今年もありがとう

2011_0119rikujyou0001_convert_20110121154626.jpg

今年もいよいよ明日を残すのみとなりました。

完璧とはいえないけれど、なんとか大掃除も一通り終わり

お正月を迎える準備も出来ました。

ま~、お正月もとくに予定はなく

家族でのんびりする予定です。(いや、子供に買い物とか連れまわされるんだろうけど(^_^;))

今年もいろいろありました。

でも、我が家は年々平和になっています。

長男、次男の不登校、経済的なこと

考えだしたら不安なことはいろいろとありますが

先のことをあれこれ心配し、起こってもいないことに不安になって

押しつぶされるのか

今の現状は認識しつつも今出来る事に集中して

明るい未来を信じるのかは自分次第だから。

人の思いというものは

とても強い力を持っています。

思いが現実となるのです。いいことも悪いこともね。

何か失敗しても、とてもちっぽけな自分に出会っても

自己嫌悪に陥ってクヨクヨするときがあっても、

いつまでも、過ぎてしまったことにしがみつくのではなく

その自分から、一歩一歩進んでいけばいい。

大丈夫。今生きているということはこれまで

色々なことを乗り越えてきた証だから。

来年はもっといい年になるよ


今年は更新がだいぶ減ってしまいました。

それでも、ここに訪れてくれる方々に心から感謝しています。

いろんな場面で元気もらっています。

本当にありがとう

皆さま、よいお年を




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

スポンサーサイト

しめ縄

今日は小学校の終業式。

こんなもの持ってきた。




校長先生に教わって作ったというしめ縄リース。

わらは三男たちが作ったお米の藁。

脱穀の時に取っておいたもの。

先日子供会でしめ縄は作ったんだけどね。↓

2011_1227rikujyou0004_convert_20111228160801.jpg

これ、難しいんだよね。藁をよじって編むのが。

けど、毎年作っているから少しは慣れたみたいよ。

ま~、教わりながらだけど。

前の地区はちょっと不親切だったんだけど→引っ越してきた3年前
今度の地区の方が親切みたい(^o^)


さてさて、いよいよ今年も残るところあとわずかですね。

大掃除、終わるんだろうか(^_^;)

中々はかどりませんが、頑張らねば

ラストスパート張り切って行きま~す(^^)/





blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

合格証書と初体験



やっと合格証書を受け取りました!

10日ほど前に通知は来ていたんだけど、なかなか取りにいく間がなかったの。

でね、これを受け取った帰りに生まれてはじめて

ハローワークに行ってきた。

何もこの年の勢に行かなくてもいいんだけど

ネットで目ぼしい求人を見つけて

それがハローワークの求人だったから。

ハローワークなんて行ったことなかったからちょっとドキドキしちゃった。

入ってすぐ、「はじめてなんですけど・・・」と言うと

「お仕事検索しますか?それとも目当ての求人がありますか?」

と聞かれ、

「ひとつ見つけたんですけど」というと

求職登録票を書くように言われた。

職歴や資格、希望の職種や雇用形態を書いて行く。

ほんの4年前までは書ける免許や資格は何ひとつなかった私。

それが、普通自動車免許、ヘルパー2級(修了証はまだ届いていないけど

すべて終了してるから)、日商簿記3級、メンタルケア心理士と

4つも書けるようになった(^o^)

すべて書いて提出するとまもなく呼ばれ、

カードを作ってくれた。

で、目当ての求人を言うと、募集要項をプリントアウトしてくれて

一瞬迷ったけど

その場で紹介状を出してもらった。

事業所に連絡をとってもらい、実際面接は年明けにということに

してもらった。

まず、紹介状と履歴書を郵送すると面接日を連絡してくれるらしい。

一応話を通してもらっておけば安心だから。

モタモタしていて他の人に決まってしまうとアウトだし。

といっても、細かいことは実際話を聞いてみないとわからないから

決めるかどうかはわからないけど。

(断られる可能性だってあるしね)

じつは、実習に行った施設のこともまだちょっと迷ってはいるんだ。

夜勤がネックだけれど旦那が協力すると言ってるし。

両方、面接してみてもいいしね。

動いてみないと始まらないから。

とりあえず、来年は働くぞー!!




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

メリークリスマス


施設実習

昨日、今日の2日間特別養護老人ホームへ施設実習に行ってきました。

最期まで・・・という長期入居者が70名、短期入所が15名の施設。

寝たきり4割、車いす4割、歩行器使用を含む自力歩行可能者が2割

認知症は4割強だ。

私が担当したのはそのうちの30名くらい。

といっても、私は介護者ではなく実習生なので

一人で勝手にトイレに連れていったりベットから車いすへの移乗などは

してはいけない。

(職員がOKを出せば出来るけど)

利用者さんは私を介護者と思っている人も多く

(実習生だとあいさつしているが、わかってなかったり忘れたり)

でいろいろ頼んでくるけど、そのつど担当ヘルパーに伝えて

指示を仰がなければならない。

認知症の人が多いので

ずっと歌を歌っている人、話しだしたら止まらない人、

逆に無反応の人、ときどきうなったり、怒鳴ったりする人など

様々で最初は戸惑った。同じ事を3分おきに聞いてくる人もいたしね(^_^;)

この二日間で私がやったのは

食事介助、排泄介助、移乗介助、入浴介助(着脱介助)、口腔ケアなど

一通り。

食事介助以外はヘルパーさんと一緒にだけどね。

「慣れてるね、どこかで働いているの?」

「働いてません。はじめてです」

「おうちにお年寄りがいる?」

「いえ、いません」

「どこの実習生さん?」

「二○イ学館です」

「あ~、あの厳しい・・・」

厳しいんだ、余所知らないからな~。

慣れてると言われたのは技術ではなくたぶん、声かけだろう。

スクーリングでうるさいくらい声かけが大切だと言われたから(笑)

誰彼かまわず話しかけたりしてたし、(お風呂上がってきたら、

「さっぱりしました?お茶のみましょうね。」とか、車いす押すときは

必ず「動きますよ」とか。)

緊張はしていたんだけど、そう見えなかったみたい。

施設長、相談員さん、介護チーフ、リーダー、

それぞれにうちで働かないかと言われた。

例の施設経営の話はなくなったし、迷うところ。

ネックは夜勤なんだよね・・・。

あ、話がそれた。もとに戻すね。

デイサービス実習でもそうだったんだけど、ここの施設でも

たとえゆっくりでも、歩けるなら

歩いてもらう。、片側麻痺で着替えや移乗が自分では出来なくても

たとえわずかでも動ける部分は動かしてもらう、など

不自由な部分はあったにしても、残っている機能は充分に使うということを

大切にしている。

人間の体って(いや身体だけじゃなく心も)使わないと

衰えていってしまうから。

手すりにつかまってやっと車イスで移動している人を見ると

つい手を貸したくなるけれど、それは本人のためにはならない。

けど危険がないかだけは見守っていないといけない。

なんとなく子育てに似てるよね。

やってしまえば早いけど、本人のためにはたとえゆっくりでも

待ってあげなきゃいけない。

認知症の方とのコミュニケーションでは

*笑顔やスキンシップ、優しいしぐさで感情に働きかける

*失敗も危険を伴うことでなければ否定せず受け入れて

 正しい行動を思いだすきっかけを与えるようにする

*現実のことだけを要領よく手短に伝える

などが大切。

認知症になってもプライドは絶対になくならないから

自尊心を傷つけるようなことはNG。

事実と違うことでも、今のその人にとってはそれが真実ということも

あるようだ。

介護というと、なんだか暗いイメージがあるけれど

なんていうか、特別なことではないんだなと思った。

うまくいえないけど、誰でも老いていくじゃない?

普通の日常というか・・・

といっても、やっぱり介護度の高い人(認知症も含めて)を

家族だけで見るのは大変だと思う。家には設備だってないしね。

ほとんどの場合、女の人(嫁とか)の肩にのしかかってくるしね。

入所待ちの人も多いのだという。

施設に入れるのは冷たいとか言われた時期もあるけれど

いや、今でもそう言う人はいるけれど

ストレスのたまった家族と思い通りにならない身体を抱えて

家庭で過ごすことが幸せだとは限らない。

確かに家族と一緒にいて幸せな人もたくさんいるだろうけど。

なんでもそうだけど、一概にどの選択が正しいとは言えないよね。

高齢者社会の今、介護の問題は誰にも訪れることだよね。

何かの形で役にたてたらいいなと思う。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

三者・・・二者面談・次男編

金曜日はものすごく久しぶりのバレーに行ってきました。

1カ月半ぶりくらい?

このバレー、13年くらい続いているって言ったけど、

最初からのメンバーは半分くらいかな。

もともと子供(長男)の保育園のママ友関係で始めたから

子供が保育園に行っている昼間の時間。

で、何年たっても昼間にやっているけど

仕事やらで今は全員そろうことはまずない。

人数が揃わないときは、バレーの出来る(ママさんバレーやってるとか)

誰か(メンバーの知り合いとか)に

声かけて来てもらったりするんだけど(バレーの仲間はほとんどが子供3人いるし

PTA関係の役員もいろいろとやっている人が多いからみんな顔が広い)

今日行ったら、久しぶりに見る顔があった。

「あら~、すごい久しぶり!最近どう?身体のほうは」

実はこのMさん、もうかれこれ6~7年ほど前かな?

乳がんで片方の乳房を摘出してる。

「うん、大丈夫だよ、いるかさんは元気だった?」

「実はさ、私も病気になって取ったのよ、私は子宮」

「え~、そうなんだ。癌だったの?」

「うん。初期だったけどね」

不思議なもので、同じ病気になった者同士、話に抵抗も遠慮もない。

バレーやってるときはひたすらプレーしてるので

(ときどき・・・いやしょっちゅう珍プレーに爆笑しているが)

あまりいろいろ話はしなかったけど、

なんだか妙に親近感というか同志?という気がするから不思議だよね。

たぶん、同じ病気になったというだけで

その時の恐怖、戸惑い、など同じものを乗り越えたことが

一瞬にしてわかるからだろうね。


さて、夕方は次男の三者面談・・・いや先生と私の二者面談でした(^_^;)

例の進路希望のプリントを渡すと

「すごい!自分でちゃんと書いたんですね」

・・・と言っても

書いたことと言ったら・・・未定だけなんだすが(^_^;)

でもまあ、今回の目的は意識を向けることにあるので

一応OKでいいだろうと思う。

中2のこの時期の懇談会はそろそろ進路の話が出てくる。

たぶん他の子は徐々に志望校を意識しだすのだろう。

高校へ行くのかどうかから考える子は少ないだろう。

長男に引き続き、次男もまた同じ問題を乗り越えていかなければならない。

私は上の子が高校進学を決めたのは中3の12月であることを話し

おそらく次男もそれくらいかかるであろうことを話した上で

「ただ、その時はいるくるかわからないので情報だけは集めておきたい

んです。2年前長男と見学に行ったのは現在在学しているK学院、

やはり通信制のM高校、T高校の3校です。

なので、私自身はその3校の様子はわかっているんですが

他にも定時制も含めて情報があったら教えてください」とお願いした。

それから、その3校の中ではM高校が一番合うように思うこと(私から見て)、

なのでその時がきたら本人を連れて見学に行くことになるだろうと

いうことも。

先生はなにやら張り切った様子。

なので、動き出すのはまだまだ先であること、進学するかどうかも

不明であることだけは念を押しておいた(^_^;)

先生というのは、とにかく卒業後の進路、道筋をつけなければと

焦るものだから。その子の一生を考える親とは違い

とにかく無事に、いい形での卒業がゴールだからね。

私はもう焦る段階は通り過ぎているから・・・

腹は決まってる。進学しないという選択も覚悟はしている。

私も強くなったなー・・・


それから、来年4月の修学旅行。

行く可能性は極めて低いが、0ではない。

もう班決めをしたり、班行動も決め出しているようだ。

班に関しては先日一応一緒にしてほしい子の希望は出した。

といっても、私がだけどね、本人に聞いたわけではない。

その希望は通り、他の子も同じ班の子はみんな

おだやかなタイプ。

行ければいいんだけどね。

長男のときとは違い、知らない子ばかりではないから。

でも、難しいだろうな。

それに・・・ひとつ問題が・・・

たぶん、制服が入らない。

身体、かなり大きくなったから(^_^;)

とくに横に。

作りなおさなきゃいけないけど、着ない可能性の方が大きいから・・・

長男の時も結局作りなおすなんてことはしなかったから

卒業式は制服ではなかった(^_^;)

校長室でひとりの卒業式だったしね。


そんなこんなの話をして

もう慣れてしまった評価のついていない通知表をもらい

二者面談は終わった。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか













個人懇談・三男編

今日は三男の個人懇談でした。

通知表をもらい、授業では発言が光っていて

それがもとで学習が広がることが多くあり、頼りになる存在だということだが

漢字だけが他と比べて極端に苦手ということ(>_<)

読みはスラスラなんだけどね。

こちらの記事で書いたけど、彼の場合認識の仕方が同時処理様式なのだと

思われる。

こりゃ、家でパズル形式でゲーム感覚で覚えさせた方がいいな。

ひとつ、頑張りますか(^_^;)

それから例の菌付けなどの件。

その後、そういうことはなくなったようで

そういうことをしていた女の子たちとも最近は仲良くしている様子。

これは私が三男の様子を見て感じていること。

三男は根にもたないタイプだからね。

そこから、いじめなどについての見解を話したりした。

「・・・お母さん、もしかしてものすごく勉強されてます?

なんだか、すごく言葉に重みがあるというか響くんですけど」

あはは、自慢じゃないけど経験も半端じゃないですから。

長男のことでは、地の底まで行ったような気がしたもん。

長男本人はまだ立ち直りの途中だし。

もちろん勉強だってしたけどね。

先生は、いじめというものに半分パニックになってしまったようで

発覚当時かなり焦ってしまったようだ。

「うちは一番上の子がひどいいじめに合いました。それがもとで

中学は3年間行けなかったし、今でも引きずっている部分があります。

なのでいじめというものには敏感です。

うちは被害者だけれど、加害者の子だって心には消えない傷が残ると

思っています。なのでいじめは絶対に許せないけれど

かといって子供同士のいろいろないざこざをなんでもかんでも

すぐにいじめだと騒ぎたて大人がすぐに解決しようとするのは

逆に成長を妨げるのではと思います。

だから、状況を子供の気持ちも含めて冷静に見極めるのが

一番大切だと思っています。今回三男からはじめて聞いた時、

注意深く見守りながら、『きっと、ただ面白がっているでけだから

知らんふりして気にしない方がいいよ。だけどもしエスカレートしてきたり

我慢出来なくなったらちゃんと話してね』と言っていました。

話を聞いたり、様子を見ていた限りでは本気で嫌われたり

心底意地悪されているという感じではなかったので。

本人も大丈夫だと言っていたし。」

「大切に対応してくれていたんですね。

すぐにお母さんに話すべきでした。

本当にすみませんでした。これからは何かあったらすぐに連絡します。」

「私も先生にお話していなかったし・・・。あの段階では

まだ先生のお力を借りるほどではないと判断していましたので。

けど、やっぱり両方で状況を把握しておくことが大切なのかもしれませんね」

そのためには信頼関係が必要だが。

とりあえず、先生との距離は少し縮まった感じで懇談は終了。

来年度もこの先生かどうかはわからないけど。


明日は次男、三者面談です。90%以上の確率で

私と先生の二者になるけど(^_^;)




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

今年一年

今年ももうすぐ終わりですね。

といっても、あまり実感が湧いていませんが(^_^;)

まだ年賀状も作っていません。早くやらなきゃ・・・

大掃除もね。

さて、今年も色々なことがありました。

我が家の1年をざっと振り返ってみると・・・

2月、メンタルケア心理士資格取得(私)・ついでに一つ年をとった

3月、長男中学卒業・・校長室での卒業式ポニースクールも卒業・次男13歳に

4月、長男高校入学、次男中2、三男5年生にそれぞれ進級・三男11歳に

5月、引っ越し 引っ越し日は長男が泊まり込みのバイト中(GW)だった

8月、三男野球肘に・私腸憩室炎で入院・長男16歳に

9月、18回目の結婚記念日

10月、三男新人戦・旦那一つ年をとる

11月、長男4泊5日のスクーリング・簿記3級取得(私)

12月、ヘルパー2級取得(正確には今現在まだ見込みであるが)私

とまあこんな感じかな?思いつくままに書いたから

何か忘れているかも?

もちろん他にもいろいろありましたが。

私的には・・・去年子宮頚がんが発覚し8月に手術入院してから

体力・免疫力が落ちたかなと感じたり(今年も同じ時期に入院したし、

ついこの前ひいた風邪はなかなか治らなかったし)

なんだか今年はいろいろな勉強をする中で

上手く言えないけど、すべてがつながっていると感じたり

私が本気でやろうと思って出来なかったことはないと強く思えたり

人というものが一段と好きになった、

そんな年でした。

悩む日も、迷う日も、落ち込む日もいろいろとあるけれど

それでも、前を向いて歩いて行きたいと思います。恐れずに。

年を重ねるごとに感謝の心が大きくなっていきます。

感謝の気持ちが大きくなると幸せも大きくなります。


今日は私の大事な友人の誕生日。

おめでとうというよりも

ありがとうっていう気持ちです。

私にとって、この友人との出会いは宝物。

だから、私と同じこの時代に生きていてくれることに

同じ時を過ごせることに

ありがとう




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

デイサービス実習

薬が変わったのがよかったのか

丁度治る時期だったのか、体はぐんと良くなりました!\(^o^)/

やっと、自分の体になったという感じです。

なので昨日はタイヤ交換しました。

具合悪くてずっと出来なかったからね~。

私はタイヤ交換は自分でします。スタンドに持っていったことない。

昨日は朝雪降ってて、今年に入って2度目。

ひやひやしていたんだ。何処行くにも車使うしね(なんせ田舎ですから)

これで一安心。



今野球に送ってきたとこ

今日が今年の練習納めで駅伝やるからということで

応援していたけど

寒くて足が凍りそうだった(>_<)



そうそう、書きそびれていたんだけど

例の施設経営の話は白紙に戻しました。

なんか段々話が変わってきてしまったので。

簿記もヘルパーもそのために取ったんだけど(ヘルパーはまだ見込みだけど)

まあ、資格は無駄にはならないのでいいきっかけだったかなと。

せっかくだから資格を活かした仕事をしようと思っています。

ヘルパーの方はキャンセルした施設実習の予約を取り直しました。

21、22日です。その後レポートを提出してすべて終了です。

デイサービスと訪問介護の実習には行ってきました。

身体、本調子じゃなかったけど(^_^;)

デイサービスは朝8時集合。

車で30分のところが、朝雪がちらついたせいか、

それとも通勤時間だったせいか

50分かかった。遅刻するかと焦った。

まずは書類を提出してかんたんな説明を聞き

ミーティングから参加。

その後利用者さんお迎えの車に乗り

お迎え。車は何台か出てさらに何回にも分けて

それぞれのお宅に迎えにいくのだけど

私が車に乗るのは一回。

その後、到着した順にお茶をだしたり昼の献立確認。

朝の会であいさつして

それからは入浴をした方の着衣介助をしたり、ドライヤーで髪を乾かしたり

お話をしたり、レクリエーションを手伝ったり。

利用者さんと一緒に洗濯ものを干したり・・・。

痴呆のある方、ものすごく耳が遠い方、

車いす、杖、ほとんど寝たきりの方など様々。

誰でも笑顔で接すると笑顔でかえしてくれるのが嬉しかった。

デイサービスというもの印象は、大人の保育園だなーという感じ。

目がキラキラ輝いているおばあさんがいて素敵だった。

お見送りをしてそうじをして実習は5時に終わった。

うん、楽しかったよ。

やっぱり私は人間が好きなんだなーと思ったわ。





blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか


三者面談

今日は長男の高校の三者面談でした。

まず、英語の追試は無事合格点だったこと。

これで試験の方はすべてOK.

しかし、やはりレポートその他が溜まっているので

冬休みは補習に出なくてはいけないこと。

「まだ、それほどキツイ状況ではありません。けれど12月、1月頑張っておかないと

2月はかなり大変になると思います・・・」ということ。

長男は、焦る様子もなく、大丈夫だろうか?

「なるべく来ます」

「いや、なるべくじゃなくて必ず来てください」

「・・・たぶん」

「じゃなくて絶対」

「・・・はい・・」

おい、大丈夫か??

ま~、今まで「絶対」にうなずいたことはないから

今回、一応でも「はい」とうなずいたのを信用するしかないか。

「俺さ~、ギリギリ追い詰められないとやる気になんないんだよね」

帰りの車の中。

「わかるけど、このままだったら2月に泣くよ?」

「それぐらいの方がいいんだって」

「今そのつもりで終わらせちゃえば?2月になって

何があるかわかんないじゃん。母ちゃんみたいにしつこい風邪にでもかかったら

あんた、単位全滅するよ?」

「う~ん・・・」

しっかりしてくれよ~

「試験合格したのに、最初からやり直しは嫌だな」

そうでしょ?

今まで出したレポートだって無駄になるよ?

単位落としたら来年地獄が待ってるよ?(なんせ取らなきゃいけない単位が倍になる)

さすがに全部落とすことはありえないけど。

私が言わなくたって

頭ではわかっちゃいるんだよね。

なんとか自分でスイッチを入れてくれ!!

母ちゃんはサポートはするけど、あんたの代わりにレポートをする気はないよ。

まして授業に出るわけいかないし。

百も承知だとは思うけど。

「あ~、早く母ちゃんの合格証書できないかな~」

「合格したの?」

「あれ、知らなかったっけ?当然!合格したよ」

「あれだけ勉強してたからなー」

そうだよ、あんたも少しは見習って。

はぁ~

いつになったらこいつはシャキッとするんだろう。

ま~、長い目でみていきましょう。

これまでのように忍耐強く。





blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか



スクールカウンセリング

ご心配おかけしました。昨日からなんとか熱は今までより下がりました。

まだ咳はでるし完全とは言えないけど

しかし、本当にしつこいです、今回の風邪。

参ったな~・・・


今日は中学のスクールカウンセリングでした。

カウンセラーの先生も風邪ということで

二人でマスクしての対談(^_^;)

最近の次男・・・相変わらずの日々であります。

精神的にはすごく安定していて、のびのびとしております。

そこが逆に、これでいいのかと心配になったりもするわけですが。

カウンセラーの先生は

「不登校の子はすごく自己否定的になったり、将来の不安から

精神的に不安定になったり、攻撃的になったりすることが結構多いわけですが

○○くんの場合はそういうことが全然なくて

とてもいい状態であると言えるわけです。

それは、お母さんが上手に対応し、お兄さんの経験を踏まえた上で

しっかりと向き合っているからだと思います。

小学校のころからの流れもあるし、すぐに進展というわけにはいかないでしょうけど

僕は今のまま焦らないでいいと思います。

心の安定という土台がある子はいざ動き出すという時には

スムースにいくと思いますから。

ただ、もしかしたら学校はそうは言ってくれないかもしれません・・・」

というのは・・・

ここ10年くらい、不登校というのは誰にでもおこりうることで

登校刺激はあまりしない方がいいというのが

一般的な対応として浸透していた。

ところがここへきてそれが変わってきたというのだ。

不登校の全国調査とかあるじゃない?

で、たとえば不登校児が多いとされる県とか市町村は

焦るでしょ?

なんとかしなきゃいかんということになるわけ。

で、県や市町村の方でなんとか対策をたてなければという意識が高まる。

そんな中、たとえば校長が自ら不登校児と接触してうまくいった例などがあると

それがクローズアップされて

先生たちの勉強会とかで発表されたりする。

そうすると、いろんな学校の校長先生たちが自分も動かなきゃという気になったり

担任に発破をかけたりする例が増える。

結果・・・

「それによって解決する子も確かにいます。けど、逆に振り回されて逆効果になる方が

はるかに多いと僕は思っています。そういう事例はいくつも見ていますしね。

発表されるのは成功例だけですからね・・・。

だいたい、全国的に多い少ないと言ったって、割合的にものすごく差があるわけではないし

どこからを不登校というのかという問題もいれたら、(たとえば、放課後顔を出すだけであっても

出席になるから不登校児の数には入っていない)

実態は何ともいえない。数字が高いからとすぐさま、その地域や学校に問題があるとは

言えないんですけどね。けどまあ、県、市町村、校長、担任という順に

上から煽られるわけですよね。

となると、家庭への働きかけも増えるわけで。

それによってせっかくいい状態にあった子の精神状態が

崩れるのが僕は心配なんです」

長男のときは、何もなかったが、次男の場合は校長が家に来たいと言っているのは

そういう背景もあるのかもしれない。

「それに対して、○○くんは何と?」

「なんで?校長が来たって学校へは行かないし、会わないよ、と。」

「そうですよね、校長先生は無理に学校へ連れて行こうという気ではなくても

子供にしたら校長先生が来るというだけでかなりプレッシャーですよね」

もしこれが長男の時だったら家から逃げ出すくらいだったろうと思う。

学校という言葉さえ使えなかった時期もあったのだから。

次男の場合はそこまでの拒否感はないけど

校長先生が来てプラスになるとは思えない。

大きなダメージもなさそうだけど。

ま、とりあえず体調が悪いので年内は勘弁してくれと

担任に言っておいたけど。

学校の事情も色々あるだろう。

不登校という事態に対して親の腹が据わっていなければ

振り回されて子供にとって逆効果になる場合も。

確かに背中を押すのが必要なときもあるし、

難しいところではある。

やっぱり、一番近くにいる親が子供の状態を把握し理解していることが

一番大切だと思う。

その時々でも状態は変わる。

学校のいうことがいくら正しくても、子供にとっての正解ではないならば

盾になることも、逆にこのタイミングだと思ったなら

コンタクトをとることを頼むのも必要なことだと思う。

次男の場合は

今とても安定している。が、動き出す気配はなく

強い刺激はまだそのタイミングではないように思う。

私は担任に、進路希望の書類を作ってもらった。

今進路を決めるというのではなく、今の段階で漠然とでも

高校への進学、就職、職業技術専門学校などの中でどういう希望を持っているかを

全員が提出することになっていることにして

進路のことを考えるきっかけ作りにするためだ。

長男のときはこういうことは出来なかった。

追い詰めてしまうことが目に見えていたから。

しかし、次男の場合はこのくらいの刺激はあったほうがいいように思ったので

私から担任に頼んだ。

今日そのプリントをもらったが、さすが、うまくできている(あたりまえか)

次男にはまだ見せていない。

時間があるときで次男のいいタイミングで切り出すつもり。


高校の情報もまた収集しはじめようと思っている。

長男の行っているところよりも次男の場合は

長男の時に見学に行った違う学校の方がいい気もする。

他にもいろいろあるしね。

たぶん、次男の進路が決まるのも長男の時と同様、ギリギリであると

思われる。(長男は中3の12月だった)

そう、まだ1年かかる計算だ。

ただ、そのタイミングはいつくるかわからない。

その日のために、ひとつでも多くの選択肢を用意しておいてあげたい。


長男も相変わらずあまり登校していない。

私が不登校の親を卒業出来る日はまだもう少し先のようだ。





blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

今日病院で熱はかったらまだ37度5分ありました。

薬を代えてもらいました・・・


しんどい

毎日夕方になると熱が出ます。

昼間も微熱はあるけど、(37度くらい)ここ6日間夜は37度7分を下回ったことがありません。

今は38度越えてます。寝ながら携帯で書いてます。(具合悪くて逆に眠れない)

病院で処方された抗生剤や風邪薬ちゃんと飲んでいるのに、なんで?(:_;)

さすがにちょっとキツイです。
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。