ダンナ

カウンセリングに行ったり先生と話をすると
お父さんはどうおっしゃってますか
と聞かれる時がある。

私は答えに詰まる。
別に何も言ってません
それが答えだからだ…

子供の事を話しても
どうも私みたいな真剣さはない。

なのに子供の話もろくに聞かず、怒鳴る、時につかみ掛かる。
それは長男に対してである。

例えば兄弟喧嘩、
兄弟三人でふざけて遊んでいてうるさい、などの理由で。

長男に弟、つまり自分より小さい相手に手を出すのはいけないと長男を叩くのである

それを教えるなら
あなたも手を出さないでと言うけど自分が同じ事をしているとわかっている様子はない。
あなたのしている事は言う事を聞かなければ力で押さえつけろと教えているんだよ。

長男は勿論反抗し、お互いにムキになり家で一番酷い喧嘩が始まる。

ダンナへの不満は他にもあるが私が一番我慢できないのがこれである。

私が長男の精神状態を話し、今は彼が大切であるという事を伝えなければ
と話しているのに、だ。

思春期の男の子には父親の存在が大切だというけれど
普段の様子をみていると(ここに書いた事以外の色々な事)
彼に父親の自覚はあるのだろうか…と思ってしまう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008年10月12日(日) 19時00分 | | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。