たとえ小さな変化でも

2009_053020080001_convert_20090531223253.jpg

私は子供に対し、忍耐強く待つということや、ダメなことはダメだと毅然とすることが

大切だと思っています。

が、私もはじめから そんな風に接することが出来たわけではありません。

もし出来ていたなら、例えいろいろあったにせよ、長男の我儘がここまで増長はしなかったでしょう。


長男はもともと、好奇心がとても旺盛で何かに関心を持つと

それを抑えることが出来ない子でした。

なので小さい時から落ち着きがなく、なんにでも口をだすような子。

人見しりも全くないため、すぐに友達は出来るけど

その分トラブルも多かった。(誤解されることも多かったけど)

保育園では先生からADHD(注意欠陥多動性症候群)ではないかと言われたこともあります。

一応の検査には行きましたが、多分落ち着きがない普通の子だろうと言われ

詳しい検査はしませんでしたが、(席に座っていられないというほどのことはなかったので)

もしかしたら多少その傾向はあるのかもしれません。

長男に対しては、怒ることも迷うことも多かった。

怒るときは出来るだけその理由を丁寧に説明することは心がけていたけれど

今思うと彼の気持ちをくみ取るという部分は欠けていたように思う。

次男が生まれ、三男が生まれ、私からみたら立派な兄ちゃん。

今思うと厳しかった。

いや、厳しいというより・・・・怒りながら彼の我儘に負けてしまうことは多かった。

彼の“しつこさ"に耐えられず、最後には「勝手にしなさい!!」と

山のように文句を言いながらも、最後には聞いてしまっていたのである。


この繰り返しが彼を増長させたのは当然である。

駄目と言われても、しつこく騒げば・・・暴れれば・・・私が折れることを

彼は知っているのだから。


先生との間に、友達との間に、いろいろあった彼の心がすさんで

ものすごく荒れていた時は、大袈裟ではなく地獄のようでした。

旦那のことも加わり、長男が包丁を掴もうとしたこともあった(旦那に対し)

なんとかしなければ。

この思いだけがわたしの中で空回りをする。


甘え足りない部分を補いながら、

駄目なものははねつけなきゃいけない。

そう決心したものの、最初は言い出したら7時間も8時間もつきまといながらねばる彼。

物を投げ、私を蹴り、弟たちに八つ当たりをする彼にやはり最終的に負けてしまう。

その場は治まるが、私はひどい自己嫌悪。

そしてすぐにまた新たなバトルが始まる・・・・。


怒鳴り合い、殴り合い、つかみあい。なんでもありだった。

この子をこんなふうにしてしまったのは私だ。

私は自分を責め続けた。


一旦、たたみます。あとは続きから・・・・。

                                    ランキング参加中です
                                 


そんな中で一歩ずつでも改善できたのは・・・・。

私がいままで目を向けなかったことに気づいてからである。

今まで最終的に“負けてしまった”ということで自分を責め続けていた私。

その中でふと気付いた自分の進歩。

例えば・・・彼が何かを言いだした時点で喧嘩ごしになっていた私が、

一回は冷静に 「それはダメ」と言えた事だったり(前は半分どなりながら『とんでもない!なに言ってるの!!』とすぐにヒステリックになっていた)

1時間で折れていたことを3時間まで折れずに頑張れたことであったり。

とるに足りない小さな変化。

最終的に負けてしまっても、そこに注目するようにしたのである。

そして自分に対し、責めるかわりにそんな自分を労わってあげたのである。

そうすることで、「よし、少しずつでも進んでいるぞ!今度こそ負けないぞ」と

思えるようになってきたのである。

と同時に彼の変化も感じられるようになった。

前は ダメっと言ったとたんキレていたのが

いったんは冷静に交渉できるようになってきたとか、

一日に10回くらいあったバトルが2回に減っていることとか。

私の中でそんな風に自分の頑張りも彼の頑張りも感じられるようになってから

事態は急速に好転していった。


私が自分を褒めてあげることが大切だというのは

こういうことからなのです。

自分を認め、子供を認める。

すぐに結果に出なくても、小さい変化に注目する。


たとえばダイエットでも物凄く頑張って、体重計の針が1ミリも動かなければ

やる気がなくなってしまう。

だけど、たとえば体重は変わらなくても体脂肪が減って筋肉に変わっていることが

わかれば、やがて体重に変化があると信じられますよね。

数字ばかりにとらわれず、引きしまってきた自分の体に目をむければ・・・・。


子供の勉強も同じことだと思います。

つまりすべてに通じることだと思うのです。

だから、小さな変化でも、ちゃんと自分を認めてあげましょう。

とっても、とっても大切だと思うんです。



自分自身に対する思いやりは何よりも効く特効薬だ
                       
                            セオドア・アイザック・ルービン


自分の能力をどれだけ発揮できるかというのは、結局どれだけ自分をおだてられるか、にかかってると思うんです

                              玄侑 宗久

ポチっとお願い3はーと


関連記事
スポンサーサイト

コメント

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009年06月05日(金) 12時18分 | | 編集

日下ヒカル #-

誉めることの難しさ

はじめまして、日下と申します。
結婚も子もいませんが、私の周りの友人達は父母になりたての
人たちばかりになりました。
自分とは違う性別の子供を育てるってそれを考えただけで
難しいなと感じていましたが、何より一人の人間を育てるということが大変なんですね。
マイナス思考で私も自分をすぐ責める傾向があります。
だから、誉めてあげるように変えようと思いました。

2009年06月05日(金) 14時32分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009年06月05日(金) 15時59分 | | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

ありがとう(*^_^*)

2009年06月05日(金) 19時21分 | URL | 編集

海のいるか #-

★日下ヒカルさん

はじめまして。
コメントありがとうございます!!

自分のことというのはダメなところばかりが目につきますよね。
だけど、きちんと自分を認められるようになると
人のことももっとよく見えるようになります。
自分にも他人にも優しくしたいですよね!

2009年06月05日(金) 19時25分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

二つ来ていたので一つ削除させていただきました。
お久しぶりです。
いつもご訪問いただいているんですね。
ありがとうございます!

私も伺わせていただきますね!
頑張ってください。

2009年06月05日(金) 19時28分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

子育ては子どもがよほど優秀だったり、一芸に長けていたりしてないと、誰も評価してくれない。
ましてや子どもが障がい児だったり、不登校だったらなおのこと。
最初から完璧を求めるんじゃなくて、少しづつ1歩前に進んだ事を自分で褒める。
大事かもしれないですね。
それをするには、少し冷静に自分を見なければなりませんね。
でも、1日のうちでほんの少しでもそういう時間があってもいいですよね。

2009年06月05日(金) 23時33分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009年06月05日(金) 23時51分 | | 編集

grassyspot #-

ううむ...

失礼ながら、
海のイルカさんも
長男さんとのふれあいや
やり取りを通して、
成長してこられたのですね...

いままで目を
向けなかったことに
気づいてから...
これは、子育て、仕事でも..
イヤ人生そのものの
ヒントのような気がします。

2009年06月06日(土) 03時16分 | URL | 編集

ドントコイ #-

同じ時期に女の子を産んだ姪っ子や、私がたいたいを産んだ4年後に女の子を産んだ妹が、第二子が男の子だと分かった時、「男の子は育てられないかも」と言いました。男の子=たいたいみたい、という印象だったんでしょうねー。お姑さんには、孫とひ孫合わせて11人いるけど、全員分を固めても、たいたいは大変と言いました。
たいたいも、好奇心がいっぱいの子です。普段はマグロのように動いてるのに、納得しないと、ピタッと動きを止めてました。あの頃、こうと決めたら、ひとの話になんて、耳を傾けなかったし、駄々をこねた時は、暴れてました。
私が、たいたいに負けなかったのは、私自身がそういう子だったからです。同じ性格ってのは、反発し合いもしますが、何を考えてるか、分かったりもします。さらに、私、こんな小さいものに、負けるもんか!となってたんです。
さらにさらに、お店や、お散歩中に、たいたいとバトルをしても、みんなに見られたって、な~んも恥ずかしくないんです。
たいたいは大騒ぎしてましたから、迷惑はかかっていたとは思います。そばを通るひとには、「すみません、うるさくして」と謝りながら、バトルをしてました。田舎だから出来たのかも知れないですねe-351
そんなこんなしているうちに、今は小休止。たいたいが大きくなったら、どう応戦するか、今から思案しています。
大きくなった、たいたいにだって、負けないぞー!

そうは言えども、いるかさんの言うとおり、あの時の私、余裕がなかったのは、ハッキリしてるんです。たいたいのゴネゴネにイラッとしてたのも分かってるんです。今みたいに、たいたいの言うことに耳を傾ければ、たいたいも聞いてくれる。たいたいを褒めていれば、たいたいも母ちゃんを褒めてくれる。今思えば、余計なバトルをしたなぁ、と思います。

2009年06月06日(土) 03時32分 | URL | 編集

気座男 #-

子育てって色々ありますよね
子供は自分を映す鏡だと思います
親が進歩すれば 子供も進歩しますよ
自分を信じて一歩々前進すれば
子供は感じ取ってくれます
頑張って下さいねぇ

2009年06月06日(土) 03時39分 | URL | 編集

空飛ぶミケ猫 #-

おはようございます

『山のように文句を言いながらも、最後には聞いてしまっていた』
いるかさんのこの言葉が印象に残りました。

多くの保護者の方と接してきました。
そして私も積極的に子育てに関わってきたつもりです。
自戒も含めて、こういった子どもへの関わりの影響は大きいと思います。
そして、それは悪循環を生み、まさに課題を増長させてしまいます。
だから多くの親はその悪循環から抜け出せず、結果的に子は人生のスタートで課題を抱えることになってしまいます。

いつも思っていることなのですが、
すごいなぁと思うのはいるかさんが自分自身でその悪循環(ゴメンナサイ)を断ち切ったことです。

今日は、断ち切って好循環のスタートをきったお話をお聞きできとても良かったです。

いるかさんがおっしゃっているように、
これって全てに通じることのように私も思います。

さぁ、また自分をおだてながら頑張るとしますかね。
ゆっくりと、でも確実に!
とてもいいお話をありがとうございました。(いつもですが(笑))

2009年06月06日(土) 05時22分 | URL | 編集

のん #64owOXpE

わかります~~
私も同じでした。
どうしても暴れだしたりすると、負けてしまうんですよね。
きっと感情の表現が苦手な子供なんだと思います。
わかってながらもそうなってしまった時には
止めに入ったりするのが精一杯だし。

子供自体どの子もしつこいところはあると思います。
ダメなことは頑としてダメだと言い続けること。
大事ですよね。
でも難しいです。
小さい頃からの習慣もあると思います。
親も急に変われなくて当たり前。
反対に急に変わるとまた子供も混乱するでしょうし。
いるかさんの仰るように、小さな変化。
小さな変化がいずれは大きな変化にと繋がりますもんね。
その変化を認識して、時には楽しみながら子育てしていければいいですよね。
そして誉めることを忘れずに。
子供にも自分にも^^

まだまだ私も先が長いから頑張らないとです~(;´Д`)

2009年06月06日(土) 06時57分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

一歩ひいて物を見るって必要ですよね。
まずは一呼吸ですね。
いつもいつも冷静になるのは無理でも
冷静になれる時もある。
それを忘れなければ、少しずつそんな時を増やしていけると
思います。
長いですからね、息切れしないようにしないと(^^;)

ありがとうございます!!

2009年06月06日(土) 10時20分 | URL | 編集

海のいるか #-

★鍵コメさん

丁寧なコメント、ありがとうございます!
ADHDに関しては同じですね、うちも100%違うとは言い切れないけどおそらく違うだろうと・・・。
境界線なのかもしれない。
でもそれも個性と受け止めています。

お兄ちゃんだからとは言っていなかったけど
私の意識はそうだったと思います。
下に二人いると大きく見えてしまうから。
可哀そうだったなと思うことが今でもありますね。

いろんなことを経験しながら親も親になっていくんですよね。

ありがとうございます!!

まだ先は長いので頑張ります(*^_^*)

2009年06月06日(土) 10時27分 | URL | 編集

海のいるか #-

★grassyspotさん

私も失敗を繰り返しました。
私も子供によって成長させてもらったんです。

子育てでの気づきは生き方すべてに通じると思います。
みんなつながっています。

ありがとうございます!!

2009年06月06日(土) 10時30分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

たいたいくん、長男と似てるとこあるもんね。

下二人を抱えながらのバトルは厳しかったです。
マジ、体が3つくらい欲しかった。

たいたいくんもドントコイさんも
小さいうちにきちんと課題をクリア―しているので
思春期にはいってもうちのようなことはないと思います。
とはいっても大変なことはあるかもしれないけど。
どの子にもね。
早いうちから腹をくくっているドントコイさんなら
大丈夫よ(^^)

お互い頑張りましょう!!

2009年06月06日(土) 10時36分 | URL | 編集

海のいるか #-

★気座男さん

本当に鏡だと実感しています。
まずは自分を信じることからですね。
子育てに限らず、大切なことだと思います。

励まし、ありがとうございます!
頑張りますv-91

2009年06月06日(土) 10時51分 | URL | 編集

海のいるか #-

★空飛ぶミケ猫さん

どこかで断ち切らなければという強い思いがありました。
大きくなれば解決することではないと思いましたし、
このままで困るのはこの子だと。

失敗を繰り返した私だからこそ
伝えられることがあると思うんです。

私が子育ての中で感じた気づきをお話していけたらいいなって。

うん、自分をおだてて頑張りましょう!!

ありがとうございます(*^_^*)

2009年06月06日(土) 10時57分 | URL | 編集

海のいるか #-

★のんさん

みんな・・・たぶんおんなじですよね。
つい負けてしまったり、イライラしたり。
小さな変化を感じられると自分も楽になるし、余裕がでる。
そうすると子供にも余裕が出来る。
そんなもんだと思います。

親子一緒に・・・なんですよね。

迷いながら、葛藤しながら、そして楽しみながら
いきましょう。

たまには休みながらね(^◇^)

ありがとうございます!!

2009年06月06日(土) 11時02分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。