自分を見つめる

昨日から母が来てまして・・・中々PCにむかえません(>_<)

お返事も遅れていてごめんね

というわけで・・・

昨日に引き続きで申し訳ないのですが、今日も過去記事から

2009年4月4日にアップした記事です。



考え方の癖ってありますよね。

例えば、つい人と比べてしまう。

人より勝ってると思えば、なんとなく優越感を感じ、

逆なら相手を妬む、または自分を卑下してしまう・・・。


そういった考えかたの癖は子育てにも影響します。

だって癖ですから、子供のことに関してはそうじゃないわ、なんてことはないのです。


例え口に出さなくても、頭ではみんな それぞれだからと思っていても、

ことによると、自覚はなかったとしても。


もし、自分の子が他の子(あるいは兄弟)と比べて

なんか違うと思ったとして、(本来はみんな違って当たり前なのですが)

発達やしつけには問題が見当たらないとしたら、

あるいは いろいろとやってみたけどうまくいかないと思った時、

問題はもしかしたら、親の考えかたにあるのかもしれません。


無意識な思い込み、考え方の癖によって

なんでもないことを大問題に感じてしまっているのかもしれないのです。


だから、子供と向き合うということは自分と向き合うことでもあるのです。

どうしても、子供とかみ合わない、なんだかうまくいかないと

思ったら自分を見つめてみる必要があります。


そうして、もし考え方の癖に気づいたら

まずは 子供のことより 自分のその癖を克服しなければ

多分、問題解決はしないでしょう。


実際、私は自分と向き合い・・・・というより、

子供の様々な問題により、向き合わされて 意識していなかった自分と出会い、

弱さも ずるさも 見栄っ張りなところも、人の目を気にすることも

すべて自覚して、そういう自分を受け入れたことによって

子供の様々な弱さを受け入れられるようになったのです。


ここで勘違いして欲しくないのが、

悪い癖だから 直せと言っているのではないということです。


まず、自分の中にあるものを 自覚するということです。

子供が出来るまでは、出来ても小さいうちは

自分も他人もごまかすことが出来ました。

でも、問題が起き、そうじゃなくても思春期になってくると

だんだんごまかしはきかなくなります。

それでも ごまかそうとすると うまくいきません。


まずは自覚し、そして受け入れることです。

人間は誰でも 弱いということがわかります。

強く見えるあの人も、精一杯頑張ってるということがわかります。

そして、反抗ばかりする 我が子の弱さも

その叫びも聞こえるようになります。


そうすると 本当の意味で自分も我が子も

抱きしめられるようになります。


クリックお願いします!!



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。


お返事、ご訪問、なるべく早くしたいと思います。

見捨てないで~~~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

空飛ぶミケ猫 #-

こんばんは

私は他人と比べることはしない! 
と思っていても、意識するしないに関わらず、きっとみなそういう部分をもっているでしょうね。

自分の弱さも醜さも、深く悔い改めるとか、反省するとか、後悔するといったものではなく、
自分とはこういう人間なんだと自覚し、ありのままを受け入れる。

言葉で語ることはできても実際はなかなか難しいような気もします。

海のいるかさんは、それをきちんとされている。
とってもすごいことだと思います。

ところで、お互い便乗したり、
引用したり、
大いにしていきましょう(笑)
めざすところは一緒ですから。

2009年04月04日(土) 22時35分 | URL | 編集

咲 #eYj5zAx6

こんばんは(^.^)
自分と向き合う、とても難しいことです。
それは私なんてこうなの、でも、私はこうなのよ、という卑屈や優越の意味ではないのですよね。
このことをしてない、自覚していない人はすぐに周りと比べたがります。
肩書きや自分の周りでプライドを保とうとします。
たとえば旦那が社長だから、私も偉いと勘違いする妻、などがそうです。

いるかさんはきちんと向き合っておられます。
きっとそうなるまでにたくさんの葛藤があったことでしょう。
そんないるかさんの言葉だから、私の中にストンと落ちるのです。

2009年04月04日(土) 23時30分 | URL | 編集

ドントコイ #-

癖、クセかぁ。
どんなだろ、
父ちゃんと相談してみます。
今、分かってるのは、諦めが早すぎるって、ことかなぁ。
そのせいか、どうなのか、たいたいも「もういいわ」をします。マズイ。



2009年04月05日(日) 02時08分 | URL | 編集

mimi #-

No title

私も娘とぶつかった時・・パパにママにそっくりだから~と言われて・・ハァ~?と思いましたが・・・
本当にそっくりなんです・・後に引かないところが(笑)。
ぶつかるわけですよね~自分ではわからなかった悪い所を・・しっかり受け継ぐ我が子です(爆笑)。
最近は笑ってそんな話も出来るようになりましたが・・
子育てって・・良くも悪くも自分を振り返る良い機会では有りますね♪。

2009年04月05日(日) 13時38分 | URL | 編集

海のいるか #-

No title

★空飛ぶミケ猫さん

自分の中の嫌な部分に出会った時。そんなはずはないと見て見ぬふりをしたり、あるいはその部分を排除しようとするんですね。
ここでの例で言うと、
人と比べても仕方ないとわかっているのに比べてしまうとします。
その癖を直そうと躍起になると
逆にそれにとらわれてしまうんです。だから、そう感じてしまう自分がいることを認め、その上で
そういう自分とどう付き合うか、
そう感じた時どう対処するかを考えるようにするんです。
それが受け入れるということだと思うんです。
それが出来るのは自分だけなんです。卑下するのでもなく、開き直るのでもなく。

そうですね、お互い便乗したり引用したりしていきましょう!
ありがとうございます(^^)


2009年04月05日(日) 14時00分 | URL | 編集

海のいるか #-

No title

★咲さん

自分と向き合うのは時に
つらいこともあります。
自分の嫌いな自分に気づいてしまったり。
だけど、自分の弱さを知ってる人だけが人の弱さに優しくなれるのです。
自分の中に身勝手な部分があると
知ってる人だけが、それを抑える
事ができるのです。
人や周りのせいにすることなく。
私はそう思うんです。

2009年04月05日(日) 14時11分 | URL | 編集

海のいるか #-

No title

★ドントコイさん

自分の心の深い部分にあるものは
自分で見つめるしかないのだと
思います。表面的なことは
旦那さんでもわかるけど。

諦めが早いといっても、いつでも、何に対してでもではないんじゃないかな。
どういう時にそうなるのかを考えてみたら、案外対処の仕方がわかるかも。
となんか偉そうに言ってしまってごめんね。

2009年04月05日(日) 14時17分 | URL | 編集

海のいるか #-

★mimiさん

そう、子供を見てて、なんでこうなの?って思ってよく考えたら
自分そっくりなんてことあるよね。
逆に、たとえばうちの子無口で・・っていうお母さんを見てたら、
機関銃のようにしゃべってて
これじゃ、子供は口はさめないや、なんて思ったり。
子供はよくも悪くも親の鏡なのよね。

2009年04月05日(日) 14時23分 | URL | 編集

きばっ太姉ちゃん #-

鏡の法則ですね

子どもに何か問題がある時、子どもばかりに目を向けるのでなく、まずは自分を振り返らないといけないですね。
人が悩んでいる時には、冷静に言えても、なかなか自分と時にはできないんですよね。
自分のことは棚にちゃっかり上げといて、『どうしてこの子は!』とか『私が子どもの時には』とかいう考えがベースにあるもんで、上から目線でついつい話してしまう。
できるだけ、相手の立場に立ってを心がけているつもりですが、子どもにはなかなか難しい。
子どもは自分の所有物じゃないってことを肝に銘じておかないといけんな…。

2009年04月05日(日) 20時17分 | URL | 編集

ME-Q #-

No title

そうそう、そうなんです!!
たいしたことじゃなくっても、大問題のように思えてきて、勝手に自分の中で膨らんで墓穴を掘るタイプ、なんです、私(涙)
とってもいけないことですよね。。。分かってても、治りません!!典型的イジイジA型(笑)

2009年04月05日(日) 21時19分 | URL | 編集

海のいるか #-

No title

★きばっ太姉ちゃんさん

そう、鏡の法則ですね。
子供は気づかせてくれているのかもしれません。
子供が小さいうちは、どうしても上から見てしまうのは ある程度仕方ないと思います。
ただ、ずっとそうじゃなくて
段々とサポートする方にまわっていくんだという道筋さえ頭にいれておけば大丈夫だと思います(^^)
頑張りましょうね!

2009年04月06日(月) 06時25分 | URL | 編集

海のいるか #-

No title

★ME-Qさん

うんうん、広がる妄想・・・
わかります。私もA型(笑)

これじゃ、いけないと思っても
妄想しだすと頭から離れないでしょ?
だから、いっそのことその中で
出てきたことが本当になってしまった時の解決法まで妄想を広げてしまうんです。意外とおちついたりします。逆にバカバカしくなることも(笑)
それと、自分がどんな時にそうなりやすいか、どんなことに不安を感じやすいかを分析しておくといいですよ。
私は生理前にそうなりやすい。
この時期はそうなりやすいとわかっているだけで違います。
そういう自分も嫌わずにうまく付き合っていきましょう。
想像力が豊かなのは悪いことじゃないですよ(^^)

2009年04月06日(月) 06時36分 | URL | 編集

junmama #xmZaWf.c

自分自身を理解する事、そこから大人として成長するのかもしれませんね。
自分の弱点を認める事・・・・そこから始まるような気がします。
今日、娘が言った一言・・・・先生の言った言葉を素直な気持ちで受け入れたら、気持ちが楽になった!と。

自分と言うものを受け入れる事・・・・素直になれるのかもしれませんね(^^)

2010年11月27日(土) 09時24分 | URL | 編集

空飛ぶミケ猫 #-

こんにちは

またまた大変懐かしく読ませていただきました。
大切なことは時を経ても変わらないように思います。
お互い、その「大切なこと」を大切にしていきましょう。

2010年11月27日(土) 23時53分 | URL | 編集

海のいるか #-

★junmamaさん

自分を受け入れるというのが第一歩のような気がします。
自分を受け入れられない人は人のことも受け入れていない。
自分に優しい人が他人に優しくできるんだと思います。
うん、素直になるって難しいけど、それが出来ると楽になりますよね。

2010年11月28日(日) 20時28分 | URL | 編集

海のいるか #-

★空飛ぶミケ猫さん

またまた、ありがとうございます!!
この記事をかいてから時間はたっていますが
気持ちに変わりはありません。
こうやって再確認するのもいいですね。
お付き合いいただいて感謝です(*^_^*)

2010年11月28日(日) 20時30分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。