心配ない

K市のN学園へ行ってきました。

結局旦那も行ってくれ、ものすごくめずらしく二人で同じ車で。

旦那と出かけることは滅多にないうえに、行くとしても2台で行くことが多いのだ。

お互い忙しいので(^^;)

N学園まで車で約1時間、私の運転で。

70代の先生。

もともとは高校の先生だったのだが、不登校というものが

急激に増えてきた20年くらい前、

どうしても不登校になった子たちの力になりたいと

高校を辞め、この学園を作ったらしい。

いくつかの本も出版し、全国から相談にくる親子がいる。

講習なども開いているらしい。

私は長男と次男のこれまでのいきさつ、現在の状況などを

メモしていき、まずは読んでもらった。

結論から言えば・・・心配ないということだ。

長男は実に正しい不登校生活を送っているらしい。

昼夜逆転、好きなようにやり、ダラダラしているのは大いに結構なんだそうである。

進路のこと、将来のことから目をそむけているのは当たり前のことで

実は本人が一番気にしている部分なので、それとしっかり向き合うことが出来るのは

元気な大人だけであり、今の反応は普通なのだそうだ。

不登校の子供にそんな元気はない。

そこを無理に追い詰めたりしなければ、

まず間違いなく進学するであろうということだ。

何千人も不登校の子供を見てきたが、追い詰めたりしなければ

まず8割の子は進学、高校のその先の進学率は

普通に学校行っていた子より高いんだそうである。

それも、ぎりぎり・・・中3の冬から急に勉強しだしたりするらしい。

それには、十分に休養し、気楽に過ごさせてあげることが一番で

よく、学校行かなくても規則正しい生活をしろとか、

少しは勉強をしろとかいうが、それは間違いなんだそうだ。

不登校になる子は感受性が強く、傷つきやすい上に

学校へ行けない自分を許していない。

とくにいじめや先生からの度重なる叱責などは心の傷も深く

そこであまりに無理をしてしまえば、30代、40代になっても社会不適合を

起こして仕事も出来なくなってしまう。

中学生で不登校となり、十分に休養することは

その後の人生にとって、とても大事なことなんだそうだ。

何時に寝て、何時に起き、いつご飯を食べるのかはどうでもよくて

きちんと睡眠がとれて、きちんとご飯が食べられる。

それこそが今は大事なことだと。

好きなようにしていいよ。家族のこの気持ちが

彼を癒す。だから何の心配もないらしい。


次男のことも、基本的には長男と同じだそうだ。

表面上の性格は長男とは全く違っても、

根底にある感受性の強さ、傷つきやすさ、真面目さは

同じものだという。

よく兄弟そろって不登校という場合があるが、

それは家庭に問題があるのではなく、兄弟なので気質が似ていると

いうだけのこと。その感受性の強さ、繊細さは決して欠点ではなくて

芸術家、作家、カウンセラー、そして本来は教師にも必要な素質であるということ。

だから悲観することは何もない。

もしも、次男がこの先完全な不登校となったとしても

長男と同じスタンスに立ってやればいいと。

何も心配はいらないと。

2時間ちょっと話をし、中学の役員決めに間に合わなくなりそうだったので

帰りは高速で。旦那に運転してもらった。


いったん帰り、中学へ。

中3.予想通り立候補はない。

対象者はくじ引き。

その前に事情がある人は、みんなの前で事情説明。

手を上げようとしたら、別の人が・・・

「うちは母子家庭で、仕事も中々休めないので受けられません」

「へ?母子家庭?・・・今の時代母子家庭はめずらしくないし、

仕事は言い出したらキリがない。子供のことなのでそういうことでも

なんとかやっていくしかないんじゃないですか?」

「出られなくてもいいならくじひきますけど!」

始まったよ(^^;)

母子家庭、聞いたらいっぱいいて、この人は却下。

散々ごねていたけど。

なんか去年より雰囲気怖いぞ。

ま~確かに母子家庭はいまどき珍しくないので却下は仕方ないと思うが。

次、私「去年と同じで申し訳ないんですが・・・」

はい、あっさりOK。

次、外人さん「読んだり書いたり出来ないんですが・・・」

これもあっさりOK。

次、「地区の役員で・・・」

これは却下。

なので対象者で免除なのは私と外人さんのみ。

あとはくじ引きで無事決定。

ふぅ~。

今日も充実した日でした(笑)

明日はスクールカウンセラーの先生と面談です。



blogram投票ボタン

お返事、ご訪問明日になります
関連記事
スポンサーサイト

コメント

けい #-

こんにちは!

良いお話し 安心出来るお話しを沢山伺えて 良かったですね。
後は 見守るだけですものね。

私は 暫くは自分の更新はお休みしますが
時々 携帯から 遊びに来るつもりでいます。コメントは 残せないかもしれませんが ちゃんと見守っています。

本当に無理なさらずに おおらかに日々をお過ごし下いね!

2010年02月16日(火) 10時52分 | URL | 編集

☆かぐや姫☆ #-

その先生素晴らしいですね。
私もうなずきながら読みました。
楽になれますよね、そう言っていただけたら。
長男くん今は落ち着いていい感じですよね!
次男くんも、何も焦ることはないよね

2010年02月16日(火) 14時34分 | URL | 編集

lavandre #sSHoJftA

風邪回復されて良かったです。

素晴らしい先生で何か安心しましたよ。
とても素敵な1日でしたね(^^)v

2010年02月16日(火) 16時30分 | URL | 編集

のん #64owOXpE

心が軽くなる記事でした^^
家も長女が中2で不登校になり、
同じ中2でまた三女が不登校になりつつあって(;´-`)
昼夜逆転してるし、どうしたものかと思ってましたが・・。
気が楽になりました^^

>家庭に問題があるのではなく、兄弟なので気質が似ているというだけのこと。
この部分も。
やっぱり家庭に問題があるんだと思ってしまいますもんね。
家はまだ長女と三女の間に二女がいて
同じようにはなってないので
性格の問題だろうとは思ってはいたけど
改めてこう聞くとホッとします^^

遅くなりましたがお誕生日おめでとうございます♪
心に残る素敵な歳になりますように☆

2010年02月16日(火) 18時34分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

よかったですね。
どうしても今だけを見がちだけど、もっともっと長いスパンで捉えて考えるんだね。
経験のある先生から「大丈夫だよ」っていわれると安心するね。
今は休養なんだ。
いるかさんも少し肩の荷が下りたかな?

2010年02月16日(火) 21時53分 | URL | 編集

ドントコイ #-

うん。そっかぁ。
勉強になりました。
これでいいはずだ、と、夫婦で話しあって、子育てをしていても、もしかして、甘やかしてることになってるかな?ってこと、けっこう、ウチには、あるんです。だから、「よし、大丈夫」って安心しました。

去年の6月まで住んでいた学区は、‘一人一役’って制度があって、何か仕事はすることにはなっていますが、4役の選考には、母子家庭と、小さいお子ちゃんのいるお母さんは外されます。学区の人数が少ないので、かなり苦労しました。連続はしなくていいことになってるけど、一年置いたら、また来そうなイキオイで、出来そうな人がいませんでした。いやはや。

2010年02月17日(水) 00時20分 | URL | 編集

ふぃる #-

これからの長い人生を考えると
今の数年なんて、ほんの一握りの時間なんだよね^^
しっかりと、ここで力を蓄えて弱った心も元気にならないとね^^
うちの子の通う中学は3年生までの役員を入学式に決めてしまうの。
だから補欠も入れてかなりの人数(ーー;)
娘の時に、母子家庭でって理由にした人が居て却下されたら
逆切れして「じゃ~、役員会に出たら給料を保障してくださいね」って怒鳴った人が・・・
他にもたくさん母子家庭が居たけど、誰も手を挙げなかったのにね。
結局、こんな奴にさせたら他の役員に迷惑をかけると
はずされてました。
本当に、自分勝手な事を平気で言う大人が増えましたね。
そして、1人の人は家に介護を必要としてる親が居てるって理由で。
これは皆から介護は大変だから介護を頑張ってくださいと皆がはずのに賛成だったわ^^


2010年02月17日(水) 21時47分 | URL | 編集

海のいるか #-

★けいさん

何千人も、不登校の子供を見てきた方のお話なので
ホント、安心しました。

けいさんのブログの更新がないのはさびしいですが、
復活を楽しみに待っていますね。

〉ちゃんと見守っています。
何より嬉しいお言葉です。
前向きに、元気にがモットーの私でも
時々大きな孤独感のようなものに支配されてしまうときが
あります。
見守ってくれている人がいる。
私にとってとても大きな力になります!
ありがとうございます!!

2010年02月18日(木) 19時54分 | URL | 編集

海のいるか #-

★かぐや姫さん

本当に楽になれますよね(*^_^*)

やっぱり、ゆったりと構えてあげることが大切なんですね。
これでいいんだって思えました!

2010年02月18日(木) 19時56分 | URL | 編集

海のいるか #-

★lavandre さん

ありがとうございます!
体はすっかり良くなりました(*^_^*)

安心できるお話が聞けて良かったです。
ありがとうございます!!

2010年02月18日(木) 20時04分 | URL | 編集

海のいるか #-

★のんさん

うちも長男に引き続き次男が危うい状態でしょ、
家庭のせいじゃないっていってもらえたのは
嬉しかったです。

昼夜逆転するのは当たり前なんだって。
平日の昼間、つまりみんなが学校へ行っている時間は
後ろめたさのような気持ちもあって元気が出ないものらしい。
で、夜になって元気がでるから、自然にそうなるって
言われた。不登校児の常識なんだって(笑)

ありがとうございます。
また一つ素敵な年を重ねたいです(*^_^*)

2010年02月18日(木) 20時09分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

試行錯誤して、この先生のおっしゃるような対応、
考えに至ってはいたんですが、やっぱり時間がたつにつれ
もうすぐ中3という思いもあり知らず知らずに焦る気持ちが
あったように思います。
まだまだ大丈夫、そう言ってもらって安心しました。
いつ動き出す日がくるのかはわからないけど
十分休んだらきっと・・・ね。
ありがとう!

2010年02月18日(木) 20時14分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

いろいろと難しいことはありますよね。
精神的に元気な子と傷つき疲れきっている子では
対応も違ってくるし・・・。

役員ね、今は母子家庭も少なくないし、
仕事はほとんどの人がしているから
それを言いだすと「母子家庭じゃないけど夫は
単身赴任でいません」と言う人もでてくるしね・・・。
片親というのはもうみんなが納得する理由には
ならないんだよね。
上の学年になるにつれ、揉めることが多くなるから
嫌よねー(^^;)

2010年02月18日(木) 20時20分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ふぃるさん

そうなんだよね。人生という長い目で見たら
ほんの一時の時間なんだよね。
それから先のためにもしっかりエネルギーを蓄えて
ほしいな。

入学式で決めちゃうんだ、クラス替えはないの?
うちは1年生は入学式のとき決めるけど。
長男のときはみんなでジャンケンだったよ。

そうそう、いるんだよね、そういう人。
今回の人もそれにちかいけど。
事情はそれぞれあるから、みんなが納得してくれる理由じゃないとね。
私は、申し訳ないって思うけど
そういう人はそんな気持ちもないんだよね(^^;)

2010年02月18日(木) 20時27分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。