不登校を受け入れる

「今度のバレーいつ?」と長男に聞かれた。

次も行きたいらしい。

しかし、今度は前回とは違い、向こうの中学は休みではない。

「一緒に行く?」 「うん」

そっか・・・。

「あのね、Sくんのお母さんには言ったけど他の人には

あんたが学校行っていないこと話していないんだよ。

話すのはいいんだけどね、もしかしたら誰かが何か言うかもしれないよ。

それでも大丈夫?」


「何かって?」

「なんで学校行かないの?とかそんなんじゃダメじゃないとか」

「う~ん・・・うるせーばばぁとか言わないで無視すりゃいいんでしょ?」

「無視というか・・・多分話してもわかってくれないから適当に聞き流す・・・出来る?

ていうか何か言われた時のあんたの気持ちが心配なんだけど。

お母さんはね、あんたが学校へ行かなくてもこの先しっかり自分の人生を

歩いて行けるならそれでいいと思ってる。でも、世の中には偏見を持つ人や

あんたに説教する人もいると思う。その時に一々腹を立てたり、落ち込んだりしていても

仕方がない。そういうものをうまく聞き流すということも必要なんだと思うんだ」


「う~ん。30分くらいなら耐えられると思う。もし、我慢できそうになかったら

隣の図書館に行くよ」


強くなったなーと思う。

一年前、誰か(知ってる人)に会ったらどうしようとビクビクしたり

実際に誰かを見つけたら物凄い勢いで逃げて隠れたり

そうじゃなくても自分に都合の悪いことを言われる可能性のあるところへ

自分から行くというのは考えられなかった。

そして、私も強くなった。

何か言われるんじゃないいかとビクビクしていたのは彼だけではないのだ。

彼の状態を理解し、不登校を受け入れた時。

学校へ行かないことによるマイナス面はすべて彼自身が乗り越えなくてはならないことだと

思った。そしてそれを全面的にサポートする覚悟をしたのだ。

不登校を受け入れるというのはそういうことだ。

学校へ行かないのを認めるなんて甘やかしだという人がいる。

ここへも批判コメが来たこともある。

冗談じゃない!!と私は思う。

不登校を選ぶというのは学校へいくよりも厳しい状況がいっぱいある。

様々な物を乗り越える強さを身につけなくてはならない。

学校へ行くことの方が楽なのだ。

この先の人生において。

でも、行けないのだ。なまけているのではなくて行けないのだ。

親は経験で世間の厳しさというものを知っている。

それを知っていて敢えて受け入れる、これは子供の苦労を覚悟すること。

親の課題も子供の課題も増えるということだ。

決して甘やかしなんかじゃない、と私は思っている。

私はあきらめたのではない。受け入れたのだ。


この先、学校へ戻れるか戻れないかはわからない。

高校へ行くか行かないかもわからない。

高校へ行くか行かないかは自分で決めろといってある。

でも、勉強が・・・。
 その気になれば今からでも間に合う。

もし入れたとしても通えなくなるかもしれない・・・

そうなったら、その時考えよう

でも・・・まだ決められない
 

うん。まだ決めなくてもいよ、でも中3の2学期になって急に行きたいと言っても

準備してなきゃ(勉強)無理かもしれないよ。

可能性が少しでもあるなら準備しておいた方がいよ。


うん

それからね、もし行かなくても今の状態のままというわけにはいかないよ、

バイトくらいしないとね。

将来どういうことがしたいか考えてごらん?

もし、わからないならとりあえず高校へいってその3年間・・・定時制なら4年間で決めるというのが

一番楽だとお母さんは思うけど。牧場関係だとしても農業高校出てるのとでてないのじゃ

違うと思うし。

中卒と高卒では違うということも頭に入れておいた方がいい。でも決めるのは

あんただからね。


こういう会話が出来るようになっただけ大進歩!!

とりあえずは・・・・モンゴルね(^◇^)


例のごとく、前記事へのコメントのお返事がまだできていません。

もう少し待っててね


応援してね!!



関連記事
スポンサーサイト

コメント

ドントコイ #-

お兄ちゃん、上手に出来るかもしれないですね。
右から、左へ聞き流すのを。

いるかさんも、最初に、お邪魔したときよりも、
揺らぎなくなったように思います。
短期間で、いるかさんも、お兄ちゃんも、すごい!




2009年07月20日(月) 01時03分 | URL | 編集

☆かぐや姫☆ #-

不登校に批判的な人いますけど
不登校になった本人は別になりたくてなったわけじゃないのに・・・
いじめや病気等さまざまな事情で学校に行けなくなるのに「甘い」「サボり」だとか言う人って私も許せないです

長男君も強くなりましたね~!
でも無理しないでね!

2009年07月20日(月) 03時06分 | URL | 編集

mimi #-

先の事を考えて苦労しないようにとして行くのが親・・
学校も・・勉強もそう・・
だけど・・苦労しないように・・って・・それが一番の甘やかしなのかもね(笑)。
最近・・そんな気がする私ですが・・でも・・やっぱり苦労させたくない(笑)
多分・・それも正直な親の気持ちよね。
多分海イルカさんだって同じよね?でも・・あえて・・苦労がわかった上でを受け入れる強さ・・やっぱり尊敬しますわ♪。
子供の為なら・・親って強くなれるわよね(笑)。

2009年07月20日(月) 06時45分 | URL | 編集

玉響(たまゆら) #1qKeo97E

甘やかす・認める・信じる・受け入れる。
どれも客観的な根拠がなくて、他人にわかってもらうのは大変です。
私のところは、夫さえもがわかってくれないほどで・・・。
聞き流す、受け流す、惑わされない、という処世術は必要ですね。

レールに乗って走っていれば楽だったのに、そこから降りてしまった子どもたち。
でもそんな子どもたちだから、自分で考え、判断できる大人になってくれるんじゃないかと思います。

決して「学校」を否定しているわけではありません。
けれど、「学校」という組織に委ねなくても、親の覚悟さえあれば、子どもは逞しく育つと思います。

それは、いるかさんが実証してくださってると思います。

2009年07月20日(月) 07時42分 | URL | 編集

はるか #3cXgguLU

親が受け入れることにより
子供は家でのびのび安心して暮らせる

でも学校にいっていないことは
学校に行くよりはるかに道が険しくなりますね
それを選ばざるを得ない状況なのに
甘やかしだなんてほんととんでもない。

でも平坦じゃない道の先に
必ず本人の望むゴールがまってると思います。
時間がかかってもそこにたどり着けるように
見守りたいですね

バレーに行きたいという気持ちに
長男君の強いものを感じます。
前回のことで懲りていたら
また行きたいなんていわないと思うし。

2009年07月20日(月) 09時05分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009年07月20日(月) 15時45分 | | 編集

ふぃる #-

息子クン強くなったよね^^
本当に、心が逞しくなって来たって感じがする。
それは、いるかさん自身が強く、息子クンと共に
今まで頑張ったからだと思う。
確かに、不登校に対して
無責任に甘やかせてるだの子どもに学校に行きなさいとか
言う人も世間には多い。
でも、親が甘やかしで子どもが学校に行かない事を
認めたわけじゃないのに
ほっとけよっ!って言いたくなるよね。

長男クン、だんだんと人との関わりが恋しくなってきたのかな?
無理せず、少しずつ高校も視野に入れていけれたら
すごく嬉しいね^^

2009年07月20日(月) 18時00分 | URL | 編集

lavandre #sSHoJftA

こんにちは。

読んでいて素晴らしい親である!いるかさんに
そして一歩一歩強くなって歩んでる長男君に
愛と感動を憶えます。

2009年07月20日(月) 18時06分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

何事も普通の道を進んで行ってくれるのが一番楽だよね。
次男を育てていてよく思います。
世の中にはいろんな人がいて、わかってくれる人もいれば
したり顔で意見してくる人もいる。
事前に長男君に話したいるかさん。サスガです。
でも、それを踏まえて「行く」と言った長男君。頼もしい!!
高校の話ができるようになったんだね。
本当にうれしいです。

2009年07月20日(月) 19時55分 | URL | 編集

日下ヒカル #-

批判までしなくてもね・・・

一番好きな言葉で十人十色!
私は学校は不登校にはならなかったけど
会社は体が悲鳴を上げてやめてしまった。
正社員じゃないことを色々言われてきたけれど
人と違うことをするというのが受け入れるのを嫌がる日本で
やるのってすっごく批判対象ですよね
批判じゃなくても「もっときちんとしたところに就職すれば」とか
きちんとって・・・今私はきちんと仕事してないわけ?!なんて
内心怒ってたけどまぁ言いません。
スルーするのも疲れて人付き合いやめちゃた・・・
それがいいのかどうかわからないけれど
長男君の目が外に向き始め、自分自身で自分を受け入れたのが一番いいことですね!
後ろめたい気持ちは本人にもあるだろうし。

2009年07月20日(月) 20時58分 | URL | 編集

空飛ぶミケ猫 #-

こんにちは

世の中には子どもの不登校を受け入れるのではなく、
ただ、甘やかして不登校を容認し、家でただ生活させている親もいると思います。

……それは単に甘やかしていること、
そして、その子が将来どういう生活をおくるのかといった展望をまるで持っていない、というかその問題に向き合うのが怖くて先延ばししているんだと思います。

いるかさんの場合はまったく正反対です。
まさに、受け入れているんですよね。
その辛さも厳しさもわかっているし、
将来のことをちゃんと考えている。
しかも、本人にも考えるようにし向けている。

とても立派だと思うし、
とっても素敵なお母さんだと思います。

2009年07月20日(月) 21時28分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009年07月20日(月) 22時16分 | | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009年07月20日(月) 23時37分 | | 編集

ひめ #-

理想、創造だけでは分からない現実があるのですよね。
その立場になってみると本当に大変だったり、辛かったり。

子どもの今を、将来を真剣に考えるから悩んでぶつかって
受け入れるんですよね。

長男クン、落ち着いて前を向いていますね。

2009年07月21日(火) 13時52分 | URL | 編集

ぽちちょ #-

今の長男くんなら、なんだか上手く行けそうな気がする~。
そうか。そろそろ進路の事も気になり始めたのですね。
今はいろんな道があるから、悩んでしまいますね。
どの道を選ぶにしても、大事なのは「個人の意志」。
私はなんとなく、で進路を決めていたので、未だに後悔しています。
自分で納得のいく道が見つかるといいなぁ。

2009年07月21日(火) 15時54分 | URL | 編集

きばっ太姉ちゃん #-

人間は人との交わりなくしては、生きられないから
『人』が怖くなってしまっていたであろう長男君の
この変化はとっても嬉しいものですね(*^^)
今、長男君に最も大切なのは、『人』をまた信じられる
心を取り戻すことなんかな~って思います。
深く傷つけられ、不信の心に捉われた子を、親のエゴで
学校に引きずり連れて行っても、更に傷をえぐるだけ。
いるかさんの考え方や対応は、素晴らしいものだと
思います。
批判する人もいるだろうけど、そんなのほっとけ、
ほっとけ!ヾ(≧▽≦)ノ
もっと多くの人が、いるかさんを応援してますよ!

2009年07月22日(水) 06時34分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

もともと受け流すのが苦手な子です。
それが、そういうことも必要なんだと
段々にわかってきているのが何より嬉しく思います!

返事遅れてごめんね!
ありがとう(*^_^*)

2009年07月22日(水) 10時42分 | URL | 編集

海のいるか #-

★かぐや姫さん

まだまだ偏見は多いよね。
腹が立つこともあるけど、聞き流すしかないことも
あるよね。
子供にも強くなってもらうしかない。

長男、前を向いてきているのが嬉しいです。
先は長いけど焦らずいきます。

ありがとう(*^_^*)

2009年07月22日(水) 10時45分 | URL | 編集

海のいるか #-

★mimiさん

出来ることなら子供に苦労はさせたくないよね。
私もそうです。
でも、それを覚悟しないといけない時もあるのかなって
思っています。
精一杯サポートはしていきたい。
私がこの世にいなくなったあとも
きちんと生きていけるようにね。
いや、その前にしっかりしてもらわなきゃ(笑)

ありがとう(*^_^*)

2009年07月22日(水) 10時54分 | URL | 編集

海のいるか #-

★玉響さん

うちも同じですよ。
旦那は・・・真剣に考えてないいように見える。
無関心のような気がします。
もっと前は・・・頭ごなしに怒ってばっかりだったし。
そのころですよ、私が離婚を考えたのは(苦笑)
今は教育中です(笑)

そうなんです。
レールに乗っているのが一番楽なんですよね。
でもそれが難しい子もいる。
いろんな事情でね。
だったら、レールに乗らなくても
行きたいところにたどりつく方法を考えるしかないですよね。
人生、あきらめたくないもの。

ありがとうございます!!

2009年07月22日(水) 11時02分 | URL | 編集

海のいるか #-

★はるかさん

そうですね。
平坦じゃないからこそ見える景色があると思います。
親も子もね。
今この時期にそれが見えるのは良かったのかもしれないって
思うようになりました。

いろんな人がいるということ、みんながわかってくれる訳じゃないことを受け入れられるようになってきたのは
大きいです。
私も負けないようにしなくちゃ!!

ありがとう(*^_^*)

2009年07月22日(水) 11時11分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ふぃるさん

心が強くなってきたのはとっても嬉しい!!
私も自分が負けず嫌いの性格でよかったと思います(笑)

いろんな人がいて・・・。
すべての人に理解してもらおうとは思わないし、
たとえ思っても無理だもんね。
自分がしっかりしていれば、他人がどう言おうが
大丈夫だと思います。
腹たつ時はあるけどね(苦笑)

高校も視野に入るようになってきたみたいで
よかったです。
選択肢の一つだと思ってきちんと考えられるといいなと
思っています。

ありがとう!!

2009年07月22日(水) 11時17分 | URL | 編集

海のいるか #-

★lavandreさん

私はただしっかり子供と向き合おう、一緒にあるいていこうと
思っているだけですよ。
でも、そう言ってもらえるのは嬉しい(*^_^*)

ありがとうございます!!

2009年07月22日(水) 11時22分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

そうなんです、世の中んはいろいろな人がいる。
少し前の長男には話せませんでした。
そんなこと言ったらすぐにくじけちゃいそうでしたから。
今回話が出来たのは話しても受け止められると感じたからです。

それでも行くといったのは嬉しかったな!!

そうなんです。高校の話も出来るように
なってきました。
まだ、具体的な行動や考えは出てきてないけど
視野に入れられるようになっただけでも嬉しいです!!

ありがとう(*^_^*)

2009年07月22日(水) 11時28分 | URL | 編集

海のいるか #-

★日下ヒカルさん

うん、日本は“みんな一緒”が大好きですよね。
“普通”からはずれることを嫌う。
おんなじ人間なんていないのにね。

私は人はどうあれ自分の人生をしっかり生きていきたし、
子供たちにもそういう風に生きてほしいと思います。

そのために、世間との折り合いをどうつけていくかが
大切だと思います。

体は大丈夫?

ありがとう(*^_^*)

2009年07月22日(水) 11時39分 | URL | 編集

海のいるか #-

★空飛ぶミケ猫さん

子供と向き合うのは自分と向き合うことでもあります。
目をそらしたいことや、考えるのを先延ばしにしたいことも
あるでしょう。
でもやっぱり、目の前の現実、子供の状態を
受け入れることからはじめないと進めないと思います。

だから、目をそらさずに。

ありがとうございます!!

2009年07月22日(水) 11時44分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

そうですね。
学校なんか面倒だからさぼっちゃえ!という気持ちで不登校に
なる子なんていないのではないかと思います。
それを ま、いっかと思う親も。

ほとんどの場合、親も子も苦しんでいます。
しっかり羽を休ませる。
頑張る限界を超えてしまった子供に必要なことです。
はたからは好きなことして怠けているように見えたとしてもね。
そうして、エネルギーを蓄えたら自分から歩き出す。
私もそう思います。

世間の目に親も子も負けてなんかいられません。

とはいえ・・・。
いろんな人がいます。
うまく受け流すしかないのだと思います。

お互い頑張りましょうね!!

ありがとう(*^_^*)

2009年07月22日(水) 11時51分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

お役にたてたでしょうか?
私でよければいつでも相談にのりますよ。
すぐにお返事が出来ないかもしれませんが・・・。
また何かあったらお話して下さいね。

2009年07月22日(水) 11時54分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ひめさん

その立場にならないとわからないことってありますよね。
みんなを理解するのもみんなに理解してもらうのも
無理ですよね。

目の前の現実を受け入れてはじめて進めるんですね。

長男が進みだしたのが嬉しいです!

ありがとうございます(*^_^*)

2009年07月22日(水) 12時00分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ぽちちょさん

進路に目が向き始めたんですよ。
まだまだ“目が向いてきた”という段階ですが・・・。
でも「通信制では自分はやらなくなってしまう」とか
少しずつ考えているみたいです。
視界が広くなってきたのが嬉しいです(^◇^)

いろんな意味で少しずつ前進しています。
私も頑張らなくちゃ!!

ありがとう(*^_^*)

2009年07月22日(水) 12時05分 | URL | 編集

海のいるか #-

★きばった姉ちゃんさん

いろんな人がいますからね。
どう関わっていくか・・自分で考えていくしかないですよね。

とにかく長男が“人との関わり”から逃げる気持ちが
なくなってきたのはなにより嬉しいです。

応援、ありがとう!!
とっても嬉しくて、力がでます!!

2009年07月22日(水) 12時09分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。