それでも友達?

不登校になる前、というか原因の一つ。
友達からの暴力が発覚したというのがあるのだけど...

その子たちとは小さい頃からつきあいがありました。
小学校に入学してクラスが離れて一時つきあいがなくなったのですが
後学年になってまた同じになると再びつきあいがはじまりました。

五年生くらいから遊びかたがおかしくなり
ゲームセンターで何万も使ったりするようになったのです。
うちはこづかいというものをあげていなかったのですが、
その子たちは親からもらったり、時には親の財布からもってきたりしていたようです。

私は最初、そんな遊び方をしていることに気づかなかった。
ほかの親は知っていたけれど
結局自分の子供が怖く、
言いなりになっていたようです。
そして子どもたちは口止めをしてた
あいつ(うちの子)の親にばれたら怒られるから言うなと。

でも私にばれないはずがない。
うちの子もお金を欲しがるようになり、言動はとても乱暴になっていった

気づいた時(まだ暴力には気付いていなった頃)
私はすぐにその子たちの親に
とにかくこのままでいいはずない
子供の言いなりになっては駄目だ
親が団結して何があってもいけない事はいけないと教えていこう。
情報交換もまめにしていきましょう。
と言った。
賛成してくれたはずだった
でも結局変わらなかった
子供に言われ私にないしょでゲームセンターに送っていく日が続いた

何度もたのんだ。
せめてうちの子は連れて行くなと
でも...

お母さんたちは怖かったのだ。
自分の子供が。

私も仕事をしていたし、ずっと監視もできるはずもなく
たとえそうしようとしても 隙をついてにげていく。

学校には相談できなかった。
そう、こんな事ばれたくなっかったのだ。

毎日頭を悩ませ、どこで遊びに行っているか探しては連れ戻す日々が続いたある日
うちの子は彼らの暴力により骨折し、
それが発覚したのだった
関連記事
スポンサーサイト

コメント

#-

頑張ってる母は偉い

2008年10月09日(木) 19時55分 | URL | 編集

海のいるか #-

ありがとうございますv-238

2008年10月09日(木) 20時30分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。