信じる

何とか適当に(?)掃除を済ませ、
無事に母がやってきた。
食事の後かたずけはやってくれるし、やっぱり楽です。


さて、最近の長男。やっぱり平日は休みがちです。
それにつれて夜も遅くなってきた。
そして昼近くまで寝ている・・・。
起きればゲーム、DVD、買い物連れて行け攻撃・・・。

良くなったりもとに戻ったりを繰り返してる。

親として不安にならないと言ったらウソになる。

学校や施設云々というより
生活態度。


だけど。
いろんなことがあった中で私が思ったこと。

それは彼の人生の脚本を書けるのは彼しかいないということである。

いくら親が安全な道、歩きやすい道を教えても

その道を歩くか歩かないか決めるのは本人である。

心の痛み、転んだ傷をかわってやることも
何が幸せかを決めることもできないのだ。


放っておくのではない。
見守るのだ。

何があっても味方でいてやる事。
その存在を受け入れること。

異議を唱えてもいい。
ただ どんな時も愛してると伝えること。

それが大事なんだと思う。

答えを見つける・歩き出す。
その時は必ずくる。

なにがあっても見方でいてくれる人がいる、
自分を受け入れてくれる人がいる。

子供じゃなくてもそれは大きな大きなパワーになる。

そう信じたい。

不登校・男の子の育児


関連記事
スポンサーサイト

コメント

とほほ #NLJharc2

こんばんわ

そっか、やっぱり信じるしかないですね

長男君も施設のほう、問題なく通っているものと思っていました
やっぱり進んだり戻ったりを繰り返しながら心を取り戻して行く
ということでしょうか

私もなが~い目で見てあげようと思います

2008年12月11日(木) 22時43分 | URL | 編集

おかん #XyML0qCs

行けないのは仕方がないとして、
家の中でダラダラ取られると、親としては辛いよね。
「学校に行けない」じゃなくて、「家が楽」になっちゃうと、話が別の物になってきちゃうし。
家の中でルールを作ってみたら?
たとえば、「●時には寝る事」とか、「ゲームは1日●分まで」とか。
ある程度のルールを守っていく事も、
大きくなっていく過程の中では大事な事だもんね。

2008年12月11日(木) 23時32分 | URL | 編集

海のいるか #-

v-22とほほさん

不登校になった原因はそれぞれ違うと思いますが、何かに疲れてしまったんだと思うんです。
多分私たちが思う以上に頑張って頑張って・・・何かが壊れた。いや壊すことが必要だったのかもしれません。1からというよりマイナスからのやり直し。十分な休養、パワーをためる時間、必要だと思うのです。
だから・・・親としてはつらいけど、不安だけど待ってあげましょ。
がんばろーね


v-22おかんさん

本当はそうなんだと思うんです。だけど、抑圧、いじめ、愛情不足からくる自己否定・・・
いろんなことがあり、今やっと少しずつ自分を取り戻しているところです。
私も最初のうちは何とか学校へ行かせよう、行けないならせめてけじめのある生活をと頑張ってきましたが、どんどん彼を追い詰めていきました。
今はたとえ甘いと言われても一歩ずつしかないと思っています。けじめ、ルールも含めてね。
充電したパワーにあわせて。
一番大事なのは彼の心の安定なんです。
いつもありがとう

2008年12月12日(金) 00時06分 | URL | 編集

空飛ぶミケ猫 #-

役立つ自分

生活そのものが不規則になっていくのは確かに不安になると思います。

見守るのはとてもいいと思いますが、最近は成人しても親に頼りきりになる方もいらっしゃいます。

小さなことでいいとおもうのですが、行けなくて家にいる時は家事の何かをやってもらい“助かるーっ”と言える場面を作ってみてはどうでしょう。

自分の存在価値を見つけたい気持ちもあるのでは?そしてそれが満たされないと今度は次第にゲームなどに逃避したりすることはよくあります。

2008年12月12日(金) 00時13分 | URL | 編集

海のいるか #-

v-22空飛ぶミケ猫さん

手伝わせる、とかやらせるという感覚ではなくて自然にそういう状況はあります。
お母さん疲れちゃったから夕飯作ってーとか(笑)
まあ、卵焼きとかラーメンくらいですけどね。
私より背も高いので高いとこのものとってとか。
助かった~とか言うとたしかにうれしそうです。
そういうとこから少しずつ・・・。
気が短い私としては結構大変なんですけど(笑

2008年12月12日(金) 00時31分 | URL | 編集

さき #-

何があっても味方でいてやる事。

↑これすごいイイ事です!
うちのおかぁさんも、してくれました。そのおかげで、
今がある?と私は思ってます。

2008年12月12日(金) 08時37分 | URL | 編集

mimi #-

親が・・これが良いと思ったことが1番良いのです。
子どもによっても性格も違うし・・。
ただ・・何をするにも親がぐらついちゃいけない・・
土台がぐらついたら子どもはもっとぐらつきます。
自分と・・子どもを信じる事・・ですね~♪。
自分が親になると・・親の愛情という物がどれ程深い物か・・わかるんですがね~(笑)。
若い人の良い所はやり直しがきくという事ですね~
時間が有る。
私達位になると・・もうやり直すだけの時間が無い。
くじけたら立ち直るだけの時間と力が足りないです。
だから踏ん張る(笑)。
若者は幾らでも時間とチャンスとその力が有るものです。

2008年12月12日(金) 10時45分 | URL | 編集

海のいるか #-

v-22さきさん

誰もわかってくれない のと
この人だけはわかってくれる
この差はとても大きいですよね!
ねっこの部分、大事にしたいです。
ありがとう!


v-22mimiさん

親が不安だと子供はもっと不安ですよね。
でも、いろいろと迷ってしまうのが正直なところです。大きく、デーンと構えていたい。
でも、やり直しはいつでも出来ると思います。
年取るとパワーは必要だけど(笑)
ありがとうございます



2008年12月12日(金) 11時40分 | URL | 編集

にゃお美 #zD6oamb2

信じること・・・ホント大切ですよね。
『あなたには、立ち上がれる力があるんだよ』
自分で立ち上がっていけると信じる・・・
相手がいまどんな状態でも信じる。信じきる・・・とこ。
それはとても大変。
だって、信じるのは相手ではなく、自分。
自分の芯がないとできませんもん。
それをしようと決意すること・・・勇気が要ります。
で、ブログに書くこと=宣言ですからよっぽどの覚悟。
わたしはブログに書くことで、自分を励ましてます。
いるかさんの決意を読んでいて、自分と重なります。
『あぁ、ここにも頑張っている人が居る』
わたしも頑張れると。
いつもありがとう v^^

2008年12月12日(金) 13時30分 | URL | 編集

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008年12月12日(金) 15時57分 | | 編集

海のいるか #-

v-22にゃお美さん

信じる・・・口で言うほど簡単ではありません。
私もブログに書くことで自分自身励ましています。
私の方こそにゃお美さんにはいつもパワーをもらっています。にゃお美さんのブログには私がこうありたいという姿があります。
本当にありがとう!!

2008年12月12日(金) 23時51分 | URL | 編集

海のいるか #-

v-22鍵コメさん

そうですね。
今先のことは考えられない状況でしたが、そういうこと、考えていくこと、大事ですよね。
なんとか頑張ってみようと思います。
貴重なコメントありがとうございます。
気分を害するなんてとんでもありません。
感謝です!

2008年12月12日(金) 23時56分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。