じぶんの道

              道はじぶんでつくる
    
                 道はじぶんでひらく

              人のつくったものは

                 じぶんの道にはならない
         
         

                            相田 みつを


 生きていく上で大切な事だと思います。

そして子育てしていく上でも。


以前 届いた私への批判コメントの中に

~長男さんは自分で判断できる年ではありません~

という一文があった。

でも、私はそうは思わない・・・というか。

“正しい判断”という意味なら

3歳の子供でも正しい判断をする時もあるし、

逆に80歳の人生のベテランであっても判断を誤る時はあるだろう。

大事なのは正しいか正しくないかじゃなくて “自分で決める” ということだ。

自分で判断し、自分で責任をとる。

その力をつけてやることが大切なんじゃないかと思う。


視野が狭い子供に いろいろな選択肢を示してやる。

親が考える安全な道を教えてやる。


でも、決めるのは子供自身だと思う。


そして子供が決めて歩き出したなら

時に励ましながら、

手や知恵を貸しながら、

あるいは 暖かく見守ってやるのが 親の役目なんじゃないか。


間違えったっていいじゃないか。

また 歩きはじめれば。


そういうことの繰り返しが 自由と責任というものがセットであるということを
覚えていくことになると思う。


親が決めた道を

無理に歩かせたところで

その道は どこまで行っても親の道である。


そうだ!と思われた方、クリックおねが~い!!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

ドントコイ #-

私もね、そう思います。
自分で決めさせるクセはつけさせています。
私がずっと、「親の言うとおりにすれば間違いないのだから、言うとおりにしなさい」と言われ、叱られるのがイヤでそうしてましたが、それじゃ、何も決められなくなります。大人になってから困ります。
そして、親のせいにしてしまいます。本当は逆らうことだって出来たのに、そうしなかったのは、私のせい、私が決めたことなのに、親がこう言ったから、それに従っただけなのだ、うまくいかなかったのは、親のせいだ。となってしました。それはずっとずっと後を引きます。たいたいを育てていくうちに、気づいたんです。どんなことも、私が決めたんだって。
それから、私を縛っていたものから解放されて、やっと私が成長していくような気がしました。成長する努力もするようになりました。

決めてあげればいいのに、と言う人もいますが、

それは、大切に思うからなら、決めちゃイカンのです。
厳しいという人もいます。
そりゃ、親が決めた方が簡単だし、安心です。
でも、
子育ては自立が最終目的ですもん。
それじゃイカンのです。





2009年02月04日(水) 01時12分 | URL | 編集

おかん #-

そうそう!
考える事が大事なのよ。
んで、考えた事を、自分でやってみたらええねん。
やってみて、間違いに気がついたら、
今度はそこを直していけばええねん。
自分では考えられん歳。
ほな、いつから考えられるようになる歳やねん?って思う。
3歳の子には3歳なりの、20歳の子には20歳なりの「自分の中での正しい」があると思うねん。
それが、社会のルールに照らし合わせた時に、
あってるか間違ってるかってのは別として、
一生懸命考えたって事が大事やんな。
親は、ヒントを与える事はあっても、
レールを敷いてやる事はあかんと思うなぁ。
サジ加減が難しいよな( ̄_ ̄|||)

2009年02月04日(水) 01時18分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009年02月04日(水) 01時50分 | | 編集

yuyuhaya #iRTvXO9Q

 そうなのよ!!
親はついつい子供可愛さに先回りして安全な道のみを教えたくなるんだけど、それじゃあ成長しないんだよね。
失敗するのわかってて黙って見守るのは正直辛い。
子供が苦しんでる姿は見たくない。
でも、それが必要なときもあるんだよね。
子育ては忍耐ですなぁ。

2009年02月04日(水) 08時20分 | URL | 編集

パンプキン1 #-

本当に、そうなんですよね。分かってはいるんだが、本人に決めさせ、見守るって難しいですよね。
ありがたい言葉、ありがとうございます。

2009年02月04日(水) 10時24分 | URL | 編集

森しずか #-

いつも応援ありがとうございますv-22
本当に、そう思います。子供は、最終的に親元から離れ、自立して生きていかなければなりません。そのために親御さん(場合によっては我々のような専門職が)何をしてあげられるか・・・悩むべきはそこですね。親(大人)の言うことを聞かせるために悩むのは、ちょっと違うように思います。子供ですから、失敗もしますし、要領も悪いです。でも、親(大人)がそんな子供の成長場面をしっかりと見守るためには、親(大人)自身が自分の中に沸き起こる『不安』と戦わなくてはなりません。それが辛いんですよ・・・。
これからも応援しています!

2009年02月04日(水) 12時00分 | URL | 編集

海のいるか #-

★ドントコイさん

私自身も似たような子供時代を送りました。
私は無意識だったけど
いつも、どこか息苦しい思いをしていた。
そう、子供時代の思いって結構尾を引くんです。
考え方に変な癖がついちゃうんですよね。
私もそういう自分から変わる努力をしました。
子供には自分の人生を自分の責任で生きていけるようになってほしい。
思いっきり、楽しんでね!


★おかんさん

長男の施設の先生がね、
動物も、水際に連れていくことは出来る。でも、その水を無理に飲ますことは出来ない。
子供も同じだなって言ってた。
そうなのよね、水を飲むか飲まないか決めるのは本人しかいないんだよね。
その判断を人に任せる人になってほしくないよね。


★鍵コメさん

コメントありがとうございます!!
そう、遠回りしてもいいのよね。その道はきっと無駄じゃない。
そう信じています。
ありがとう、力が湧いてきます。


★yuyuhayaさん

見守る、信じる、待つ。
これ、支持したり、手を出すことの何倍も大変な事なのよね。
勉強だって 考えさせるより、答えを教えることの方が簡単だもの。
だけど、それでは意味がない。
子供を育てるってそういうことよね。まさに忍耐!!


★パンプキン1さん

コメントありがとうございます!!
そうなんです。難しいですよね。
私もつい手をだしたり、色々言ってしまう時もあります。
でも、子育ての最終目標は親がいなくなっても
しっかり生きていけるようにしていくことだと思うから・・・
我慢我慢(笑)


★森しずかさん

ありがとうございます!!
私もここまでの道のりで(まだ先は長いですが)
一番つらかったのは
不安、思いこんでいた常識、世間体、見栄など、自分との戦いでした。
誰も助けてくれない迷子のような心細さ。
何が正解か答えのない霧の中にいるようでした。
そういう思いをしたからこそ つかんだものがあります。
今まで気付かなかった大切な物。
だから、少しでも多くの親のかたに気づいて欲しい気持ちがあるのです。
子供たちの笑顔のために。なんだか おこがましいですが・・・

2009年02月04日(水) 12時54分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009年02月04日(水) 12時56分 | | 編集

mimi11132001 #-

私も同感です。
自分の道は自分で切り開くもの。
絶対にしてはいけないこと(犯罪)と
自分の選択に対しての
責任の取り方だけ親が教えてやれば良いのです。
そこまで見たらただの甘やかしでしか有りませんわ。
親はいつまでも子どもが見られません普通であれば必ず先に逝くのですから。
一人で生きる術を教え込むのが一番大切です。
その為の愛情のステップは必ず登らせなければです。
子供は親の愛情を一心に感じてこそ初めてその階段が登れるんです。
子供って・・親が思ってるより・・しっかりと・・色々考えてるものです。
まず・・自分の子供が信じられなくて・・何が信じられると・・・。



2009年02月04日(水) 13時07分 | URL | 編集

にゃお美(どんぐり) #zD6oamb2

親業を勉強していると、まさしく、いるかさんの言葉に出会います。
で、心の中でウンウン頷いて『間違ってないよ!!安心して!!』って叫んでます。
ブログの中だけでのお付き合いですが、親近感アリアリです。
『子ども自身に決めさせる』
親にとっては修行の何物でもないなぁ・・・わたしが試されているわけなんです。
責任重大・・・だけど、聞こえません?
『あなたなら、大丈夫だと信じてこの子達をお預けしたの』って声が。
その声に、応えようとして、不安なわたし、未熟なわたしは学びます。
きっと、一生ね v^^

2009年02月04日(水) 13時16分 | URL | 編集

ぽちちょ #-

ウチも自分の事は自分で、と育ててきて。
その結果、現在大きな岐路の入り口にいるのかな、と思います。
その道がある、と教えたのは、私たち夫婦。
考えを聞かされて、自分たちの経験・考えをとことん話し合って。
その上で、自分で決めたことです。
決めたからには、親は全力でサポートする。
コレくらいしかできませんもの。
自分の意志をもった子供は、本当に強いです。
その成長に驚きつつ、誇らしくも思えます。

2009年02月04日(水) 14時45分 | URL | 編集

海のいるか #-

★mimi11132001さん

そうですよね。
一番は、自立。
精神的なものも含めて。
そしてmimiさんが言うように、愛情を感じられてこそ
育つものだと私も思う。
うん、信じることだよね!!
ありがとう!!


★にゃお美さん

にゃお美さんに
大丈夫って言ってもらうと
とても心強いです。
ありがとうございます!!
まさに おっしゃる通り。
修行です。
そして、私のところへ
生まれてきてくれた。
私が親に選ばれた。
そう思っています(^^)


★ぽちちょさん

親がいっぱい選択肢を示してあげるのはいいことだと思います。
その上で子供が決める。
親は視野を広く持つ。
子供に、たったひとつしか道がないわけじゃないこと、教えてあげる。
それは大切な事だと思います(^^)

2009年02月04日(水) 20時09分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。