参観授業


夢の中の長男と次男。

仲がいいんだか悪いんだか(笑)




昨日は小学校の参観日でした。

まずは三男のいる3年生の教室へ。

将来の夢という絵を書き、発表。(絵はすでに書いてある)

三男の番。

「僕の夢はメジャーリーガーになることです。

友達にさそわれて少年野球にはいり、野球の楽しさを知りました。

いっぱい練習してメジャーリーグで活躍したいです」


頑張れ!!三男。

キャッチボールの相手は任せてねピース

授業が半分過ぎたところで

次男のいる6年生の教室へ。

確か道徳の授業だったな、何をやるのかしら?

教室に入ると・・・

  2009_060520080013_convert_20090607120515.jpg


←これは、何歳の人が書いた字でしょう?


と先生が問いかけていた。




子供たちの答えは “字を覚えたての幼い子”か

"年とって力の無くなってきたお年寄り”のどちらかというのが多かった。

ちなみに次男は80代くらいと答えていた。


これは・・・星野富弘さんという方が27歳の時、サインペンを口にくわえ、書いた文字です。

星野さんは大学時代は体操選手でした。

卒業し、中学の体育教師になりましたが、体操クラブの指導中、

宙返りを失敗し、頸髄損傷の重傷を負い、肩から下が麻痺してしまいました。

9年間に及ぶ入院生活の間にわずかに動く口を使い、

筆で水彩画、ペン画を描きはじめ、後に詩を添えるようになりました。


「ベットで寝ながら、必死で絵を描きました。つらくて途中でやめちゃったり、

絵の具に涙が混ざってしまうこともあったんだって。

そんな思いをしてまで、なんで書き続けたんだと思いますか?」


先生の問いかけに

「自分が出来ることをやろうとした」

「口しか動かなくて、そんな自分に出来ることを探して絵にたどりついたんだと思う」

「生きる証が欲しかったのではないか」

など、積極的に答える子供たち。


生きてるって心臓が動いているってだけじゃないよね。

子供たちの心にどのように届いたかはわからないが、“生きる”ということを

考える機会になるといいなと思いました。

私も感動したいい授業でしたよ。


 


追記に星野富弘さんの詩をのせました。

                                  ポチっとお願い!!
                               

私は自分の足で歩いている頃、車椅子のひとを見て気の毒に思った。みてはいけないものをみてしまったような気持ちになったこともあった。
 私はなんと、ひとりよがりな高慢な気持ちを持っていたのだろう。
 車椅子に乗れたことが、外に出られたことが、こんなにもうれしいというのに、初めて自転車に乗れた時のような、スキーをはいて初めて曲がれたときのような、初めて泳げた時のような、女の子から初めて手紙をもらった時のような・・・・・・。
 でも今、廊下を歩きながら私を横目でみていった人は、私の心がゴムまりのようにはずんでいるのをたぶん知らないだろう。
 健康な時の私のように、哀れみの目で、車椅子の私をみて通ったのではないだろうか。
 幸せってなんだろう。
 喜びってなんだろう。
 ほんの少しだけどわかったような気がした。
 それはどんな境遇の中にも、どんな悲惨な状態の中にもあるということが。
 そしてそれは、一般に不幸といわれているような事態の中でも決して小さくなったりはしないということが。
 病気やけがは、本来、幸、不幸の性格は持っていないのではないだろうか。
 病気やけがに、不幸という性格をもたせてしまうのは、人の先入観や生きる姿勢のあり方ではないだろうか。


 車椅子を押してもらって
 さくらの木の下まで行く
 友人が枝を曲げると
 私は満開の花の中に埋まってしまった
 湧き上がってくる感動をおさえることができず
 私は
 口のまわりに咲いていたさくらの花を
 むしゃむしゃと食べてしまった


 動ける人が
 動かないでいるのには
 忍耐が必要だ
 私のように動けない者が
 動けないでいるのに
 忍耐など必要だろうか
 そう気づいた時
 私の体をギリギリに縛りつけていた
 「忍耐」という棘のはえた縄が
 ”フッ”と解けたような気がした


 神様がたった一度だけ
 この腕を動かして下さるとしたら
 母の肩をたたかせてもらおう
 風に揺れる
 ペンペン草の実をみていたら
 そんな日が
 本当に来るような気がした


星野 富弘 : 著 : 「愛、深き淵より」 : 立風書房


おねがーい!!クリックしてね
関連記事
スポンサーサイト

コメント

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009年06月07日(日) 22時47分 | | 編集

にゃお美(どんぐり) #zD6oamb2

道徳の授業って、一番難しい・・・のよね。
どんな反応が返ってくるのか、予想が付かない。
大人が頭で考えている答えが、返ってくるとは限らないから。
それを授業参観で取り上げる・・
親にも考えて欲しい。子どもと一緒に考えて欲しくて、頑張ったのかなぁと思います。
思い切った先生に拍手!!
子どもたちに拍手!!
その思いを素直に受け留めることの出来る、いるかさんに拍手!!

2009年06月07日(日) 23時09分 | URL | 編集

ドントコイ #-

とても、素敵な授業でしたね。きっとl大きくなっても、この授業のことは、覚えてるでしょうね、子供たち。
この詩、10代の時に読んだことがあります。その時は、そういうもんかと思いましたが、今なら、ちゃんと、何を言いたいか届きました。

三男君、メジャーリーガーが夢かぁ。将来、メジャーリーガーの母って、想像すると、すごいなぁ。「実家のお母さんにインタビュー」って、取材がが殺到したりして。心の準備をしとかないと

2009年06月08日(月) 00時22分 | URL | 編集

空飛ぶミケ猫 #-

こんばんは

いるかさんを感動させた授業はきっと子どもたちの心にも届いたkとでしょうね。
いるかさんのおっしゃる通りだと思います。
幸不幸は結局その人のものの考え方、心のありようなんでしょうね。
日々生きていられることに喜びを見いだす心をもっているなら、
どんな状況でも楽しく有意義に生きていくことができるでしょうね。
そうありたいと日々思っています。
実際、とっても幸せだとも思っています。

2009年06月08日(月) 00時24分 | URL | 編集

たたみ #cOLA5hDU

いい参観でしたね~(*^-^*)
三男クンの夢はメジャーリーガーかぁe-45
野球ガンバってるもんね!
それにしても三男クン、発表も上手v-424
夢に向かってガンバれ~※q(*・ω・*)p※ファイト!!
次男クンの教室の道徳の授業、考えさせられるね。
子どもたちも自分の考えてる事を積極的に言って
きっとこの授業は子どもたちの心に届いたと思うv-352

2009年06月08日(月) 06時26分 | URL | 編集

mimi #-

可愛い寝顔だな~♪。
子供って・・寝てるときは本当に天使よね~。

2009年06月08日(月) 08時09分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

よい授業でしたね。
ただ、先生が感動を押し付けるのではなくて
子ども達が自分で考えて意見を述べて・・・
中にはトンチンカンな答えを出す子もいるかもしれないけど
思った事を自分の言葉で言うことはとてもいい事だと思います。
その時は深い意味は解らなくても、ある時フッと思い出しその意味を知るような。そんな授業ですね。

2009年06月08日(月) 08時09分 | URL | 編集

ひまあゆ #Ak51kPpI

お祝いメッセージありがとうございました!

生きること育つことが普通のことだと思っていましたが
実は難しいことだと感じています
今、生きていること、できることの喜びを感じてもらいたいと思っています

2009年06月08日(月) 11時43分 | URL | 編集

ぽちちょ #-

きちんと考えて、自分の意見を持つ。
とてもいい道徳の授業ですね~。
私が子供の頃って言えば、副読本を読んで、感想を書いて。
まさに「道徳」!倫理とかそんな感じのものばかり。
あとになって考えると、何がなんだかわかりません??

星野さんのお話は、心に沁みる。
絵もそんな感じですよね。
いいお話、ありがとうございます!

2009年06月08日(月) 11時44分 | URL | 編集

日下ヒカル #-

道徳の時間ってあるんだ!

なくなった時いていたからびっくりです。
将来の夢が叶うといいですね。
何より夢はかなえるためにあるものだから!
道徳の時間の濃い内容に驚きました。
六年生で随分と深い内容ですね。私が六年生だったら理解できないかなぁ・・・(汗)
生きること 幸せとは何か その授業。
さて、私にとっては何かな?

2009年06月08日(月) 14時22分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

ありがとうございます(*^_^*)
感動でしたよ!!

2009年06月08日(月) 22時12分 | URL | 編集

海のいるか #-

★にゃお美さん

そう言えば・・・
何十回も授業参観行ってるけど
道徳の授業ははじめてです。
先生も思いきったのかしら?

あとで、よかったよねーと他のお母さんとも話しました。
子供たちの心に残るといいな!

ありがとうございます(*^_^*)

2009年06月08日(月) 22時17分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

そう、子供のころや若いころ読んだものと
さらに色々な経験を重ねたあとに感じる深さは違いますよね。

時差があっても何かが残るといいなって思います。


そっかー。インタビュー(^u^)
老けないようにしなくては(笑)

ありがとう(*^_^*)

2009年06月08日(月) 22時26分 | URL | 編集

海のいるか #-

★空飛ぶミケ猫さん

すべて自分の心のありようなんですよね。
どんな状況でもその中で希望は持ち続けていたいと思います。

子供たちに何かのこればいいなと思います。

ありがとうございます(*^_^*)
私も幸せです!

2009年06月08日(月) 22時31分 | URL | 編集

海のいるか #-

★たたみさん

そう、メジャーリーガーだそうです(笑)
頑張ってほしいな~(^◇^)

良い授業でした。
押し付けではなくて。

心のどこかに残ってくれるといいなと思います。

ありがとう(*^_^*)

2009年06月09日(火) 09時07分 | URL | 編集

海のいるか #-

★mimiさん

ホント、平和な顔してるな~って。
思わず笑みがこぼれます(*^_^*)

ありがとう!!

2009年06月09日(火) 09時09分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

授業の最後に先生が考えを言ったんだけど、
「これはあくまでも先生の考えなんだけどね・・・」って
本当に押し付けではなく、それぞれの感じ方があるって感じでよかったです。
そうなんです。時間がたったときにふと・・・
そういうのがいいですよね。

ありがとうございます!!

2009年06月09日(火) 09時21分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ひまあゆさん

本当に・・・当たり前のことなんてないのかもしれませんね。
今、この瞬間の喜び。どんなときにも感じてほしいですよね。
そして私自身感じていたいと思います。

ありがとうございます!!

2009年06月09日(火) 09時24分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ぽちちょさん

私たちの頃とちがいますよね。

"正しい”とか“正しくない”とかじゃなくて
なにかを感じるというのが大切ですよね。

星野さん、改めてすごいなと思いました。

ありがとうございます!!

2009年06月09日(火) 09時27分 | URL | 編集

海のいるか #-

★日下ヒカルさん

夢を持つっていいことですよね。
すべては想いから始まりますから。

たぶん、子供たち深くは理解できない部分もあるでしょう。
でも、心のどこかに残って、何年もたってから改めてその深さに気づく。大人が教えることって案外そんなもんなのかもしれないって思います。
私自身を思い返してもね。

ありがとうございます!!

2009年06月09日(火) 09時31分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。