母親は神様じゃない

子供に何かあると
私が甘やかしたから
あるいは
厳し過ぎたから
あまり構ってあげなかったから
あの時あんな事言ったから
こうしてあげなかったから…

母親って事あるごとに
自分を責めてしまう。
私もそうでした。
いや今でもそうです。

でもね、思うのです。
母親になったからといって急に神様のように我が子のすべてがわかったり
その子にとって何時でも一番いい方法が選べる訳じゃないと。

子供も親も失敗する。
そこで落ち込んでクヨクヨするのは子供を愛しているからです。

だから苦しんでいるお母さん、大丈夫ですよ。
子供も親もみんな同じじゃないと思うのです。

うちは三人息子だけど
みんなそれぞれ違います。同じ事を言っても受けとり方が違う。

もしも今までのやり方がその子にとってあっていないと思ったら
今度は違うやり方を試してみましょうよ。
この手はどうだ?
あの手はどうだ?
って。
そんな風にやってみると楽しいですよ。
子供の反応にも
おお、そうきたか!
なるほど こうなる訳か
なんて…
たまに思った通りの結果が出ると
おっしゃー!勝ったぞ
と心の中でガッツポーズとったりして。

これは以前、苦しんでいた私に言ってあげたい事です。
あなたが間違ってるんじゃない、ただ、きっともっといい方法があるんだよって。

今でも時々自分に言って慰めています。

開き直り…言葉は悪いけど これ結構大事です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。