三男(^◇^)と う~ん・・・

金曜日はラジオ体操、学校プール、野球練習。

昨日は一日野球練習と毎日頑張っている三男。

今日は大会の予定だったんだけど

雨で延期に。グランドの状態も悪いということで

練習もなしになった。

「今日は打てそうな気がしていたのに」かなりがっかりの三男。

昨日の練習で初ホームランを打ったようで

手ごたえを感じていたみたい。

がっかりの原因はもう一つあって

今日は子供会のお楽しみ会で、ま~、ちょっとした日帰り旅行というか

ちょっと遠くまで行ってマイハシ作りや五平もちを作る体験を

したりするのだが、大会のためそちらは諦めて申し込みをしなかったのだ。

野球をやっている子でも4年生以下の子はお楽しみ会を

選択していたのだが。

けっきょく、何の予定もなしになってしまった・・・。

と、電話。

支部長さんからで「野球中止ならお楽しみ会来ない?」と。

「いいの?」「うん、大丈夫だよ」

三男 やったー

この地区で野球をやっている子は6年生一人と5年の三男、あとは4年生以下。

その6年生の子も行くことになって

元気に出発していった。

よかったね。




三男と同級生で今年から野球をやりだした子がやめたいと言っているらしい。

その子が入ったのは今年だが現在中1のお兄ちゃんがずっとやっていたので

ちょくちょく来てはいた。(兄ちゃんは1年生からやっていたらしいので親はチーム7年目)

その子の両親がちょっと変わっていて・・・

お父さんは、良く知らないがおたく系変わりもの。

お母さんは・・・なんて説明したらいいだろう。

かんたんに言えば、怠けもの?

お兄ちゃんのとき、ユニフォームに穴があいていたり

グローブがボロボロだったりということがあって

怪我をするといけないから、縫ってあげるか新しいの買ってあげてとか

監督、コーチに言われても長期間そのままだったり

試合では5、6年生の母はスコアをつけたり、

ピッチャーの玉数を数えたりする仕事があるので

試合開始の遅くても15分前には行っていなければならないのだけど

いつも来るのは試合の途中。(結果、仕事は出来ない)

で、これを言ってはなんだが、その~いつも髪はベタベタボサボサで

身体に悪いくらい太っている。冬は服もほこりだらけ。

仕事はしていなくて、そこの家の子供が言うには

寝てるか、パソコンいじっているか・・・らしい。

それだけならまだしも、自分はそんな状態なのに

人には偉そうに色々言ったり、ベンチの子供たちに説教したりする。

子供に説教・・・はみんなするのだが

普段きちんとサポートしているからこそ言えるのだし

子供たちもわかっているから聞くけれど

彼女の発言には子供たちも聞き流している感じ。

何かでカレーなどを作り、それが余れば

そのときばかりはいつにない素早さで家から鍋をもってきて

真っ先に持って帰る・・・。


昨日の朝、練習が始まる時間に来て監督に

子供がやめたがってると行った時

私はたまたま傍にいた。

理由を聞く監督に彼女の口から出た言葉は

「声を出していたのに、声が出ていないとコーチに怒鳴られた」

おいおい、その程度で?

それは子供にとってはショックかもしれないが

その程度のことは日常で

そんなんでやめていたら、今頃誰一人いなくなっている。

試合中、熱くなった監督やコーチからは

そこまで言わなくても・・・と思うほど

罵声が飛ぶ場面も多々ある。そこをフォローするのもまた親の役割じゃないのかな。

けど、みんな心の底で

子供がそう言っているからというのは口実で

本当は自分がいろいろと面倒くさいんじゃないか、と

感じていた。

来週は合宿で母たちには一番大変な時間になる。

合宿所、グランド、家を行ったり来たり。

朝は6時には合宿所に行って朝ごはんを作らなくてはならないし。

でとりあえず、昨日、今日は休むと言った後で

「私お茶当番なんだけど・・・どうしよう」

これは誰か変わってくれないかなということ。

でも、普段が普段だし、今正式にやめたわけでもないし

お茶当番のとき子供が欠席しても、みんなお茶だけは持ってきてるし・・・

とみんな無言でいると

監督が「子供の状態と当番は別なのでお茶はお願いします」と。

「わかりました。3時(練習終了時間)にまた取りにきます」

で、3時・・・お迎えに。

実際は3時に練習を終了してから、グランド整備、整理運動、

かんたんなミーティングをするので終わるのは3時半近い。

が、3時半過ぎても彼女がくる気配はない。

お茶は3時には片付けてもいいんだけど。

とりあえず、私が使ったコップやタオルなどを片付けたが

来ない・・・。

「来ないね」「来るって言ったよね」「寝てんのかな?」

「どうする?」と母たちと話していると

父たちが、「やめたいっていってんだって。俺らがあの父ちゃんに

冗談で次期会長やれっていったからかな?」と。

あらあら、父たちは父たちでそんな話になっていたのね。

しかし、誰もが子供の気持ちではなく、親の都合ではないかと

思っているということだ。

もし子供の気持ちより親が面倒だからという理由なら

子供が可哀そうだよね。

中には仕事がいそがしいから野球はやらせられないという人もいるけれど

そういう事情の人には手を貸すし、それでも無理と言う場合は

家庭の事情なので仕方ないとは思うけど

一度入れておいて・・・というのは・・・

最近は土日出勤になってしまった母も何人かいるけど

出来ないことはしょうがないから出来る事をしてもらってる。

それを悪く言う人はいない。

けど、出来るのにやらない人に対しては厳しい。

当然といえば当然だ。

みんなが口にする。「子供が可哀そうじゃん・・・」

とりあえず、監督がその子供と直接話をしてみると言っている。

どうなるかな・・・。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか



スポンサーサイト

夏休み

今日から小学校もやっと夏休みに入りました。

8月18日まで。毎年言ってるけど短い~。

休み初日の今日・・・4時起き。

子供会の座禅会。

4時40分集合でお寺に行き、5時半~6時まで座禅。

その後、朝のお勤め、ラジオ体操をしてお粥を食べて片づけをして

7時40分ころ帰宅。

10時半から学校のプールの予定だったけど

雨で中止だったのでこれは午後からの野球練習も中止かなということで

バッティングセンターへ。

帰ってから雨はやんでいたので、結局野球の練習。

帰宅したのは6時40分。

「全然、夏休みに入った気がしない・・・」

夕飯食べたらダウンで寝ちゃった。


長男は今日も補習に行かず。

「気持ち悪い・・・」

朝からまたしても私と大喧嘩。

腹がたったまま、車でコンビニに買い物に行きながら

私、何焦ってるんだろう?と急に冷静になった。

今の状態(朝のバトル)は、長男が不登校になった当時と同じだ。

違うのは義務教育である小中学校とそうではない高校。

しかも自分で行くと決意したことと

当時は何をどうやっても行けず、学校というものすべてにアレルギー反応を

起こしていたのが、今は単位をとる気持ちはしっかりあるということ。

学校へいくつもりもある。←まだ身体が(心が?)付いていかないだけで。

通信制の高校は一応1年ごとに単位をとる科目は決めるが

要するに3年間で決まった単位をすべて取得すればいいわけだ。

1年で取れなかった分は2年、3年で取りなおしても

構わないのである。

いや、3年に限らず何年かけてもいいのだが。

焦ってはいけない、このブログで散々書いていた私が焦ってどうする。

家に帰って長男の部屋へ。

「もう、うるさいことは言わない。

3年間できちんと単位を取れるように考えて動きな。

もし今年度取れない単位があれば来年大変になるけれど

それはそれでいいから。良く考えてね。

とにかく、4年は無理だからそれだけは言っておくから」

と話した。なんだかスッキリした。

そうだ、何も私が焦ることはない。

本人が決めた進学。

その後のことも本人に任せればいいのだ。

3年間という時間の中で考えよう。

なんだか知らないけど、いつもの私が復活しました!




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

ごめんね、もう起きてるの限界・・・。

お返事、ご訪問、遅れます・・・



私と次男

昨日は中学の終業式でした。

もちろん次男は欠席。

夕方、私が通知表をもらいに行きました。

担任の先生と少し話を。

この前の就学相談員さんが家庭訪問したいと言う件について

私の気持ちを話しました。

「家にきてもらうのは全然構わないのですが、“さあ、どうしよう、こうしよう”

と言う話は今はまだ避けたいんです。

今は長男の時のことを踏まえた上で本人の様子、タイミングをうかがっているところです。

スクールカウンセリングの先生もそれでいいと言ってくれています。

本人は指導員さんとも会わないと思うし

一番心配なのは私自身が揺れてしまうことなんです。

長男と二男ではもちろん性格も状況も違います。

長男のときには、この子はじっと見守って待ってさえあげれば

いつか必ず自分から動き出すという確信がありました。

なので逆に言えば、誰に何を言われてもある程度どっしりと構えることが

できたのですが、次男の場合はどこかで背中を押すことが必要だと

感じています。ただ、やはりそれにはタイミングが重要で。

そのタイミングを見極めるのが難しいかもしれないと感じています。

私自身、迷いや不安もあるので

何かアドバイスを受けると揺れてしまう可能性があるんです。

私の気持ちが揺れると、その焦りは不安は本人に伝わり

かなりの悪影響であることは経験上、イヤというほどわかっています。

ですから、私の気持ちがもう少ししっかりするまでは

放っておいて欲しいのです」

少し勇気がいったけど、先生はわかってくれました。

「よくわかりました。私からお母さんの気持ちを伝えて

もうしばらくそっとしておいて欲しいと伝えておきます」

よかった。

長男のとき、いろんな人のいろんな考えを聞くことはプラスだった。

けど、それは私の中にしっかりした軸があって

いろんな意見の中から必要なもの、不要なものを

識別できる状態だったからだ。

その前提なしに、いろんな人の話をきくのは危険だ。



通知表は長男のときと同様、評価はなし。

備考欄に各教科の先生からメッセージが書いてある。

「この単元まで進みました、教科書読んでおくといいよ」

「勉強の相談はいつでもOKだよ」など。

評価はないけど暖かさを感じる。

帰って次男に渡したが、見た気配はなし。

ふと思った。

今は次男もそれらを見ないことで気持ちを保っているのかもしれないと。

学校のことは自分には関係ない顔をしているけど

時折、8月に行く登山について聞いてきたりする。

「行く?」と聞けば

「行くわけないじゃん、普通に学校へ通ってたとしても

登山なんて行きたくないよ」というけれど。

この辺の中学では2年生で一泊の登山へ行く。

学校を午前4時に出発して山に着くのが6時頃。

それからすぐに登りはじめて

頂上到着は午後3時20分の予定。

山荘に泊まって、帰りは途中ロープウェイに乗る・・・。

行く可能性は限りなく0に近い。

ただ、少しは気になるのだろう。

学校と言う存在が彼の中にある証拠だ。

何も考えていないように見える彼だが

気持ちの中にはいろいろあるんだろう。

動く力が出るまでは、寄り添って見守ろうと思う。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

やめるのやめました

たくさんのコメントありがとうございました。

お返事が遅れていてごめんなさい。

本当のこと言うと、ブログをやめようかと思っていたんです。


ここのところ、一生懸命なのにうまくいかないということが多く

いろんな面でくじけそうになっていました。

ちょっと自分を見失っていたんです。

子供のことも、そのほかの色々なことも

なんだか、私の空回りのような気がしていたし、

誰かに元気を届けたくてこのブログを始めたのに

今の私にはそんな力はないと。

いや、はじめからなかったのかもしれないけれど。

いろいろと予定をこなし、

日常生活は普通に送り、表面上は変わりなく過ごしながら

心の中は、どこか暗闇の中にいるようでした。

う~ん、ちょっと違うかな。

暗闇というよりは全体的に靄がかかっているような感じ。

なんだか、投げやりな気持ちや失望感、

死にたいとは思わないけど、自分の存在価値への疑問。

ははは・・・一応カウンセラーなのにね。


そりゃ、生きていればいろいろあって

落ち込むことは今までだってあったけど、

その間隔が短くなっているというか

ま~、簡単に言えば・・・疲れちゃった・・・。

そんな気分のまま、更新したブログは、

やはり、コメントも入らなくて

こんなこと、今までなかったから

ここでも、私の存在価値はなくなったんだなーと。

ええ、ちょっと悲劇のヒロイン、入ってました(笑)

で、やめようと思った時に、いろんなこと思いだして

ありがとうだけは伝えたかった。

伝わらないかもしれないと思ったけれど。


そんな中

金曜日に野球のお母さんたちの飲み会で盛り上がったんだけど

その中の一人と話していて、長男や次男のことを話したら

全然知らなかったんだけど

一番上のお兄ちゃん(現在高3)が

中学から不登校で

散々悩んで苦しんだこと、今でもトントン拍子とは言えないことなどを

知った。うちの長男、次男の不登校のこともはじめて知ったらしく

「でも、いるかさん、明るくて全然そんな姿(落ち込んでいる)見せないね」と

言われた。それはお互い様だけどね。

ああ、こんな身近にも同じように苦しんでいながらたくましく生きてる人がいる、

そう思った。

私が長男の話をしなければ、こんなふうに胸のうちを話し合えたりはしなかっただろうとも

思った。


そして昨日は野球の大会だった。

第1試合・・・負けた。

第2試合は久しぶりに三男、スタメン出場。

結果・・・同点でくじびきとなった。

クジで勝ち、3位決定戦へコマを進めることとなり、

第3試合・・・見事!勝利!

3位となった。

お母さんたちは目がウルウル。

毎日頑張って練習していた子供たち。

試合ではうまく力が発揮できずに、負けたことが多かった。

その子供たちの手にとうとうトロフィーが。

三男はレギュラーをはずされ、悔しかったり悲しかったり

いろいろな思いをしながらも、くじけず毎日練習してきた。

今回3試合のうちの1試合だったけど

フルで試合に出場出来た。

下級生の子たちもベンチでは大きな声で声援を送っていた。

母たちも、毎日の体調管理や洗濯、

おにぎりを握り、氷やお茶を用意して、試合ではスコア付けや

審判へのお茶出し、子供たちへのケアなど

頑張ってきた。

お父さんたちも、土日の試合では、グランド整備、審判。

そう、みんなで勝ち取ったトロフィーだ。


長男は夏休みに入ったが、

1学期中のノルマが達成できておらず

補習となった。が、一日目の今日、

またしても欠席。

「そんなならもう知らない」私は言った。

「勝手にしろ」と。その代わりもう何も手伝わないと。

それから、留年はさせない。

やることもやらず、ただただ一日延ばしにしているだけで

それでは何年かけたって同じ事だ、そう言った。

3年間の学費でさえ、四苦八苦なのにそれ以上は無理。

とにかく、今年度中に取ることになっている単位は全部とれ。

それが出来ないなら、就職口を見つけろ。

「勉強がわからない」

長男はそう言った。

「わからないなら、なぜもっと勉強しない?」

・・・長男は『中学3年間の英語を10時間で勉強する本』を

買って勉強しだした。

今はこれが精一杯か?

高校生活はまだ始まったばかり。

取り返しはいくらでもつくのだが、

まだまだ大丈夫だと本人が思っている限り

進まない。なんていってもケツに火がつかないと

動き出すことをしない性格だから。

これは・・・私に似てるかも(^_^;)

電話で先生とは話はしているようだけど

たぶん、安心させるように「まだまだ大丈夫」だと

言われているようでこれが裏目に出ている。

かといって、かなり頑張らなければ無理だと言わたら

たぶん、くじけてしまうだろう。

厄介な性格だ。

補習日は10日くらいあるのだが

長男は2、3日行けばいいらしい。

だったら、早く終わらせちゃえよと思うけど

中々私の思い通りにはならない。

それでも、投げ出してはいない。そこが救い。


次男は変わりなし。本人なりに穏やかな日々を過ごしている様子。


話はもとに戻ります。





blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか


ありがとう

私がこのブログをはじめて、あと2か月で丸三年になります。

長男が同級生からのいじめ、引っ越し、完全不登校となり、

精神的にも荒れていて、どうしたらいいか途方にくれ、

親としての自分を責め、落ち込む毎日から

光を見出し、様々な気づきを得て、前に向かってしっかり歩いていく決心をして

物事は考え方次第でいいようにも悪いようにもなると

わかり、状況は変わらずとも精神的には暗闇から脱出した・・・そんなときでした。

私と同じ思いで苦しんでいる誰かの力になりたい、それが

ブログを始めたきっかけです。

次第に応援してくれる方、共感してくださる方、同じ思いに悩む方からの

コメントが入るようになり、たくさんの出会いがありました。

その反面、「甘やかしだ」

「自分の子供を学校に行かせることも出来ないくせに

何を偉そうに」

などの批判コメントも時折あり

あるとき、今までになくしつこい批判コメントに

うんざりして相手にするだけ無駄だと思った矢先、

2ちゃんねるに書き込みをされたことがありました。

それは、当時から1年近くも前に記事に書いた

長男が精神的に不安定だったころのものに対してのものでした。

「自分に暴力をふるった中3の息子と一緒に寝て喜んでいる気持ち悪い母親」と

いうようなもの。

書かれたころは中3だったけど、その記事は中1か中2のころのことなんだけどね。

ご丁寧に「あなたのブログが2ちゃんにさらされてますよ」とコメントまで

入れてくれて。

あわてて見に行ったら、100件以上の書き込み。

ブログにも

「どうせ、あなたの子供は将来ニートに決まっている」

「不登校、引きこもり、ニート、犯罪者というお決まりのコースに

ならないように」

「記事を敬語で書かないなんて何様だ」「自分を褒めるなんてばかみたい」

など嫌がらせが多数あり、

一時は限定公開にせざるを得ない状況にもなりました。

その時、私を支えていたものは

「この人たちの言うことが間違っているということは

長男の将来が証明してくれる」という強い思い。

そして、みなさんからの暖かい応援でした。

あのときの思いは今も変わらないけど

まだ時間がかかりそうです。


長男に引き続き、次男も中学へ入ってから完全不登校。

検診で見つかった子宮頸がん、入院・手術・・幸い早期発見だったけど。

大家からの言いがかりと言ってもいい立ち退き、引っ越し。

経済的に厳しい状況。

ブログを始めてからもいろいろあった。

それでも、私が今こうして前を向いて歩いていけるのは

暖かいコメントでいつも励ましてくれたみなさんのおかげです。

今はただの日記と化してしまったけど、

ブログをやめてしまった方も疎遠になってしまった方もたくさんいるけれど

コメントのやりとりも少なくなってしまったけれど

ずっと忘れない。

私を支えてくれたみなさん。

本当にありがとう。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

やっちゃった

すごい久々に、本日2度目の更新です。

またやってしまった。

今日は夕方、次男の担任の先生と約束をしていたのだが

すっかり忘れてしまっていた。

これ、実ははじめてではない。


次男の担任の先生とは週1で会うことになっている。

私が中学へ行くのだが、

会うと言っても、配布物を受け取り、集金があれば払って

(次男の中学は、振込ではなく現金で毎月持って行く)

5分か10分、「最近どうですか?」

「相変わらずです」

「では、また来週」というような会話をするだけだ。

長男のときは、やはり私が中学へ出向いていたのだが

週1が自然に月1くらいになったが

担任の先生とは会えば1時間ほどのおしゃべりをしていた。

おしゃべり・・・そう、もちろん長男の話もしたが

関係のない話もよくしていた。

長男の先生は、長男をなんとかしなければというスタンスではなくて

私の精神的な支えになることが間接的に長男を支えることにつながると

きっと思ってくれていたんだと思う。

だから、先生と会うことは重荷ではなく楽しかったし

ずいぶん支えになってくれていたと思う。

それに、今思えば、長男については色々と変化もあったから

最近、こうなんです、ああなんですと話題もあったかもしれない。

次男は長男と違い、変化はあまりない。

よく言えば安定しているとも言えるが

現状維持、動き出す様子もない。

最近どうだと聞かれても、相変わらずです、としか言えない。

ゲームですか? はあ

他には? 漫画やテレビやPC動画・・・

生活リズムは? バラバラですね~

外出は? しません・・・


動き出す気配のない次男について

なんとかしようという先生との会話は

正直、ちょっと重たい。

それに、お便りは今の状況では読む気もしないのが

正直なところ。

いや、たまには目を通すけど。

この部分は長男のときも同じで、

もらってきたプリント類はそのまま放置されていた。

私が次男の先生との約束をついうっかり忘れてしまうのは

もしかしたら、無意識に避けているのかもしれない。

次に会う時に、週一回ではなく月1回にしてもらえるよう頼んでみよう。

今のままでは先生にも申し訳ない。

学校とのつながりは絶ってはいけないが、

今の状態はベストではない気がする。

どちらにしてもスクールカウンセリングには行っているが

スクールカウンセラーの先生は学校の先生ではないものね。

難しいね、色々と。





blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか



エゴグラム まとめ

エゴグラム~自我状態~について?まで書いてきました。

エゴグラムをチェックしてみることで自分の心のくせのようなものが

わかります。

それによって、親子関係を含む人間関係がうまくいくようになるには

どうしたらいいかを考えるヒントになると思います。

エゴグラムチェックリストは全部で5つ。

これまでに3つを紹介してきました。

今日は残りの二つと、関わりのヒントとして載っていた文章を

紹介したいと思います。

興味ない方はスルーしてね。



まずはFC度

以下の質問に○(はい)、△(どちらともつかない)、×(いいえ)で答えて下さい。

1、うれしいときや悲しいときに、すぐに顔や動作に表しますか?

2、あなたはよく冗談を言う方ですか?

3、言いたいことを遠慮なく言うことができますか?

4、欲しいものは手に入れないと気が済まない方ですか?

5、子供がふざけたり、はしゃいだりするのを放っておけますか?

6、映画や演劇など娯楽を楽しめますか?

7、われを忘れて子供と遊ぶことが出来ますか?

8、漫画の本や週刊誌を読んで楽しめますか?

9、「わぁ」 「すごい」 「かっこいい!」などの感嘆詞をよく使いますか?

10、子供に冗談を言ったり、からかったりするのが好きですか?



次にAC度

1、あなたは遠慮がちで、消極的な方ですか?

2、思ったことを言えず、後から後悔することがよくありますか?

3、無理をしてでも他人から良く思われようと努める方ですか?

4、あなたは劣等感が強い方ですか?

5、子供のために、どんな嫌なことも我慢しようと思ってますか?

6、他人の顔色をみて行動するようなところがありますか?

7、本当の自分の考えより親や人の言うことに影響されやすい方ですか?

8、上の人や子供のご機嫌をとるような面がありますか?

9、イヤなことをイヤと言わずに抑えてしまうことが多いですか?

10、憂鬱な気分や悲しい気持ちになることがよくありますか?


結果は続きから




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

運動づけ? エゴグラム③

昨日は久しぶりに野球が休みだった三男とプールへ行ってきました。

今までバカみたいな暑さだったのに、昨日に限ってそんなに暑くなく

屋外プールでは水の中にいないと寒くて(>_<)

なので屋内プールにいる方が多かったかな。

でも海の日で混んでいたから

屋外のほうが空いていて(あまり小さい子は入れないし)

屋内と屋外を行ったり来たりしていました。

2時間半入ってたら疲れちゃった。

けど、帰ってからしっかりやりましたよ、キャッチボール&バッティング練習。

毎日の日課ですから。

今夜はまた親子スポーツで卓球の予定。

なんだか、私も運動づけになってる?

ダイエットは一時休戦。

しかり食べなきゃ身体がもたん!

ここのとこ、三男に付き合うことが多いので

他の子のことも気になります。

なので、夕飯に長男や次男の好きなものを作ったり

こまめに声をかけるようにしています。

洗濯物は毎日山のようにあるし、

いくら暑くて死にそうでも、家族の健康管理のため

汗だくになりながらも料理に励む。(クーラーない)

主婦ってホント大変よね~・・・。




さて、今日はA度です。

以下の質問に○(はい)、△(どちらともつかない)、×(いいえ)で答えて下さい。

1、あなたは感情的というより理性的な方ですか?

2、子供を叱る前に、よく事情を調べますか?

3、何かわからないことがあると、人に相談してうまく処理しますか?

4、仕事は能動的にテキパキ片付けていく方ですか?

5、あなたはいろいろな本をよく読む方ですか?

6、子供をしつけるとき、感情的になることは少ないですか?

7、物事は、その結果まで予測して行動に移しますか?

8、何かをするとき、自分にとって損か得かをよく考えますか?

9、体の調子のよくないときは自重して無理を避けますか?

10、育児について夫(妻)と冷静に話し合おうとしますか?

チェック出来たら○=2点 △=1点 ×=0点で計算してください。

結果は続きから




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

三男大会 エゴグラム②

今日は三男大会でした。

・・・この時間私が家に帰ってこの記事を書いているということは・・・

はい、一回戦敗退です・・・。

前に書いたけど三男は今スタメンからは外れています。

けど、どの試合も一度だけ代打でバッターボックスに立ちます。

今日も、チャンスが。

でも中々打てません。

バッティングの力があるのはコーチたちも認めています。

家での練習でもかなりいいバッティングをしています。

レギュラーならば、何度も打席に立つのでチャンスも多いけど

たった一回で結果を出すのは難しい。

緊張もするでしょう。

けど、やるしかない!

レギュラーへ帰り咲くために、頑張れ!!

今日はその後、守備にも入りました。

可もなく不可もなく。見せ場はなかった。残念!


我がチームは土日しか練習がありませんでした。

よそのチームはけっこう平日もしているんですが

うちは人数も少なく(学校自体が小さいので)

見れる大人がいないため、平日は出来なかった。

けど、少し前から、6年生が立ち上がり、

今は子供だけで毎日放課後練習をしています。

暑い中、毎日。

三男は帰ってからも、個人練習に励んでいます。

来週も再来週も大会です。

頑張っている子供たち。なんとか勝たせてあげたいです。


今日ポストにこの前の細胞診と血液検査の結果が届きました。

細胞診、クラス?、腫瘍マーカー、異常なし。

今度の検診で腫れがおさまっていれば

問題なしです。

とりあえず一安心。まだ手放しでというわけにはいかないけど。


あ、昨日長男はレポートを10数枚提出してきたようです。

あと少しで年間の50%を達成する様子。(全教科)




さて、今日はNP度。

皆さんあまり興味がないようなので(^_^;)

やめようかと思ったけど、予告したので一応載せておきます。


以下の質問に○(はい)、△(どちらともつかない)、×(いいえ)で答えて下さい。

1、人から道を聞かれたとき、親切に教えてあげますか?

2、頼まれたら大抵のことは引き受けますか?

3、友人や家族に何か買ってあげることが好きですか?

4、子供をよく褒めたり、頭をなぜたりする方ですか?

5、他人の世話をするのが好きなほうですか?

6、他人の欠点よりも長所を見る方ですか?

7、人が元気をなくしていると、慰めたくなるほうですか?

8、子供や夫(妻)の失敗に寛大ですか?

9、あなたは思いやりのあるほうだと思いますか?

10、経済的に余裕があれば交通遺児を引き取って育てたいと思いますか?

チェック出来たら○=2点 △=1点 ×=0点で計算してください。

結果は続きから




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか

保護者会 エゴグラム①

昨日は長男の高校の保護者会でした。

保護者会は日曜の昼間、平日の夜、平日の昼間(昨日)と3日間に分かれていて

都合のいい日に出席します。

なので人数は少なかったけど、和気あいあいとした雰囲気でよかったです。

まずは学校での様子をスライドショーにて。

長男がヒップホップを踊っているのもありました


その後、通信制高校でのスクーリングについて。

長男は通信制高校の生徒です。

それは世界自然遺産に登録されている島にあります。

あの、もののけ姫の舞台となったところです。
(あ、わかってもね)

普段通っているのは県内のサポート校で

サポート校のキャンパスは全国にあります。

年に一度、通信制高校へ4泊5日でスクーリングに行きます。

試験や授業はもちろんありますが

様々な自然体験もします。学校が掲げているテーマは

「そこに命がある」というもの。

そのスクーリングの説明。


その後、親子のコミュニケーション講座として

エゴグラム・チェックをやりました。

エゴグラムとは自我状態。

心のくせのようなものです。

わかっているようで意外とわかっていないのが自分のこと。

自分のことを客観的に見る参考になるので紹介したいと思います。

一気に紹介すると長くなるので

何回かに分けて紹介したいと思います。

今回はまずCP度と言われるもの。

以下の質問に○(はい)、△(どちらともつかない)、×(いいえ)で答えて下さい。

1、子供や夫(または妻)が間違ったことをしたとき、すぐとがめますか?

2、あなたは規則を守ることにきびしい方ですか?

3、最近の世の中は子供を甘やかしすぎていると思いますか?

4、あなたは礼儀作法にうるさい方ですか?

5、何事にもやりだしたら最後までやらないと気が済みませんか?

6、自分を責任感の強い人間だと思いますか?

7、小さな不正でもうやむやにするのは嫌いですか?

8、「ダメじゃないか」「・・・しなくてはいけない」という言い方をよくしますか?

9、時間やお金にルーズなことは嫌いですか?

10、よい、わるいをはっきりさせないと気が済まないほうですか?


チェック出来たら○=2点 △=1点 ×=0点で計算してください。

結果は続きから




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか




不登校児の生活リズム

みなさん、励ましありがとう!!

ご訪問もお返事も出来なくてごめんなさい。

昨日は昼間は元気でバタバタとしていたのですが、

夕方になって急にものすごくだるくなり

微熱が出てしまいました。

体も疲れているのかな。



昨日は長男、久しぶりに登校しました。

レポートを出しに行ったのに、金曜じゃないと提出できないと言われたようで

がっかりした様子で帰ってきました。

担任も休みだったみたい。

今度は金曜に出しに行くと言っています。



ゲゲゲの鬼太郎を通り越すくらい髪の毛が伸びていた二男が

やっと髪の毛を切りました。

床屋ではなく、私が切ったんだけど。

普通に過ごしている人にはわからないかもしれないのだけど

不登校になって精神的に↓の時の子供って

身なりなんて一切気にしなくなる(なにもかも面倒、うつのような状態)時期が

あったりするんです。みんながみんなそうではないのかもしれないけど。

だから、髪の毛を切ったというのは

けっこう大きい変化だったりするんです。

だからといってすぐにどうこうということはないんだけど

少しずつ気持ちが前向きになっているんだと思います。


目に見えない部分でふたりとも

ほんの少しずつ変化しているのかもしれません。


今日は中学のスクールカウンセリングでした。

その前に担任との面談があったのですが

町の教育委員会の就学相談員の方が同席。

初対面です。

いくつか質問され、

「まずは生活のリズムから整えないといけませんね」

う~、この言葉、言い方にちょっとした拒否反応を覚える私。

実際の不登校児を知らない人は必ずと言っていいほど

これを言います。

間違ってはいない、いやむしろ正しい。

だけど・・・。

不登校=学校へ行っていない、だけじゃないんだな~。

大人がそうであるように子供だって当然学校へは行くものだと思っている。

それでも”行けない”のが不登校児だ。

行かなければならないのに行けない。

そこには当然、葛藤、罪悪感というものがあり、

また、行けない原因がたとえばいじめであるなら

それに対しての恐怖やいじめられる自分というものに対する劣等感など

様々な思いがあり

はっきり言えば精神的に普通の状態ではない。

ほかの子が元気に学校へ行っている時間

布団をかぶっていたくなったり(無意識に)するのは

ある意味当然のことで

よく、学校へ行けなくても規則正しい生活を。

家でもいいから勉強を。

というが

それができる段階にいる子供もまだそこまで元気になれない子も

いるわけで

それをなんとかリズムだけでもというのは、

正論だが、理解が足りない。そんな単純なもんじゃない。

たとえば、風邪を引いたとき

それでもなんとか仕事に行けるときと

まったく起き上がれないときがあるのと同じで

まずはその子の現状を理解したうえで

はじめて言えることである。

さっき書いた髪の毛の件と同じことだ。

不登校児という情報しか持たず

「家では何をしていますか?」

「生活のリズムはどうですか?」と聞いただけで

その言葉が出てくることに拒否反応がでるのはそのためである。

一般的な人がこう口にするのは無理はないと思うのだが

不登校児専門にかかわる人がこういう態度なのは

ちょっと・・・嫌なんだ。

その後

「中学にいる間は私たちがなんとか外の風をおくらなければ

いけないと思うんです。その後高校へ行くならば

そちらにバトンタッチすればいいんですが・・」

・・・なんかさー、もちろん向こうは仕事でやってるのは

わかるんだけど、義務感だけと感じてしまう私はひねくれものだろうか。

無理に今なんとかしてくれなくてもいいんだけど。

二男の人生は中学卒業後も続いていくんだから。


その後カウンセラーの先生とも話したんだけど

親やカウンセラーはその子の人生を長い目で考える。

でも、学校の先生は違う。

先生がかかわるのは最大でも3年間というわずかな時間。

その間に進路とか道筋とかを

たてなければと思う。

だから、早くなんとかしなければという思いで

子供や親に接する。

親は学校の先生とはそういうものだということを

頭に入れておいたほうがいい。

そうじゃないと逆に悲観的になったり、焦ったり振り回されたりする。

先生に悪気はないのだけど。

誤解を招く言い方かもしれないが

たとえ中学の3年間、不登校だったとしても

卒業時に目途がついていなくても

その後の人生はなんとでもなる。

これはスクールカウンセラーの先生も同じ意見だ。

それを無理に焦らせ、追いつめることのほうが

その後の人生において悪影響だ。

不登校児を持っている人はそのことを頭に入れておいてほしい。

今現在、不登校であるなら

考えるべきなのは将来のことではなく

今、その子にとって大切なのは何かということだ。

未来は現在の先にあるのだから。

大切なのが心のやすらぎであるなら

生活リズムより、学校へ行かせることより

そちらを第一優先にさせるべきだ。

その他のことはそこがきちんとしてから

考えればいい。

今大切なものを大切にすることが未来につながることである。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか






泣き言

今日はちょっと暗いです。

はっきり言って泣き言です。いや愚痴かな。

うまく文章にできるかわかりません。

ちょっと気持ちを整理したくて、書いてみることにしました。


長男、今月一度も登校していません。

いや先月の終わりごろから。

前にちらっと書いた先輩とのこともありますが

それだけではなく、簡単に言えば気乗りがしないという感じに見えます。

毎朝、「明日は行く」といいますが

次の日には「明日は」と。

20日までに出さなければならないレポートがいくつもあり

ほぼ全部終わらせていますが、提出するには

登校しないとなりません。

その他、学校でしか出来ない課題もあり、

私の中で焦りのようなものがあるのは事実です。

中学と違って高校は義務教育ではありません。

だからこそ、進学するかどうかは

本人の気持ちに任せました。私の考えは話したけれど。

通信制高校&サポート校のダブルを選び

はっきりいえば、経済的に苦しい我が家にとっては

厳しいのですが、本人がその気ならなんとしてでも行かせてやろうと

思いました。

中学で勉強しなかったのでレポートもわからないことだらけ。

つきっきりで協力しています。

なのに・・・。

なんだかね、気持ちがどよ~んと。

今朝も喧嘩。

長男は別に投げているわけではありません。レポートをやっているのがその証拠。

だけど。

進学を決めて進んでいく様子を見ながら

これからは大丈夫だと感じていたので

どこかにはトントン拍子にはいかないかもしれないと

思ってはいたんだけど、

やっぱり、ダメなのか?と。

いや、前にも書いた通り、出席日数は関係ないし

今の段階で深刻なことは何もありません。

でも、なぜか涙が出そうになるときがあって。

親にできることは、手を引っ張ることでも

導いてやることですらなく

その子が進んでいくことに対してのサポート、応援でしかない。

進む道を選ぶのも、進んでいくかを決めるのも

本人で、いくらこちらが一生懸命になっても

代わりに道を決めることも、もっと先へいこうと走り出すことも

出来ない。本人がその気にならなければね。

友達と楽しく、輝いた高校生活。

それを夢見ているのは私なんだろうか。

この挫折感に似た思いはなんなんだろう。

高校生活はまだ始まったばかりだというのに。

まだまだ余裕のはずなのに。

と・・・ここまで書いてなんと私は寝てしまいました(笑)

最近眠くてしょうがないのです。

睡眠時間は5時間くらいですが、これは前からなので

急に寝不足になったわけではないんだけど。

あんなにブルーだった気持ちが起きたら

戻ってました。

疲れているだけかもしれません。

卵巣が腫れているといわれ、もしも・・・という気持ちもあって

焦っているのかもしれません。

あまり考えないようにしていますが

再発、転移という言葉が胸をかすめます。

今私がいなくなったら・・・と。

その可能性はほぼ0%のはずなのだけど。

がんとは言え、0期だったのだから。

日々、心配ごとは山のようにあります。

長男のこと、次男のこと、三男のこと、経済的なこと、体のこと・・・

勝気な私でもへこたれそうになるときもある。

消えてしまいたいと思うことも。

それでも歩いていくこと。それが人生だ。

なんだか、支離滅裂でごめんね。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか


いろいろ

相変わらずバタバタとした毎日です。

火曜日の夜は今年もまた親子スポーツ教室に参加するという三男と

バトミントン。去年は旦那が行ってたけど、今年は行く気がないようなので

私と。もちろんキャッチボール&バッティング練習の後ね。

7時から8時半まで。

思い切り汗かきました。

水曜は昼間長男の買い物に付き合い、夜は地区懇談会。

こちらに引っ越して初めていく公民館で。

でも、学区内だから知っている人はたくさんいるけどね。

夏休み中の地区行事などの話。

(夏休みの初日である28日にいきなり座禅会だって。しかも集合は朝4時半!!)

木曜はバレー。これも汗だく。

今日は歯医者。予定のない日がないです。

そのほか長男のレポートに付き合い、野球チームで全員坊主命令がでたので

三男を床屋へ連れて行き・・・

(あ、坊主は別に何かの罰というわけではなくて

ただ単にみんな髪の毛が長すぎると。

三男、生まれてはじめての坊主頭です。

なかなかかわいいです(笑))

二男の担任の先生と面談などなど・・・。

(なんでも不登校支援の先生が家庭訪問したいという話があった。

う~ん、まあいいけど、二男の心境を思うとどうなんだろう・・・)

おかげで(?)卵巣のことはあまり考えずに過ごせてます。

ときどき、不安になるけど。

来週はスクールカウンセリング、高校の保護者会など。

きっと次の検診まであっという間でしょう。

で、きっと問題ないに違いないのだ(^.^)
0000011564.gif

今日は三男は育ちの森の活動でした。

三男が通う小学校では地域の人たちと協力して

森を守る活動をしています。

活動のねらいとして学校があげているのは

*地域の中で自ら汗する活動のひとつとして学校林や○○(地域名)森林での

 活動を通して地域における四季の自然とふれあう機会とする

*自然を愛し、これを育て守るために力を合わせて自主的に活動することを学ぶ

*地区の子供会での活動や縦割りグループ活動を通して、

 社会性を養う

*様々な活動の中で、地域の方々など多くの方々と触れ合う

で、夏の活動については

夏の林の様子に触れ林の手入れの必要性を感じ、林の生態や

林の手入れの仕方を学び林が元気に育つために必要な作業を行う。

校長、教頭、各担任、保健の先生、業務員さん、

森林組合、役場産業振興課、学校支援ボランティアの方々(おじいちゃん世代)

PTA総務部、そして子供たちだ。

今日は育樹活動(下草刈り)と

間伐・皮むき

(本年度は4本、上部は枝を残して皮をむく、

これは学校へ持ち帰り日陰干ししてサンドペーパーをかけ

花壇の枠等に使用・皮は乾かないうちに巣箱の形を作っておく)

など。ヘルメット、長そで長ズボン、軍手をはめて

皮をむくためのマイナスドライバーなどを持って

子供たちも本格的。

こういう経験が出来る子供たちは幸せだなと思う。

けど、森から学校へ帰ってから三男は微熱がでて

保健室で寝てたらしい。

下校するときには下がったようで普通に帰ってきて

元気そうにしているので

きっと暑さのせいだったんだと思う。

もちろん水筒は持って行っていたけど

全部飲み干してあった。でっかいの持たせればよかったかな。

暑い中、長そでで作業だもんね。

野球も毎週のように大会だし、体調管理、しっかりしなくては。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか





まさかね・・・

今日は半年ごとの検診日。

子宮・・・じゃなくて膣断面の細胞をこすり取っての細胞診と

超音波で卵巣も見る。

「膣の中はすごく綺麗ですよ。傷も完全によくなってますね。」

「はい)^o^(」

「超音波で卵巣見ますよ~。あら?腫れてますよ、左側。

痛くない?」

「はい」・・・そういえばここのとこお腹がはって重い感じはあるのは

そのせいかな?便秘のせいだと思ってたけど。

「たぶん、排卵後で黄体っていうものだと思うけど

様子はみないといけないから3か月後にもう一度見せに来て。

心配ないものなら2か月くらいでしぼむはずだから。

一応腫瘍マーカーもしましょう。こちらの結果は郵送で送ります」

なんでも4cmくらい腫れてるらしい(通常は親指くらいの大きさ)

あ、腫瘍マーカーというのはがんの場合に血液中に増える成分の値を

調べるもの。卵巣は子宮と違って直接組織を採取できないので

超音波や腫瘍マーカーで調べ、必要ならばMRIやCTを撮る。

それでも、腫瘍があるかどうかはわかるけれど

良性か悪性か実際のとこは手術で採ってみないとわからないんだけどね。

予想はできても。(腫瘍マーカーも100%確実ではないから)

たぶん大丈夫だと思うけど

一度がんという病名がついた私としてはやっぱり心配だ。

婦人科系のがんになった場合はほかの婦人科系のがんになりやすいというし。

頼むからしぼんでくれ~。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか


今週の子供たち

今朝、長男を起こしに行くと・・・

なかなか起きず、「気持ち悪い」と・・・。

最近は毎日のことだ。

最低週2日は登校すると言ってたのに

今週は登校できていない。

レポートもあまり進んでいない。

気持ち悪いのは寝不足&夜中にいろいろ食べるためだと思われる。

学校へ行きたがらなくなったのは先輩との関係などあるのだが、

(いろいろと付き合わされる、ときには奢らされる・・・

ちょっとパシリに使われている?って感じ)

だからといってこのままでは単位もあやうくなりそうだ。

先生がいうにはまだ十分取り戻せる範囲ではあるようだが。

それに、きっかけはそうであっても

少し休み癖がついているのではないだろうか。

朝になると気持ちが悪いのは

自己管理が悪いせいだ。

ここらでちょっと喝をいれようと思った。

今の長男は受け止める力は十分にあるはずだ。

「気持ち悪いのはきちんと寝ないのと食生活のせいでしょ。

自分で体調悪くしてるんだから学校へ行かない理由になんてならない。」

私は強い口調で話し始めた。

「それに、学校へ行けないなら家でレポートをまじめに

やらなければ単位を落とすよ。」

寝不足の長男はもちろん不機嫌。

「気持ち悪いんだから仕方ないだろ、寝かせろよ。

無理やり行かせようとしたって絶対行かない」

ムキになってくる。

「あらそうですか。いったいなんで進学することにしたの?

迷って悩んで決断したんじゃないの?そんないい加減だったんかい!」

「ああ、そうだよ。テキトーに決めた。」

これはもちろん売り言葉に買い言葉であることは承知の上だが

構わず続ける。

「父ちゃんも母ちゃんもあんたが真剣に決めたと思ったからこそ

全面的に協力することにした。

テキトーに決めて、いいかげんな気持ちなら

学校やめていいからさっさと働き口みつけて

教育ローンで借りたお金返せ!」

「$%&×!!」

なにやら怒鳴っているが、あとは黙って部屋を去る。

こういうとき、その場で思い通りにさせよう、解決しようとすると

逆効果である。

言いたいことを言ったら考える時間を与えなければならない。

大丈夫。長男はわかっているはずだ。

数分後、二階から降りてきた。

「今日こそ行こうと思って早く寝たんだよ。だけど夜中に起きちゃって・・・

学校行こうといつも思うのに、行こうとすると気持ち悪くなるんだ。

とりあえず、来週からは行けるかどうかは別として

生活は整えるよ。

今日も今からレポートやる。

だから、付き合って」

その後、現代社会のレポートを7月20日の提出分まで終わらせ、

(そこまでやらなくてもいいんだけど(^_^.))

数学もほぼ終わらせた。

午前中いっぱい私もつきっきり。

「やっても提出しなければ意味ないよ?」

「わかってる。月曜日に出してくる」

そうできればいいけれど。

でも、中学時代まったく勉強しなかったわりに

飲み込みは早く、社会は私はそばにいただけだし数学も

理解が早い。こいつ結構頭いいのかも。なんて親ばかかしら(笑)


午後は小学校の参観日。

授業は臨海学習の新聞を作った発表。

みんなよく出来ていた。

その後、救急法講習。

毎年受けてる私は完璧

いざというときにきちんと出来るかは・・・わからないけど。

そして学級懇談会をして

5時過ぎに帰宅。

三男とキャッチボール&バッティング練習。

あのね、じつはバッティングマシーンを買ってきた。(旦那が)

毎日ご機嫌で練習している。

この前の練習ではコーチたちにバッティングを褒められたと

嬉しそうに話してくれた。

秘密の特訓の成果だね)^o^(

三男がマシーンで打ってる間に速攻で夕飯を作る。

いつものことながら忙しい。


明日は大会。試合出れるといいね。

夜はクラスの保護者&先生の飲み会

今回はお父さんが多い。

なかなか二人そろっては出られないから

今度、お母さん限定の飲み会も設定しなければ(^_^.)

私は役員だから、二次会までは付き合わなければならない。

また飲みすぎないようにしなくては。

明日の大会で3勝すれば明後日もあるし(決勝戦&3位決定戦)

初戦の相手が強いようなので難しいとは思うが・・・。

とにかく、頑張れ!!


そうそう、家に引きこもりぎみの二男。

今週は二日ほど外に出た。

一日は長男に誘われてだけど

もう一日は自分から買い物に連れて行ってほしいと。

わずかずつでもいいから、進んでいけるといいなと思っています。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ご相談はこちら↓
VgQPI.gif
カウンセリングルーム★いるか



GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。