肝心なこと、余計なこと

2009_103020080032_convert_20091031144032.jpg

長男のことがあっていろんなことに気づいたのですが、

その中のひとつ、私たち親は肝心なことは口に出さず、

余計なことは言っている・・・というのが意外と多いのではないかと言うこと。

肝心なことというのは、

たとえば何気ない時にふと子供の成長を感じること、親ならあるよね。

あぁ、この子も成長しているんだな・・・と心の中では

確かに感じていて嬉しく思ったり、ちょっと感動したり。

でもこれ、意外と本人に口にだして伝えるということをしていない気がする。

きちんと口に出して伝えること。

けっこう大事なことなんです。

自分の成長って自分では中々気付けない。

過去の自分との比較で感じる成長ってかなりの自信につながります。

単純にこれが出来たということだけじゃなく

たとえば1年前と比べて人に対しての思いやりの気持ちが強くなったとか

逞しくなったとか、そんな考え方ができるようになったとか

そういう内面的な部分。

これをきちんと口に出して 「お母さん嬉しいわ」と付け加えると

本人も自覚して自信がつき、もっと伸びていきます。


余計なことと言うのは・・・

子供が話しをしている時に先回りをしてアドバイスをしたり

それは良くないなどと “判断”してしまったり。

小さい子はともかく、小学校高学年ともなると

善悪の判断は出来るわけです。

ただ、気持ちに寄り添って聞いてあげるということが必要なんです。

それが心の栄養になるのです。

大人だってそうですよね。

誰かに相談をしているならともかく、ただおしゃべりしたり

ちょっとした愚痴をいったりしているだけなのに

いちいち、「あなた、それはこうしなさい」とか

それはいい、それは悪いなどと判断ばかりされていたら、

話したくなくなります。


以前、長男の施設の先生に

「だいたい、おまえたち親はしゃべりすぎだ」と言われました。

例えば、旅先でとても綺麗な夕焼けや素晴らしい景色を見た時

「そういう時は、一言、『綺麗だねー。』で充分なんだよ。

なのにおまえたちは、『やっぱり来てよかったね』、だの

『この景色を見たら人間なんて小さいね』とか余計なこと

ごちゃごちゃ言うんだよな。それは本人が感じることなんだよ。

いろいろ言えば、感じるもんも感じられない」と。

ああ・・・そうなんだと思いました。

余計な事をごちゃごちゃ言えば、その景色をしっかり味わったり

いろんなことを感じる感覚を邪魔することになるのかもしれない。



なんだか・・・逆のことばかりしていたわと思った私です。



ごめんなさい、ご訪問、お返事明日になっちゃいそうです
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

コメント

yuyuhaya #iRTvXO9Q

肝心な方のことは、口に出して言ってないどころか、気づきさえしてないときもあるかも・・・
そう思うと子供のあら捜しばかりしてるみたいな・・・
先回りは思いっきりしちゃってますね。
転ばないように。
きっと、転んで起き上がることの方が大事なんだろうけど。
しゃべりすぎね。気をつけよう。

2009年11月02日(月) 21時56分 | URL | 編集

日下ヒカル #-

自分のいいところなんて、気づけないですよね。
悪いところの方が目だって気になるし。
そうやって誉めてらうことで、あぁそうだったんだってわかる。
うん。
大切なこと、ですね。

2009年11月02日(月) 22時39分 | URL | 編集

彩乃 #-

なるほど……!

「親は余計なことを言いすぎ」、確かに!
施設の先生の言葉に、「おお~」と納得です。
反省します。

そういえば、子どもが小さいとき、親はダンボになりなさいとよく聞きました。
子どもの言葉を聴く耳は大きく、子どもを見つめる瞳は優しく、口は小さく、と。
ついつい、いらないことを言う口が大きくなって、ダンボではなくオオカミになってしまってましたねえ……今も、そうかも。

ちょっと口をつぐむ練習をせねば(^^)

2009年11月02日(月) 23時03分 | URL | 編集

ドントコイ #-

私もね、独身の時、本で読んだことがあります。
「褒め言葉は、言葉に出さないのに、批判することは、言わなくてもいいことまで言っている。反対のことばかりしています」
というのと、
「大人はね。10を言っちゃいけない。1を言えば充分」って。
10を言っちゃうから、自分で考えたり、想像したり、出来なくなるんですって。「仕事をするときは、1を聞いて、10を分からないと、認めてもらうないんです。社会人になってから、急にしなさいと言うのは、無理です。子供のことをおもうなら、1だけを言って我慢しましょう。」って。

私は、私自身、頑張れ頑張れといわれるけど、頑張っても認めてもらえなかったり、1を聞いて10を知ることができなくて苦労したので、私が親にしてもらいたかったことを、私と父ちゃんは、なるべくしていますが、お姑さんがねぇ、口うるさくって、しつこくて、たいたいが、こっそり「うるさいね」と言いに来ます。
同居は、一長一短ですね。

2009年11月03日(火) 01時40分 | URL | 編集

☆かぐや姫☆ #-

たしかに、気にしすぎてるよね。
私も、次男に地雷があるからさ(ほんに少しの発言も)
一言感想を述べてるだけなんだけど
来てよかったネー!
・・・はい、言います・・・
ダメだなー私も

気をつけます。。。

2009年11月03日(火) 10時43分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

心配だもんね、つい口出ししちゃうよね。
でも、今のうちに転び方、起き上がり方を覚えておいた方が
長い目でみるといいのよね、大けがしないように。

2009年11月03日(火) 12時36分 | URL | 編集

海のいるか #-

★日下ヒカルさん

人に言われてはじめて気付くことってあるよね。
思ってもみなかったところを褒められると
すごく嬉しいもんね(*^_^*)

2009年11月03日(火) 12時39分 | URL | 編集

海のいるか #-

★綾乃さん

この先生にはいろいろ教えてもらっています。
親にとっても先生ですね(^◇^)

ダンボか~。
なるほど。

お互い頑張りましょうね(*^_^*)

2009年11月03日(火) 12時42分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

その本にかいてあること、
実感しています。
子供が変わるもん。

同居は思うようにいかないことも
あるよね。
でもお父さん、お母さんがしっかりしていたら
大丈(*^_^*)

2009年11月03日(火) 12時46分 | URL | 編集

海のいるか #-

★かぐや姫さん

気にするのはいいんだけど
無用な口出しは・・・・ね。

私もだいぶ、黙れるようになりました(笑)

2009年11月03日(火) 12時48分 | URL | 編集

はるか #-

確かにそうだね
子供に先回りして
○○だね
とか言うこと、けっこうあるかも
喋りすぎなのかもね

誉められて嫌な気持ちになる子は居ないから
私も心がけよう

2009年11月03日(火) 13時03分 | URL | 編集

玉響 #1qKeo97E

確かに、子どもの成長を感じても、それを本人に伝えるってことはあまりしてないですね。
言ってあげることで本人も自信がつく、この大事なチャンスをずいぶん逃してきたように思います。

それにしても、長男くんの施設の先生、結構乱暴な言い方なさるのね、って思ってるのは私だけ?
(おっしゃることはいつも的を射てますけど)

2009年11月03日(火) 14時59分 | URL | 編集

海のいるか #-

★はるかさん

けっこう、しゃべりすぎなんだよね。
考える暇を与えないで無意識に押し付けているというか・・。
気をつけなくちゃね。

うん、誉めて認めていくといいよね(*^_^*)

2009年11月03日(火) 15時22分 | URL | 編集

海のいるか #-

★玉響さん

忙しいのにありがとう!

これからでも遅くないよ。
変わってくると思うよ(^◇^)

ははは(笑)
確かに文章にすると
乱暴に感じるかも。
田舎の年よりなのでね、こんな言い方は当たり前というか
むしろ親しみや愛情がこもった言い方なんですよ。
先生はずっと小学校の先生をしてらして
停年退職をしてから今の施設を作ったのですけど
もう70近いお年なので、私たち親も子供みたいなもんなんでしょう。
実際、親の中にも先生の教え子が何人かいらっしゃいますし。

2009年11月03日(火) 15時29分 | URL | 編集

けい #JalddpaA

こんばんは!

そうですね。
言葉にしなくとも 通じているだろうくらいに思っていても そうではないんですよね。
親の方も素直な心と言葉 とっても大事だと思います。

まぁ、私も言わなくてもよい事を 思いっきり言っていた時期ありましたね。
心配で・・・って言うのもありますが・・・
でも 娘に「分かっているから、それ以上は言わないで!」ってはっきり言われてしまい・・・
それからは聞かれた事以外は 先回りをする事は出来るだけ控えるようにしましたね。
でも実際は・・・少しはしているかもしれませんけれど!

2009年11月03日(火) 19時37分 | URL | 編集

空飛ぶミケ猫 #-

こんにちは

余計なことは言うけど、肝心なことは言わない。
ホント、そうですね。

他の子との比較じゃなく、
その子自身の、以前の姿と今の姿を見て、
伸びたところを伝えてあげればいいんですよね。

それから「しゃべりすぎ…」
私はブログでいろんな子育てのことを書いていますが、
自分が決してうまくできているわけじゃない(笑)
そう、一番良くないのはしゃべりすぎかも!

だから、子どもにすぐ「もういい! わかったから…」と言われてしまうi-195
反省です。

2009年11月03日(火) 21時20分 | URL | 編集

ひめ #-

はい、確かにそうです
お手本のような私です(笑)
そうよね。。
私の思ったことを押し付けてもダメよね。
もう、子供なりにいろいろ考えてるんだろうからね。
気がつけた私。。
一歩前進
ありがとうございます。

2009年11月04日(水) 16時58分 | URL | 編集

海のいるか #-

★けいさん

肝心な事、言うのも
余計なこと言わないのも難しいですよね(^^;)
私もだいぶ慣れてはきましたが、
まだつい言ってしまうこともあります。

でも、自覚していると・・・
子供の失言にも寛大になれるという面も(^u^)

2009年11月04日(水) 19時11分 | URL | 編集

海のいるか #-

★空飛ぶミケ猫さん

他人との比較は、あまりプラスにならないけど
過去の自分自身との比較で気付くことは大きいです。

つい言っちゃうことはありますよね。
私も、だいぶ言わないでいられるようには
なったけど、まだいってしまうことはあります(^^;)
日々修行(?)です。

2009年11月04日(水) 19時15分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ひめさん

大人から見て、この子全然わかってないって
思うとき、子供も同じことを思っているのかもしれませんね。
お母さん、全然わかってないって(^^;)

子供って大人が思うより
大人なんですよね。

一緒に成長ですね(*^_^*)

2009年11月04日(水) 19時18分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。