仲良し月間

今、小学校は仲良し月間です。

仲良し給食といって全校生徒で給食を食べたり(小さい学校のなせる技)

縦割り清掃といって、いつもの班ではなく全学年で班を構成して掃除をしたり

学年同士交流したり、(三年生は四年生から太鼓教えてもらったりね。)

トイレ掃除担当の6年生の子の作文。

(前略)

低学年の良い所もみつけました。便器の中をぴかぴかにみがいてくれたし、

ほうきでゴミを全部とってくれたし、もっとえらいことは

「これが終わったら、次、何をすればいいか。」と聞いてくれるのです。

そういう下級生をぼくは見習いたいです。今回のそうじで助け合うということを学びました。


この子は最初はトイレだし、下級生は言うことをきかないんじゃないかと思って憂鬱だったそうです。

でも、最後には下級生とのトイレそうじが楽しみになったと書いてありました。

こんなふうに下級生の良さに気付いて見習おうと思えるこの子の感性が素敵だなと思いました。




さて、仲良し月間の取り組みで 6年生の授業でアサーショントレーニング(非攻撃的主張)

をしたそうです。

まず次の文章を読んでみてください。

ある病院に、交通事故にあったケガ人が運ばれてきました。

重傷のため、緊急手術をすることになりました。

手術の担当となった医者が、運ばれてきた患者の顔をみると自分の息子ではないですか!

手術を終え、医者の息子は事故の後遺症もなく一命をとりとめました。

手術後、手術をした医者は、その息子の父親に「手術が成功し、命が助かった」と電話をしました。


あれ?と思った方、けっこう多いのではないかしら?

この医者は女医で、つまり患者のお母さんだったわけです。

どこにも そんなことは書いていないのに、医者が男だと思い込んだ人は意外と多いと思います。

これは子どもたちも同じだったらしいです。

つまり私たちは知らず知らずのうちに、誤ったイメージを持っていたり

物事や人に対しての思い込みがあるわけです。

誤ったイメージを持たないためには

正しく相手を知ること。そして自分のことを相手に正しく伝えることが大切です。

友達と何かトラブルがあったとき、

自分のモヤモヤした気持ちを伝えないと問題は解決しないし

自分の思い込みだけで相手を責めてもいけません。

授業ではのび太とジャイアンにたとえて子供たちにわかりやすく伝えてくれたみたいです。

そして、上手な対応として(授業ではしずかちゃん)

①ことわりかた 「あやまる」+「理由」+「断り」+「代わりの答え」

 例 「ごめんね」+「時間がなくて」+「私には今できないんだよ」+「次の時は手伝うから」

②頼みかた 「頼む理由」+「お願いしたいこと」+「自分の気持ち」

 例 「これ重くて運べないんだ」+「だから手伝ってほしい」+「手伝ってもらうと助かるよ」

③自分を大切にする。いやなことははっきりと断る。自分を守る

 「あやまる」+「いやな理由」+「はっきり言う」+「代わりの答え」

 例 「ごめん」+「そのあだなを言われると悲しい気持ちになる」+「だから言わないでほしい」+「今度からしたの名前で呼んでね」


なんでこんなに詳しく授業の内容を知っているかというと・・・

学級だよりに書いてありました(笑)

でも、これ大切なことだと思います。

最近は単語で会話する子が多いといいます。

「ウザい」「キモい」「ヤバイ」「ビミョー」・・・。

気持ちの機微を伝える、感じ取る力が弱まっている。

まずは親が子供に対し、勝手な思い込みで頭ごなしに叱ったり、判断したり

しないことや、この例のように相手を尊重しながらも自分の気持ちや

主張を伝えていくことが大切なような気がします。

親子といえども人づきあいなんですからね。




blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト

コメント

☆かぐや姫☆ #-

仲良し月間・・・
良いですね、そういうの。

私も医師は男だと思いました。
本当ですね、自分の中で知らない内に勝手なイメージで事を運ぶ・・・
気をつけなきゃなって。

伝えるのは大切ですよね。
学校で学んだ事は凄く良い事だと思います。

2009年12月10日(木) 04時18分 | URL | 編集

naoki #4z42r8S6

学校中のみんなの顔が分かるような
そんな学校ですね。

私も男の医者と思い込んでいました。
自分の思い込みってある意味怖かったりもしますよね。

こういう学校の取り組み(?)は良いですよね。
最初はこの事を頭に浮かべながら自分の思っている事を
考えながらも伝える事が出来たら
誤解もなくなるかもしれませんね。
これが普通に出来るように慣れたら…と
自分自身も今更ながらかんがえてしまいましたよ。

2009年12月10日(木) 09時59分 | URL | 編集

はるか #3cXgguLU

すごくいいですね
判ってるだろうと思って今まで教えなかったけど
こうしてわかりやすく説明すれば
どうやって対処すればいいかわかるし
嫌なあだ名とか続けて軽々しくいえなくなるんじゃないかな

相手の身になるって、私も苦手で
特に夫とかには厳しいこといっちゃったりするなぁ
反省しなくちゃ

2009年12月10日(木) 10時13分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

私もみごとにひっかかりました。
「うん?」と思って何回か読み返しちゃった。
先入観は怖いですね。
第一印象で決めてしまったり。
例のなかで「代わりの答え」と「自分の気持ち」があまり言えてないんじゃないかなと思いました。
確かに「今度は手伝うね」と一言そえるのと「できない」と言いっ放しとでは全然印象が違うね。
最近の子は語彙が少ないよね。
「ギャーとなって。」とか「うわーと思った」とか擬音で会話する事が多くない?
大学生の息子もそうだもんなぁ。

2009年12月10日(木) 20時06分 | URL | 編集

咲 #eYj5zAx6

とても分かりやすい授業ですね。

大人も時々忘れちゃうこと。
気をつけなくちゃね。

お医者さんのお話、ドキッとしちゃった。
先入観かぁ・・・あるんだな~
最後を読んで、あ!って思いました。
お母さんだったんだぁ・・・ってね。
為になるお話がたくさんでした(^・^)

2009年12月10日(木) 23時08分 | URL | 編集

ドントコイ #-

仲良し月間はないけど、1・6年生、2・5年生、3・4年生が、体育館で、遠足で使うシートを持って行って、大きな子と組んで給食を食べる日があります。たいたいは、楽しかったみたいです。

そうそう、アサーショントレーニングって、大人になっても、すっごく大事ですよね。これが出来るか出来ないかで、会社での人間関係が、変わって来て、会社が楽しいか、精神的に辛くて辞めないとならなくなるか、極端な結果になってしまいますもん。
苦労しましたもん。それが出来ないために、2年おきに会社を辞めて、たいたいを産んで成長したのか、今の会社が、初めて3年
勤められてます。
私が苦労したので、たいたいは、小さい時から、日常的に特訓してます。でも、やっぱり、難しいんですよね。教えるほうも、たいたいも。

(そっかー、三男君は、美人さんで気の強いのがタイプなのかー、お付き合いが大変そう・・・)

2009年12月11日(金) 00時52分 | URL | 編集

おかん #-

いい授業やなぁ。
この授業、大人も受けるべきやと思うわ。
きっと、いろんな事が見えてくるやろな。

2009年12月11日(金) 15時46分 | URL | 編集

ふぃる #-

私も、思い込みで話してて
ちぐはぐになる事が多々ある(ーー゛)
仲良し月間なんてあるんだ~
音楽会の時も思ったけど
本当にアットホームな学校だね^^

2009年12月11日(金) 23時56分 | URL | 編集

海のいるか #-

★かぐや姫さん

先入観てあるんですよね。
知らず知らずのうちに。

相手を理解しようとする気持ちと同時に
自分の気持ちをきちんと伝えること
とっても大切ですよね。

昔は自然に身に付いたことが
身につけにくい世の中だから、
子供たちにもわかるようにきちんと伝えるのは
必要だと思います。

2009年12月13日(日) 19時26分 | URL | 編集

海のいるか #-

★naokiさん

1学年一クラスの小さな学校です。

異聞ではないと思っていてもあるんですよね、
思い込み、先入観。

6年生の授業だけど
大人も学ぶことが多いと思います。

ありがとう。

2009年12月13日(日) 19時30分 | URL | 編集

海のいるか #-

★はるかさん

こういうこと、ちゃんと教わる機会って
意外とないんですよね。
昔なら生活していく中で自然に身についていたことが
身に付きにくい世の中になったような気がします。
それは、決して子供たちのせいではなくてね。
だから、きちんと伝えていくこと、
当たり前のことを言葉にだして教えていくことが
大切なんだと思います。

私も気をつけなくちゃ、あらためてそう思ったわ。

2009年12月13日(日) 19時34分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

最初読んだとき、訳わからないでしょ?
私は以前何かの本で読んでいたので今回はすぐにわかったけど
その本を読んだときは、これがお母さんだったと理解するまでに
時間がかかりました(^^;)

そうですね。代わりの答えと自分の気持ち。
意外と言っていないんですよね。
きちんと伝えていきたいですね。

2009年12月13日(日) 19時42分 | URL | 編集

海のいるか #-

★咲さん

そうなんですよ。
大人にとっても大事なこと。
そして先入観は大人のほうが強いと思います。

まずは大人が気をつけたいことですよね。
ありがとう(*^_^*)

2009年12月13日(日) 19時45分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

うんうん前の学校は同じように二学年ずつでした。

大人でも大事なことだよね。
上手に対応できるかどうかで結構変わってくる。

自然に身に付くものだとは思わずに
子供のうちにきちんと教えていくことが必要なのかなと
思います。
お返事遅れてごめんね!!

2009年12月15日(火) 09時47分 | URL | 編集

海のいるか #-

★おかんさん

そうそう私もそう思った。
大人にとっても大切なこと・・・むしろ大人のほうが必要なのかも。
基本と思えることほどね忘れている大人も多いから。

お返事遅くなってごめんね!!

2009年12月15日(火) 09時51分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ふぃるさん

思い込みって結構あるんだよね。
気をつけなくちゃ(^^;)

小さい学校のいいところかもね(^^)
結構縦の活動も多いんです。

お返事遅くなってごめんね!!

2009年12月15日(火) 09時53分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。