これからの道

今日は長男、けっきょくS君の家に行きました。

Sくんの家に着き、顔を合わせる二人。

オドオドした顔をしてぺこりと頭を下げる長男。

こんな長男は・・・初めてだ。

小さい時から人見しりがなく、誰とでもすぐに打ち解けていた彼。

Sくんも無言。

大丈夫か?と心配になる。

とりあえず長男を残し、バレーへ。

今日はこちらの中2はおとといから昨日一泊で登山があったため休み。

一人が子供をつれてきた。

長男の元同級生。T君。

久し振りに見ると大きくなったなー。

長男よりはちょっと小振りだが、中学のジャージ。

なんだか立派に見える。

お母さんたちに交じってやるTくん。

ごく普通の中学生であるが、なんとなくすべてが立派に見えてしまう。

T君のお母さんはまじめで融通があまりきかない人。

その上・・・何ごとにも口を出さずにいられない。

私が長男のことを話すことを一番躊躇したのは、実はこのTくんのお母さんの

反応を考えていたからでもある。

やはり・・・無理かもしれないと思ってしまう・・・。


バレーを終え、長男を迎えにSくんの家に行く。

長男は、Sくんがゲームをやっているのをただ見ていただけだったようだ。

二人とも何も話さなかったらしい。

お互い、嫌というわけではなかったようだが、何を話していいか

わからないまま時間が過ぎたようである。

Sくんのお母さんに

「私も今帰ってきたんだけど・・・Sがゲームをずっとやってて、○○くんは

見ていたみたい。一緒に遊べって言ってあったのに。

ごめんね。でも・・・元気いっぱいだった○○くんとはイメージが変わっちゃったね」

と言われ、なんだかとても切なくなる。


帰りの車の中。

「全然 しゃべらなかったの?」

「うん。一言も」

「そっかー。つまらなかった?」

「つまらなかったよ」

「バレーいけばよかったかな?」

「まー、同じだよ、そんなもんだよ」

長男は何を思っただろう。

でも 行かなきゃよかったとは一言も言わなかった。


長男がこれから外へ向かって歩いていく過程で

ごく一般的に生活してきた子たちとの間にギャップを感じたり

取り残されたような感覚だったり、

そういう 様々な思いを感じることがあるだろう。

不登校を受け入れた時から私が覚悟してきたことだ。

そして そういう彼をしっかり支えていくということも。

乗り越えてほしい。

また以前のように自分から笑顔で話しかける勇気を取り戻してほしい。

それが出来るようになった時、彼はもっともっと強くなっていることだろう。

自分から動きだそうとしたこと、

行かなきゃよかったと言わなかったこと。

それだけで すごい大きな一歩だと思っている。

ゆっくり歩いていこうね。大丈夫だよ。

自分の弱さを知った時、人は強くなれるのだから。

いつだって君のそばにいて

いつだって応援している。


見守ってください


関連記事
スポンサーサイト

コメント

空飛ぶミケ猫 #-

いるかさん!

更新はしたものの、昨日は一切訪問できずに、今日3つの記事を全部読みました。

“自分から動きだそうとしたこと”
“行かなきゃよかったと言わなかったこと”

私もその2つのことを知って、大きく変わったなって思いました。
いるかさんはさぞ感慨深いものがあるでしょう。

何も話さず、つまらなかったよといい、でも「こんなことなら来なきゃ良かった」と言わなかった。

話が弾んだら……
一緒にゲームをしていたら……
当然違っていたでしょうね。
でも、人生この先、自分の都合のいいように物事は巡ってこない。

だから、自然体で臨み、
つまんない結果になった。 ……このことは意義深いと思います。

それでも、来なきゃ良かったとは言わない……

すごいぞ、長男くん!

良かったね、いるかさん!

いるかさんが心の中で「連れて行ってみようか」と思った時に
長男さんから「行ってみようか」と言ってきた。

私は、そういう不思議な何かを信じます。
すごいですね。

2009年07月10日(金) 23時18分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

むずかしいお年頃。
会うのも久しぶりとなると、どうやってふるまったらいいか分からなかったんでしょうね。
何だか解る気がします。

親は手助けや見守ることはできるけど、乗り越えるのは子ども自身だもんね。
今日、思い切って1歩を踏み出した。
長男君自身、思い描いたような結果ではなかったかもしれないけど、絶対何かを学んだはず。
そして、その1歩をキチンと評価してくれるお母さんがいるから、次の1歩を踏み出す勇気も出てくると思います。

2009年07月10日(金) 23時24分 | URL | 編集

はるか #-

一歩ずつあるいていけばいいと思います。
昨日出来なかったことが今日はできた
それはすごいことですよ

2009年07月10日(金) 23時50分 | URL | 編集

lavandre #sSHoJftA

こんばんは。

大人になった男らしくなった長男さんを感じましたが!
子供ながらのコミュニケーション 難しいですね。

2009年07月11日(土) 01時07分 | URL | 編集

ドントコイ #-

いやいや。、いいじゃないですか。

たいたいも。久しぶりにお友達に会うと、ただ隣に座って、テレビを見るとか、ゲームを見てるだけですよ?それでも「楽しかった」って言うから、お兄ちゃん、「つまらなかった」とは言ってるけど、じつは、なかなか居心地が良かったんじゃないですか?
年に1回しか会う機会がないと、お互い黙って側にいるだけ状態だけど、年に3回とか、年に2回でも、定期的に毎年会ってると、おしゃべりしたり、走って遊んだり、しますよ?お兄ちゃんは大きいから走って遊んだりがしないだろうけど、一緒にゲームで盛り上がったり、相談しあうように、なりますよ、きっと。
良かったですね。

青虫、連れて帰ってきちゃいました。なんでか分からないけど、「うちで飼う」と言ってます。1日しか経ってないのに、太さが5倍くらい、長さが3倍。すごいですねー。

2009年07月11日(土) 03時46分 | URL | 編集

日下ヒカル #-

話さなかった時間でも

その場にいるだけでも、なんとなく安心するじゃないけど
そんな感じでしょうか?
中学生の年になると色々常識が押し寄せてそれを全部引き受けちゃっていっぱいいっぱいになって、こんがらがるから
きっと、そんなもんなんでしょうね。
一緒に過ごしたゲーム画面を見るだけの時間でも
次あうきっかけも出来るし(^-^)
男の子の友情は女の私はちょぉっとわかりにくいけど(^^;
そんなものなのかしら?と感じました。

2009年07月11日(土) 10時09分 | URL | 編集

☆かぐや姫☆ #-

そうでしたか・・・
ま、最初はそんなもんですよ
久しぶりに会ったら何も喋れないなんてよくありますよ。
気まずかったかも知れませんが
次からは遊べるといいですね!

2009年07月11日(土) 12時48分 | URL | 編集

ふぃる #-

すごいっ!
親子で以心伝心?
いるかさんが思ったら、長男クンが口に出して
「バレー行こうかな」って^^
いるかんさんが長男クンの心の成長を
うまくキャッチ出来てるんだね^^

久しぶりに会った友達だもん
何をどう話せば良いのか迷うのが
大人に近づいてる証拠。
ちびっ子なら何も考えずに行動出来るもん。
でも、同じ空間に居てるだけで
それはそれで良かったんじゃないかな?
長男クン目に見えて、ぐんぐん変わって来てて
嬉しいね^^

2009年07月11日(土) 15時28分 | URL | 編集

海のいるか #-

★空飛ぶミケ猫さん

うまくいくことも
うまくいかないこともすべていい経験だと思っています。
長男があからかに気遅れしていて、オドオドしている姿は見ていてとても切なくなりましたが、行かなきゃよかった、お母さんとバレーに行けばよかったと言わなかったことで
強くなったなと思いました。
いろいろなことを乗り越えていけるような気がしました。

ありがとうございます(*^_^*)

2009年07月12日(日) 13時29分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

見るからに気遅れしている長男。
今まで見たことのない姿だったのでせつなくなりました。
でもそう、乗り越えるのは本人しか出来ないんです。
頑張ってほしいな。

ありがとう(*^_^*)

2009年07月12日(日) 13時31分 | URL | 編集

海のいるか #-

★はるかさん

そうですね。最近はたとえ半歩でも進んでいるのが
見えるので嬉しく思っています。

ありがとうございます!!

2009年07月12日(日) 13時33分 | URL | 編集

海のいるか #-

★lavandreさん

大人なら気を使って話すんでしょうが
こういうことも長男にとってはいい経験になっていくと
思います。

ありがとうございます!!

2009年07月12日(日) 13時35分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

微妙にちがうんです。
長男はあきらかに気遅れしていて、まるで悪いことをしたように
オドオドしていて。
ゲームも並んで見ていたのではなく、
テレビゲームをやってるSくんのはるか後ろの壁に寄り掛かって・・・。
同年代にたいしての恐怖心、完全には消えていないのを感じました。

でも、そこにいたこと、Sくんの背中を見て感じた何かは
きっと長男をもっと成長させてくれる、そんなふうに
思いました。

ありがとう!!

2009年07月12日(日) 13時41分 | URL | 編集

海のいるか #-

★日下ヒカルさん

ん~微妙ですね。
長男の心の中にまだ残ってる恐怖心、
今まで感じられなかった他者を気にする目、
そして久し振りに会った友達にたいしてどう接していいか
わからない・・・・いろんなものがあると思います。
心の中のこと、決着をつけるのは本人しか出来ない。
そういうものを避けていたあの子がだんだんに自分から
向かって行けるようになってきたんだと思います。

ありがとうございます!!

2009年07月12日(日) 13時46分 | URL | 編集

海のいるか #-

★かぐや姫さん

気まずかった・・・だけではないんです。
あきらかに気遅れし、オドオドして・・・。
久し振りに会ったから話せないのではないのを感じたから
せつなかったのです。

でも本人が乗り越えていくしかないから・・・。
私は見守りながら、私にできることをするだけですね。

ありがとうございます

2009年07月12日(日) 13時51分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ふぃるさん

長男の心の中にいろんな思いがあるのを感じました。
なんだか痛々しく見えて切なかったけど、
相手の想いを考えることが出来なかった子供のころより
大人になってきたんだなーとも感じました。

ありがとうございます!!(*^_^*)

2009年07月12日(日) 13時54分 | URL | 編集

のん #64owOXpE

少しずつでも確実に一歩一歩前に進んでることを
ちゃんと感じてちゃんと認めてあげて
そうすれば子供はより安心するだろうし自信も出来ますよね^^
見守ることって難しい時もあるけど、形はどうあれ確実に前進してますもんね。
よかったですね^^

2009年07月13日(月) 10時42分 | URL | 編集

海のいるか #-

★のんさん

お返事遅くなりました<m(__)m>
そうですよね、進んでいることに気づくこと、認めてあげることは大事だよね。
進んでいく過程にはいろいろあっても。

ありがとう(*^_^*)

2009年07月17日(金) 08時55分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。