3年間

昨日、長男がモンゴル旅行のしおりを持って帰ってきた。

いよいよだなーと思う。

それを見ながら、ここまで来たんだなと胸が熱くなる。

この3年くらいの様々なことを思い出し、涙がでてきた。



長男に問題行動が出始めたのは5年生の後半くらいからだったと思う。

友達からの暴力を受けてることに全く気づいていなかった私は

だんだんに非行化する彼に頭を抱えていた。

最初はカードを取ったとられたなどのもめ事が頻繁におきるようになってきた。

そして、数人との万引き。

警察に連れていかれたこともある。

家ではお金を欲しがり、暴れ

私の財布から数千円消えてるということがおこるようになる。

隣町のゲーセンで遊びまわっている事を知り、それも友達の親が

車でそれを送り迎えしていることも知った。

何度もその子たちの母親と話し合うが改善されず、何度言っても無駄だった。

当時、昼も夜も土日も働いていた私。

ずっと監視することも出来ず、仕事が終わると長男を探しまわる日々。

目を離すと、私のもらったばかりの給料が消えてる。

通帳が消えてる。

どんなに怒っても、知らないと言い張り、

私は何処へ行くにも全財産を持ち歩いた。

家の中でも。


学校は軍隊のようだった。

4年生から6年生(転校するまで)同じ先生で

とても厳しい先生だった。

女の、それも30歳で背が低い先生だったにも関わらず

クラス中の男の子は異常におびえていた。 もちろん長男も。

授業の時は発言の仕方から、その発言者を全員で一斉に見つめる姿(顔をしっかりと

向けて)まで、全員がまったく同じだった。

あいさつは大きな声でしっかりと。

何かの時はみんなとても積極的。

最初は熱心ないい先生だと思った。

でも、そこにかなりの抑圧があることに段々と気づいていった。

とくに男の子には容赦なかったようで、先生に何か言われると

泣きだしてしまう子も多かった。6年生の・・・男の子が、である。

影で文句を言いながらでもうまく立ち回れる子はいいが

長男はそんなに器用ではない。

彼なりにかなり頑張ってはいたが、それでも目をつけられることは多かった。

たぶん・・・一緒に遊びまわり、長男に暴力をふるっていた子たちも。


一度、教頭先生に相談したことがある。

教頭先生は

「私も、あのクラスは絶対おかしい、異常だって思っていました。

なぜ、親御さんたちから抗議が殺到しないのか不思議だと思っていたんです・・・。

校長にも何度か、あのクラス(先生)はなにか問題があるんじゃないかと進言したことは

あるんです。でも、校長さんは あのクラスの生徒はみんなとってもいい子で

まとまりがある。熱心ないい先生じゃないですか。なんの問題もないっていい張るんです。

みんながみんないい子過ぎるのが異常だと私は思っているのですが、

校長がそういう限り、私は何も出来ないんですよ・・・。

職員のあの先生に対する評価も真っ二つなんです」ということだった。


一度、校長、教頭、担任と数人の親で話しをしたこともあった。

一応話はわかってくれたようであった。


が、その直後長男ともう一人の子が学校を抜け出した。

歴史でキリシタンの人たちが迫害を受けていたという内容の授業のとき

どういう流れでかはわからないが、みんなの前で一年も前の

万引き事件のことを言いだし、「おまえらもあんなことしたんだから

八つ裂きにされる」というようなことを言われ、怖くなって逃げ出したのだ。


そんな状態であったから、何か問題があったとき、

学校に相談するということは出来なくなっていた。

子供がどんな目に合うかわからない。


もちろん、お母さん友達にも言えはしない。

旦那はあまりにも怒り方がひどすぎて問題がこじれるだけ。

だから旦那にも話せなくなっていた。

私はただひとり、奮闘していた。


後は続きから・・・。

                             
6年生の夏休みは本当に振り回されっぱなしだった。

私にも限界に近い状態。

そして2学期が始まった直後ろっ骨の軟骨を骨折したことで

1年以上にわたる友達からの暴力があったことを知る。

度重なる問題行動も万引きも暴力による強制があったためだった。

もう私の精神状態もボロボロだった。

そんなことがあり、先生も信用できないとなると

「(暴力を)ちくったら、包丁で指を一本ずつ切り落としてやる」と脅されていた長男を

学校へ行かせることは出来なかった。

修学旅行の直前ではあったが、本人も私も行かなくてもいいと思った。

学校からの熱心な誘いで結局は修学旅行も行き、

学校へも休みがちではあったが行った。(何日か休んだのちに)

だんだんとほとぼりが冷めてくるとまたその友達たちとツルむ兆候があらわれた。

そして、転校を決意した。


心機一転。

のはずだった。でも一か月後、風邪で休んだのをきっかけに完全な不登校になってしまった。

中学から・・・・のはずが入学式の次の日には「行けない」と言いだした。


そこから私の中で新たな戦いが始まり、様々な葛藤、迷い苦しみの中から

長男と一緒に少しずつ進んできたのである。

一時は人が怖くなってしまった長男。


それが一人でモンゴルへ向かおうとしている。

大人、子供合わせて20人くらいで行くのだが向こうではたった一人、

モンゴルの家族の中で過ごす。

その経験は彼を成長させてくれるだろう。

でも、今の段階でかなりの成長を感じている。



応援してね!!




関連記事
スポンサーサイト

コメント

☆かぐや姫☆ #-

そんな事があったんですか・・・
私も、次男がひどいイジメで暴力を振るわれてたのでそういう話を聞くと胸が痛みます。
あと、先生の話もひどいですね。
保護者・他の先生からも評判良くないのに校長など上の立場の人達は良い先生だからと事実確認もしないで全く話聞いてくれないパターンよくありますよね。
先生にも頼れないなんて不安がすごいですね
私たち親もそうですが、そういう環境に置かれた子供も辛いですよね
うちの次男もかなりの対人恐怖症になってます。
一時期は家族の事も怖がるようになってました
私もまだまだ頑張らないと!

モンゴル楽しみですね!

2009年07月07日(火) 11時21分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

なんか・・・おチビの2年生の時の先生を思い出した。
おチビ自身も一番手がつけられなかった時期。
あの頃は私も学校に行かせるのが恐かった。
先生に何をされるのか、言われるのか解らなかったから。
中学になってから、学校からは電話がかかってくることはなくなったけど、今日、懇談会なので何か発覚するかも・・・

とんでもない先生、はけ口を長男君に向けた同級生、そしてそれを増長するようなその保護者。
八方ふさがりで辛かったことでしょう。
きっと、休養期間が必要だったんだよね。
今の施設に通うようになって、今までと違うものが見えてきたんじゃないでしょうか?
モンゴル楽しみだね。
長男君の目に映るものが、これからの道を探す助けになったり
力強くしてくれるものである事を祈ります。



2009年07月07日(火) 11時56分 | URL | 編集

はるか #3cXgguLU

いろんなことがあって
心が深く傷つくことがあっても
こうして前向きに新しいことにチャレンジしたり
目を輝かせられる日が来るんですね

モンゴルはきっと予想を超えたいろいろを
長男君に与えてくれるのでしょうね
楽しみですね

2009年07月07日(火) 12時38分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009年07月07日(火) 18時07分 | | 編集

日下ヒカル #-

うわっ!先生ひどい!

八つ裂きにされるとか言われたら怖いですよね。
子供にとって大人が言うことはとても重たいのに。
だからこそ、いうときは言わないといけないんだけど・・・

辛い時期があって、それを乗り越えて
一人でも大丈夫と思えるようになったのが何より嬉しいですね
子供のうちに乗り越えられたらきっと大丈夫!
それも、お母さんがついているならなおさらです!

モンゴルでの、それも遊牧民戸の生活でしたよね?
んー・・・あるのかな?
羊を殺して食べさせたりするのって・・・
たしか・・・向こうの人は日常生活のはずですが
・・・さすがにしないかな?

2009年07月07日(火) 19時12分 | URL | 編集

ふぃる #-

子どもにとって、義務教育時代の担任の
先生って大事ですよね。
その時に、いかに大人を信頼できるかを学ぶと思います。
本当に、かわいそうなくらいきつい担任だったんですね。
校長も、1クラス皆が良い子って本当に思ってたんだろうか?
それって、教師による言葉の暴力に怯えてるからじゃないの?

3年間は長男クンにとって貴重な成長の証ですね^^
モンゴルで、どんだけ、逞しく心も成長して帰ってくるか
わくわくしますね^^

2009年07月07日(火) 20時26分 | URL | 編集

玉響(たまゆら) #1qKeo97E

はじめまして

玉響(たまゆら)と申します。
何度かお邪魔させて頂いてましたが、初めて投稿させて頂きます。

うちの次男がこちらの長男君とたぶん同じ中2で、やはり学校行ってません。
ついでに三歳上の長男も、高校留年したあげく、今年も不登校しています。
我が家は不登校率100%です!

長男君のモンゴル行きのお話、とても羨ましく読ませて頂きました。
そこに至るまでのご苦労も忍ばれます。

私など、まだまだ修業が足りませんね。
またお話させてください。
どうぞよろしくお願いします。

2009年07月07日(火) 21時11分 | URL | 編集

空飛ぶミケ猫 #-

海のいるかさん!

いよいよモンゴル行きですね。
“しおり”……それを見つめていて思わず涙を浮かべるいるかさんが目に浮かぶようです。

モンゴルで大きく成長するでしょう。
でも、ここに至るまでにすでに大きく成長しているんですね。

日々のブログを拝読して、その成長ぶりがよくわかります。

あらためて3年間の軌跡を読みました。
長男さんの頑張りもさることながら、
いるかさんのご努力に感動しています。

2009年07月07日(火) 21時15分 | URL | 編集

ドントコイ #-

一人で、よく、ここまで頑張れましたね。
辛かったでしょう。
お兄ちゃんとの関係修正も、ご主人がうまくお兄ちゃんとお話出来るようになったのも、いるかさん、ずいぶん頑張ってきましたもんね。

お兄ちゃんも、よく頑張りました。
自分でも、自分の心をコントロール出来なくて、辛かったでしょう。

お二人とも、色々、解決して、乗り越えて、ホント、とても頑張りましたね。

2009年07月08日(水) 01時21分 | URL | 編集

海のいるか #-

★かぐや姫さん

当時の長男のことを思うと
本当に居場所がなかったように思います。
私も暴力が発覚するまではしかり飛ばしていましたし。
例え暴力を振るわれたとしても長男にとって
その子たちは友達で・・・。
いつかはおさまると思っていたようです。
子供にとって安心できる場所になりたい、心からそう思いましたね。
私もまだ途中段階。
お互いに頑張りましょうね!

ありがとうございます!!

2009年07月08日(水) 09時06分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

前に読んだけどyuyuhayaさんの三男くんの先生も
ひどかったよね。
子供にとっては学校って一日の大半を過ごしている場所だから
先生はかなり影響あるよね。

そうですね、当時は誰も頼りに出来ず、
ひとりで空回りしたり、どうしたらいいか途方にくれて
つらかった。次男、三男もいるしね。
当時私は車もなかったので動くのも思うようにいかない部分もあって、
まさに八方塞がりと言う感じでした。
ホント、今あの頃の私を抱きしめてあげたいくらい(笑)

モンゴル、たった一週間だから
目に見えての変化は感じられるかわからないけど
心の中で何かが育ってくれるといいなと思っています。

ありがとう(*^_^*)

2009年07月08日(水) 09時18分 | URL | 編集

海のいるか #-

★はるかさん

人間て本来、前向きに輝ける力を持っていると
思うんです。
何かで傷つき、疲れ、進めない時もあるけれど
充分に休養できたらきっと立ち上がれる。
だから本人が充電できるまで、焦らず、焦らせず
信じてまってみようと思っていました。
いざ、動きだした時のために密かに準備をしながらね。

まだ途中段階です。
でも、ほんの少しずつでも輝きを取り戻し、
笑顔が増え、進んで行けたらいいと思っています。

お互い頑張りましょう!!

ありがとうございます!!

2009年07月08日(水) 09時26分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

一番苦しかったとき、
小学校の音楽会で、ママさんコーラスの人たちが
中島みゆきの時代を歌っていて・・・
思わず泣きそうになっちゃった。
笑える日・・・本当に来るんだろうか?
きっと来るよねって思いながら・・・。

子供が複数いるとその子のことだけ考えているわけにも
いかないし、本当につらいですよね。
孤独感もたっぷりあるし。

辛い時は休みながら、時には自分の楽しみの時間も
とりながらでいいと思います。

大丈夫。
そんな時代もあったねといつか笑える日は来るわ!!

無理しすぎないでね。

ありがとうございます!

2009年07月08日(水) 09時36分 | URL | 編集

海のいるか #-

★日下ヒカルさん

そうなんです。先生の存在感、ものすごかったみたいです。
先生はなめられちゃいけないって思いもあったみたいだけど
行きすぎ・・・。

モンゴルの人たちは客人には家畜の肉を食べさせてあげるのが
最高のもてなしなんだそうです。
だから・・・あるかも。


ありがとうございます!!

2009年07月08日(水) 09時46分 | URL | 編集

ももりんご #PfhRUVH.

そんなことがあったんですか...
いるかさんも長男さんもほんとにつらかったですね。
今、本当にいろんな先生がいて、いい先生もいるけど、子どもとは合わない先生(すご~くやわらかい言い方をしてますが)もいますよね。
合わない先生に当たったときって、1年間我慢するしかない現実...

私は、子どもにいろいろあったとき、つらかったら行かなくていいよって心から言ってあげられるようになるまで、時間かかりました。
でも学校だけがすべてじゃないって今は思えます。
純粋な子ほど傷つくことが多いような気がします。
社会がそれだけ汚れてきてしまっているのかも...
私に何ができるのか...どうやって子どもを守っていったらいいのか...
今はとにかく、子どもたちのサインを見逃さないように...見守っている私です。

2009年07月08日(水) 10時00分 | URL | 編集

ME-Q #-

うちは女の子なので、ピンと来ないんですが、女の子と男の子では、いじめの内容なんかも全然違いますよね…。
長男君、ほんとに頑張ったなぁ、と思います。
でも、今は母さんにも受け止めてもらっているし、
それだけでもとても幸せですね^^
しおりですかぁ♪ワクワクしちゃう!!
ぽち☆

2009年07月08日(水) 11時09分 | URL | 編集

のん #64owOXpE

子供の生活で主となるものはやっぱり学校で。
その学校の中で問題があると、いくら家庭がうまくいってても
歪んでくることもあって。
ホントに先生によって大きく左右されますよね。
教職に立つ人はどれだけの重みを感じて
毎日教壇に立つんでしょうか。
もっと真摯に受け止めて欲しいですよね。

長男君は頑張ったんですね。
頑張ってもどうしようもならなくなって疲れちゃったんでしょうね。
その頃に比べたら今は一回りも二周りも成長してくれてると思います。
モンゴル行きでまた大きくなってきてくれますね^^

普通では経験しないことを沢山経験してきた長男君。
人の心の痛みがわかる大人になってくれると信じてます^^

人生無駄なことなんてないですもんね♪
前向きに明るく進んでいきましょうね~(*´∀`*)

2009年07月08日(水) 14時24分 | URL | 編集

ひめ #-

いよいよ

モンゴルが近づいてきましたね。
長男クンの様子はどうですか??
自分の意志で向かうモンゴル!
必ずなにかつかんできます。
辛い日々を乗り越えた、長男君、海のイルカさんにとって
ご褒美のモンゴルになるといいですね。

子どもにとって(特に小学生)、担任の先生の影響は大です。
数年前の学芸会でのあるクラス。。
全員が同じ動きでマスゲームのような舞台。
表現が悪いですが北朝鮮のような。。。
学校公開でもそのクラスは声もせず、まっすぐに前を向いている
子供たち。。
表情もみな同じ。。。
とても厳しい先生。いきさつはわからないけど1年間で異動に。。
クラスの親ござんはほっとしていたようです。

梅雨あけは何時かしらね
今日もがんばりましょう

2009年07月08日(水) 15時10分 | URL | 編集

ももよ #LdJbeSE.

海のいるかさん、つらかったですね。
でも、子どもって変わるものですよね。
長男さん、この旅行で得るものってきっと
たくさんありそうな気がします。

2009年07月08日(水) 15時35分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ふぃるさん

本当に先生の存在は大きいですよね。
特に小学校は担任がすべてですから・・・。
かなりきつかったですね。
先生なりに熱心だったのだとは思いますが・・・。

長男、まだまだの部分もいっぱいあります。
今でもうまくいかないこともやっぱりあります。

それでも・・・大きく成長していると思います。

ありがとうございます(*^_^*)

2009年07月08日(水) 21時33分 | URL | 編集

海のいるか #-

★玉響さん

コメント、ありがとうございます!!
お返事おそくなってごめんなさい。

うちは長男は完全に不登校。
次男も休みがちです。
最近は登校出来る日が多くなりましたが。

長男のモンゴル旅行は7泊8日。
劇的な変化は見られないと思います。
それでも、何かを掴んでくれれば・・・と思っています。

学校へ行けなくても、生きる力をしっかりと
輝いて生きて欲しい。

そう思っています。

いっぱいお話できると嬉しいです。
よろしくです(*^_^*)

2009年07月08日(水) 21時40分 | URL | 編集

海のいるか #-

★空飛ぶミケ猫さん

まだまだの部分もあります。
一進一退を繰り返したり、私自身落ち込んだり。
それでもトータルで確実に成長しているのを感じます。

そう、いよいよモンゴルです!
何かを掴んできてくれるって信じています。
そこへ行く勇気だけでもすごいです(^◇^)

ありがとうございます(*^_^*)

2009年07月08日(水) 21時45分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

自分でも私、よく壊れなかったなって思う時あります(笑)
長男の心の叫びが私には聞こえたから、
どんなことをしてでもこの子が楽しく生きていけるように
なること、それだけを考えていました。

あの頃、どんなに話しても叫んでも届かなかった私の想い。
やっと長男のもとへ届くようになってきました。

ありがとうございます!!

2009年07月08日(水) 21時50分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ももりんごさん

そうなんですよね。
どんな先生でもそれなりにうまく立ち回れる子ならいいのでしょうが、
長男みたいにそういうとこ不器用なタイプは
相性悪いとキツイですね・・・。

不登校を完全に受け入れられるまでに半年近くかかりましたね。
行かなくてもいいよと言ってもそれが長引けば不安になったり
将来が心配になったり・・・。
すべて全部一緒に背負うと腹をくくれるまでの時間が
長くて・・・きつかった。

今はとにかくイキイキと生きていけること。
笑顔がいっぱいの人生を歩いていけること。
長男がそれを手にいれることができるように
私に出来ることを精一杯と思っています。

ありがとうございます(*^_^*)

2009年07月08日(水) 22時59分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ME-Qさん

一番つらかったのは
暴力を受けていることに気づかず、長男を叱り飛ばしていたと
わかった時。
あの子の気持ちを思うとやりきれなかった。

たぶん、自分の子がいじめを受ける、
不登校になるなんて思っている人はいないでしょう。
そうなってはじめて誰にでも起こり得ることなんだと気づく。

親はいっぱい子供を愛し、それをしっかり伝えることが大事なんですね。愛しているだけじゃ駄目なんです。
伝わらないと意味がない。

いろんなことがわかりました。

長男もいつかこの経験もプラスだったと思えるような
これからであった欲しいと思っています。

ありがとう(*^_^*)

2009年07月08日(水) 23時08分 | URL | 編集

海のいるか #-

★のんさん

本当に。
子供は世界が狭いから学校(先生)というのは大きいです。
長い時間を過ごす親以外の大人。
先生にとっては“仕事”でも子供にとってはそれ以上。

そうなんです、長男。
頑張って頑張って・・・プチンと糸が切れたのだと思います。
休養が必要だったんですよね。

少しずつ外に向かって動きだしてきた心。
焦らなくていいから大切に育ててほしいって思っています。

ありがとうございます!!(*^_^*)

2009年07月08日(水) 23時15分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ひめさん

うわ!その先生。そっくり!!
本当にね、みんな同じでした。授業中の態度。
最初はその異常さに気づかず、他のお母さんと
「すごいねー」と感心していたのですが
ドンドンその程度が増してきて・・・。
うっかり宿題をやり損ねた日なんて
「殺される!」とマジでおびえていました。
なめられるのも困るけど個性を認めないのは
問題だと思います。

長男。何かを感じ、つかんで帰って来てほしい。
たくましくなっていく姿が楽しみです。

ありがとうございます!!

2009年07月08日(水) 23時23分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ももよさん

長男の心の中を思った時が一番つらかった。
彼にとってどんなひどいことをされても
その子たちのところしか居場所がなかったという
精神状態。

自己否定感、愛情不足。
私がとても愛していたにもかかわらず
その愛情が伝わっていなかったという現実。

もうなにから手をつけていいのかわかりませんでした。

すべて受け入れ、一から育てなおしを決意し
やってきました。
やっと少しずついろんなことが伝わっている手ごたえが
感じられるようになってきました。

まぁ、まだまだの面もありますが。

モンゴルでほんの少しでもいい。
何かをつかみとってくれることを
願っています。

ありがとう(*^_^*)

2009年07月08日(水) 23時36分 | URL | 編集

lavandre #sSHoJftA

海のいるかさん こんばんは。

そんな怖い出来事があったのですね。
「八つ裂きにする」とか「指を切り落とす」とか
怖くて鳥肌が立ちます。
可哀想な長男君!毎日がどんな気持ちだったのでしょう。
お母さんのいるかさんも大変でしたね。
学校がそんな感じではどうにもならないですが。
いるかさんも長男さんも頑張ってこられて
頭が下がる思いです。
モンゴルから帰ったら又 一段と大人になっている長男さんに
期待したいです。

2009年07月09日(木) 00時19分 | URL | 編集

げんこつやま #-

お友達には暴力を振るわれ、学校でも先生の前で緊張しながら過ごしていた息子さん、本当に苦しかったでしょうね。
そして、何が原因だかわからず、荒れる息子さんを前に途方に暮れていたいるかさんも。

でも息子さんすごい。それからたった3年で一人で海外に行こうと決心するほど強くなったんだから。
息子さんに寄り添ってきたいるかさんにも感動しました。
モンゴル本当に楽しみですね。
いるかさんも、久しぶりでしょ?息子さんと長い時間離れるの。
楽しんでください(^^)

2009年07月09日(木) 15時58分 | URL | 編集

海のいるか #-

★lavandreさん

「八つ裂きにする」は先生に、
「指を切り落として・・・」は友達に言われたセリフです。
私が聞いても怖いです。
思いだすと今でも涙がこぼれます。

たぶん、長男の心の中、ごちゃごちゃだったのではないかと
思います。

モンゴルへはたった一週間ですが
大きな一週間になると思っています。

ありがとうございます!!

2009年07月10日(金) 20時55分 | URL | 編集

海のいるか #-

★げんこつやまさん

本当にあのころを思い出すと
よく頑張ってきたなと思います。
いまでも思いだすと涙がでます。

長男もよくここまで歩いてきたなと。

一緒に歩いてる、そう実感することが
たくさんありました。
これからも一緒に歩いて行きます。
私なしでも歩いていけるように。

ありがとうございます!!

2009年07月10日(金) 21時01分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。