しつけ=愛

今日は小学校は育ちの森の活動。    donguri01s.gif


野鳥のための巣箱をかけたり、トチ、クヌギ、ナラ、クリの実を竹ポットの中に

蒔いたり、そりコースの整備(枝きりや棒きれ拾いなど・・・。)

お昼は給食の調理員さんがおにぎりにしてくれて

春に駒うちしたきのこが入ってるお汁をボランティアの方たちが作ってくれる。

山だから寒いかな。

こういう時、蜂に刺されないように黒い服はさけるんだけど        

  
男の子ってジャンバーとか黒っぽいものが多いじゃんね、

いつも着せるもの迷うのよ。

外の作業、風邪ひかなきゃいいけど。

momizi_a4.gif

長男が保育園の年少の頃、

6人兄弟の子がいた。

確か、上から小4、小3、小1、年長、年少、1歳半だったと思う。

しかも、上5人男の子である。

このお母さんがとっても素敵だった。

関西出身の人で(転勤族だった)

元気のいい人ではあるんだけど

これだけ小さい子がたくさんいて、それもけっこうやんちゃな男の子だったのに

イライラしているのを見たことがない。

私はそのころ、長男と1歳ちょいの次男、そして三男を身ごもってたのだが

けっこういっぱいいっぱいで、イライラして長男を叱りつけてしまうことも

あったのだが、このお母さんは私の何倍も大変でありながら

いつも余裕。

男の子たちみんなで泥んこで帰ってこようが

下の子が靴のまま上がってこようが、

笑顔で「すごいな~。そのまま風呂場へいけよー」

「靴はあかんやろ」というだけなのである。

私も基本的には子供がドロドロで帰ってこようが怒ったりしないけど

イライラしてる時は、ついいやな顔してしまったりということはあったのに。

「イライラしないの?」と聞くと

「何が?この子たちがあたしを困らせようとしてるわけじゃないやろ?

ただ楽しく遊んだだけやん?」

「そうだけどさ、洗濯とか大変じゃん?うちとは人数が違うもん」

「そりゃ大変だけどな、あたしはあたしがやれば済むことなら腹はたたん。

楽しきゃいいねん。」

これ、言うのは簡単だし、基本的には私も同じ考えだけど

この人数で毎日のこと。

すごいなーと心から尊敬してしまった。


同じころ、私の住んでいたアパートに

長男の二つ上の一人っ子の家族が住んでいた。

このお母さんはいつもイライラしていた。

毎日聞こえる怒鳴り声。

たたいているのをみたのは何度もある。

往復ビンタも日常だ。

この子は幼稚園に行っていた。

ほとんどの子・・・90%くらいは保育園に通う土地柄なのだが

このお母さんは幼稚園の方が格が上だと思っていたようである。

ちょっと変わっていて・・・教育熱心というのかな。

テレビはNHKしか見せないとか

食事を残すのは許さないとか

まあいろいろ。

なので怒ることだらけなのである。

長男と(他にも何人か)その子が外で泥んこ遊びをしていた時

私や他のお母さんが「うわ~」と言いながらも

笑ってみていたのに対し、このお母さんは怒りを抑えたすごい顔。

でも、いつものように怒ってやめさせてはいない。

すると「ものすごい嫌なんだけど・・・泥んこ遊びは脳の発達にいいって言うから

我慢しなきゃね・・・」と。

この楽しそうな姿を見て楽しくならないのか?

そんなこと考えているのかと驚いた。

この子は段々と見事に裏表のある子に育っていった。

小中学校では かなり危ない子だった。

かなりたってからそれに気づいたお母さんは

「小さいうちからちゃんとしつけていたのに・・・」と。


しつけとはいったい何でしょう?

少なくても親が理想とする姿にさせることではないよね。

いつも言うけど、一番大切なのは愛を教えること。

これはいっぱい愛を伝えることで覚えていくよね。

人生は楽しいものであると教えること。

そこを抜かしては、マイナスの部分しか育っていかないと

私は思う。

根底にそれがしっかりあって、その上で

ここから、先はダメよ、とかそうう部分がしつけだと思う。

例えば、病院では静かにしなさいと教えるのでも

その子の中に愛(思いやり)が育っていたなら

病気で体がしんどい人もいるから、おとなしくしていようと

思えるだろうけど、そうじゃなければ

お母さんに怒られるからおとなしくしようということになり

その場しのぎというか、身についたことにはならないよね。

怖いお母さんがいなければ、騒ぐということにもなりうるわけで。

逆に言えば、愛とか思いやりをしっかり伝えていけば

無理なしつけは必要ないのかもしれないね。

マナーを守るとか、それは思いやりの気持ちがあれば

自然に身についていくと思うから。

やっぱり、すべては愛なんです(*^_^*)

きちんとした人に育てようと厳しくするよりも

まずは親が子供の対して思いやりを持って接すること

それが一番のしつけです。



良かったらポチっとお願いします☆
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ひめ #-

う~ 反省しなくてはいけないことだらけな私。
耳が痛いなぁ。
愛!だね!!
どっか~んと大きな愛で包まなければ。。。ね!
がんばります。

2009年10月29日(木) 13時27分 | URL | 編集

はるか #3cXgguLU

困らせようと思ってしていることではない
確かにそうだ~
素敵なお母さんだね

いけないことを教えるときも
どうしていけないかがわかったら
子供も素直に言うことをわかってくれるし
その後も守ってくれるものね

2009年10月29日(木) 16時09分 | URL | 編集

けい #JalddpaA

こんにちは!

素敵なお母様ですね!
お子さんが沢山いらしても 大きな愛情を持っての子育てがちゃんとされてる。

そうなんですよね、叱っても子供にはちゃんと通じています。愛情からか 親のエゴからかっていう事が!

いるかさんの周りには 良いお手本も 悪いお手本もある訳ですね。
何にも恐れず行動しやすい環境 大切ですね!

2009年10月29日(木) 16時27分 | URL | 編集

おかん #-

イライラせんお母さんってすごいよな~!!
尊敬に値するわ。
自分の体調が悪い時とか、虫の居所が悪い時って、
つい、イライラしちゃうよな!
ウチのよく怒ってるよ~!
ウロウロしながら食べ物を食べるなとか、
もぉお、次から次へとって感じ。
せやけど、下のお母さんにみたいはなりたくないなぁ。
そんだけ泥んこになってたら、反対におもろくなってくるけどなぁ。
できれば、自分も参加したいくらい。
どこまでがよくて、どこからがアカンて難しいねんけど、
親が見てない時にでも、子供自身がちゃんと善悪を判断して行動できる様な、
そんな育て方をしたいなぁ。

2009年10月29日(木) 16時57分 | URL | 編集

はなぱな #-

「あたしはあたしがやれば済むことなら腹はたたん」
凄い懐の広い女性ですね。
私は自分がやりたくないから、自分が面倒くさいから・・・って思ってしまう事ばかり。小さいなぁ・・・自分(-_-;)て・・反省。自分の都合の為に子供を怒っているダケ・・・言われるとよくわかりますね・・・(-_-;)ホント反省。
子供がのびのび育つには、子供が自分で気づくには沢山体験して感じるコトなんですよね・・・。

2009年10月29日(木) 17時47分 | URL | 編集

空飛ぶミケ猫 #-

こんにちは

病院で…
お母さんが怒るから静かにしているんじゃなく、
病気の人を気遣って静かにする。

そうですね、お母さんが怒るからそうしていのじゃ、お母さんが常に一緒にいなければだめですからね。

6人兄弟のお母さん、すごいですね。
なんだか会ってみたくなりました。
いつも素敵なお話をありがとうございます。

2009年10月29日(木) 20時30分 | URL | 編集

ドントコイ #-

たいたいが小さい時はイライラしてたなぁ。
このお母さんの、心の広さを見習わないとなぁ。
後半にのお話のお母さんは、なにか、自分にコンプレックスがあったのかなぁ。
だから、凝り固まった、‘しつけ’になっちゃったのかなぁ。
私も、コンプレックスのかたまりだけど、
こんなに、イライラしてたら、楽しくないですよね。
たいたいの小さい時、あんなにイライラして、もったいなかったなーって、思いますもん。

2009年10月30日(金) 00時11分 | URL | 編集

かのこ #kwzMfkEo

このお母さん、すごいですね。
同じ関西だけど、とても同じにはなれません(笑)
それだけの人数がいて、その懐の広さ、どうやって
培ったんでしょうね…。

既に今は長男を放任していますが、高一の今に
なって放任してしまえば、それはそれで、逆に
まずいんですよね(^_^;)

次男の時に感じた多少の余裕が、長男の時には
感じなかった…やっぱり上の子だからかな?

応援ポチリ。

2009年10月30日(金) 08時40分 | URL | 編集

日下ヒカル #-

しつけかぁ・・・親の理想どおりに育てようとする人と、教育をする人と別れている感じですね。
のびのびと、愛情を持って、んでちゃんと駄目なことはダメ、謝るべきことの理由を教えて、謝ることを教える、挨拶をする。
そんなところでしょうか・・・?
しかし、子供って教えても無いことを人真似して覚えますよね。
なのでいたらぬことを覚えやがって!!(滝汗)
と感じたこともしばしば(従兄弟の子供・・・)
子供がいるときは気をつけねばと、高校生の時に感じました。
口真似するし・・・orz

2009年10月30日(金) 08時59分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ひめさん

うん、愛です。
子供がしっかりと親の愛情を感じられるというのが
なにより大切だと思います(*^_^*)

2009年10月31日(土) 10時56分 | URL | 編集

海のいるか #-

★はるかさん

頭ではわかっていても、ついってことあるよね。
すごいなーって。

何かいけないことをしたとき、
どうしていけないかを説明するのは大事だけど
その前に、どうしてそういうことをしたのかその子の
気持ちをわかってあげるというのが大切なんだと思う。
叱ったり、説明はそのあとで。

2009年10月31日(土) 10時59分 | URL | 編集

海のいるか #-

★けいさん

そう、子供ってちゃんとわかっているんですよね。
親の心にあるもの。

そうですね、周りには素敵な人も
クビを傾げる人もいろいろいます。
そこからまた学ぶことも多いです(*^_^*)

2009年10月31日(土) 11時02分 | URL | 編集

海のいるか #-

★おかんさん

イライラしちゃう時はあるよね~。
後からフォローするしかないよね(^^;)

そうなの、見てたら楽しくなっちゃうのにね。
ホント、混じりたいくらいよ(笑)

うん、親がいるから・・・じゃなくてね、
自分でちゃんと判断できるようにならないと
意味がないのよね。

2009年10月31日(土) 12時27分 | URL | 編集

海のいるか #-

★はなぱなさん

つい自分の都合でってあるよね。
それに気づいてフォローできればとりあえずいいかなと(^^;)
気をつけないといけないけど。

やっぱり自分がいっぱいやさしくされたり、
いろんな経験をすることが大事なんでしょうね。

2009年10月31日(土) 12時30分 | URL | 編集

海のいるか #-

★空飛ぶミケ猫さん

やっぱり、すべて思いやりの気持ちからなんですよね。
それには優しくされた敬遠がいっぱいあるのが大事なんだと
思うんです。

素敵な人でしたよ。
気柵で、なんていうか方に力が入ってないんです。

2009年10月31日(土) 12時33分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

コンプッレクス・・・そうかもしれないね。
たぶん子供をしっかり育てよう、きちんとさせようって
想いが強かったんだと思うけど
裏目にでたというか逆効果になってしまっていたのよね・・・。

ここまで極端じゃなくても
こういうことってあり得ると思うのよね。
やっぱり、まずは優しさです。
そこを忘れちゃいけないのよね。

2009年10月31日(土) 12時37分 | URL | 編集

海のいるか #-

★かのこさん

6人育てる・・・産むなかで出てきた余裕なのかな?
でも、イライラしちゃうパターンが多いと思うのに
すごいよね。

上の子の時は余裕ないよね・・・
はじめてのことだらけだし。
私も・・・失敗したわ~(苦笑)

2009年10月31日(土) 12時41分 | URL | 編集

海のいるか #-

★日下ヒカルさん

まずは周りの大人がきちんとしなきゃね。
子供はよく見てるからね。
口うるさく言うより、まずは手本になるということかな。

2009年10月31日(土) 12時43分 | URL | 編集

茶目太 #-

その通りです、海のいるかさん。

 海のいるかさんのおっしゃる通り。世のお母さんすべてにこのお話を聞かせてあげたいです。結構勘違いした躾をしている方が多いのです。海のいるかさんのブログからピックアップして、『お母さん講座』の本が作れそうですね。

2009年10月31日(土) 17時45分 | URL | 編集

海のいるか #-

★茶目太さん

共感していただいて嬉しいです(*^_^*)

そう、けっこう親が勘違いしていること多いんですよね。
たぶん、一生懸命ではあるんだと思うんだけど
方向が違う・・・。
気付いてほしいですよね。
子供のためにも、お母さんのためにも。

2009年11月01日(日) 20時34分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。