戦いの日々

Aのお母さんともBのお母さんとも協力体制がとれず、

頭を抱えていた私。

そんな時、長男の骨折により、1年以上、数十回に渡るA,Bによる暴力があったことを知る。

それでも一言の謝罪もない。

この親子2組はこの先変わることはないと知り、引っ越しを決意する。

そして、引っ越し。すべて解決?

いいえ ここからが私の正念場でした。

長男は確かにひどい暴力を受けていました。

しかし、それでもこの子たちとツルんでいたのは怖かったからだけではありません。

もちろん恐怖もあったでしょう。

学校でも家でも怒られてばかりいた彼はこの子たちと離れたら

居場所がなくなる感覚もあったでしょう。

しかし、大金を自由に使い大人を足に使い遊びまわる・・・この刺激的な遊びに

魅力を感じていたことも否定できません。

この二人とツルむうちに彼は“うちだけが厳しい”という錯覚をおこしていたのです。

そして、ゆがんでしまった金銭感覚。

私は彼を救わなければなりませんでした。

度重なるバトルはそれゆえのものだったのです。

ある時は物を投げつけられ、蹴りを入れられ、

運転中のハンドルを握られたり、ブレーキをいきなり踏まれたこともありました。

車の中でバックの中身をすべて投げ出されたことも。

それでも私は言い続けました。

「殺されたって、聞けないものは聞けない」と。

「ばばあ!ほんとに殺すぞ!」

「あんたが、たった300円のカードが欲しいために私を殺したいと本気で

思うのなら殺しなさい。そんなふうに育ててしまったんだから

殺されたって仕方ない。ただ、そんなことを言われても絶対に買わない。

あんたを愛しているからね」

親の本気は通じるものです。

私が気をつけたことは、金額によって対応を変えないこと。(この段階では)

こちらがエキサイティングしないこと。

譲れない事以外はしっかり甘えさせてあげること。

次第に彼は私が脅しには乗らないことを悟ります。

そして、今度はしつこく“お願い”攻撃。

それはそれはしつこかった。

「お願い。今度だけだから」

「その代り、~するから」 「次のこずかいで返すから」

「3つ欲しいけど1つで我慢するから」などなど。

何時間でも言い続ける。正直この方がきつかった。

うっとおしい。何も出来ない(つきまとって)

でも、辛抱強く駄目を言い続ける。

「欲しかったらこずかいで買いなさい。」

「もうないもん、次のこずかいまで待っていたら売り切れちゃうよ」

この段階では何度か負けました。

でも、それが癖になることを悟り、踏ん張ったのです。

こうした日々を繰り返し、次第に彼は我慢をしたり

欲しいもののために他の事を我慢したりできるようになりました。

今現在は、買ってやる時もやらない時もあります。

彼は私が「ダメ」と言う時はダメなんだとわかっていますから

もうあまりしつこくは言いません。


一度、聞いてみたことがあります。

「ねえ、Aのお母さんやBのお母さんが普通だと思う?」

「普通じゃないでしょ、Bのお母さんは優しいというより言いなりだし、

Aの親はちょっとはまともだけど、結局Aに負けちゃうし」

まともな感覚に戻ったのね。わかっていればよろしい。


こうして私は本来の彼を取り戻したのである。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

☆かぐや姫☆ #-

いるかさんは凄いですよ。
他の2人の親とは違い、本気で子を愛し救ったんだもの。
今の長男君があるのも本人の力と、いるかさんの力だね。
それまでは本当大変だったんですね。
少し驚いたけど人間ってやっぱり周りの環境次第で正反対になったりするんだよね。

うちの長女も高1の時荒れまして、家には帰らず友達の家に泊まる生活。
髪を茶髪に染め、化粧(軽く)をして不良ではなかったけど学校では問題児だった。
たまに家に帰ってくるたびに私と旦那できつくではなく強く良い続け
怒鳴られてもビンタされても言い続けていたら
いつの間にか、朝起きてリビングへ行くと前と同じように過ごす長女がいたではありませんか!!って(笑)
男の子と女の子では違うかもしれないけど。
やっぱり親がブレーキ操作してあげないとね。

2009年09月29日(火) 17時17分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

本当に「ご苦労様でした。」と頭の下がる思いです。
まさに忍の一字ですね。
長男君との根競べ。
淡々と書かれているけど、実際は毎日毎日が戦いだったんでしょう。
「ダメ!!」といいつつも根負けしてしまう。
すると相手も今度はそこをついてくる。
例外を作ってはダメなんですね。
長男君にとってA君B君と過ごす世界がすべてだったから感覚が狂ってたんですね。
いるかさんの愛情で取り返せてよかった。
「あの時は参ったわ。」なんて笑って話せる日がきっときますよ。

2009年09月29日(火) 20時06分 | URL | 編集

mimi #-

わかりますわ~そのバトルのキツさ・・・
駄目なものは駄目なんです・・それを教えるのが親なんですよね。
時間はかかっても・・ちゃんとわかってくれるのよね。
親が先にくじけちゃ~駄目なのよね。
私の言ってる事がすべて正しいとは思わないけど・・
子供が思ってるほど世の中甘くないし・・理想だけじゃ生きられない現実も有る。
現実的に生きる力をつけてやらなきゃならないんだから・・親って大変だわ~~~と・・いつも思う。
甘やかす方が楽な時が有りますもの。
最近は・・自分もそんな頃が有ったな~とか・・思い返すと・・
親に対して・・感謝の気持ちと・・懺悔の気持ちでいっぱいになりますわ。

2009年09月29日(火) 20時27分 | URL | 編集

日下ヒカル #-

今までの自由を奪われたことにより、その時あった恐怖も薄れてしまったのかな。
でも、最後には「あの親はおかしい」とわかってた。
というより、最初からわかってたと感じました。
もしわかってなかったらいるかさんに対してもお金を要求したりするかも・・・知れないと思うし。
おかしいとわかっててもやめられなかったお金の自由。
計画性を持つようになった現在。
環境や友達、その親。
子育てはとんでもないところから火が降ってくるんですね(ーー
いやはや・・・驚きでした。
ご苦労様です、いるかさん。

2009年09月29日(火) 20時33分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009年09月29日(火) 21時13分 | | 編集

ふぃる #-

よくぞ頑張りましたと
同じ親の立場でエールを送ります♪
ゆがんだ感覚や好き放題出来てた長男クンを
なかなか普通の感覚に戻すのは大変だったと思います。
300円なら、まっいいかって根負けしてしまいそうになるのに
頑張りましたね^^
子どもって、家の環境や友達の影響ってモロに受けるので
なかなか難しいよね。

2009年09月29日(火) 21時43分 | URL | 編集

茶目太 #-

取り戻せてよかった。

 海のいるかさん
 
 壮絶だったですね。よく我慢しましたね。愛あればこそです。甘やかし、言われるままに動くことくらい簡単で楽なことはない。
 憎まれて(最初はどうしても)、あくたいつかれても、姿勢を崩さなかった海のいるかさんだからこそ、息子さんは戻ってきたのですね。よかったよかった。

2009年09月30日(水) 00時35分 | URL | 編集

ドントコイ #-

頑張りましたねー。
キツイんですよね。バトル。
たいたいは、小さい時がひどかったので、お店でも、家でも、実家でも、してました。妹に、なんで、あんな小さい子相手に本気になって、ケンカするの、と言われましたが、我が子だから、ですよね。可愛いから、ですよね。自分で食べていけるように、ですよね。
お兄ちゃん、分かってくれて、良かったですね。しかも、冷静に的確に。すばらしいです。

たいたいが「大きくなったら、本物のバイクの免許をとらせてちょうだい」と、父ちゃんにお願いしてました。息子とツーリングという、父ちゃんの夢がかないそうです。
あと7年かぁ。

いるかさんのご主人の夢は、‘息子と呑み交わす’だったりして。そのほうが心配じゃなくていいかも。

2009年09月30日(水) 00時49分 | URL | 編集

はるか #3cXgguLU

すごい!
壮絶なバトルですね
今のいるかさんになるには
いろんな紆余曲折があり、経験があり
その結果なんですね
本当、おつかれサマでした。
本気で向き合ったからこそ
今の長男君になれたんですね

2009年09月30日(水) 11時52分 | URL | 編集

空飛ぶミケ猫 #-

こんにちは

一旦、そういうところに足を突っ込んでしまった長男さんにとって、通常の生活感覚に戻ることはとても大変だったことでしょう。

良くも悪くも、つながっていたAとBとの関係を転居によって奪われた長男さん、さぞ心細かったことでしょう。

よくぞ、その状態から今の状態に引き上げましたね。
偉大ないるかさんの愛を感じます。
言葉で語るのは簡単ですが、辛いことも多かっただろうし、大変だったと思います。

そして、そのいるかさんの決意、熱意に応えて、長男さんもよく頑張りましたね。
多くの親御さんの道標になるお話だと思いながら読ませていただきました。

2009年09月30日(水) 22時58分 | URL | 編集

咲 #eYj5zAx6

お久しぶりです。
風邪をひいてしまい、久しぶりにお邪魔して一気に読ませていただきました。
ただただ感服するのみ。
愛の強さ、その信念を素晴らしいと思います。
感動しました。
私も長男のことで色々あります。
イルカさんの存在はとても勇気づけられます。
ありがとう・・・

2009年10月01日(木) 00時00分 | URL | 編集

lavandre #sSHoJftA

こんばんは。

いるかさん 凄いです。エライです。
本当の肝っ玉母さんです。
感動そのものです。
長男さん!好いお母さんもって幸せですね。
読んでいて又感動の涙を流してしまいました(^^♪

2009年10月01日(木) 01時43分 | URL | 編集

海のいるか #-

★かぐや姫さん

かぐや姫さんもいろいろあったんですね。
ギャーギャー大騒ぎせず、
落ち着いていけないと言い続けることが必要だよね。
それはある意味根競べだけど、
子供が大事なら負けちゃいけないよね。

2009年10月01日(木) 12時31分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

この時期はきつかったですね。
でも、今しっかりやらなきゃもっと取り戻せなくなると
思っていました。長男の将来を考えた時親としての踏ん張りどきなんだと。
おかげで強くなりました(^◇^)

2009年10月02日(金) 08時30分 | URL | 編集

海のいるか #-

★mimiさん

そう、先にくじけちゃダメなんだよね。
親がしっかりしていたら、子供には伝わると思う。
時間がかかっても。

うん、甘やかす方が楽なんだよね。
でもすべてにいいわ、いいわは、手抜きだよね。
踏ん張るときは踏ん張らなくちゃ。

2009年10月02日(金) 08時34分 | URL | 編集

海のいるか #-

★日下ヒカルさん

お金も欲しがりましたよ。
ただ、この子たちと切れてから財布に手をかけることは
なくなりましたが。
頭ではわかっていたと思います。
少なくてもこの子たちと関わる前は普通でしたから。

ホント、だんだんに友達の影響は大きくなりますからね。
ある意味親よりもね。
だからこそ、親はしっかりしないといけないんです。

2009年10月02日(金) 08時38分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ふぃるさん

たった300円が500円になり1000円になることは
わかっていましたからね。
それでも時々「たった300円くらい・・・」と悪魔のささやきは
聞こえました(苦笑)

小学校高学年くらいから、ホント友達の影響は大きくなって
きますよね。私が仕事、仕事でよく見てやれなかったのも
影響あったと思います。


2009年10月02日(金) 08時43分 | URL | 編集

海のいるか #-

★茶目太さん

子供の言いなりにしているのは楽ですよね。
その場では平和に収まるし。
でもそれは手抜きです。家事は手を抜いても
子育てで手は抜いちゃいけないと思います。

どんなに憎まれてもいいと思っていました。
大切なのはこの子の将来だと。
心の中で“愛は勝つ”を歌っていましたよ(笑)
♪どんなに困難でくじけそうでも
信じる事さ 必ず最後に愛は勝つ~

2009年10月02日(金) 08時48分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

うん、バトルはきついよね。
こんなことで・・・と言う時はとくに負けそうになる。
それでも踏ん張れるのはやっぱり大切だからだよね。
可愛いから。

旦那は何も考えてなさそうだわ(苦笑)

2009年10月02日(金) 08時54分 | URL | 編集

海のいるか #-

★はるかさん

いろんな経験が私を強くしてくれました。
ホント、親として様々なことを考えさせられました。
早い時期にこういう経験ができたのは
これからの長男にとっても良かったのだと思います。
ある意味マイナスからのスタートでしたけど
あらゆることを考えさせられましたから。

2009年10月02日(金) 08時59分 | URL | 編集

海のいるか #-

★空飛ぶミケ猫さん

長男の大変さがわかっていたから私も頑張れたんです。
ここで私が修正してやらなければ、この子は一生苦しむことになると。
このころは経済的なこと、旦那と長男の関係、兄弟関係
学校のことと全部が一度に押し寄せていたので
正直苦しかったです。
でも、おかげで私は強くなれたし、すべてが少しずつですが
いい方向へ回り始めていますので
ある意味必要なことだったのではないかと思います。

2009年10月02日(金) 09時06分 | URL | 編集

海のいるか #-

★咲さん

身体はもう大丈夫ですか?
無理しないでね。

あの時は踏ん張りどきでしたからね。
きつかったけど
長男を大切に思っていますから。
一緒に頑張ったんです。
長男もよく頑張ったと思います。
心の中は嵐のようだったと思うので。

ありがとう(*^_^*)

2009年10月02日(金) 09時09分 | URL | 編集

海のいるか #-

★lavandreさん

あの時は必死でしたからね。
今私が踏ん張らなければこの子はダメになると。
大切な息子をあんなやつらのために駄目にしてたまるかと。
長男を思う気持ち、やつらに対する悔しさ、
すべてが私を強くしてくれました。

2009年10月02日(金) 09時13分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。