歩み

「お母さんは彼がどうなってくれたら嬉しいですか?

学校へ行ってくれることですか?」


「学校へに行ってくれることは望んでいます。だけど

一番大切なのは、彼が精神的に安定し心から安心して暮らしていけるということです。

人生を楽しんで欲しいのです。」


「では、今は学校うんぬんということではなく、どうしたら彼が

安定し、やすらぎを得られるかをまずは考えていこうということですね?」


「はい、そこがスタート地点だと思います」

これは、約2年半前 私がはじめて中学のスクールカウンセラーの先生と

面談した時の会話だ。

彼というのは勿論 長男のことである。

この時は私自身、すでにパニック状態は抜け出しており

不登校というものを受け入れつつあり、ある程度の覚悟は出来ていた。

しかし、このように問われ、それに答えながら

改めて、“一番大切なもの”を意識し、方向性をはっきりと

見出したのだと思う。

しっかりと覚悟が出来(完全不登校ということに)

腹が据わった。

人生で一番大切なことは学校へ行くということではない。

自分の足でしっかりと歩き、そして楽しみながら“生きる”ことだと

私は思う。

学校というのはそのための手段の一つにすぎない。

行った方がプラスではあるが、行けるに越したことはないが、

でも、どうしてもそれが出来ないのであれば、違う形を考えるしかないだろう。

そう言う状態を受け入れて一緒に考えてあげるのが家族の務めではないか。

足のない子に人と同じように走れとは言わないのと同じことである。

まぁ、いろいろと批判や反対意見はあるだろうが

少なくても私はそう思うのである。

これは、力づくやあらゆる手段を使って行かせようとして

逆効果だったばかりか彼の心を益々傷つけ追い詰めた経験から

言っていることなので偉そうなことは言えないが

全く経験のない人に批判されることでもないと思う。

ただこれは長男の場合のように、何をどうしても学校には行けない場合であって

少しの頑張りで行ける子やちょっと背中を押せば行ける子には

当然ながら当てはまらない。

不登校児と一言にいっても、程度や状態、傷の深さ、性格などは

皆それぞれ違うのだから。


さて、私は今このカウンセラーの先生の問いかけを自分自身に再び

訊ねてみる。

彼は長男ではなく次男である。

人生で大切なことは勿論長男と同じである。

自分の足でしっかりと歩き、人生を楽しんで欲しい。

ただ、次男の方が難しい、と思う。

難しいというのは、どう道筋をつけていくか。

もちろん私がレールを引こうなどとは思っていない。

そういうことではなくて・・・。

うまく説明できないけれど

次男は学校へは今はほとんど行けなくなってきている。

つまり、その、登校がゼロというわけでもなく(全く行けないわけじゃない)

しかし、ほとんど行けない。

長男の場合は、学校以外の場所を必死になって探したのだが

次男の場合はそういう問題(学校じゃないところなら行ける)ではない気がする。

もともと外へ出て行くタイプではない。

長男のときのように

“しっかり休養すれば絶対に自分から外へ飛び出していくはずだ”とは

思えないのである。

今、一週間に1度くらい登校。

放課後登校の時もある。

一学期の定期テストは受けた。受けたが通信簿には評価がついていない教科も

あった。点数が悪すぎたということではない。

結局授業をろくに受けていないので評価がつけられないというのである。

つまり、頑張ってテストを受けたからと言って

そのこと自体は大きなことではないのだ。

授業をあまり(ゼロではない)受けていないなら

テストを受けても受けなくても同じということだもんね。

つまりね、言い方は悪いけどすべてが中途半端なのよ。

出席日数も通信簿も。

いや、それがいけないわけじゃない。

ただ、時々私がくじけそうになる。

力みすぎず、手を抜かない。弱い力で押し続ける、

あきらめない。

なんて難しいのだろうと思う。

方向性が見つからない。

答えを見つけるのは本人だと思う。

しかし、手を貸してあげなければならないと思う。


長男に対しては、焦らず慌てず信じて見守るということが

最初はとても大変だった。つい余計なことを言ってしまったり

気持ちが焦ってしまったり。

それはある意味自分との戦いだった。

私の不安はあくまでも私のもの。それをぶつけてはならない・・・。


次男は一人でどんどん歩いて行く子ではない。

小さいころからそうだった。

いつも私のそばにお利口さんにくっついていた。

おとなしく、人見知り。

長男とはまったく逆。

今も基本的な性格は変わっていない。

私がたくさんの選択肢を示してあげなければと思う。

えー、なんだかごめんなさい。

まとまりのない記事になってしまったわ。

まだ先は見えないけど、頑張って一緒に歩いて行きます。

これからの歩みを見守ってくれると嬉しいです。

周りの景色も楽しみながら行けるといいなと思っています。




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。





スポンサーサイト

昨日今日

昨日買い物から帰ってくると、丁度大家さんの婿さんもどこかから帰ってきたところらしく

私が車から降りるのを待っている様子。

何か話でもあるのかしら?

「こんにちは」

「こんにちは。どうです?お身体の方は」

「おかげさまでだいぶ良くなりました(^◇^)」

「それはよかった。・・・それはそうと、おばあちゃん、出てけって言ってるんだって?」

「はい・・・」

「全然知らなかったんです。2日くらい前にはじめて聞いて・・・。

だけど下の子、転校させたくないでしょ?」

「そうなんです。あと2年半なんとかって思っているんですけど・・・。」

「そうだよねー、野球も頑張ってるしね」

「うん・・・。」

「俺にいわせりゃ、貸しておいてそんなこと言ったって

住んでる人にも居住権はあるんだし、使い方が気に入らなくても

出るときに元通りしてもらえばいい話だと思うんだけど

なにぶん婿だし、この家に関しては口出し出来ないんだよね・・・。

なんか、すみません。

一応おばあちゃんには言ってみるけど。

っていっても今喧嘩してて1カ月くらい口聞いてないんです。

おばあちゃんとも、かみさんとも。」

「そうなんですか?」

それから、30分くらい立ち話をした。喧嘩のいきさつとか(笑)

1カ月も子供以外の家族と口聞いてないということなので

誰かと話がしたかったのかしら?(^^;)

あ~、それにしても・・・。

そう、家の問題があるのよね。とりあえずお金もないと言っておいたわ。

立ち退き料くれるなら考えるかも。

でも、転校はできることならもうさせたくない。

前回、我慢してくれた三男の気持ちを考えるとね・・・。




先日、乳がんの検診に行ってきました。

なんと10年ぶり。子宮がんは毎年していたけど

乳がんは全然していなかったの。

毎年していた子宮がん検診で今回発覚したわけでしょ?

10年もしていないから怖かったわよ。

受診票に記入する際、私は癌の既往歴があるんだと

改めて実感しちゃったわ。

今回はマンモではなく触診。町の検診です。

結果は何にもなく、一安心。

これからは毎年きちんと受けよう。


で、今日は退院後、2度目の検診日。

出血も止まっているし、お腹の傷も綺麗なので心配はしていなかったけど

土曜と日曜、2日連続で糸のようなものが出てきたので

(下から・・・下着についてたの)

ちょっと気がかりだった。

聞いたら、中を縫った糸で普通はそのまま溶けてなくなるんだけど

体質によって出てくる人もいるらしい。

体が異物とみなすらしい。

中の傷も綺麗だから心配ないって。

これからも糸が多少出てきたり、出血するかもしれないけど

そのつど来るようにとは言われたけど。

で、生活は何をしてもOKだって\(^o^)/

これでバレーも復帰できるわ!!ダンベルも(笑)

次の検診は4カ月後。

細胞診とエコーだって。細胞診・・・膣の?

よく聞くの忘れた(^^;)

ま~たぶん中のおりものを調べるってことだろう。

子宮はもうないから。

それで異常がなければその次からは半年ごとになるみたい。

卵巣がん検診と合わせてね。

だけど、今日で一段落です!!

みなさん、ご心配おかけしました。

そして、たくさんの応援ありがとう!!





blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。






気がついたら誕生日

ここのところ、すっかりこのブログのペースが遅くなってきてしまいました。

なんだか書くことがうまくまとまらないというか

書くことが思いつかないというか。

ブログをはじめて1年くらいはほぼ毎日欠かさずに書いていたし

本当の最初のころは書きたいことが心にあふれていたので

1日に2回や3回更新したこともありました。

ブログが最優先だったころもありました。

時間がなくて書けない時、書くことが思いつかない時、

それでも無理したり、次の日はそれこそ最優先事項にしたり。

心のどこかでランキングを落としたくないとか(これでも 不登校、男の子の育児、2つの

カテゴリで1年近くは1位だったんです)

訪問者、コメントが少なくなるのが嫌・・・というか

怖かった。

だけど、私が書いているのはそういうもののためではないし、

無理して書いて仕事のようにしてしまいたくはないと思い、

書けないときは無理して書かないことに決めました。

当然のようにランキングはガタ落ち。

コメントも減りました(ピーク時よりね)

それでも、変わらずにお付き合いをして下さる方もいるし

たまに覗いてくれる方。

1年ぶりくらいにコメントを下さる方もいて

まだ、読んでいてくれたんだ。覚えていてくれたんだと感動をもらったりしています。

今なぜこんなことを書いたかというと・・・

気がついたら、このブログ今月の21日で2歳を迎えておりました。

あはは。実はさっき気がついた(笑)

あっと言う間だったけど、たくさんの方と出会い、

いろんなお話をさせていただきました。

嫌がらせを受けたり、心ない言葉に傷ついた時もあったけど

いつでも、たくさんの方が私を励まし、応援してくれた。

なんとか続けていられるのは、訪れてくれるみなさんのおかげです。

本当にありがとう!!


これからもよろしくね(*^_^*)



blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



運動会&秋の行事

18日は小学校の運動会でした。

天気にも恵まれてよかったけど暑すぎ!!思いっきり日焼けしちゃいました。

もちろん帽子もかぶり日傘もさしていたのだけど。

三男の通っている小学校は、昼は家族と一緒に食べるので

朝から作った弁当や飲み物はクーラーBOXに入れて持っていきます。

テントを張る家族もめずらしくありません。

どこもおじいちゃん、おばあちゃんも総出で応援です(^^;)

それはそうと今年は猛暑のせいで*アメシロが山のようにいて・・・。

後ろの桜から降ってくる(?)

毛虫大嫌いな私はそのたびにキャーキャー言ってた


さて、三男。今年は4年生。いよいよ高学年の仲間入り。

さっそく志願して応援団になりました。

鉢巻、手袋、笛を吹きながら扇子をふる姿はなかなか様になっています。

見せ場の応援合戦。

なぜか、なぜか・・・

三男は雪だるまのかぶりもの・・・(三男は白組)

「僕は雪だるマン。北の国から白組の応援にやってきました!!」

あはは・・・この役も志願したらしい。

なんでもやりたがるんだから~(^^;)

だけど暑くて大変だったみたい(笑)


この学校は小さいので騎馬戦や組み体操も高学年全員でやる。

4~6年、全部集めても70人くらいしかいないもんね。

三男、はじめての組み体操。

4年生もそれはそれは立派にできました!かっこよかった

私もいつもは大玉おくりや綱引きに張り切って出るんだけど

今回は我慢。綱引きなんてやったら傷口が開いちゃうかも。

けっこう力いっぱいやるもんね。

とりあえず、大きな行事がひとつ済んでホッとしました。

三男もどの競技も頑張ってたし(^◇^)

でも秋は行事が多いのよねー。

10月1.2日は中学文化祭(もちろん弁当)

6日、三男社会見学

9日、育成会、麦の種まき

14.15日中間テスト(まーこれは次男が頑張るしかないけど)

24日、地区の秋祭り。育成会でお神輿。

26日、中学強歩大会(17キロ歩く)

30日、小学校音楽会。

ええ、体の回復とともに忙しさも戻ってきます(苦笑)

弁当は何回作るんでしょう?

カウンセリングもそろそろ復活しようと思ってるし。

まあ、適当に手抜きもしながら 気持ちだけはのんびりいこうと思っています。

*アメリカ白灯盗(アメリカシロヒトリ)
ameshiro.jpg

字のごとく、成虫になると夜灯に集まる白い蛾。
1匹が300~800個、産卵する。
アレルギーがない限り人体への害はない





blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。

またやっちゃった・・・

あ゛ーーー!!

最後まで書いた記事を消してしまったーーー

もうダメ・・・今日は気力なし。

記事更新とご訪問は明日にさせていただきます・・・。

ただでさえ遅れているのにすみませーん

程よい力で

入院して手術して1カ月がたちました。

以前の忙しさは嘘のようにゆったりとした日々を送っております。

役員の仕事もスクールカウンセラーの先生や長男の担任の先生との

面談も一時お休みしているし、もちろんバレーもまだ復帰できないので。

役員会などは出ているし、ボチボチカウンセリングの方も再開しようと

思っていますが。

今まで忙しい時は文字通り秒刻みのスケジュール。

家のことも子供のことも何もかも背負いこみ

すべてを頭に描くようにはこなせず(当たり前だ)

勝手にストレスをためていた私がいました。

今回、初期といえども癌になり、これからは

無理をしないと決めてから、逆にいろんなことがうまく回りだした気がします。

ゴミだし(に限らず何かを)を旦那に頼むのに罪悪感を覚えなくてよくなって

(切腹後という大義名分があるから)

嫌な顔せず持っていってくれたら素直に ありがとうの言葉が

口にでる。当たり前のことなんだけど以前の我が家には少なかったんだなー

こういうことが。

前は私がどうしても不可能なことしか頼まず(それも頼むことに罪悪感を

感じながら)、躊躇しながらやっとのことで

頼むのにも関わらず、嫌な顔やめんどくさそうな様子。

或いは、わかったといいながらなかなか実行に移さない様子に

心底腹がたち、もう二度と頼むもんか!と心の中で決めるけど

子供が3人、私の身体はひとつなので

やはり手をかりなければならない状況が出てきて、躊躇しながら

そして頼まなければいけないということに少しの嫌悪感を覚えながら

頼んで・・・の繰り返しだった。

私は頼むことがいけないのだと思っていたけど

逆だったんだなーと思う。

もっとちょっとしたことでも上手に頼ったりした方がうまくいくんだよね。

一回や二回嫌な顔されて傷ついていちゃいけなかったんだ(笑)

これは子供に対しても同じだね。

うちは3人とも男の子。

男って何歳でも頼られれば嬉しいものなんだよね(笑)



入院中や術後の家事をしに来てくれていた母は先週帰りました。

二学期になってほとんど登校していない次男に

やっぱり納得いかないようでした。

学校へ行かないこと自体もそうですが

その理由が不明というところ。

母なりに、生活のリズムが乱れてる(夜更かしのせいで起きられない)

とか、休みがちなので友達と馴染めないのが悪循環になっている、とか

休んでいる間の勉強がわからなくてつまらないとか

いろいろと思ったようですが

これは正直、どれも正しくて、どれも間違っているといえるでしょう。

つまり、このようなことはあるにせよ、

順番が違うのです。“登校出来ない”のが先。

その結果、リズムがくるってきたり、友達と親密になれなかったり

しているのです。

その証に、どうしても行かなければと思ったときは

例え徹夜だったとしても行くし

行けば友達とそれなりにやってきます。

反対に、リズムよく生活が出来ているときでも

行けないときはいけないし、友達に声を掛けられても行きません。

今回、長く家にいたことで、そのことがわかったようで

余計に納得できない!と言う思いが強くなったようです。

怠けてるのではないかと思えて腹がたったり途方にくれたり

何年か前の私みたい(^^;)

声を荒げる母に私は

「行かなくちゃと思っても行けないんだよ」と言うと

「だって、なんで?理由を言えばわかるけど 言わないじゃない」

「自分でも説明つかないんじゃないかな」

「そんなの納得出来ない。リズムが整っても行かないし

先生が嫌いではないようだし、友達と揉めてる様子もないでしょ?

やっぱり、行かない方が楽になってしまっているんじゃないの?

無理にでも行かせた方が・・・」

「それが出来るならやってみて」

「私のいうことなんて聞かないもの」

「私の言うことだって聞かないよ。無理やり連れていくのは不可能だよ。

それをしようとしても無理な上に追い詰めて余計に行けなくなるだけだよ。

悪いけど、この点じゃお母さんより経験してる」

「頭ではわかるけど、理由がないんじゃ見ていて腹がたつし

納得できない」

「あのね、理由がないんじゃなくて説明できないというか

単純なものじゃないんだと思う。

大人だってあるでしょ?一つの大きなことがあったわけじゃないけど

小さなことの積み重ねでどうにも疲れてしまったりすることが。

気持ちってうまく整理して説明できるものばかりじゃないじゃない?

理由がわからないから納得できない、認められない。

そうだね、納得は出来ない、私もね。

でもね、大切なのは私たちが納得できるかどうかじゃないんだよ。

どうしたらあの子が人生をうまく歩いていけるかということ。

怒鳴ってそれができるようになるならいくらだって怒鳴るけど

残念ながら、そんなことじゃうまくいかない・・・」

「そうだよね、あんたは私の何倍もいろいろとやってみて

考えているんだよね。本当に強いよね、あんたは」

「あの子たちの親だからね」

自分でいうのも何だが、私も成長したなと思う。

以前ならこんなに冷静に話せず、ただ怒鳴る母を批判してしまっていただろう。


次男に対しては迷うこともまだ多い。

変な言い方だが、長男のように完全に行けないと言う方が

楽な面もある。“学校へ行かせる”以外の選択肢を考えるからだ。

つまり、毎朝(今日は登校できるだろうか)と思ったり

欠席の電話もしなくていい。

毎日のように電話をするのは気が重いものだから。

毎日届く連絡帳。届けてくれるクラスメートに罪悪感。

(その子に負担にならないように半分は先生が届けてくれる。)

授業がどこまで進んでいるかを気にかけなくてもいい。

それでも行ける可能性があるうちは、そんなものに負けてはいられない。

私は完全不登校の長男を100%受け入れてはいるが

学校へいくほうが人生にとってプラスになる(得だ)と

いう考えに変わりはないからだ。

もちろん、行くことが出来るならの話しであるが。

これからも肩に力を入れすぎず、だけど手を抜かず(子供のことだけはね)

頑張っていこうと思う私です。




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。


お久しぶりです

お久しぶりです。一週間もお休みしてしまいました。

ブログをはじめてからこんなに更新しなかったのは初めてです(^^;)


さて、今日でちょうど術後1カ月です。傷の方はもうほとんど大丈夫なのですが、

あのね、お腹が出ています・・・。術前よりもね。

お腹の中の臓器が一つ減ったのだから以前より細くなったもいいと思うのに

その逆です。

私ね、生理前はお腹周りがむくんで太る体質だったのね。

実際体重も1~1.5キロくらい。

で、生理が始まると段々と戻っていくという。

今のお腹の出方がそれに似ているんだけど

もう一週間くらいずっとなの。ええ、体重も。

で、あせったわけよ。

私は卵巣は残っているので、排卵はあるし、生理前の症状に変わりはないと

言われている。

つまり、今までと同じく排卵後はむくむし体重も増える。

で、で・・・その後は?

生理とともに水分だか余計な老廃物は出ていっていたわけじゃない?

だけど、もう生理はないのよ。

も、もしかして、このまま毎月増え続ける・・??

思い切り焦った私は、さすがに腹筋運動はやめといたけど

ダンベル体操やら、ウォーキングマシーン(?)やら

腰をひねったり回したりいろいろしたわけよ。

そしたら、一度止まっていた出血がふたたび・・・。

やっぱ、まずかったかしらね?(;一_一)

仕方なく大人しくリンパマッサージをしながら

(お腹は出来ない 泣)

ネットで調べたら

開腹手術後は腹筋が切断されてしまうため、臓器が支えきれずに

下垂してしまったり、表面の傷は一つでも何層にも切っているので

それぞれがしばらくは腫れていたりして

お腹がぽっこり出てしまうのだそう。

術後半年もすれば段々に戻るのだそうで一安心。

しかし・・体重は?

あのね、本当に急に増えたのよ。

一週間に2キロよ!!なぜ?どうしてーーー??

なんとか1キロは戻したけど。がんばってダイエットしなければ・・・。

子宮はなくなったけど女をやめたわけではないからね。



昨日、めずらしく旦那が長男に

「来年はどうするんだ?」と進路についてたずねました。

面と向かって旦那が進路を聞くのは初めて。

「う~ん・・・」

旦那に対してはぐらかさず答えようとする長男も初めて。

「やりたいことがないならヘルパーの資格を取って俺の仕事を手伝え」

おお!それは私も考え付かなかった。

旦那の仕事は介護に関係している。

それもありかもしれない。

長男も今まで考えたこともないようだ。

「どうやって資格とるの?試験は?」興味なくもないようだ。

ヘルパーの資格取得に学歴、年齢とも制限はない。

「考えてみる」と言っていた。

そうだね、高校以外にも道はいろいろとあるね。

もちろん、高校へだってその気になりさえすれば行けるけれど。

一時は最悪だった旦那と長男の関係。

いつか事件が起きるかもしれないという心配さえしていた。

こんなふうに話が出来るようになっただけ大きな進歩。

本当にあの頃は私にとっても毎日が地獄のようだった。

大袈裟なんかじゃなく。

今我が家はあの頃には想像も出来なかったほど平和になった。


今度の土曜は小学校の運動会。

応援団になった三男。

毎朝、朝練頑張っています(*^_^*)



blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



銀メダル


今日は長男の施設のイベント&区の運動会でした。

毎年、同じ日に重なるの。

おととしは運動会は旦那にいってもらい(次男、三男を連れて)

私は朝6時半から夕方4時までびっちり施設に。


去年は区の役員で、運動会では放送係だったので運動会終了後に急いで施設へ。

今年も本当ならば、両方行かなければいけない立場なのだけど

まだ、重いものを持ったり飛び回ったりは出来ないし

炎天下の中、ずっと外にいるのも厳しいので、

運動会は旦那に。(三男が出るので)

施設は長男だけ送って、私はパスさせてもらった。

昨日までは長男も行かないと言っていた。

先生にもそう言ったらしい。

「先生、来なきゃダメって言わなかった?」と聞くと

「別に。何も言わなかった」

「そう・・・。でも一番のイベントだよ?こういう時に行かなくてもいいの?」

「・・・でも先生も来いって言わなかったし、

どうせ俺はいてもいなくてもいい、必要ない人間てことなんだし

いいんじゃね?行かなくても」

「行かなきゃいけない時もきちんと行かないから、

必要ない人になっちゃうんだよ。アテにできないでしょ?

施設に行っている以上こういう時は行くべきだと思うよ。

お客さんもいっぱい来るんだし。それに・・・あんた最後のイベントだよ?

来年はもう卒業しているんだよ?出場は出来るかもしれないけど

今の立場とは違っちゃうんだよ?」

「う~ん・・・」

考えているようだ。私がいいたいことはそれだけ。

決めるのは本人だ。だからこれ以上は何も言わず、ゆうべは寝た。

そして今朝。集合は7時。

6時45分には家を出ないと間に合わない。

どうするのかなー?と様子を見ていると

先生に電話。

「やっぱり今日行ってもいいですか?」

そして私に「送ってくれる?」と。こういうところに私は長男の成長を感じる。

ちゃんと考え、自分で答えを出せること。

で、長男は今日銀メダルをもらいました!!

馬に乗るのは嫌だと言っていたけれど、結局乗ることになり

(強制だったらしい 笑)

見事2位。はじめてのメダル。

「すごいじゃん!!」と言うと

「別に」なんてポーカーフェイスでいるけれど

本当はすごく嬉しいってこと、お母さんはお見通しだよ。

やっぱり行ってよかったね(*^_^*)


そうそう、三男も運動会のリレーでは見事1位だったらしい。

こちらもよかったね(*^_^*)


どちらも晴れ姿は見れなかったけど、目に浮かぶわ。

二人ともよく頑張りました!!



blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



お返事&ご訪問遅れていてごめんなさい。

明日になってしまうかも・・・。

復活

今日は退院後、初めての受診日でした。

手術でとった子宮の病理検査の結果は上皮内がんより進んだのものは

でなかったので100%治癒ということでいいだろうということ。

ただ、卵巣は残っているので、定期的な検査はした方がいいみたい。

ま~、これからは子宮がん検診の代わりに卵巣がん検診をするということだ。

で、診察の結果 性生活以外のことはOKが出た\(^o^)/

やっとお風呂に入れるよ~

運転も

よかった、よかった

でもまだ中の傷が完全ではないので28日に再度受診。

まだ多少の出血があるので、今日は抗生物質の膣剤をいれてくれた。

感染予防。



さて、始業式に登校したきり休んでいた次男。

いや、何度か先生が送り迎えをして下さり放課後登校はしていたのだが。

(この形には抵抗なしで行けた)

昨日は久々に普通に登校。

帰ってからも機嫌がよく、いつもなら黙々とゲームに夢中になって

いるのだが三男と将棋をしたり、ふざけて遊んだりしていました。

あんなに元気よく騒いでいる次男を見たのは久しぶり。

うるさいと思いながらも 楽しそうだなーと嬉しくなりました。

三男も一緒に遊んでとても嬉しそうだった。

朝から登校出来て自分でも達成感があったのかな?

毎日、「行かなくちゃ!」という思いは感じていたから。

不登校の子は学校へ行かないんじゃなくて行けないんだよね。

そのことで誰よりも自分自身を責めている。

長男、次男を見ていてそのことがよくわかる。

負い目を背負っているのはつらいと思う・・・。

やっぱり私はどんな時でも味方でいてやりたいと思う。


話は変わるが、最近三男は怒りっぽい。

反抗期なのか、私の入院などでちょっと不安定になったのか。

ちょっとしたことですぐ怒る。

同級生のお母さんはみんな同じことを言っているがのでやっぱ反抗期?

かわいい、かわいい三男もいよいよ難しい年に差し掛かってきたか?

男の子三人。次から次と・・・。

のんびり穏やかなお母さんではいられないわね、やっぱり(^^;)

以前、友達が「姑というものが気が強いのは男の子のお母さんだからだ」と

言っていたけど、なるほど~と大きくうなずいてしまう私です。

元気になったことだしまた頑張りますか。

今度は無理はしないけどね(^_-)-☆




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。