。。。

2010年04月15日(木) 17時27分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

No title

長男君のときも思ったけど、次男君も今日が大丈夫だったから明日も・・とはいかないんですね。
一日一日リセットされるのかな?
部活に入って、それが楽しみになるといいのにね。

「元気ないね。どうしたの?」って言っちゃいますね。
ひめさんと同じで、三男の様子がおかしいときには聞きますよ。
するとポツポツ話し出すんですよ。
心配からかける言葉だと思うなぁ。
それとも「言霊」ってことかな?
マイナスエネルギーが出ちゃうのかも。

でも不安から余計なことを言ってしまうのは解る気がします。
自信がなくて必要以上に確認したり、言い訳したり。
必要以上にしゃべらないというのは結構辛いかも。

2010年04月15日(木) 20時15分 | URL | 編集

ドントコイ #-

No title

部活!懐かしい言葉ですね。
青春って感じ。
情報技術部って、すっごくイマドキなイメージですね。
たいたいは、「ボーズになる部活に入らないって」言ってます。ま、かわるでしょうけど。
頑張った次の日は、やっぱり疲れちゃうんでしょうね。
新学期の、今までの経過を見ていると、疲れがとれたら、行きそうですよね。

そうそう、私、言葉が多かったり、少なかったり、ストレート過ぎたり、上手く言葉を使えません。
こういうのが、成績に響いてるんだろうなー。

たいたいにも、注意されるんです。反省。

2010年04月16日(金) 01時26分 | URL | 編集

咲 #eYj5zAx6

No title

うわぁ、すごい心にストンと入ってきました。
ついつい声をかけがちだけど、本当の思いやりってことを学んだ気がします。
うん、そうだね。
私もそんな優しい人間でありたいな。

2010年04月16日(金) 09時00分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ひめさん

お返事遅くなりました<m(__)m>

子供の様子で「何かあったの?」って聞くのはいいと思います。だけど「別に」「なんでもない」って言葉が帰ってきた時は・・・心配はしてもしつこく聞かないというのが
いいと思います。
親は何があったのかを知りたいと思うけれど
子供だって話したくないこともあるしね。
それを丸ごと受け入れてあげる、それが思いやりなのかなって。
聞いて欲しい時、構って欲しいとき、
放っておいて欲しいとき、触れてほしくないとき。
いろんな時がありますよね。
“なにがあったのか”よりもまずはその子の
心の状態を理解してあげる方が先なんじゃないかってね。

2010年04月20日(火) 12時04分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

そうなんです。今日の状態が明日も続くとは
限らない。だから、こちらも根気よく付き合うということが必要なんです(>_<)
部活、誘われれば正式入部すると思うんだけどね、
誘われなかったら多分しない。
もう少し積極的になれるといいんだけど・・・。

ひめさんへのお返事にも書きましたが、
私は子供に「どうしたの?」と聞くこと自体は
いいと思います。
それで話し出すということは子供の方も
話すきっかけを待っていたのかもしれない。
問題は、そうじゃないとき。
親は心配だし、気になるし、何があったのかを聞きたい。聞いて一緒に解決法を考えてあげたい。だけど
子供は、言いたくない、放っておいてほしい、というとき。
無理に聞き出そうとするのは、思いやりではないですよね。たとえ心配しているからこそであっても。
だって、子供が親に解決してもらうこと、一緒に考えてもらうことを望んでいないのだから。
つまり、親の思いを押しつけているだけだということ。
難しいけど、子供の心の状態をまずは考えてあげることが大切なんじゃないかなと思います。

お返事遅くなってごめんね!!<m(__)m>

2010年04月20日(火) 12時19分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

お返事遅くなりました<m(__)m>

部活、いいよね!次男も青春を味わって欲しいんだけどな。部活に入るかは・・・微妙です(^^;)
今は坊主になる部はあまりないんじゃないかな~。
野球部も坊主じゃないしね。柔道部は、どうなんだろう?でも中学で坊主の子、あまり見かけないな。

言葉は多すぎても足りなくても困るから
難しいよね。
でも、子育てに関しては、一度に多くを言わないように
するくらいがちょうどいい気がします。
親ってたいてい一言多いから(苦笑)
黙る方が難しいです。

2010年04月20日(火) 12時33分 | URL | 編集

海のいるか #-

★咲さん

お返事遅くなりました<m(__)m>

本当の思いやりって
「こんなにあなたを思ってる」ってアピールすることでも、出しゃばることでもないのよね。
相手が望むこと、丸ごと包んであげること
心を温めてあげることが大切なのよね。
それに気付いてから
ここに書いてあるように、自分がどれだけ
不安や自分勝手な思いから言葉を垂れ流していたかに
気付いたわ。
これからも気をつけようと思います(*^_^*)

2010年04月20日(火) 12時40分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。