See You Again

心が風邪をひいています。

仕事もあるし、子供の事もあるので表面上は変わらず元気ですが。

元気ださなきゃ、頑張らなくちゃという強い思いが逆に自分を追い込んでいるのかもしれません。


毎日が忙しく、あっという間に過ぎていく中でやらなきゃいけない事だらけで心だけが取り残されているような感じです。

なんだかね~ 思い切り泣けたらすっきりするような気がするんだけど、どうやったら泣けるのか、その方法さえ忘れてしまったみたい(笑)

あ、いや、きっとただ少し疲れているだけなんだと思う。

仕事は色々あるけど、なんだかんだ言ってもうまくいっているし

長男は停滞状態とはいえ、次男の進路はとりあえず決まりそうだし、三男は毎日頑張っているし、
順調と言えば順調なんです。

ただ...心にちょっとした穴が空いてるだけなんだ。


少しの間ブログをお休みしようと思います。

書いたように毎日は順調に過ぎています。
だから心配しないでね。

また再開したときはよろしくね。

スポンサーサイト

今日

携帯からです。PC開く元気がない

今日は日曜なのでお休み。今週は月曜休みだったから今日まで長かった。

でも今日は今日で野球のチームのイベントがあり...。ま~六年生は親も含め半分は引退したようなもんだから、昼のカレー作りに行って片付けたら私は失礼させて貰ったけど。六年生の母は来ない人もいたけどね、そうは言っても自分の子供も食べるわけだし。カレー作りくらいはね...

で、帰ってから買い物...フルタイムで働き出してから仕事から帰ったら即効で夕飯を作らなくてはいけない毎日になったから出来るだけ休みの日にまとめ買いをしておかないといけないからね。

夕方は野球から帰った三男に手伝ってもらいながらタイヤ交換。

私、仕事行くのに峠を越えて行くのだけど、
今週の水曜日の朝、峠登るまでは雨だったのに頂上付近まで行ったら雨ではなく、雪で(近いうちタイヤ換えないとマズいなー)と思っていたその二日後の金曜日はやはり峠がガチガチに凍っていて、怖い思いをしながらノーマルタイヤで下ったのよ。
こりゃ、スタッドレスに早いとこかえないと峠通れないと思って気が気じゃなかった
これで一安心。
毎日のように色んな利用者さんに「いるかさん、峠通って来るんでしょ?大丈夫かい?」と心配されていたからねf^_^;
中には「転がっても俺は助けに行ってやれないからくれぐれも気をつけてくれよ」なんて言ってくれる車椅子のじーちゃんもいる。
「もし、私が出勤日にいなかったら、峠でひっくり返ったと思って(笑)」と言ったら「冗談でもそんな事言うな!」と本気で怒られちゃった。
私は幸せ者だね。
明日からまた仕事。頑張らなくちゃね。

面接と最後の・・・

今日は会社で上司と面接。

毎年この時期に職員一人一人と上司(部署の責任者&施設の室長)と面接をするらしい。

一番の目的は、来年も続けて働くかの意思確認らしいが

ま~、この機会に何かあれば話してくださいとのこと。

何かあれば・・・

う~ん。

なんというか、どこにもあるような人間関係のぎくしゃくは正直ある。

一番は正社員やフルタイムで働く私たちと時短のパート(週3・4日で時間もフルと比べて短い)さん

とのギャップ。

対立まではいかないが・・・いや一部対立もあるかな。

私は細かいことをいちいち上司に言いつける(?)のは嫌な人なので

そういうたぐいのことを言ったことはないが

時短パートさんに一人、フルパートさんにひとり

自分が気に入らないとすぐに上司に言いに行く人がいるらしく

そのうちの時短のパートさんは上司のお気に入りなので

上司は話を鵜呑みにしている節があるらしいのだ。

私はフルなので、どちらかと言えば正社員&フルの考え方というか

やりかたに近いのだが

私にとってはみんな先輩なので

なんていうか、間にはさまれてしまうことも多々ある。

それと、フルパートさんの中に口うるさいというか

うまく言えないけど、時短のパートさんや一部のフルタイムパートさんに

煙たがられてるおばさんがいて

私はそのおばさんとも結構仲がいいので

それをよく思っていない人もいるようだ。

私としてはみんなと仲良くやりたいだけで

とくにその人にくっついているつもりはないんだけどね。

なので、仕事するうえで、困ること

どうすればいいだろうかと思うことを相談した。

丁寧に聞いてくれて

「いるかさん、本当に人のこと何も言わずに頑張ってるもんね。

すごくきついときいっぱいあったと思う。本当にメンタル強いよね。

そんな、言いつけるなんて・・・とか思わずに話してくれていいからね。

ひとりで抱え込まないで」と言ってくれた。

確かにきついことはあったけど

それほど、我慢してはいないんだけどね。

「ぜひ資格をとって(介護福祉士・・・まだあと2年チョイ働かなきゃ受験資格がないけどね)

長く働いてください。協力するから」と言ってくれた。

ま~とりあえず、いろいろ話せてよかったかな




11日は少年野球連盟の6年生を送る会でした。

三男にとって連盟最後の行事です。

町内の5チームが集まり、

全部のチームの6年生をごちゃまぜにして

2チーム作り試合をしたり

チーム対抗ベースランニングのタイムを競い合ったり

それから、6年生による遠投。

自分の子が投げるとき、だいたいこのくらいの距離だろうと

予想して親が立ち、キャッチする。

三男が投げたボールには

「お父さん、お母さん、5年間送り迎えやおにぎりや応援ありがとう。

中学へ行ってもよろしくお願いします」と書いてあった。

そして最後にセレモニー。

監督が一人ひとりに語り掛け金メダルを首にかけてくれる。

三男には

「守備のかなめとしてよく頑張ってくれました。バッティングでは

本当にコツコツと練習して強打者になったね。

君が黙々と練習する姿は本当に素晴らしかった」と。

やめたくて仕方ない時期もあったね。

レギュラーはずされて悔しかったときもあったね。

うまくなるんだと猛練習した結果、野球肘になってしまい

半年以上、ボールを投げてはいけない期間もあったね。

その間、打つのは大丈夫だからと

毎日毎日素振り頑張ったね。

監督、コーチに怒鳴られたこともいっぱいあった。

練習ではガンガン打てるのに試合で発揮できなくて

苦しい時期もあったね。

試合に勝って笑った日。

試合に負けて泣いた日。

すべてが君の宝物だね。

5年間、本当によく頑張った!君は素晴らしい。




昨日、今日と三男は修学旅行でした。

行先は東京。

一日目は国会議事堂、東京タワー、そして東京ディズニーランド!

夕飯もTDLで好きなメニュー(値段・店は決められているけど)を選べて

一緒に回っているメンバーと好きな時間(TDLにいる16:30~20:55の間)

に食べていい(その店には常に先生の一人はいる)、ホテルは

TDLの近くで3人一部屋。もちろんベットで

風呂は部屋のユニットバスという、私が小学生の時とは全く違う自由さだ。

二日目の昼は浅草のホテルでスカイツリーを眺めながらバイキング。

一日目の夕方には、町を通じて家庭に一斉メール。

「6年生全員元気に一日目を過ごしています。今はディズニーランドで

楽しんで乗り物にのっています」

う~ん、時代は変わった!

今日の6時半ころ、学校に着き、どうだった?と聞くと

「スペースマウンテンに3回も乗ったよ!」とのこと。

とりあえず、元気に帰ってきて(風邪ぎみだったのだ)よかった。




最近、職場や学校、野球の親の人間関係で

色々思うことがある。

今日も野球の5年生の親と6年生の親のちょっとした誤解があり

なぜか私が間に入り誤解を解いたのだが(どういうわけかどこへ行っても

私はこういう役回りが多い)

なんていうかさ、蓋をあけてみれば

ほんの些細な行き違いなわけよ。

お互いが腹を割って話せば、大したことなく済むんだけど

それをしないで深読みしちゃうから

ややこしいことになる。

私が間に入って・・・と書いたが

どちらにも相談されて私がお互いの言い分、疑問を聞き、

角が立たないよう相手に伝えただけのこと。

ただ、職場ではこれは中々できず

双方の話をただ聞いてるだけのことが多いんだけどね。

どうして大人になると、裏のうらを見ようとしたり

思い込んだりしちゃうんだろう。

もちろん私にもそういうところがあるんだけどね。

人を信じることにも自分をさらけだすことにも臆病になるんだよね。

たぶん、今までの経験で傷ついたことや

バカを見たりしたことが

そうさせるのだろうと思う。

自己防衛というか、学習してきた結果というか。

けど、それって本当にかしこいことなのかなって。

だって傷つかないようにしていることで

逆に傷が大きくなっていることがいっぱいあるように思うから。

難しいね、大人は






(ーー;)

携帯からです。読みにくいかも。いや、携帯じゃなくても内容が支離滅裂になりそう(>_<)

サイテー...
いい年して何やってんだ私は...

えーと 三ヶ月ほど前に私の中では結構大きい事があり、(家族も仕事も関係ない、きわめて個人的なこと)
その事について完全には心の整理がつかぬまま、時が解決してくれるのをひたすら待っている...というような毎日を送っていました。仕事中や子供達と過ごしている時はいいのですが、

通勤や帰宅する車の中、あるいはお風呂の中や夜ふとんに入ってから

いろんな感情が湧きあがってきました。

悲しみ、怒り、淋しさ、恨み、後悔、などマイナスなものから感謝、希望といったプラスのものまで実に様々な。

ただ、それらは考えても仕方のないことであり、どうにもならないことだから、感情の波が去るのを待つしかなくて。

そんな状況を早く抜けだしたくて...

で、サイテー...いい年して何やってんだ、私は...に繋がる行動をしてしまったのだ。

ははは...わけわかんないよね、すみません。
ブログに公開するような事じゃないんだけど、なんだか何処かで吐き出したくてね。

生きてると色々なことがあるよね。

けどどんな事があったって私は私として生きていくしかないんだよね

だから、みっともなくても、こんな私でも私だけは私を好きでいてあげたいって思う
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。