雪、交渉&ありがとう!!

今日は雪でした。

白くなった道路を運転するのは今季初。

シーズン初のときは、やっぱりちょっと怖いですね。

去年ここで滑ったんだ、とか(苦笑)

急アクセル、急ハンドル、急ブレーキさえ

気をつければだいたい大丈夫なんですけどね。


昨日、回覧板を回しに大家さんのところへ行ったら

ちょうど玄関から出てきて(回覧板はいつもポストへ入れておく)

顔を合わせてしまった。

「予定してくれていると思うけど、7月に文書で渡した通り

3月には出ていってくださいね」

この言葉・・・言い方にカチンと来た私

「そのことは改めて主人が伺いますので」と言うと

「うちはちゃんと文書で伝えてあるから」

「はい、文書はいただきました。だけど

だからと言って出て行かなくてはいけないわけではないですので。

法的には。

そこのところも含めまして主人が話に伺います」

ははは、出て行くわよ、9割方。居座りたくないし。

でもねぇ、法的にはでて行かなくてもいい状態なのに

いかにも、“うちが出てけといってるんだから当然!”て

いう態度にも腹がたつし(事情を知らない方は・・・最大のピンチ!! 
                       ぐったり
                       とりあえずを読んでね)

一軒家で10年間でうちが3組目って多くない?

悪い見かたをすれば、2.3年で追い出して家を修理させてる?とも

思えなくもない。

だって、前回のとき「敷金なんてすぐなくなるから。絶対足りないから」って

家の中を見てもいないのに言ってたのよ。

前の人ともかなり揉めたみたいだしさ。

まあ、それでなくても引っ越すにあたってお金がないのは確かだから

請求できるものはさせていただきたい。

で、今日行きました。

なんと、旦那がひとりで。以前の旦那を知っている人から見たら

すごい進歩でしょ!!

おまえも一緒に・・・と言われたけど

私は掃除、いそがしいし(笑)

大家さん、年寄りだから私と旦那では態度が全然違うのよ。

やっぱり男が出て行くのと出て行かないのとでは

態度が違う。

家で待つ間、私も少しドキドキした。こういう時、任せたことないし(^^;)

「ただいま~」

「おかえり~、どうだった?」

「いうべきことは全部言ってきた。『いくら半年前に言ったといっても

正当な事由ではないのでうちがここにいようと思えば

まだいられるわけなんだけれどもあまり揉めてまでいるのもどうかと

思うので引っ越そうとは思いますけど

もう何年かはここに住むつもりでいたので

引っ越すのは予定外の出費ということになってしまいます。

そちらの都合でということなので、それは請求させていただいても

よろしいですか?』って」

でかした!父ちゃん!

で、大家さんの反応は?

「とりあえず、不動産やと相談するって。

歩み寄れるところは歩み寄るって言ってたよ」

うんうん、いい感じ。

ま~、まだなんていってくるかわからないけど

とりあえず、どう出てくるかだ。




さて、今年もいよいよ残すところあと1日となりました。

今年も変わらずにお付き合いくださった方々、

新たに出会えた方々、

いつも覗いてくれた方々、

みなさん、本当にありがとう。

今年は毎日欠かさず更新とはいかなかったけど

たくさんの感動や元気を分かち合えたり

いろいろと考えさせられる記事を読ませてもらったり

個人的なやりとりがあったり

ありがとうって言ってもらったり、励まし、応援をいただいたり

役立つ情報を教えてもらったりと

本当に皆さんとのやりとりのひとつひとつが

私のパワーになりました。

いつも私を受け入れてくれるやさしい家族のような気がしています。

こんな私ですが、来年もお付き合いいただけると嬉しいです(*^_^*)

よろしくお願いします。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください





スポンサーサイト

2年前

いよいよ今年も残すところ後2日になってしまいました。

やはりなんだかバタバタと忙しいですね(^^ゞ

今日は2008年、12月、ちょうど2年前に書いた記事を再度アップさせて

いただきます。

自分自身で読み返してみて、私はこうやって頑張ってきたんだなって改めて思いました。

弱い自分、認めたくない部分から目を背けずに

他の何者でもなく、私は私のまま、出来る事から一歩ずつ。

今の自分がどんなに弱くても、どんなに情けなくても

それでも、前を向いて歩いて行けば

少しずつ、だけど確実に道は開く。私は実感しています。





生きていると日々、色々なことがあります。

楽しい事、嬉しい事、腹立たしい事、泣きたい事。

誰でも苦しいことからは逃げ出したい。

でも、向きあわなければいけない事もある。


生きているとはそういうことだと思う。

子供に問題が起きたとき、

怒り、悲しみ、不安、迷い、自己嫌悪・・・

口では言い表せない様々な思いを味わった。


だけど、その中で一番苦しかったのは

自分自身と向き合うことだった。


気付かないうちに 世間体やら見栄やら様々なものから自分自身を守ろうと必死になっている自分を知った。

確かに子供を思っていた。

でも、心のどこかに ダメな親だと思われたくないという思っている以上に強い感情が働いている事を知った。


子供を受け入れるということは そういう自分を受け入れるということである。

それを すべて取っ払い、本当に大切なものが何かをみつけるには

弱い自分がいることを自分自身認めなければならない。

子供に限らず、何かと真剣に向き合うとは本当の自分と向き合うということである・・・。


私にそれが出来た時、子供の心が見えてきた。


そうして 思う。

ああ、この子が教えてくれたんだと。


これから先、まだまだいろんな感情を味わうだろう。

苦しみ、やるせなさ、悲しみ。

でも、逃げたりしないで、しっかり味わおう。
涙をながしても そこから1歩踏み出していこう。

そうすれば幸せがもっと味わえるだろう。

そうやって自分とちゃんと向き合う姿を子供たちに見せていきたい。

乗り越えられないことなんてないはずだから。



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください

米ぬかケーキと舞の海さん



少し前に魔女たちの22時で話題になった米ぬかケーキを作ってみたよ。

出演した46歳の魔女はこれを主食にして10か月で17キロのダイエットに成功したという。

そこまでのダイエットは必要ないけど米ぬかには食物繊維やビタミンEが多く含まれて

るので美容にも◎

☆レシピ☆

米ぬか125g、ホットケーキミックス125g

たまご一個、牛乳または豆乳150cc

これを全部混ぜてアルミカップなどに入れ180度のオーブンで20分焼くだけ。

簡単♪

さてお味の方は・・・う~ん。微妙。

不味くはない。けど甘みは足りない感じ。

黒糖ちょっとかドライフルーツ入れるといいかも。

あまり入れるとダイエット効果が薄れるが・・・・。

まぁ、これはこれで食べれますけどね。




さて、今日は小学校&中学校の終業式でした。

中学は・・・私が行った。いやいや終業式にではないですよ。

今年最後の長男の担任の先生との面談。

この前の高校見学の報告も兼ねて。

M高校はよかったし、高校へ行くとすれば

たぶん、そこに決めるだろうと思うけど

一応他の学校も2・3校通える範囲のところで見学したほうが

いいかなと思う。

県外で寮生活というのは本人も嫌みたいだし

私も乗り気じゃないからね。

で、先生と見学に行く学校を相談して

とりあえず、2校行って見るかということに。

長男も行くとしたらM高校にすると思うけど

他に見学に行ってもいいと言っている。

年明けになるけど。

先生から“中学から通信制高校への進学”という

通信制高校、高等専修学校、サポート校が

いろいろと載っている雑誌をもらった。

その中に舞の海さんのインタビューが載っていたので一部紹介します。

続きからどうぞ



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

ゴミ出し

ここのところ、めっきり寒くなりました

私が住んでいる家は古い家なので、隙間風ビュービューです。

ヒーターやストーブをつけっぱなしでも

絶対一酸化炭素中毒にはならない(苦笑)


家のなかでも0度以下になります。平気で。

越してきたばかりのころ、トイレの水漏れがあって

そしたら水道設備やさんに

「0度以下になるとトイレのタンクが割れるから」と言われ

慌ててトイレにパネルヒーターを設置したくらいです。

便器自体はウォシュレット着きでもちろん便座もあたたかくしてありましたが。

は~、いよいよ本格的な冬ですね。


断捨離を決行中の私ですが、

いざやってみると家中ゴミだらけですね。

不用品に囲まれて生活していたんだということに

気付きます。収納家具には不用品(着ない服とか、いつか使うであろうと

思いながら何年も使っていないもの)がいっぱいご丁寧にしまわれていて

本当に必要なものの居場所がなくてそこらに溢れていると言う状態。


子供たちの漫画雑誌を含めて100冊くらい処分し、

今朝は6袋の可燃ごみを出しました。

以前書きましたが、この地域はゴミ袋は指定の袋に名前を書いて出さなくては

なりません。そのゴミ袋を購入するのにはチケットが必要で

チケットは年度初めにその年度の分が

家族の人数によって配られます。うちは5人家族で11枚。

チケット1枚で可燃物の袋、または不燃物の袋

10枚入り1袋購入することができます。

つまり、うちが1年間に出せるゴミは不燃、可燃合わせて110袋。

可燃物の収集は週2回。一回一袋以下(不燃物も出すから)しか出せないことに

なる。(って今日6袋も出しちゃったけど・・・前年度余った袋がいくつかあるから)

これ以上出したい場合はどうするかというと

チケット1枚、1500円で買うのである。

つまり、10枚のゴミ袋を購入するには1500円+ゴミ袋料金300円=1800円かかるわけ。

ゴミを1袋出すのに180円かかる計算。

なのでどんどん捨てると言っても、考えながらです(^^;)

仕方ないので明日かあさって清掃センターへ持ち込むつもりです。

(ってどんだけあるんだ?)

こちらも有料だけど、追加チケットを買って出すよりは安い。

まだ3カ月残ってるもんね、今年度は。チケット残しておかないと。


実は今朝ごみ出しをしたのはなんと長男です。

ゴミ出しをすること自体、すごいことだけど(うちの場合)

なにが進歩かって・・・

「知らないおばさん何人かと大家に会った」

「大家さん・・・ばあちゃん?」

「うん、とりあえず頭下げといたけど」

そう、これこれ!いや挨拶することじゃなくて

外で知ってる人に会っても、逃げたりこそこそしないで

普通でいられたこと!!

ピンとこないかもしれないけど、いじめにあったりしたことや

学校へ行けない後ろめたさのせいもあり

人と会うことに物凄い抵抗と恐怖があり、(もちろん家族や施設関係、

はたまた全然知らない同世代ではない相手なら平気でも)

近所で誰かと会うのを極力避けていたし、うっかり会ってしまえば

走って逃げたりしていた。

それが・・・逃げたり避けたりせずに頭を下げた。

嬉しかった。とっても。

当たり前のことが当たり前だという日常の一コマが。

ここのところ、やはり何かが吹っ切れたのかもしれない。

自分を受け入れられるようになったのかもしれない。

一段と表情が良くなった。

中学卒業のその向こうに向けて、確かに歩きはじめている。



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください







宝探し

今朝目を覚ました三男の枕元にサンタクロースからの

メッセージがあった。

「お母さんがお化粧の時座るイスの中を見てごらん」

私のドレッサーのイスは収納機能がついている。

慌ててイスをあける三男。

そこには・・・

「○○(次男)くんの制服が入っているクローゼット」と。

わくわくした様子でクローゼットをあける。

少し探すとまた紙が・・・

「××(三男)くんの下着が入っている引き出しの中」

小走りで脱衣所(そこにおいてある箪笥にみんなの下着が

それぞれしまってある)に行く。

にやにやしながらその様子を見ている私。

「今度はユニフォームが入ってる引き出しだって!!」と言いながら

あけると・・・

あった!!奥の方に。クリスマスプレゼントが。

「あったよ!!今回は宝探しだったね!!楽しいね!」

三男はサンタをまだ信じている・・・いや正確には信じてるフリをしている(笑)

私にはダメと言われるプレゼントもサンタさんなら聞いてくれるから(^^ゞ

うちはどちらにしてもサンタクロースがくるのは

小学生までなんだけど。

中学生になると、もうサンタは来ないので私にクリスマスプレゼントを

ねだる。高いものなどは平気で却下する(私)

ええ、プレゼントをくれるのが親になった時点で

必ずしも欲しいものが買ってもらえるとは限らないのだ。

まあ、サンタクロースもたまには“間違える”けど(笑)

わざとかどうかは不明です。

今回はPSP・・・モンハンバージョン。

早く言えばデザインがモンハンというだけです(たぶん)

うちはゲーム関係ばかりです(^^;)

三男は今までDSだったからPSPも欲しくなったみたい。

兄ちゃんたちは両方持っているからね。

ソフトはお年玉で買ってくれ~。


クリスマスも無事終わり、あとは・・・やっぱり大掃除ですね。

中々思うように進まないです・・・。

年賀状は出しましたよ。今日。

元日につくように。ぎりぎりだったけど(^^ゞ

終業式は小学校、中学校共に28日です。

始業式は中学6日、小学校7日。

冬休み中学8日間、小学校9日間。

夏休みが短かいから冬休みが長いと思ったでしょ?

いえいえどちらも短いっす。

もちろん終業式の日も始業式の日も給食ありの1日ですわよ。

昔は田植え休みや稲刈り休みがあったそうなんだけど

今はそれもないしねー。

まあ、冬休みが関係あるのはうちでは三男だけですが。

宿題のことを考えると頭痛い・・・。正月くらいはゆっくりしたいよね。

でも日数少ないと、どんどんやらなきゃ終わらない。

年内も少ないし。家の手伝いさせたいし・・・

頑張ってもらうしかないね。



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください


クリスマスデート?

今日は長男とデートでした。

10時半の電車に乗り30分の駅で乗り換え。約20分の待ち時間の後

そこから更に30分、11時50分に目的の駅へ到着。

とりあえず近くのジャスコに入り、昼食をとることに。

「何にする?サイゼリア?グルメドール?」

「う~ん・・・」

「気分じゃない?ラーメンもあるけど?」

「ああ、ラーメンにする。餃子も食べようかな」

「これから行くから餃子はやめといた方がいいんじゃない?」

「そっか。じゃラーメンだけでいいや」

ふたりでラーメンをすする。

30分も立たないうちに食べ終わったけど

まだ時間がある。

「本屋でも覗く?」 「うん」

でも・・・思ったよりすごく小さい本屋で時間つぶせず。

「ゲームコーナー行ってみるか」

でも・・・小さい子が喜びそうなものばかりでここでも時間つぶせず。

「プリクラ撮ろっか(^^♪」

「撮らねーよ」

あはは・・・やっぱり?

で、結局・・・今度はたこやき食べた(^^;)

そうこうしているうちに何とか時間になり

「ぼちぼち歩いて行ってみるか」

しかし・・・こいつ歩くの遅い。

「そんなに早く歩くなよ」

「いや、あんたが遅すぎでしょ?」

確かに私は歩くのが早い方ではあるが。

早い!遅い!と言い合いながら・・・。

「やべ、緊張してきた」

「大丈夫だよ。今日は見学だけなんだから」

「どれくらい時間かかるの?」

「さあ・・・。それよりさ、駅から歩いて3分て書いてあったから

そろそろだと思うんだけど・・・」

あ、ちなみにジャスコとは駅はさんで反対側。

「あれじゃね?自転車何台かあるし・・・」

「え・・・小さくない?」

それは3階建てのこぢんまりした小奇麗な建物。学校というイメージではない。

「あ、ホントだ。M高校って書いてある」

そう、今日は通信制のM高校の見学に来たのだ。

約束の時間は1時半。電車の到着時間がちょうどいいのがなかったので

昼食を兼ねて早めの電車で来たのだ。

車で着た方が楽だけど、もしも入学することになったら

スクーリングで週2回ほど来ることになるので

(通信制では多い方。年数回というところもある)

電車を覚えておかないと。

中に入る。

えっと・・・カフェのような雰囲気。

右側に小さなカウンターがあって、真ん中は一段下がった空間。

奥の窓側にいくつか机(テーブルのような)があって

何人かがPCを使ってる。

「学校見学ですか?」

「はい、○○ですが・・・」

部屋に通される。

テーブルと椅子がある、小さい会議室のような部屋。

担当だと言う男性の先生が来て、いろいろと話をした。

あとは続きから・・・



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村


ミニコンサート

今日は小学校でありがとうコンサートが開かれました。

これは、子供たちが安心して登下校出来るよう、

毎日道路へ出て安全を見守ってくださっている“笑顔見守り隊”の方や

絵本の読み聞かせ、校庭の草むしり、森の活動で鳥の巣箱の作り方や

のこぎりの使い方の指導をして下さったり、朝学校へ将棋を教えにきて下さっているなど

様々な形で子供たちを支えて下さっている地域の支援ボランティアの方を

招待してのミニコンサート。


プログラムは

1 歌と鍵盤ハーモニカ  北風小僧の寒太郎      1年生
             おちば、たきび

2 斉唱         ゆめびより         2年生

3 リコーダーと     きよしこのよる
  ハンドベル      エーデルワイス       3年生

4 和太鼓         勇駒           4年生

5 和太鼓         山呼           5年生

6 三部合唱        ふるさと         6年生

7 斉唱          ありがとうの花      全校


もちろん、途中でボランティアの方々へのメッセージを5年生と

6年生の代表の子がマイクで。

私、またまた泣きそうだった(^^;)

三男たちの太鼓の映像を見せたかったんだけど

みんなの顔がはっきり映っているので

(写真なら何とか出来るけど動画は・・・)

最後の全校での斉唱を。



[広告 ] VPS



ありがとうの花

「ありがとう」って言ったら みんな笑ってる
その顔がうれしくて 何度もありがとう

町中に咲いてる ありがとうの花
風にふかれ 明日に飛んでいく

ありがとうの花が咲くよ 君の町にも ほらいつか
ありがとうの花が咲くよ みんなが笑ってるよ

ぼくらの夢はみんな一緒に歌うこと
あったかい手をつなぎ みんなで笑うこと

小さかった花の夢 おっきくふくらんで
みんなといっしょに「あいがとう」歌いだす

ありがとうの花が咲くよ 君の町にも ほらいつか
ありがとうの花が咲くよ みんなが笑ってるよ

ありがとうの花が咲くよ 君の町にも ほらいつか
ありがとうの花が咲くよ みんなが笑ってるよ




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください




今日はこれからカラオケ行っちゃいます)^o^(

過去・現在・そして未来へ

すっかり更新が遅くなってしまいました。

ご訪問もお返事も出来なくてごめんなさい。

いよいよ年末。やはり気ぜわしいですね。

やっと年賀状が出来ました。今年は4種類(^^;)

宛名はこれからです(苦笑)


たぶん、3月に引越すことになると思うので

この年末に出来るだけ不用品を処理してしまおうと

断捨離を実行中です。

断捨離・・・そのものが使えるかどうかではなく

使うかどうかで要、不要を決定する。

モノとしては使えても、結局使わないならそのものの価値はない。

で、どんどん捨てているのですが、やっぱり修行の足りない私は

ついつい、迷ってしまいます(^^;)

とくに、子供の物・・・ほら、作品集とか。

まー、適当に判断しているんですが、

今日、長男の物をはじめて整理しようと思って(自分でやらないし)

ランドセルとか、さすがに要らないじゃない?

考えてみたら、6年生の物以降は残ったままになっていたの。

(長男のは長男の部屋に、次男三男のとは別に置いてあるので

今まで手をつけてなかった。)

中学の教科書は一応全部とってあるけど、これはまだちょっと

迷ってる。もし、高校行ったとして、復習・・・(じゃないな、

まったくやってないんだから)見ることもあるかなーって。

でもさすがに小学校のは捨てていいでしょうと思って

教科書を全部縛って・・・ノートやらファイル。

何気なく開いてみる。

ああ・・・。一生懸命に書いてあるノート。

長男の時は高学年になってからは勉強なんて

見てあげたことはほとんどなかったけど

とてもしっかりまとめてある。

余白にも先生が言ったらしい言葉を書きいれたり、

思ったことなども。

(次男のノートではまず見られない)

この頃は家では宿題以外の勉強はしていなかったし、

宿題だって嫌々って感じだったし、

全然勉強してないって思ってたけど、

学校でしっかりと集中して(ノートを見ればわかる)

授業を受けていたんだなと思うだけで

なんていうか感動に似た気持ちになる。

社会見学へ行ったレポートや作文。

あんなに嫌いだった作文だけど、けっこう長くしっかりと

書いてある。(先生が厳しかったのもあるけど)

あの頃の私の視点と今の視点。

なんだか、私は長男のことがまったくわかっていなかった気がする。

悪い点ばかりを見ていたんだと、今更ながら申し訳なくなる。

通知表も出てきた。

転校したので、6年生は2学期までだ(前の学校のは)

総合所見、まだいじめが発覚する前で

問題行動が少し見られたころの1学期。

(以前書いた先生のイメージではないかもしれません。

なんていうか、プラス面もマイナス面もどちらも強烈な先生だったんです)

成長すべき自分を学んだ1学期でしたね。でも相手の話を気持ちを込めて聴こうと

としたり、それを生かそうと努めたり、しっかり返事をするよう心がけたり

自分を伸ばそうとする○○さんの頑張りはものすごく光っていて

ちゃんと人に伝わっています。学習面では社会科での漢字の間違いをぜひ減らしたい

ところですが、基本的な時代背景をよく理解しているので更に伸ばしていきたい

ところです。

漢字練習も丁寧な字でやりましょう!授業中に見せる集中力で

練習すれば必ず伸びます。分数が得意で文章問題も丁寧に考えられるように

なってきました。英語で時間を言われると、それを聞きとって

正しい数字で書き表わすことが出来ます。

組み体操の土台、力強くて格好よかったです!!

倒立成功おめでとう!!○○さんはすごい!!



いじめが発覚し、何日か欠席したのち

先生が迎えに来て登校した2学期。(帰りは私が迎え。

再びいじめに遭わないよう、一人での登下校はしないようにしていた)

それでも、朝行きたくない日は多く、遅刻したり

先生と私に無理やり引きずられて行くことも多かった2学期。

体育では中々飛べない5段を諦めず挑戦する姿、

苦手な水泳学習でも時間いっぱい練習する姿がとても印象的でした。

英語で兄弟は何人?と聞かれて

“I have two brothers."とはっきり答えられるように

なりました。

算数の学習でも、質問に対しよく考えて答え、

素直な姿勢で1つ1つしっかり問題に取り組んでいました。

落ちていたものを拾ってあげる姿や、友達の机の位置を直している姿が素敵で

今学期はお腹の調子が悪くても遅刻しても

学校にくる行動力が素晴らしいなと思いました。

音楽会のリコーダーもまわりの音をよく聞いて何度も練習を

重ねる姿がありました。習字では、筆を立てて持つことや

バランスを教えられると「ありがとうございます」と言って

すぐにお手本を見ながら集中して書いていました。


なんと表現したらいいだろう。

なんだか涙が出そうになりました。

確かにあった学校生活。

頑張っていた姿。頑張りすぎた姿。

彼から学校生活を取り上げたのは何だろう。

彼に対して1年以上も暴力をふるっていたAとB。

この文章の印象からは想像するのが難しいかもしれないが

熱血すぎて、思い込みが激しくて

ぜったいに逆らったりは出来ないような先生。

彼のことを理解せず、怒ってばかりいた私。

枠にはめられて、お行儀よくというのが

苦手だった長男・・・。

すべてが原因だし、単純なものではない。

ただ、言えるのはそれらのものが大きくなりすぎて

長男の中で糸がプツっと切れたということだ。

立っていることが出来なくなった。

とまあ、こんなことを書いてはいても今更

そのことについて分析するつもりはない。

確かにあった学校生活。

いろいろあって羽が折れて、行けなくなった。

転校した時はもう遅かったのかもしれない。

入学式しか行けなかった中学。

たぶん、このまま卒業となるだろう。

だけど、学校へは行けなかったけど、羽はだいぶ修復された。

そして。

これから。いよいよ自分の意思で進学するかどうかを決定することになる。

どういう決断をしてもいい。

でも長男が自分の意思で決定するというところまできたということが

私は嬉しい。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください


24日にM高校へ見学に行ってきます(^◇^)

明るさの訳

え~、申し訳ありません。本日時間がないのでまたまた過去記事を

アップさせていただきます

2009年、4月に書いたものです。

お子さんのことで悩んでいる方に是非読んでいただきたいものです。




もし、あなたが何かに傷つき、苦しんでいるとき、

大好きな人がその事で、あなた以上に心を痛め、苦難にみちた顔を浮かべ

暗い毎日を過ごし、傷ついたあなたに対しまるで腫れものにさわるかのように

気を使っていたら・・・

あなたの心は軽くなりますか?


まして、その人のせいではないのに、自分に原因があるかのように

自分を責め続けているとしたら、


あなたはその人に、つらい気持ちを話せますか?



我が子に何かあって傷ついているとき、

ほとんどの親はとても心を痛めます。

出来ることなら代わってやりたい・・・。

そして自分にも原因があるのかもしれない、

あのとき ああしていたら。もっとこんなふうに接していたら。

と自分を責めます。


子供を愛しているからこそ、我が身に起こることよりもつらいのです。

愛する子供が苦しんでいるのは見たくない。

早く立ち直らせてあげたい、そのために立ち向かってほしい・・・。


親なら当然の気持ち。

私自身も嫌というほど味わった思いです。


だけど。一緒に泣いて苦しんで、そこで立ち止まっていたら先に進むことはできません。

あなたが苦しんでばかりいたら、子供は罪悪感まで感じてしまうのではないですか?

子供の笑顔が見たいように

子供だってお母さんの笑顔が見たいのです。


だから。

子供に立ち直ってほしいと思うのなら、まず自分が立ち直ることです。

大丈夫!私がついてると笑顔を見せてあげることです。


子供が安心して泣ける場所になってやることです。

それが第一歩。



あなたにそれだけ愛されてる子供です。

必ず立ち上がれる。

苦しい気持ちを信じるエネルギーに変えましょう。

そして子供の支えになってあげましょう。

それが親に出来ること。


だから、私は笑うのです。




応援して下さい!!


blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください


個人懇談その3

昨日は次男の個人懇談。

長男に引き続き、三者ではなく二者です(^^ゞ

前に書いたけど、この地域は個人懇談の際に

通知表を渡されます。小学校も中学校も。

三男は得意の算数、理科はよかった!

苦手な国語はイマイチ(^^;)

長男はいつものごとく評価なし。各教科の先生から一言ずつ書いてある。

で、次男。

当然のことながら・・・2学期は評価なし。長男と同じくです。

2学期は、欠席日数、60日ちょうど・・・。

今は充電期間ということで先生も承知してくれているので

そのことに関しては今の段階ではとくにどうしようということはないが

3学期になって様子をみながら、まずは私だけフリースペースなどを

見学しにいってみようかと思っている。

いや、あくまで情報としてです。どんなところがあるかいろいろとね。

次男が動き出せるタイミングが来た時に情報を提供できるようにと

いうことです。

さて、2年生になるときにクラス替えがあります。

「みなさんにお聞きしているんですが、誰と同じクラスがいいとか

誰とは同じじゃない方がいいとか、その他配慮してほしいことなどはありますか?

もちろん100%希望通りにいくかはわかりませんが」

「う~ん。小学校のときに力になってくれたのはYくんやTくんなんです。

だから一緒になれたら嬉しいかも。だからといって来れるかどうかはわかりませんが」

「ああ、Yくん?わかる気がする~。

さっき隣のクラスがYくん家が懇談でちょうどそこで会って

先生に『そちらは次は誰ですか?』と聞かれたので

『いるかさんとこです』って言ったら

Yくんが『○○(次男)、大丈夫かなぁ・・・』って心配してましたよ」

「そうなんです、けっこう気にかけてくれて、うまく声かけてくれたり

していたんです。入学前の春休みも」

「じゃ、YくんやTくんと同じになれるように頼んでみますね。

他には?」

「ええと・・・ちょっと大家さんと揉めてるので

あそこの子とは出来ればはずしてほしいかなと」

「揉めてるんですか?」

「ええ・・・ちょっと。もちろん子供たちには関係ないし

あちらの親御さんとも関係ありません。おばあちゃんとね、ちょっと。

ああ、もちろん無理にってことではないですよ。

できればってことだけで」

「わかりました。他には?心配なことは?」

「ええと・・・。クラス替えして担任の先生が発表になった夜に

役員決めですよね?なので担任の先生と相談する間がないと思うんですが・・・。

ええと、たぶんくじ引きになると思うんですよね。

兄ちゃんの時は入学式しか来ていない状況で、その先も来れる可能性は

かぎりなくゼロに近かったので、皆さんの前で状況をお話して

クジをひいた方がいいのかどうかを決めてもらったんですが

(→くわしくはこちら

今度の次男の場合はどうしたもんかなと思って。

状況が変わりなかった場合、2年生になって絶対来れるとも来れないとも

言いきれないから、普通にくじをひいてもいいのだけど

もしもひいて当たってしまった場合、役員やるのはもちろんいいのだけど

子供不在で何か支障があったら困ると思って・・・。

けど、来れるか来れないかわからない状況でくじをひかないのも

申し訳ない気がするんですよね。

引き受けて子供不在であっても迷惑にならなければ

それはそれでいいのですが・・・」

「う~ん・・・。私もまだここ1年目なんでよくわからないんだけど

ひいてなってしまってから支障がでるこらいならはじめから

話しておいた方が文句は言われませんよね?

お兄ちゃんのときもたぶんいるかさんがみんなの前で

状況や気持ちを正直に話したから、くじをひかなくても

誰も悪くいわなかったんだと思うんですよね。

ちょっと同じような状況の人がどうしていたのか他の先生にも聞いてみますね。

私としてはお兄ちゃんのときのようにイルカさんの口から

話すのがベストだと思いますが・・・」

あ~、やっぱりそうよね・・・。

ちと気が重いけどね。まあ、まだ3カ月あるからね。

次男の状況も変わるかもしれないし(可能性は低いけど)


それから次男の様子やその他いろいろ話して

やはり1時間もしゃべってた(^^;)

「すみません、長々と。普通の面談よりかなり長いですよね」

「いやいや、私は全然平気ですよ。いるかさんと話してるの楽しいし。

だけど、役員のこととかいろいろ考えなくてはならないし

三人の子供とそれぞれ真剣に向き合っているし、大変ですよね。

大丈夫ですか?ストレスとかたまりませんか?」

「適当に発散してます(笑)

今も次男に『馬鹿息子の相談に行ってくる』って言ってでてきたんですよ」

「次男くん、なんて答えましたか?」

「『ふーん、○○(長男)?それとも××(三男)?

大変だねー母ちゃんも』と言うので『あんただよ』って言ったら

『この天才の俺様のことかい?あはは』だって(笑)」

「次男くん、家ではホント面白いんですよね。私と二人の時も

けっこうそういうとこ見せてくれるけど、クラスでは絶対ないですね、そういう姿」

「あはは、そうでしょ?固まってるでしょ?」

なんて話して今年の個人面談は終わった。

ふ~・・・。



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください

個人懇談その2

昨日は長男の先生との懇談でした。

中学は三者面談なのだけど、当然のことながら先生と私の二者。

普通なら20分位の面談時間なんだろうけど

私の場合、月1回で1時間くらいは話してる。

たぶん、クラスの保護者の中で、一番会って話しているんじゃないだろうか。

個人面談期間とは言え、今日は面談なしの日。

つまり、私だけ。

いつもの通り1時間近く話をしてきた。



ここへきて、急に出てきた高校の話。

先生も私も長男に高校進学はないだろうと思っていた。

私たちはずっと、本人の意思を尊重したいと思いながら

ここまできた。もちろんいつでも動き出せる準備は

していたが。


以前、長男と高校の話をしたとき、

通信制はありえないと言っていた。

家で自己管理をしながら勉強をやっていくのは無理だと思っていたようだ。

私もそう思っていたので、なんとなく意識からはずしていた。

行くとしたら・・・定時制かなー、だけど行かない可能性の方が高いと。

今は「毎日通う方が無理だと思う」と。

通信制で家でやりながら、週2日くらいならなんと通えるかもしれないと。

実際見ていてもそう思う。

考えていないようで、結構色々考えている。

何より、自分を把握してきているように思う。

ちょっと前は、強気の態度とはうらはらに

何に対しても自信がなく、何かをやる前に無理だと諦めていた。

それが、ここへきてこれは無理かもしれないけど

これなら俺にも頑張れるかもしれないと考えられるようになったのは

大きな進歩だ。

まだ意思がはっきり固まったわけではないし、見学へ行ってみないと

わからない。だけどとにかく動いて見る気にはなったようだ。

先生がいろんな学校の資料をみせてくれた。

通信制、サポート校の案内。

いろいろあるんだー、っていうのが一番の感想。

学校によって様々な特色がある。

中には県外の学校も。(その場合寮生活になる)

楽しそうな学校がいっぱいある。

私が行きたくなる(笑)

週何日通うか自分で選ぶところ、担任の先生を選べるところ、

時間も遅くからでもOKなところ(その場合もちろん遅くまで)

独自の授業内容もあったりして

なんていうか本当に様々。

「M高校、いいと思います。でもどうせならいくつか見学に行ってみたほうが

いいと思いますよ。その中で、ここならいい、ここはダメとか

肌で感じたり、比べてみたり出来るでしょう?一つだと

いいか、悪いかしかないから」

「そうですね、出来ればいくつか行ってみたいと思います」

「通信とかサポート校は4月じゃなければいけないというわけではないから

ほら、編入してくる子もいくらでもいるから。

だからいつまでにという期限はないんだけど、どうします?

ゆっくり気持ちが固まってからでも大丈夫ですよ」

「だけど、今ちょうど本人が見学行ってみようかなと言う気に

なっているのでタイミングを逃さない方がいい気がするんですよね。

だらだらしちゃうと、見学に行かなくなってしまうかも

しれないし・・・。入学するかどうかは別としても

見学だけはさせたいんです。いろんな学校があるのを知って欲しい」

「そうですよね。どうしましょう。M高校だけでも

すぐに連絡しちゃいますか?で、来週すぐってことになっても

○○くん、大丈夫かな?」

「そうか・・・心の準備が必要かな・・・。

ちょっと確認してお電話するということでもよろしいですか?」

「いいですよ(^◇^)、じゃそうしましょう」


さっき長男とあちこちのパンフレットを見た。

なんか直感?感覚?ただ単にパンフレットの印象か

「ここは行く気しない」とかいうのがいくつかあった。

M高校はとりあえず、行ってみるとのこと。

年内でも年明けでもどちらでもいいようだ。


「決めるのはあんただよ。もしも行くと決めたなら

その中で頑張らなきゃだめだよ。」

軽く釘をさす。

行きました、やっぱり面倒だじゃ話にならないからね。

それが、一生懸命頑張って頑張ってそれでもどうにもって

いうならば、それはそれで仕方ないけど。

あ、でも間違ってもそんなことは口には出さない。

簡単に考えてもらっちゃ困るからね。

さて・・・どうなることやら。

高校生になるかもしれないと思うとやっぱり正直嬉しい。

(あ、いやまだどうなるかわからないですよ!)

ただ・・・懐が・・・いささか心配だが(^^;)

仕事しなきゃ。



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください



個人懇談 その1

昨日は三男の個人懇談でした。

小学校は保護者&先生の二者。(中学は三者だけど、うちは二者(^^;))

前に「学校行かない」宣言をして友達からからかわれたりという状況が

あるのは知っていたが、その後普通に過ごしていたので

気にしていなかったのだが

ここ2.3日、またまたグズグズ言っている。

なので主にその話。

「やっぱり、からかわれたりする状況がけっこう頻繁にあるようなんです・・・

やめてと言ってもしつこいから怒ってちょっと押したりすると

暴力をふるったと言われ、どうしていいかわからず、

悔しくて泣くと、泣いた泣いたとまたからかわれるようで・・・。

学校行きたくないと言っています」


「まあ、そういうことはあっても、やっぱりお兄ちゃんたちが

学校行かないで家にいるし、自分もって思うよね


う~ん。この言い方にかすかな抵抗を覚える私。

「いや、お兄ちゃんが不登校だからということならばもっと前に

あの子も学校へ来ていないはずです。

確かに、学校へ行かないということに対しての抵抗感の

ようなものは他の子に比べ小さいのは否定できません。

だけど、原因はあくまでもお友達関係であって

兄の不登校ではありません」


一人目はともかく、二人目も不登校、そして三人目も学校へ行きたくないと

言いだしたとなると、家庭の状況に原因があると思うのが

残念ながら一般的な見方なのだと思う。

そして親自身、その可能性を考えて

原因探しに必死になったり、これでもかと自分を責めたり

子供に対して、あんたまでそんなこと言わないでよ!って気持ちになったりするのだ。

私は、このブログをはじめてから、本当にたくさんの不登校の

子供を持つ方と知り合った。

兄弟で、と言うパターンは残念ながら少なくない。

しかし、私がお話した限り親や家庭に問題があるようには見えない。

むしろ、とてもとても一生懸命だ。

何も問題のない家庭よりも、子供と真剣に向き合っている気さえする。

以前、不登校児と関わって20年というある学園の先生と面談した時も

先生ははっきりと言って下さった。

「そこらの何も知らない人たちは不登校は親の甘やかしだとか

あたかも家庭に問題があるように言うけれど

私の知る限り、親に問題があったケースは500組のうち

一軒あるかどうかです。

兄弟でというケースが多いのは、兄弟なのでもとの気質が

似ているのです。繊細だったり感じやすかったり、

集団が苦手だったりね。絶対に親に問題なんかありませんから!!」と。


話がズレました。

何も知らない人たちがそう思うのは無理ないし、

そう思われるのが嫌ということが言いたいのではなくて

先生がそういう見方をして学校でのことを

軽く考えるというか、問題がすり替わって

対応してもらえないということになると困るのです。

「内容は○○のこと好きなんだろうとか、女好きとか

そんなことで大したことではないし、言っている子は悪気もなく、

傷つけるつもりもなく、ただ面白がっているだけだと思うんです。

なのでこの前の時はとりあえず先生に把握だけしてもっておいて

様子見かなと思っていたんですが、かなり本人はキツいようなので

そうなると、言っている子たちにも『そういうこと言うと

言われた方はすごく傷つく場合もあるよ』ってことを先生の方から

話してもらってもいいのかなって思って・・・。

その子たちもね、たぶんわかってないから」


「うん、私もねそろそろちゃんと話したほうがいいかなとは

思っていたんです。ただ、どうやって話そうかと考えていたんです」


「別にその子たちが悪いとかそういう説教ではなくて

あんまりしつこく、複数の子に言われたら言った方は深い意味はなくても

言われた方はどんな気持ちになるかと言う部分を話していただけると

家の子のためだけではなくてその子たちのためにもなるかなと

思うんですが・・・


「そうですね、そんなふうな形で子供たちに話してみます」

「お手数おかけしますが、よろしくお願いします」

三男にはちょっとくらい友達にからかわれても

平気でいられると強い気持ちを持ってもらいたいとは思う。

そのために私は「そっか、それは嫌だよね」と気持ちを受け止め抱きしめる。

昔の私だったら、「そんなことでどうする!男の子でしょ、しっかりしなさい」と

言っていただろうと思う。

そして、それがマイナスに働いていたことに長男のことで

気がついた。

強くなって欲しいという私の思いは

ああ、こんなことでくじける俺はダメなな奴なんだという彼の

コンプレックスに姿を変えた。

誰も認めてくれない、わかってくれないという孤独感にも

つながった。

だから。

今、私の子供たちへの対応を見て「甘い」と言う人がいても

誰にどう見られようとも、

私は彼らを抱きしめる。どんなときもその思いを受け止める。

これからの人生を歩いて行く土台になるもの、

安心、安全、信頼感、自己肯定感、

しっかり育てたいと思う。



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください


一緒の時間




今日は育成会のしめ縄作り&クリスマス会。

役員の私は8時集合。

その前に長男、三男、私のおにぎりを握り、

次男の昼のチャーハンを作り、クリスマス会用の豚汁の野菜を切って。

8時半にいったん帰り長男を施設へ送って行く。

こちらも今日はクリスマス会。

重なったので残念だけど私はいけない(>_<)

外乗(馬に乗って外をお散歩)するということで

私も行きたかったんだけど・・・

去年の様子

2009_111320080009_convert_20101212135949.jpg


長男を送って大急ぎで帰ってくると

もうしめ縄作りは始っていた。


そう言えば越してきてはじめての時(おととし)は泣きそうだったな、私。

しめ縄

去年と今年は役員のため、しめ縄作りの間は

クリスマス会準備のため、私は厨房なので、しめ縄の方は旦那に。

子供だけでは中々出来ないからね。

じーちゃんが着いてくる家も多い。

一応、老人クラブの方たち2.3人にいつも指導のために

来てもらっているのだけど。

なんとか出来たようでよかったわ。

しめ縄作りが終わると、高学年の女の子たちは

厨房でケーキ作り・・・というかケーキの飾り付け

スポンジに生クリームを塗って、

イチゴ、桃の缶詰カラースプレー(チョコ)や

チョコボール、チョコベビー、アポロ・・・チョコばっかり(笑)

などを飾る。私たちと一緒にね。

高学年の男子は会場作り。

テーブルを並べたり、飾り付けをしたり、ビンゴゲームの用意など。

男性役員と一緒にね。

会食(豚汁、おにぎり、ケーキ、お菓子)

ビンゴゲーム、座布団取りゲーム、プレゼント交換などをして

片づけをして終了。

2年続けて役員やったりしてると子供たちとも仲良くなるわ(^^♪

これで今年の地区行事は終わり。

次は年明け、どんど焼き。

ああ、1年てあっと言う間よね。

子供が小学生の間って親もけっこう出番多くて大変だけど

楽しいよね。

あと2年かーと思うとちょと淋しい気がする。

長男が小学校に入学して、三男が卒業するまで・・・・11年。

長いと思っていた小学校生活も、もう大半終わってしまったんだなー。

思えば8年間の保育園生活だって、ホント、あっと言う間だったもんな。

私はあの頃と同じく若いままなのに・・・(笑)

長男はもうすぐ中学も卒業

本当に時のたつのは早い。

だから今、子供たちといられるこの時間を

とても大切に思う。

苦しいときも、楽しいときも共に過ごすこの時間を。



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください


進路

今、小学校も中学校も個人懇談が始まっています。

三男の方は14日。小学校は先生と保護者の二者です。

中学は三者。

長男の方は、私は最低でも月1で1時間くらいは担任の先生と話しているので

(入学してからずっと。最初は週1だった)

毎年一応建前上、時間は組み込んであるけれど

逆にその時期はずらして話をする方が多かった。

でも、今回はこの前のカウンセリングの際、

コーディネイターの先生との話で

通信制や定時制の高校の話が出たので

15日に話をすることになった。

もちろん、先生と私だけ。

3年生は今回の懇談で一応志望校を決定するということになるだろう。

少し前まで、どうなるのか全くわからず、高校は行かないだろうと

思っていたが、ひょっとするとひょっとするかもしれない。

私は、高校は行けたら行ったほうが先々、いや現時点でも

楽だとは思うが(学歴と言うだけじゃなくて、高校の3年間時間の余裕、つまり

すぐに何をするのかを考えなくても高校生活を送る中で

ゆっくり考えればいいということ)

あくまでも本人次第だという思いに変わりはない。

でも、長男の頭の中にあるようなイメージの学校だけではなく

いろんな形の学校があること、

小学校、中学校とはまた違うこと、

それをただ話にきいただけじゃなくて

自分の目で確かめた上で決断してほしいと思う。

ヘルパーの資格をとる。それはそれで立派だと思う。

だけど、どちらかだけじゃなくて

通信や定時制なら両立も可能だということ。

そこの可能性も考えてほしい。

もちろん、高校へ行かなくても、場合によっては1年後、2年後に行くのもいいのだけれど。

いろいろ知ってわかった上で、行かないというのであれば

それはそれでいい。

M高校のパンフレットを見せてみた。

食いつきもしないが、拒否もしない。少し、興味はありそう。

検討の可能性ありと判断したようだ。

「とりあえず、見学行ってみない?」

「う~ん、見学ってただ学校みるだけ?」

「校長先生と話をして、校舎をみて興味が沸いたら

一日体験入学するみたいよ」

「体験入学か・・・で、やっぱり嫌だってことになったら

行かなくていいの?」

「そりゃそうよ、そのための体験じゃない。いやいや入学して結果

行けなくなりましたじゃ意味ないでしょ?まあ、通信だから行くのは

週1か週2みたいだけど」

はっきり返事はしない。でも即座に嫌だと言わないところを

見ると見学には行けそうな気がする。

学校と名のつく組織に物凄い拒否感と嫌悪感を持っていたころに

比べると信じられないくらいだ。


次男は16日の夕方6時にしてもらった。

懇談の時間ではないのだが、

他の子のいない時間の方が次男がいく可能性は高い。

いや、高いというよりも可能性があるというべきだろう。

それでも行かない可能性の方が高いのだから。

先生もそれは承知でその時間をあけてくれてある。

思いは一緒。

来れないかもしれないけど、夕方ならひょっとすると

来れるかもしれないからと。

1年生でも進路学習が始まっている。

来年の職場体験にむけてのものだが。

自分が何に興味をあるかを考えることから始まる。

モノを作るのが好き、研究が好き、絵を描いたり、何かをデザインしたりするのが好き

子供や困った人の力になりたい、規則正しくきちんとしているのが好き

などで、現実型、研究型、芸術型、社会型、慣習型などに分けていきながら

さらに細かく考え、最終的に具体的な職業を考えて行く。

職場体験では、だから少しでも自分にあったところを選んでいくようにする。

まぁ、今から将来の職業を決めるわけではないけれど

世の中にどんな仕事があって、自分に向いてるとか

興味があるのはどういうものかを大まかに頭に入れてみると

いうことだろう。

次男を見ていると、今はとてもそんな段階ではないが(^^;)


というわけで来週は3日連チャンで懇談です。

12日は育成会のしめ縄作り&クリスマス会。

(ホントは長男の施設もクリスマス会&大掃除なんだけど

育成会役員だから・・・行けない)

明日(11日・・・10日の夜に書いてます。アップは11日予定)

はその買い出しです。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください

いるか取り扱い説明書

2010_1208rikujyou0004_convert_20101210114344.jpg
2010_1208rikujyou0007_convert_20101210114423.jpg
2010_1208rikujyou0008_convert_20101210114453.jpg


ここで作りました  

人間取扱説明書








blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください



いじめ

昨日は本当は違うテーマで書く予定だったのですが、

書きだしたら心にあることがドンドン出てしまってあんな独り言に

なってしまいました(^^;)

今までもいろんなことがあったのに、はじめてのことではないのに

心乱されるとは私もまだまだですな。

まー、そんな自分も可愛いじゃん ということにしておきます。

あまりになんでも達観できたら、それはそれで可愛げってもんがないしと

都合のいいように解釈したりして


今、私がよく遊びに行くブログのお子さんがいじめに遭っているようで・・・

他にいじめ→不登校になってしまいそうなお子さんのことで相談にのっている方もいます。

なんだかね・・・切ないです。

昔と質が違って、いじめてる子は表面上“いい子”だったり

するんだよね。親や先生の前では。

ひたすら陰湿、陰でね。正体不明だったり。

うちの長男をいじめた奴らは、別に“いい子”じゃなかったけど

まあ、一見普通の子。

でも、親を完全に見下していて、親も子供のいいなりと言うパターンだった。

長男をいじめた子、その家庭

Bの場合

うちの場合は特殊で、はじめは息子も一緒につるんで悪さをしているようにしか

見えなかったので骨折するまで、いじめというものに

私はちっとも気付かなかった、浅はかなことに。

さて、発覚してからの学校の対応・・・

「全力で息子さんを守ります」

そういって、朝は担任が迎えに来て、

休み時間も教室で担任と一緒。

トイレは授業中に行けと言われ、

帰りは私が迎えに行く、そんな毎日。

もうその時は私も、頭が混乱していたので、とにかく二度とそんな目に

遭わせないことだけしか頭になかったのだが、

考えてみたらこの対応は一見長男を守っているようだが

長男を窮屈にしばり、いじめをしたいわば加害者は野放しに

しているだけだ。

いじめの件、学校もいじめた子たちも私に隠そうなどとは

しなかったけど、周りに公にもしなかった。

なので、長男のこの様子をみて

他の子があざ笑ったり、からかったりと新たないじめが始まりそうな

気配もあった。

もうすぐ、卒業。

そんな6年生の秋だったから(発覚したのが。暴力自体は1年以上続いていた)

当時の小学校の対応などよりも

その先の中学のことを考えて、転校を決めた。

その地区は小学校と中学校は、そっくりそなままのメンバーで

増えも減りもしないという状況だったから。

小学校の間、なんとかやり過ごしたとしても

中学いけば再び、その子たちが近づいてくるのはわかってたから。

親も話にならなかったから・・・。

なので、私はこの問題について学校と闘ってはいない。

だけど、この時の経験から言っても

いろんな人のいろんな話を聞いても

どうも、あてにならない学校が多い。

いじめの加害者は平気で学校へ行ってるのに

行けなくなるのはいつも被害者だ。

引っ越さなければ、入学していた中学でも

ちょうど同じころ、屋上から飛び降り未遂があって、

そのころ、上の子が中学生だったお母さんたちに話をきけば

やはり原因はいじめだが、学校は認めず、

結果、その子はその後学校へ行けなくなり

フリースクールへ行ったときいている。

昨日ちょっと書いたけど不登校になると

それまでの経緯などとは別に“不登校“という物に対しての

罪悪感、偏見と闘わなくてはならず、

いじめられた子は全く悪くはないのに

(いじめられる方にも原因があるなどと言う人もいるが

たとえ、どんな理由があるのせよ、集団(二人以上)で一人を攻撃していい理由などない)

人生を狂わせ、いくつのも荷物を背負っていくことになる。

場合によってはいじめた方はすっかり忘れてしまうにも関わらず。

いじめた方にも人権はある、そんなことはわかってる。

しかし、あまりにもおかしい気がする。

極端に言えばいじめっこたちしか学校へいけなくなるではないか。

なんとか、ならないかな。

事件でもなんでも、いつも被害者のほうがつらい。

加害者の人権と言う前に被害者の人権を考えて欲しいものである。

今、いじめで苦しんでいる子たちが笑顔で登校できること、

心から祈ってます。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください






ひとりごと

不登校になる原因は様々です。

うちの長男のようにいじめが主な原因である場合もあれば

次男のように、小さなことがいくつも重なったと考えられるパターン。

あるいは、親や周りの目から見たら、いや場合によっては本人さえ

理由がわからないこともあると思います。

人は自分のことをわかっているようでいて意外と自分自身に対しても

うまく説明のできない物を抱えていたりするものですから。

いじめの場合、わかりやすい(理解しやすい)理由と言えます。

それでも、やはり偏見の目というのはあります。

不登校になってしまった子というのは不登校になってしまった時点で

すでに傷つき、疲れきって動けない状態である上に

さらに、学校へ行けないという罪悪感(これを感じない子はいません)

周りの目、無責任な忠告、中傷など更にいろいろなものを

背負わされます。

これは親も同じです。傷つく我が子を見るつらさ、

あるいは、怠けているように見える我が子に対する情けなさ、

甘やかしてるからだ、いや厳しすぎるからだ、

首に縄をつけても行かせればいいものを、

いやいや決して登校刺激はいけません。

いろんな人のいろんな発言。

無責任なもの、どこかで楽しんでいる、あるいは馬鹿にしているように

思えるもの、親切そうな顔をして興味本位なのが隠しきれない相手。

偉い人の自信に満ちた考え、それも情報は膨大で

中には正反対の対応がのっている。

いろんな場面の自分を責め、様々な言葉に振り回され

対応がバラバラになってしまう。

あるいは、怠けていると決めつけ子供を責め続ける親もいるだろう。

ひどい親なのではなくて、それが子供のためだと思い込んでいる。

それでも。

進んでいかなくてはならない。

子供の将来を親があきらめるわけにはいかない。

傍からみれば、無様な時も

それは違うんじゃないかと思う場面もあるだろう。

だけど、少なくても外野ではなく当事者である親は

当然のことながら、外野よりも何倍も何億倍も必死になっている。

必死になって子供を思い、見つめ、考え、

そして行動している。

そのことは、子供を持つ親ならば、想像できると思う。

目の前の我が子の一大事。

真剣にならない親はいない・・・ほんの一部を除いては。

理解してくれなくてもいいのです。

ただ、理解できない、共感できないのであれば

黙って通り過ぎればいい。

もしも、本当に相手を思い助言をしようと思うのなら

そのことについて少しは勉強してからじゃなければ失礼ではないかと思う。

それが必死に勉強し、試行錯誤しながら

日々頑張っている人に対しての最低限の礼儀ではないのか。

当事者にしかわからないこともある。

どんな相手にたいしても上から目線で誰かに何かを

しかも、知りもしないのに堂々と断言することなど

出来ないと思う。

神様でないのなら。もちろん、心のこもったアドバイスは別としてね(^_-)-☆

誤解しないでね、これは私がふと、いやいつも思っていることです。

何かがあったから、この記事を書いたわけではありません。

ほんの独り言。



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください


進路・・・高校?

今日はスクールカウンセリングでした。

いつもは1時間くらいだけれど

今日は終わるころ、スクールコーディネーターの先生が来て

30分くらい話をした。

「昨日校長先生が○○(長男の施設)へ行ったんですよ」

「そうなんですか?昨日は・・・長男行かなかったわ(^^;)」

「うん、校長、行ったことないから場所教えてくれって言うもんで

教えたらさっそく行って向こうの先生と話をしてきたみたい。」

校長先生、今年度からこの中学へきた先生。

教育委員会にこの施設へ行った日は中学出席扱いにしてくれるよう

交渉してくれたのは前校長先生。

そうか、わざわざ長男のことを気にして行ってきてくれたんだ。

・・・その話をしに来たのではなく、コーディネ-ターの先生が来たのは

長男の進路について。

「本当に高校へは行かなくてもいいの?」

「う~ん・・・微妙です。

行けないって諦めてる面もあるようですが、かといって行きたいという

強い意志も感じない。ただ、将来的にとかいろいろな面を考えて迷っている面は

あるようなんです。」

「そっか・・・。通信制、定時制(午前部、午後部、夜間部)、

いろいろあるんだけどね。通信制のM高校は、週1回か2回のスクーリングで

必ずしも教室で机の上でというわけじゃなく、

みんなで料理作ったり、PC好きな子はそこに集まったり、

なんか、個性を尊重して好きなようにやらせてくれたりするみたいよ。

勉強も少人数で丁寧に見てくれるようだし。基本はネット通信だけど」

「へ~!!なんか楽しそうですね。そういうところなら

いいんじゃないかな。ただあの子の中の学校というイメージが邪魔をして

興味を持つ前に拒否感を感じるかも。見学とか出来るんですか?」

「うん、校長先生と面談して教頭先生が学校案内をしてくれるの。

で、何度か体験入学をする。それが試験の代わり」

「見学に行ってみるのはいいですね。本人と話をしてみます。

場所はどこですか?」

「M市。M駅から歩いてすぐだから電車でOKです。

私立だから、少し高いけど。あとO市やI市にあるサポート校のK学園。

これは、マンツーマンでしっかり見てくれて卒業率も高いけど

値段も高い。

県立ならやっぱりM市のC高校かM町のS高校。これはどちらも定時制。

午前部、午後部、夜間部があるよ」

「いろいろありますね。定時制はS高校しか頭になかったんだけれど。

受験するかしないかは、いつまでに決めないといけませんか?」

「前期試験が2月のはじめだから・・・1月の頭には願書かかないと。

後期なら、3月だけど。M高校は春入学と秋入学があるよ。

4月入学はキツいとなったら秋でも全然大丈夫」

そうなんだ。今は本当に多様化しているんだな。

情報を集めていたつもりでも、私の中に長男が高校へ行く可能性は

低いという思いがあったから、いくつかの高校をそれもチラッと

調べただけだったんだけど。

帰ってさっそく話をしようと思ったんだけど

なんだか今はタイミングが良くなさそうなので

様子を見て話してみようと思う。

入学する、しないは別としていくつか見学にいけたらいいなと思う。


私の方の勉強も、もう少しペースをあげないと3月の試験に間に合わなくなってしまいそう。

そこを逃すと次は7月・・・・。う~ん。やっぱり3月に受けておきたいな。

もしかして、母子そろって受験生なんてことになるかも??


昨日はたくさんのコメントありがとうございます。

なるべく早くにお返事書きたいと思っています



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください


愚痴

えーと・・・。

実はね、昨日書いたメールを送ってきた主と思われる方のブログ(お付き合いは

いっさいありません)を見に行ったら、明らかに私の記事の内容に対する批判が

書かれているのを見つけました。

「学校へ行かない中学生がモンハンを買いにいくのに

親が連れて行ってる、おかしい」って(笑)

まー、いいんですけどね。どう思われたって。

仕方ないです、すべての方に理解してもらえるなどとは思ってませんし、

理解うんぬんじゃなくても、そもそも価値観の違いというのもあるし、

いくら記事で書いても、目の前の我が子の様子を実際見ていない、

そういう立場になったこともない人に

わからない部分があっても仕方ない。

でもね、私は思うんです。

どう感じようが自由です。だけど、公のネットで批判するならば

せめて、ある程度の過去記事を読んでいきさつとか

現在までの流れをできる範囲で把握するとか、

ご自分でブログを書いているなら尚のこと、一つの記事が

すべてではないことはわかりそうなものなのにと。

考えは人それぞれ違います。

批判をするのは自分の考えに絶対の自信を持っているから出来ることだと

思うのですが、人の一部分を切り取って

間違ってると言いきれる根拠はどこにあるのでしょう?

そういう思い込みこそ、親子関係、人間関係において

危険ではないかと私は思うのですが、これはあくまで私の考えで

その人が間違っているなどと言い切ることはできません。

私はそんなに立派な人間ではありませんから。

その方、前にも人の批判を書いているようで

どうも・・・ランキングが上の方が気に入らない様子。

いろんな人がいます。

私もこれまでも心ないコメント、嫌がらせ、

いろんな目に遭いました(^^;)

もちろん、応援して下さる方、共感して下さる方の方が圧倒的に多いのですが。

そう、気が強い私でもね、みなさんの支えがあったからこそ

続けてこれたんです。

私だって、正直凹むことはありますからね、これでもか弱い乙女ですから。

あ、今笑ったでしょ?そこ笑うとこじゃないから!!


本当はね、放っておくのが一番なんでしょうが、

ついつい・・・・愚痴です。

聞いてくれてありがとう(*^_^*)



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください

家族

2010_1203rikujyou0003-tori_convert_20101204151555.jpg

知らない方からメールをいただきました。

不思議なんですが、父親が登場しないのですね。

学校へ行っている三男の記事には出てくるのに

不登校の息子達には父親不在なのですか?


メールできたのでメールでお返事するのがスジだとは思うのですが

これは初めてコンタクトをとった方と個人的にやりとりするような

ことではないと思うのでこちらでお話させていただきたいと思います。

というか・・・過去記事を読んでもらえば書いてあるんですけどね(^^;)

登場していないわけではないです。

以前から読んでくださっている方は、ご存知ですが

最近訪れてくださる方も増えたので、うちの旦那と子供の関係?について

簡単にお話したいと思います。

・・・と思ったけど、

すみません、興味がある方は

ダンナ  →亭主改造計画?  →旦那育て

試練 →旦那と長男を順番に読んでいただくとおおよその流れがわかると思います(^^;)


うちの長男の場合、いきなり不登校という問題が出たのではなく

その前段階がいろいろとありました。

これについては →、存在価値あたりを読んでいただくとだいたいの流れは

わかると思います。

なので、不登校になってからの対応というよりは

その前の段階からの関わりで旦那と長男は一時最悪な関係だったのです。

私にとってもあのころは辛く、離婚やらいろいろと考えました。

様々な理由でなんとか踏みとどまり、家族でいる以上は

みんながいい関係になれるように努力をすることに決めたのです。

そうして頑張ってきたのですが、今になって思うことは

あの頃は、旦那のことをすごくひどい人のように思っていたのですが、

たぶん、旦那は旦那でどうやって関わったらいいか、

どのように伝えたら子供に伝わるのか、

自分は父親として何をするべきなのかがわかっていなかっただけなのかも

しれません。やることが裏目に出てばかりで

彼もまたつらかったのかもしれません。

今日、私は息子とタイヤ交換をしたのですが

丁度通りかかった旦那が途中から手伝ってくれました。

2年前は同じ状況で素通りでした。

優しくなったといえばそうだけど

昔は私があまりにもすべてをやりすぎていたから

手を出すことを躊躇していたのかもしれないと今になって思うのです。

長男が一番つらかったあの頃、

私たちはそれまで表面上、大きな問題は抱えていませんでしたが

(経済的には苦しかったけど)

家族としてうまく機能していなかったと思います。

仮面夫婦とまでは言えないけど

言い難いことは言わず、不満があっても飲み込んで

とにかく日常生活に支障をきたさないように、

喧嘩は面倒だから、こうしてほしいと思うことがあっても

口には出さずと言う具合に

いつのまにか他人同士のように、家族というよりは

同居人のような感じになっていたんだと思います。

長男のことで、段々といい子の仮面ばかりをつけていられなくなってきて

家庭崩壊寸前までいったんだと思います。

旦那が家庭を顧みなかっただけではなく、

たぶん、私が旦那を受け入れていなかったのでしょう。

今、いろいろなものが見えるようになった気がします。

だから、子供たちの問題は

そのまま私たち家族全体の問題であることがよくわかります。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



メールについてのお願いです。

ブログ上でこれまでお付き合いのないかたがメールを

下さる場合は最低限の自己紹介をお願いします。

ブログ、記事に関することはコメント欄へお願いします。

個人的な用件、相談などは出来るかぎりお答えしていますが

質問はその内容によってはお返事できないこともありますことを

ご了承ください




無駄な時間なんてない



まだ12月という感じがしないのですが・・・。

でも12月なんですよね。ゆうべはあられが降ったようです。

大掃除、年賀状、やることはいっぱいですね(^^;)

早く始めなきゃ。

たぶん3月で引っ越すことになるので

大掃除はいい機会。いまのうちに大量の不用品(どうして物がたまるのかしらね、

どうせならお金が貯まってくれるといいのに 笑)を始末しなきゃ。

大家とも交渉しなきゃだし。

正当な事由にはならないからね、この10年でうち、3件目だと言うし。

みんな、2~3年で追い出しているんだから

ちょっとは抵抗して懲りてもらわなきゃ(苦笑)


小学校、中学校とも来週から個人懇談が始まります。

中学は3者です。が、

次男は「行かない」と言っています。(長男は言うまでもなく)

一応、行ける可能性のある夕方(他の生徒がいない時間帯)にしてくれると

いうことだけど、というかそういう風にお願いしました。

もちろん、それでも行けるかどうかはわからないと伝えてあります。

先生と私の2者になる可能性の方が高い気がする。

懇談の時に成績表を配るらしいけど

今回はひとつも評価はないはずです。

たぶん、長男と同じように教科の先生が一言ずつ書いてくれるんだと思います。

そう、長男も評価はついてません。

学校によっては不登校の場合、オール1の成績表を渡すところも

あるようだけど、うちの中学はつきません。

私はその方が親切だと思っています。

次男、11月は全滅でした。

学校のことを全く気にしなくなってから

明るくなりました。肩の荷がおりたと言う感じに見えます。

今はそれでいいと思っています。

そう。充電期間です。動きだせるタイミングがくるまで

長男のときと同じように私は情報を集めながら

その時を見逃さないようにしようと思っています。


長男と付き合ってきた中で思うこと。

いっぱいあるけれど、その中のひとつは

長い人生のうちのほんのわずかな時間、立ち止まるのも

必要なときがあるのかもしれないということ。

“不登校”という状態は、まったく関係のない人から見たら

“普通”ではない状態であり、“問題あり”とされてしまうかもしれない。

怠けもの、甘やかし、様々な見方があるだろう。

いくら違うと説明しても、残念ながらすべての人の理解を

得る事は出来ないし、不登校児だってみんな同じわけではないし。

これは、不登校に限らず、発達障害、パニック障害、うつ病など

どれをとっても同じことだろう。

本人の苦しさを、その人のせいであるかのような発言をする人はいる。

いじめに遭った子に

いじめられる方にも問題がある、とかね。

だから、そういう人たちには決して共感されないだろうが

それでも、私はあえていう。

少なくてもうちの長男とそしてきっと次男にとって

学校へいかない時間というものは必要だったのだ(進行形だけど)と。

普通に学校へ行っている子の何倍も自分を見つめていると思う。

自身と向き合う恐怖も含めて。

いろいろ背負ったまま、大人になってプツっと糸が切れてしまう人もたくさんいる。

そうならずに、今親の私と共にやり直すチャンスをくれたのだと

そう思っている。

それはこの子たちの将来がきっと証明してくれるはずである。




blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



今日も失礼します

今日は雨です。

この時期、雨ってことは暖かいってことですね。

そろそろ、タイヤ交換かなーと思っているけど

いつもギリギリまでしない。減ったらもったいないし(^^;)

私はタイヤ交換はいつも自分で・・・いや息子たちと一緒にやります。

去年の様子

2009_041020080006_convert_20090412082624.jpg 2009_120520080010_convert_20091206142827.jpg 2009_041020080003_convert_20090412082733.jpg

長男は施設へ行っていることが多かったので

だいたい次男&三男。

もう慣れたもんです。助かります

男の子は頼りになりますね。



今日も時間がないので、以前書いた記事を以下に再度アップさせていただきます。

2009年、6月に書いた記事です。多くの方に読んでいただけたら嬉しいです。

以前から来て下さっている方、ごめんなさいね。

もう前に読んだからいいわと言う方はスルーしてください。

あ、ちなみに現在の長男は当時とは別人のように穏やかで心やさしき男に

なりました(*^_^*)



私は子供に対し、忍耐強く待つということや、ダメなことはダメだと毅然とすることが

大切だと思っています。

が、私もはじめから そんな風に接することが出来たわけではありません。

もし出来ていたなら、例えいろいろあったにせよ、長男の我儘がここまで増長はしなかったでしょう。


長男はもともと、好奇心がとても旺盛で何かに関心を持つと

それを抑えることが出来ない子でした。

なので小さい時から落ち着きがなく、なんにでも口をだすような子。

人見しりも全くないため、すぐに友達は出来るけど

その分トラブルも多かった。(誤解されることも多かったけど)

保育園では先生からADHD(注意欠陥多動性症候群)ではないかと言われたこともあります。

一応の検査には行きましたが、多分落ち着きがない普通の子だろうと言われ

詳しい検査はしませんでしたが、(席に座っていられないというほどのことはなかったので)

もしかしたら多少その傾向はあるのかもしれません。

長男に対しては、怒ることも迷うことも多かった。

怒るときは出来るだけその理由を丁寧に説明することは心がけていたけれど

今思うと彼の気持ちをくみ取るという部分は欠けていたように思う。

次男が生まれ、三男が生まれ、私からみたら立派な兄ちゃん。

今思うと厳しかった。

いや、厳しいというより・・・・怒りながら彼の我儘に負けてしまうことは多かった。

彼の“しつこさ"に耐えられず、最後には「勝手にしなさい!!」と

山のように文句を言いながらも、最後には聞いてしまっていたのである。


この繰り返しが彼を増長させたのは当然である。

駄目と言われても、しつこく騒げば・・・暴れれば・・・私が折れることを

彼は知っているのだから。


先生との間に、友達との間に、いろいろあった彼の心がすさんで

ものすごく荒れていた時は、大袈裟ではなく地獄のようでした。

旦那のことも加わり、長男が包丁を掴もうとしたこともあった(旦那に対し)

なんとかしなければ。

この思いだけがわたしの中で空回りをする。


甘え足りない部分を補いながら、

駄目なものははねつけなきゃいけない。

そう決心したものの、最初は言い出したら7時間も8時間もつきまといながらねばる彼。

物を投げ、私を蹴り、弟たちに八つ当たりをする彼にやはり最終的に負けてしまう。

その場は治まるが、私はひどい自己嫌悪。

そしてすぐにまた新たなバトルが始まる・・・・。


怒鳴り合い、殴り合い、つかみあい。なんでもありだった。

この子をこんなふうにしてしまったのは私だ。

私は自分を責め続けた。

そんな中で一歩ずつでも改善できたのは・・・・。

私がいままで目を向けなかったことに気づいてからである。

今まで最終的に“負けてしまった”ということで自分を責め続けていた私。

その中でふと気付いた自分の進歩。

例えば・・・彼が何かを言いだした時点で喧嘩ごしになっていた私が、

一回は冷静に 「それはダメ」と言えた事だったり(前は半分どなりながら『とんでもない!なに言ってるの!!』とすぐにヒステリックになっていた)

1時間で折れていたことを3時間まで折れずに頑張れたことであったり。

とるに足りない小さな変化。

最終的に負けてしまっても、そこに注目するようにしたのである。

そして自分に対し、責めるかわりにそんな自分を労わってあげたのである。

そうすることで、「よし、少しずつでも進んでいるぞ!今度こそ負けないぞ」と

思えるようになってきたのである。

と同時に彼の変化も感じられるようになった。

前は ダメっと言ったとたんキレていたのが

いったんは冷静に交渉できるようになってきたとか、

一日に10回くらいあったバトルが2回に減っていることとか。

私の中でそんな風に自分の頑張りも彼の頑張りも感じられるようになってから

事態は急速に好転していった。


私が自分を褒めてあげることが大切だというのは

こういうことからなのです。

自分を認め、子供を認める。

すぐに結果に出なくても、小さい変化に注目する。


たとえばダイエットでも物凄く頑張って、体重計の針が1ミリも動かなければ

やる気がなくなってしまう。

だけど、たとえば体重は変わらなくても体脂肪が減って筋肉に変わっていることが

わかれば、やがて体重に変化があると信じられますよね。

数字ばかりにとらわれず、引きしまってきた自分の体に目をむければ・・・・。


子供の勉強も同じことだと思います。

つまりすべてに通じることだと思うのです。

だから、小さな変化でも、ちゃんと自分を認めてあげましょう。

とっても、とっても大切だと思うんです。



自分自身に対する思いやりは何よりも効く特効薬だ
                       
                            セオドア・アイザック・ルービン


自分の能力をどれだけ発揮できるかというのは、結局どれだけ自分をおだてられるか、にかかってると思うんです

                              玄侑 宗久



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。

複雑

今日はバレーでした。

冬はとくに運動不足になりがちだから貴重な時間です。

身体動かして気持ちいいし、楽しいし。

このメンバーの子供たちは、高3~小4まで。

あ、時々人数足りないと現役保育園児のいる若いお母さんにも

来てもらうけど。

もともと、長男が年少さんの時に年長さんのお母さんたちが作ったチーム。

バレーのメンバーは何故か3人の子持ちがほとんど(すごいでしょ?)なので

一人目と二人目が高2、中3という組み合わせが多い。(末っ子は小6が多いかな)

そう、中3。

長男と同じ年です。

つまり、受験生の母たちなのだ・・・。

そして、みんな私も“受験生の母”だと思っている。

この時期、もちろん受験の話が多い。

志望校とか・・・。(公立高校の学区は同じです)

カミングアウトしちゃえって思うけど

イマイチ微妙なところで、そんなに突っ込まれないので

言いそびれている状態。

まあ、言っても言わなくてもどっちでもいいか(^^;)

でもね、今までこの人にはうちの子が不登校なんて言えないわと思うような

まじめというか良くない言い方をすれば頭が固く思い込みの激しいお母さんが

「高校だけがすべてじゃないと思う」などと言い出し

ちょっとびっくり。(そういうことは絶対言わないようなタイプ)

どうも・・・子供の成績がよくないらしい。

小さい時はよく知っているけど小学校で同じクラスになったこと

なかったから、勉強のほうの様子は知らないんだけど。

「行ける高校ないかもしれない。塾かえてみたんだけどダメなのよ」

「いや、成績が悪くたって、高校行きたい気持ちがあれば、選ばなければ

行ける高校はちゃんとあるよ」

「いやー・・・ホントに馬鹿なのよ、あの子。行けるとこないんじゃないかな」

う~ん、まじめはまじめで勉強もそこそこやってはいるらしいけど

成績に結び付かないないらしい。

で、先ほどの発言になったわけ。

今ならカミングアウトしてもごちゃごちゃ言われないかも、なんて

ちらっと考えちゃった(^^;)

他のお母さんたちは“子供が勉強しない”ということに頭を抱えている。

うちの長男が中学の勉強を何一つしていない(授業さえ)

ことを知ったら、この人たちはどう反応するのだろう。

私に対する同情? たぶん、それが一番多いと思う。

私が言わない一番の理由はそれが嫌だからだ。

事情を聞き、同情し、慰めてくれるだろう。

そして、心のどこかに優越感を感じるに違いないと思うのは

ひがみだろうか。

こういう思いを抱くということ自体、私は偉そうなことを言いながら

長男を、長男の将来を100%信じ切れていないということだろうか。

今現在、私の周りにいる人たちにはクリア出来た問題が

小さいころから長男を知っているこの人たちに対してはクリアできずにいる。



このバレーのメンバーと知り合ったのは長男の公園デビューをして

まもなくのこと。

長男と同じくらいの子供を連れたお母さんたちの塊(上の子たちの保育園のママ友集団)に

今思うと、私はよく入っていったなーと思う。

地元ではない私は、友達もなく、子供が生まれる前は特に不自由もなかったが

長男が生まれるとやはり友達を作ってあげたいのと同時に

はじめての育児だったので私自身ちょっとしたことを相談できる相手がほしかった。

近所の公園に毎日のように行った。

誰彼構わず、私から挨拶をし、話しかけた。

そんな中にこのメンバーのグループがあり、チョコチョコ話をしたり

みんな上の子がいる人たちだったので、私にとっては頼りになる存在となり

ちょっとしたことなどを相談したり、保育園の様子などを聞いたりしているうちに

未就園児のサークルに誘われ、入れてもらうようになった。

1年後、保育園入園のときには親も子もすっかり親しくなっていた。

長男入園のとき、次男は1歳になったばかりで

大変なときはさりげなく手を貸してくれたり

おふるの洋服をもらったり、それをまた彼女たちの3人目の子供に返したり

なんだかみんなが兄弟のように、同じ服を着たり

いろんなもの(服に限らず)が順番に何件もの家を渡り歩いたりした。

当時、車の免許を持っていなかった私は、検診や予防接種のときなどは

誰かしら乗せて行ってくれたり、ずいぶんと助けてもらった。

子供が少し大きくなると、半年に一回くらいは飲みに行って

朝刊が配られる時間まで飲んでいたなんてこともある。



そんな仲だからこそ、言いづらいことってあるんだね。

親しいから言えるというわけでもない。

だけど、本当に長男を信じているならば胸を張れるはずではないかと

思ったりする。

だから、今の自分を少し残念に思う。



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。


諸々



今年もあと1カ月となりました。

1年間ホントあっと言う間ですね。


今日はモンハン3の発売日。

といっても興味あるのは長男、次男ですけどね。

予約しようと思ったときにはすでに遅く、予約出来なかったので・・・

朝から並ばせられました。いや私は車で連れて行っただけですけど。

開店50分前に着いた。

駐車場の中に4.5人が立っている。(並んではいない)

あと、車の中に、やっぱり5人くらいかなー。

入口に近い場所にク車をとめて車の中で待つ。

時間がたつにつれ、駐車場は満車に。

歩きや自転車で制服姿の高校生も何人か(さぼり?・・・人のこと言えないけど(苦笑))

10分前。

「そろそろ車降りておりた方がいいんじゃない?」と言うと

長男、次男がおもむろに車を降りて

入口にちょっと近づいた途端、ぞろぞろと人が入口に。

結果的に一番前に並んだ長男、次男。

その後ろにはあっというまに40~50人ほどの行列。

隣に並んだおばさんに何やら話しかけられて、店内を指差しながら話をしている長男。

モンハンが置いてある場所を説明してあげているらしい。

開店。余裕で買って戻ってきたけど

「高校生に思いっきり押されて蹴られた」と言ってた。

無事に買えてよかったわ
2010_1129rikujyou0015_convert_20101201105412.jpg

あ、もちろん2つです。長男のと次男のと。

これは、ちょっと早いけどクリスマスプレゼントということに。

そういえば、長男。

ブログを始めた、いや正確に言えばブログはやる気ないけど

アメーバのピグで遊んだりしているようで自動的にブログもついてくる(?)

から1ページだけ書いたって言ってたけど。

知らないうちにいろいろやってるみたい。

変なことはしていないようだからいいけれど。

xmas2.gif

最近のお気に入り。

2010_1129rikujyou0008_convert_20101130194929.jpg

少し前に白菜をただいたのでキムチを作ろうと素を買いに行って

(自分で作るのは材料そろえるのが大変じゃない?で素をね)

見つけたの。

どこが気に行ったかって?

2010_1129rikujyou0008-shio_convert_20101130194955.jpg

そう!塩漬けしなくていいのよ!

試しに作ってみたら・・・うまい!!

本当に塩漬けしなくてもOKで味も美味しいの!

これは当分お気に入り

xmas2.gif

勉強も頑張ってます

2010_1129rikujyou0007_convert_20101130194849.jpg
ノートをとって勉強するなんて何年・・・いや何十年ぶりかしら(笑)

添削も・・・
2010_1129rikujyou0010_convert_20101201104320.jpg

先生から・・・2010_1129rikujyou0012_convert_20101201104358.jpg

この調子で頑張るぞ!!

一生懸命勉強する母を見て、息子たちつられてやる気出してくれるといいのにな~!!



blogram投票ボタン

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。