母親は神様じゃない 2

子供にいろいろあると
親も自分自身と向きあわされる事がある。

自分の弱さ、見栄、エゴ・・・いろんな事を気づかされたりする。

子供を受け入れることはそういう自分を受け入れるという事かもしれない。

今まで“子供のために”と思っていた事が本当は自分の“見栄”のためだったということに気づいたりする。
自分自身ショックだし、受け入れ難い。

子供の為にしていた事がなんだか逆効果になっていた、そんなことが山程ある。

でも 私は“今”それに気づけた事は、ある意味とても幸運な事だと思う。

母親は神様じゃない


前にそう書いたけど
そう思うのです。

だから・・・立派な人間を“製造”する力なんかないのです。
我が子が笑って暮らしていける。
そのための手助けが 子育て なんじゃないかなと最近思うのです。

人としてこうあるべきみたいな事だけじゃなく
みんな弱さを持っている事、
誰でも完璧なんかじゃなく 失敗もする事。
そういうとこ、もっと見せてもいい。
大切なのは 失敗しないことじゃなくて
そこからどう立ち上がるか だと思うから。

それに気づかせてくれた息子に感謝です。


不登校/男の子の育児ランキング
FC2 Blog Ranking







関連記事
スポンサーサイト

コメント

ばぶぅ母さん #MMIYU.WA

同感です!

子どものために!と言いながら、実は世間(教師とか)に対して“自分はこんなにやっているのに”を認められたい気持ちが裏にあったりするんですよね。一番苦しんでいるのは子どもなのに。子どもが心を開いて本音で話してくれるように、甘えべたの長男をしっかり包んでやりたいですね。
海のイルカさんとホント同じ心境です。
ここに辿りつくには大きな山や長いトンネルがありましたよね。
だけど、親の本当の闘いはこれからなんだと思っています。力になってくださいね!!

2008年10月22日(水) 22時54分 | URL | 編集

海のいるか #-

ご訪問ありがとうございます!

ホント、ここへたどりつくまでが大変でした。
でも、これからの時間の方が長い。
だから逆に今でよかったって思えるんですよね。みんなで楽しくやっていきたいですね。
私の方こそ よろしくです!

2008年10月23日(木) 06時06分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。