葛藤

         tuugaku03.jpg
長男は今度中2になる。

クラス替えがあるので1年生のクラスはこれでおしまいということで、、

クラスの卒業証書を作ったそうである。

先日、担任の先生に会った時に渡された。


××に元気で通っているようですね。

3組の仲間とはこれでお別れですが、この一年間3組全員の心の中に

いつも○○君がいました。これからも頑張ってください。

一年間ありがとうございました。


先生から一言

馬の生きる姿から、○○君自身も自分の生きる道について

考えた一年だったことでしょう。

人生なんて長い道のりです。

じっくり自分と家族と××の皆と向き合っていくことを願ってます。





この前、出会いで書いたカウンセラーの方に言われたことで引っかかっていたことが一つだけあった。

担任を男の先生に代えてもらいましょうと言われたのだ。

中学へ話しておくわと。


長男には男の先生と女の先生とどちらがいいかをもし漠然と

聞かれたら男の先生だと私も思う。

入学式で担任の先生を見た時、

前の小学校でちょっと問題があった先生と年格好が似ていたということも

長男が行きたくないと思った一つの理由であったことも事実である。


その事や、このカウンセラーの先生の言うこと一つ一つに(担任のこと意外で)

とっても納得できたことなどから

その時は、そうですね・・・と言ったのだが。


時間がたつにつれ不安になってきたのである。

男の先生がみんないい先生であるわけではない。

今の先生は・・・

入学式以来、一日も登校していない長男の存在を

いつでもクラスの子供たちに忘れないようにきちんと存在させてくれていたのである。

クラスで何かを作るときは必ず、長男の分も。

暑中見舞い、年賀状。

一つのはがきにクラス全員からのメッセージ。

それも、学校に来いというような彼を焦らせることは書かない配慮までしてくれて。

私を決して不安にさせないよう、いつもクラスや学校の様子を話してくれ、

いつ長男が登校しても困らない状態を保ってくれながらも

「私がこんなこと言うのもなんだけど、学校だけがすべてじゃないですよ。
長男くんは学校へ来ている子よりも××で、すごくいろんなこと学んでいますよね。
無理して来させることが彼のためになるわけじゃない。
もちろん いつでも待ってますが、お母さんはそんなこと気にしないで
いいですからね」って言ってくれている。


休みに入る前にクラスの子が来て、

先生にクラス全員の寄せ書きを渡したいんです。○○くんにも
一言でいいので書いてもらえませんか

と色紙を持ってきたことからも、

配布物の中にあったクラス一人ひとりの来年度の目標が書かれたプリントに

“かぼちゃが食えるようになりたいです”とか

“字をきれいに書けるようにしたいです”

などと おまえは小学校低学年かと突っ込みをいれたくなる内容が多いことからも

生徒たちが先生に込めている親しみを感じる。

他のクラスのお母さんからも

あの先生いいわよって聞いている。



不登校の子を持つ親にとって担任の先生との信頼感は結構大切なのである。

それがなければ学校との距離は恐ろしくはなれてしまうだろう。


いざ、子供が学校へ行くと言ったとき、行き出したときのことを考えたとき

やはりそこは外せない。不登校の子が行き出したけどやはりだめだったとなったときの

挫折感はきっとそれまでよりもっと大きくなってしまうだろう。


そのようなことからも 学校の雰囲気は はっきりとは言わないが

そのカウンセラーの先生のアプローチがなければ、担任は代えないというものに

なっていたのである。


どうすんのよ・・・・自分に問いかける。


学校はどう思っているのだろう。


思いきってスクールコーディネーターの先生に聞いてみた。

カウンセラーの先生との窓口になるのはこの先生のはずである。


うん、アプローチはありました。
それで学校でも再度検討し直しました。

男か女かという観点でみるなら男の先生の方がいいかもしれないが
この1年間、担任の先生がやってきたこと、お母さんとの信頼関係などを
重視してやはり 代えない方がいいと結論を出して
カウンセラーの先生にも説明しておきましたよ。

ということだった。


よかったー!!

なんだかとっても安心した。


いろんな人の意見を聞くのはとても貴重である。

でも、その中で自分に必要な物を選びとる 賢さは必要だ。


子供のことって迷うことが多い。

自分ひとりのことではないからだ。

私にとって、この子にとって。
どちらかだけでなく、全体的に、両方にとって。

いろんな角度で見ることが 大切だと思う。


うわ~大雪が降ってる!!yuki_santa02.gif


ポチっとお願い!!



関連記事
スポンサーサイト

コメント

たたみ #cOLA5hDU

担任の先生で左右されるところが大きいし重要な問題。。。
今の先生すごくいい先生ですね~
押し付けがましくなく、あたたかく見守ってくれてて、
海のイルカさんとの信頼関係も良好。
クラス全員が寄せ書き贈って、生徒たちにも慕われて^^
男の先生、女の先生・・・悩むところですが
海のイルカさんが安心できてよかったですv-352
前に進むためには、いろんな人の意見を聞いて考える事が大切ですね。
そして、それらを踏まえて考えて選ぶのは自分自身。
子どもにとって、自分にとって・・・いろんな角度から考えないとですね^^

2009年03月25日(水) 14時46分 | URL | 編集

海のいるか #-

★たたみさん

お騒がせしました~v-421
復活して良かった(^^)

普通に通っている子とはまた違った意味で先生、重要ですね。
今まで、担任が誰になるかは 学校が決めることと
思っていたので
こんなふうに迷ったことはなかったんですがね。
今の段階ではやはり安心できるというのを優先させていいかなと。
いろいろ・・・ですね。
でも、誰が言うから、とかじゃなく最終的な判断は自分でしないといけないですね(^^)
ありがとう!!

2009年03月25日(水) 15時00分 | URL | 編集

ひまあゆ #Ak51kPpI

担任の男女は考えたことなく、質を求めたいですね。
やる気をもっている先生がいいですね。

春になって環境が変わったら自然と学校に行けるようにならないかしら?
チャンスのような気がするんだけど・・・

2009年03月25日(水) 15時49分 | URL | 編集

たたみ #cOLA5hDU

ゴメンね(*´人`*)

もしかしたらワタシの方のせいかも アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
ワタシこそゴメンねv-436
コメくれてありがとう~v-352

2009年03月25日(水) 18時02分 | URL | 編集

空飛ぶミケ猫 #-

こんばんは

確かに男の先生、女の先生どちらか…という相性があります。
それに、何となく雰囲気といったものも…。

でも、それ以上にその人が何を大切にしようとしているか、
いかに粘り強くことを進めてくれるかが大事だと思います。

お話を読めば、その先生はすばらしい取組を続けてくれましたね。

良かったですね、替わらないで…

これも結果オーライ!!!

2009年03月25日(水) 22時28分 | URL | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

よかったですね。
ブログを読んでてずっといい先生だなぁと思ってました。
なかなかここまでしてくれる先生はないですよ。
担任によってクラスの雰囲気も全く違ってきてしまうモンね。
「この先生なら大丈夫。子どもを安心して任せられる」
というのは心強いよね。
心配事はいっぱいあるとは思うけど、たとえ一つでも安心材料ができたことはよかったですね。

2009年03月25日(水) 23時19分 | URL | 編集

ドントコイ #-

男の先生か、女に先生か。
私自身は、担任のせんせいは、男の先生しかいなかったので、今年度、たいたいの担任が、女の先生でした。先生とお話していないときは、感情的になったり、しないでくれたらいいけど・・・、と心配でしたが、そんなことありませんでした。母親の目で、生徒たちを見てくれました。
だから、イメージで決めちゃ、いけないんだな、と思いました。
お兄ちゃんの、担任に先生、素晴らしいと思いますよ?会えなくなるわけではないのに、寄せ書きをするってとこが、みんなが大好きだってことですもんね。スクールコーディネーターの先生も、いい人ですね。

2009年03月26日(木) 02時39分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ひまあゆさん

学校へ行く気になるかどうかの部分で男の先生のほうがいいかもと迷ったんです。
今の先生がとってもいい先生であることは私は知っていますが、彼はしりません。
前の問題があった先生の存在が彼の中でとても強烈でそれを思い出すような女の先生だと拒否反応がでますから・・・。
つまり、男の先生である方が最初のハードルは低いのです、彼にとって。
理屈じゃなくてね。
ただ・・・もちろんそれで行けるようになるほど単純なことでもないし、じゃ、もし行けるようになってもその時に居場所があるかという問題もあるし、第一今中学へ行くことが一番いいのかどうかはやはりわからないのでね・・・。
そんなことからの葛藤でした。
でも、変わらないということでよかったと思います(^^)
ありがとう

2009年03月26日(木) 09時30分 | URL | 編集

海のいるか #-

★たたみさん

時々、おかしい時あるよね。私も他の方に入れたコメントが消えてたことがあったし、逆に昨日いれたコメントが消えてる~って言われたこともあります。
めったにないとは思うけど
きっとなにかの加減なんでしょうね。
懲りずにお付き合い、おねがいします(*^_^*)

2009年03月26日(木) 09時37分 | URL | 編集

海のいるか #-

★空飛ぶミケ猫さん

彼のイメージの問題が迷った大きな原因です。
前の先生の存在が強烈すぎて、それと重なる(第一印象で)とその先生がどんな先生であるかを知る前に拒否反応が出ますからね。
それと、男の先生、女の先生の傾向というのはやはりありますからね。良い悪いというより相性の問題ですが。
彼が学校へ行く気になるというのを優先させるのか
もっと長い目で見るかの迷いです。
でもやはり、行く気になった。何日か行った、ダメだったでは意味がないのでね。長い目で見る方が大切だなと思いました。

2009年03月26日(木) 09時46分 | URL | 編集

海のいるか #-

★yuyuhayaさん

うん、どっちに転んでも安心できるというのが一番心強いですよね。
ホント、いい先生だなというのは前から思っていたことなんだけど
長男が前の先生とイメージを重ね合わせてしまってるという部分で迷ったんです。
でも目先のことだけ考えても仕方ないもんね。
ありがとう(^^)

2009年03月26日(木) 09時55分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

細かく、型にはめることに熱心だったりヒステリーだったりが女の先生に多いことは残念ながら経験上、いやと言うほど味わってます。
ただそれ以上に彼の中のトラウマの問題なんです。
前の先生が強烈すぎました。それが重なるのです、彼の中で。
今の先生がとてもいい先生であることは私が知っているのですが、彼は会うことも話すことも決してしようとしませんから。
私の話も半信半疑だと思います。先生のことに関してはね。
実際付き合えばわかるのですが、そこまでいかないのでね・・・。
ただ、とてもいい先生なんです。だから迷ったんですよね。
長い目でみていきます(^^)

2009年03月26日(木) 10時10分 | URL | 編集

咲 #eYj5zAx6

担任の先生はとても大切な存在ですよね。
人生を変えてしまうことすらあるのですから。

いるかさんと長男クンはいい先生に会えて良かったですね。
色んな情報の中で、自分できちんと選びとったいるかさんは立派だと思います。
出来そうで、むずかしいんですよ、これが。
情報過多の時代ですから・・

2009年03月26日(木) 20時02分 | URL | 編集

ME-Q #-

そんなにステキな先生なのですか♪
担任次第で、その子の人生が変わってしまうコトだってありますよね!教員も何かと騒がれ叩かれ、大変なことあると思いますが、大事なわが子を預けるんですもの。やっぱり信頼できる先生じゃないと♪♪
良かったですね☆ポチ☆

2009年03月26日(木) 20時44分 | URL | 編集

海のいるか #-

★咲さん

結果的には私が思ったように学校が判断してくれたのでよかった!!
本当に情報が多すぎると
迷ったり、流されたりしがちですよね。
その分、自分をしっかり持つということが大切になってくるのでしょうね。
いい先生に恵まれたのは本当に感謝です。
ありがとう!!

2009年03月27日(金) 07時19分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ME-Qさん

長男は はずれの先生が多かったんですよ。
先生に問題があったり、相性が全然合わなかったり。
どの先生でも、まあ大丈夫と言う子とそうじゃない子がいるんですよね。
影響うけやすいとかデリケートとか。
長男はそれにくわえて誤解されやすいタイプなのでね、先生というのは結構大切です。
ありがとう!!

2009年03月27日(金) 07時23分 | URL | 編集

マヤ #-

甘やかしすぎ

色々読まさせていただきましたが、はっきり言って、あなたの子供に対する接し方は、単なる甘やかしです。そんなものは愛情なんかじゃありません。 「子供のため」とか言って、所詮自分の価値観を押しつけているだけじゃありませんか。 子供を愛することと、甘やかすことは違います。10代前半の子供なんて、まだ未完成な人間なんですよ。その未完成な人間に、媚びを売ったり、彼らを甘やかすような馬鹿なまねしてどうするんですか。社会という大きな壁を乗り越える努力をしないで育った人間は、社会に出ても、問題や事件を起こす大人になるだけです。 現実と闘う強い精神力を子供に教えてあげてください。

2009年03月28日(土) 10時02分 | URL | 編集

海のいるか #-

★マヤさん

わざわざ携帯(auのようですね)からコメントいただいたのに申し訳ないのですが、
あなたがどの記事を読み、どのような事からそう感じたのか。またあなたはどのような接し方が望ましいとおっしゃりたいのかを理解することが出来ませんので、お答えする事は出来ません。
コメントを入れられる時は(私のブログに限らず)その様な事をきちんと書かなければ、単なる中傷、批判と受け取られますので注意された方がいいと思います。

2009年03月28日(土) 11時40分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。