久々、真面目に

長男のことでいろいろあってから私は多くのことに気付きました。

このブログにもいろいろと書いていますが、当たり前ですが

すべてはとても書ききれない。

少しずつでも書いていき、誰かのお役にたてたらなと思っています。


過去、長男と激しくぶつかる中で、あるいは不登校という状態になってから

私はいかに自分自身が物事にとらわれ、視野が狭く、また知らず知らずに

余計なものを身につけて生きていたかを知りました。

人は誰でも自分の物差しを持っていますが

無意識のうちにそれが絶対になってしまっていることや

当たり前と思っている自分の常識が決して当たり前ではないこと。

(学校へはいくのが当たり前、とか)

親はそれまでの人生経験の中で吸収してきたいろんなものの中から

本当に大切なものと必要のないものを見直す作業が必要だと思う。

そういうことに気付かないと親子関係でうまくいかないのではないかと思う。

いくら親子でも持っているものさしは違うもの。

それに気付かないと、つい、子供がダメなように思えてしまう。

自分の価値観で子供に文句をいい、自分に従わせようと無意識に

してしまっている場合がある。愛情という言い訳のもとに。

せっかちな親にのんびりやの子供。

イライラするかもしれないが、その子が悪いわけじゃない。

動作が丁寧なのかもしれない。

決断することに慎重なのかもしれない。

自分と違うものを受け入れられたとき、本当の自分も理解できる。

You are ok,I am ok too.

子供のことでイライラしたとき、

(どうしてこいつはこうなんだ?)という視点ではなく

(どうして自分はイライラするんだ?)と考えた方が

子供のことも自分のことも見えてくることがあるかもしれない。

な~んて偉そうに言っている私も

色々な問題が起きるまでは、ちっとも気付かなかった。

子供のためを思い、一生懸命に導かなければと思っていたからだ。

でも、それが自分のエゴを押しつけていたということに

気付いてから、親子関係は変わり、

笑顔が増えた。

子供はもともと、みんな素晴らしい。

それを、ねじまげてしまっているのは案外大人なのではないだろうか。




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。





時々、下さったコメントが勝手に迷惑コメントになっていて

長時間、気付かない時があります。

FC2の方でNGフレーズが決まっているんでしょうね(^^;)
スポンサーサイト

がんノイローゼ?と子供たち

PCを開くとつい、子宮頚がんと検索してしまうので

昨日は開くのをやめてしまいました(^^;)

なんかね、お腹がちょっと痛いのよ。

軽い生理中のような痛みが時々ね。

前からたまにあったけど、今の状況だとつい考えちゃうじゃない?

もしかしたら、思っている以上にがんが・・・とか。

初期では自覚症状はあったとしても不正出血だけみたいだから

この痛みが癌だとしたら・・・ちょっと進んでる?とか。

ま~、不正出血はしてないんだけど。

なんかね、下半身に起こることをすべて結びつけちゃうわけよ。

前から書いてるけど、私便秘症なのね。

最近、出ても便が細いのよ。

で、(もしかして、直腸まで・・・)とか(苦笑)

ちょっと腰が痛くても・・・。

疑惑が出てから精密検査をして、その結果が出るまで

1カ月くらいあるじゃない?

もお、勘弁してよ~って感じ。

いやいや、進行してる癌なら細胞診の結果がクラスⅢbじゃなくて

ⅣとかⅤのはずだから、大丈夫だってわかっているんだけどね。


癌の前段階だとしても、初期のがんだとしても

免役力をあげなきゃ!って鏡に向かって意味なくにっこりしてみたり

にんにくを買いこんだり・・・。

ちょっと滑稽です。

あ、笑顔はね、たとえ作り笑いでも効果はあるんだって。

だから、にっこり・・・。

精密検査、怖いけど早く終わってはっきりしてほしい・・・。

きっと、なんでもないので、後で笑ってやってください(笑)




次男がもうすぐ期末テストなんだけど

まったく勉強する気がありません。

授業で受けていないところが多いので

一緒に見てやるんだけど、集中力、皆無(>_<)

別に試験なんて出来なくてもいいしーって思っているみたい。

小学校のテストとは違うんだってばぁ。

で、10分間ずつ区切ることにした。

「ここを暗記するまで」とか「二時間やろう」とか言うと

すごく大変に感じちゃうみたいで

最初からやる気がでないようなので

「10分だけやろうか?」と言うと

それくらいならって思うみたい。

二時間だらだらやるよりも10分でも集中してやる方が身に付くみたい(笑)

10分やったら10分休憩して、違う科目をまた10分と言う具合。

ま~、私はめんどくさいけど。

小学校のうちからしっかり家庭勉強の癖をつけておくべきだった(>_<)

中間テストがなかったから、範囲が広くて

とてもやりきれないので、とりあえず要点だけ押さえとけという感じ(^^;)

ほとんど受けていないような科目もあるからね・・・。

でも、三男が「こっちの宿題も見てよ・・・。○○(次男)ばっかり!!」って

拗ねるけど・・・。

一緒に見るから同じ部屋でやれというのに

嫌だと言う。

はぁ~。

一番勉強してほしいのは長男なんですが!!

奴はまだ目覚める気配なしです。

世間一般では受験生なんですがね・・・。

高校行かなくてもいいけど、どうするつもりやら。


そうそう、毎月配られる地域の月刊誌にこんな相談がのってた。

Q,娘は学校でいじめに遭い、不登校。成人になっても仕事に就けず

  仲のいい友人もおらず、まったく外に出られません。

  どうしたらいいでしょうか。



A,お子さんは気の合った友達と楽しく遊んだり、ありのままの自分で普通に

  友達と会話を楽しむ経験をしながら、対人関係を広めていける青年期に

  つらい体験をしたのだと思います。

  不登校だけがひきこもりの原因ではありませんが、

  いじめを受けた体験が心の傷になっているのは確かだと思います。

  引きこもる娘を見て多くの親御さんは

  「我がままで自己中心的で甘えてる」 

  「このまま行けば一生仕事にも就けず、誰からも相手にしてもらえない」

  「早く家をでて自立しろ」

  「我慢が大事だ」と叱咤激励してしまい、

  ますます親子関係をギクシャクしてしまう例が多いようです。

  こうした説教などは娘さんにさらにストレスやプレッシャーを

  感じさせてしまい、まさに“百害あって一利なし”です。

  気の置けない友人がいない寂しさ、悲しさ、同世代から取り残された焦燥感

  外に出られないもどかしさなど、どんな些細なことでも

  丸ごと受け入れてあげて下さい。そうすればいつか自立できます。

  どんな人にも向上心があります。娘さんは決して怠けものではありません。

  信じて温かく見守ってあげましょう



これは、私がいつもこのブログに書いているのと同じことだ。

なんだか、長男のこと、私のことを肯定してもらったような気がして

嬉しかった。

例え甘やかしと言われても、私はこれからも長男を信じて見守りたいと

改めて思いました。




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



またまた、ご訪問、お返事、遅れています。

ごめんなさい!!

いろいろ

2010_0520rikujyou0011_convert_20100617121850.jpg

今週は、長男全滅。

次男は月、欠席。火、相談室見学。水、4時間目から登校(4時間目相談室、給食から教室)

木、欠席。そして今日金曜日、朝から普通に登校(教室)。しかし給食を食べた後早退。

今月入ってから先週までで登校出来たのがたった1日だったことを思うと

頑張ったと言っていいと思う。

丸々一日行ける日はなかったけど、逆に言えば

半日でも、1時間でも行くということが出来たのは進歩だと思う。

今までは一日行くか、行かないかしかなかったからね。

一日でも多く登校して友達関係を築けたらいいんだけど。





旦那に検診で引っ掛かったことを言った時、

「え、マジ?」と言った次の一声が

「手術することになったら金どうしよう?」だった。

私の身体よりも心配はそっちかい!と思ったが

確かに大きな問題だ。

実は私、生命保険にはいっていない。

以前は入っていたのだが、あまりに貧乏になってしまったので

解約したのだ。

で、旦那が知り合いの保険屋さんに聞いたところ

今からでも間に合う保険があると。

普通は検診で引っ掛かってから入れる保険は滅多にないし

一般的ながん保険は、入ってから3カ月以内はがんの診断を受けても

適用されない。

で、さっき契約にきた。

私も何度か会ったことのある人だ。

「いや~、今入って、本当にがんで手術することになったら

ラッキーですよ!」って、

あのね、そういうのはラッキーって言わないの!

まったくもう。

まぁでも確かに保険に入れたのはラッキーではある・・・。

普通のがん保険より高めだけど・・・




いろいろ思いはめぐる中、相変わらず予定はいっぱいであります。

明日は三男たちはプロ野球観戦。(スターターキッズを務める(^^♪)

あさっては練習試合。

30日は育成会の役員会。

1日、2日中学期末テスト・・・これは私には関係ないが

それまで勉強に付き合うのが大変(>_<)

長男は当然(?)受けないが。

あ、2日は小学校参観日。

3日、次男たち中1の親子レク。

4日、三男 町内陸上大会。

6日、三男社会見学のため弁当。

7日、仕事。

10日、育成会麦こき・・・。

で、12日が精密検査。

そこまできっと、あっという間だな~(^^;)

ま~、去年のように秒刻みというわけではないので

比べたらかなり楽。

ここに長男がどう入ってくるかだな。

施設へ行かないと送り迎えがないのは楽だけれど

やっぱり大変でも行ってくれると嬉しいな・・・。

いろいろと他のことも考えてはいるのだけど

私の身体の事がはっきりしないと、新たな動きをとるのは難しい。

焦らずにいきたいと思います(*^_^*)



気づいてる?

こうしてこの場所で、もう二度と繰り返されることのないこの“瞬間”に

家族ですきやきを食べられることの幸福。

味が甘かった、薄かったというたわいもない話。

隣の猫が子供を産んだというどうでもいい話。

甘い湯気に包まれるこの瞬間。

確実にいつの日か二度と会えなくなる私たち。

気付いてよかった。

本当にいま気付いてよかった。

                 吉元 由美






blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。

相談室

昨日、次男と一緒にカウンセリング。

相談室を見学。スクールカウンセリングの先生、相談室の先生、

そして次男と私で話をする。相談室の利用の仕方。

っていっても、どんな形でも自由に使えるという説明を次男にしてくれた。

何時に来て何時に帰ってもOK.

もし、人に会いたくなければ、授業中にきて

給食をここで早めに食べて、他の生徒が食べ終わらないうちに

帰ってもOK.

相談室は3階だが、職員玄関から入ってすぐの階段を上がって行けば

人に会うことはほとんどない。

授業中なら、まず誰にも会わないだろう。

抵抗なければ、給食は教室に行ってみんなと食べて

午後からの授業に出られたら出ればいい。

相談室では、本を読んだり自習をしたり、

絵を書いていてもいいし、先生とオセロやトランプもあり。

などの説明をきく。

本当はそのままその後の授業を受けられればよかったけど

今日は帰るということで私と一緒に帰ってきた。


そして今日。4時間目からの相談室登校に成功。

今日は昨日の先生とは違い、私も会ったことのない先生だったので

挨拶がてら私も一緒に。

3人で話しをして4時間目が終わったら担任の先生が来てくれた。

「給食、教室で食べようよ」と声をかけてもらうと

うなずき、教室へ。

いったん次男と出て行った先生が再びきて

「廊下にいったらクラスの子に抱き締められていましたよ(笑)」と。

「5時間目、どうします?」

「出られるようなら、受けさせて、どうしてもダメなようなら迎えにきます」

「わかりました。じゃ迎えが必要だったら連絡いれますね。」

今の時点で連絡がないということは

5時間目に出ていると思われる。

とりあえず、欠席と登校の間にワンクッション入れることに

成功した。

登校出来る日が増えてくるといいな。

例え、半日でもね。

しばらくは、また私の予定が立たない日が続くかもしれない。

何時に送り、何時に迎えに行くか。

朝から行ける日はともかく、途中からの日はやっぱり送っていくことに

なるだろう。

それでも、たとえ一時間であっても制服を着て

家を出て、学校の門をくぐるということが

今の次男には大切だと思う。

うまく言えないが、長男と次男は違うのだ。

出来る事、出来ないこと、プラスになること、マイナスになることがね。

私がもし入院したら・・・

送り迎えはどうなるのか?

時間がはっきりしない中、旦那に頼むのは難しいのではないか?

といろいろと考える。

でも、7月24日~8月17日は夏休みだ。なんとかなるか?

しかし、短いよな~夏休み(苦笑)

長男もそろそろ考えないといけないし

おちおち病気にもなれないな(笑)

ま~、すべて、なんとかなるか~




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



いろんな想い

今日は中学参観日。

でも、今日も欠席したので関係なし。中学生、我が家には二人いるのにね。

明日はスクールカウンセリングの日です。

次男も同席します。といってもカウンセリングを受けるのが

目的なのではなく、相談室に見学に行く口実で

スクールカウンセラーの先生が会いたがっているということに。

で、ついでだから相談室も見てみようかと話を持っていってもらう(笑)

スクールカウンセラーの先生と二人でたてた作戦。

少しでも気楽に学校へ行けるようにね。


精密検査の日時が決まりました。

来月の12日。次の生理予定日が2日ころなので

たぶん、時期としてはちょうどいい。

「出血するので検査の後、ガーゼを詰めて1時間ほど休んでから帰っていただきます」

「あの・・・痛いですか?」

「組織をつまみ採るのでね・・・ちょっと・・・・痛いです」

やっぱり・・・。

怖いです。検査も怖いけど、やっぱり癌が。

そうだとしても初期のはずだから大丈夫と思ってはいても。

一番に考えるのはやはり子供たちのこと。

長男、次男、三男。それぞれへの想い。

今、私がいなくなるわけにはいかない。

だからこそ、しっかりしなきゃね。

検査まで時間があるでしょ?

検査をしても結果がでるまで更に。

だから余計に考えてしまう。

がんて言葉は重いね。今まで身近ではなかったから・・・。

正直、怖いよ・・・。

ごめんね、ちょっと暗くなってしまった(^^;)

ま~私は簡単にはくたばらないけどね。

生命線、長いし(笑) 憎まれっ子だし(爆)

自分の命について考える機会を神様が下さったのかもしれない。

けっこう無茶してきちゃったし。

なんて・・・

こんな深刻になって、検査でなんでもなかったら、笑われちゃうかな。

でも色々考えるいい機会だよね。

最近こんな話ばっかりでごめんね。

明日から、育児ブログに戻します。(たぶん・・・(^^;))





blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。








三男&・・・

あれから野球を休んでいた三男ですが、今日の大会には行きました。

いつもなら応援に行く私だけど今日は行くのをやめました。

(旦那は行きました)

三男は試合にたぶん出ないし、行くとつい

「もっとしっかり応援しろ」とか「しっかり見ておけ」とか

バッターのバットをすぐに引きに行けとかファールボールを取りに行けなど

ついつい、言ってしまうから(^^;)

ま~、どの親もどの子にも言うことなんだけど(我が子に限らず)

親に言われると素直に聞けないというか

嫌がるじゃない?

よその人に言われる分にはいいんだけど。

今日の大会はレギュラー戦のみだし、今はちょっと微妙な三男ですから。

試合は6対5で惜しくも敗れたみたい。

その後、戻ってきて練習。

練習が終わるというメールがきて(旦那は途中から仕事へ行った)

お迎えに。

お母さんたちが「○○(三男)、来てくれてよかった~」と。

辞めたくなっているってみんな知ってた(苦笑)

みんな心配してくれていたみたい。

5.6年生のお母さんに聞いたところでは

4年のとき野球が嫌になった子が結構いるみたい。

「うちの子も4年のときは嫌で嫌で、やめたいって言ってた」というお母さんが

複数いたのだ。

4年は調度、大変な時なのかもしれない。

低学年のときのようなお遊びではなくなって、

かといって5.6年生のようにプレー出来ないし、そこまでのやる気もまだ

出てこない。

この前書いたような、不公平(?)なことがなくても

ちょっときつい時期なのかもしれない。

それが5年生くらいになると自然にやる気がでてくるらしい。

三男はどうかな?

他の子との兼ね合いがあるからなー。

無理に野球じゃなくてもいいんだけど

ここを乗り切っていけば自信につながるんじゃないかなと思う。

とりあえず、続けるかどうかは保留にしておこう。





検査をして結果が出るまでは考えないでおこうと思いつつ

やっぱり子宮がんのことをついネットでサーフィンしてしまいます。

そこでわかったことは、細胞診のクラスⅢbという結果からがんが発見される割合は

50%ほど。つまり本当の五分と五分。

可能性としては結構高いと思います。

しかし同時に、その結果から発見される癌は0期から1期というごく初期の

癌であること。

きちんと対応すれば命にかかわることはありません。

子宮がんの生存率が高いのは

検診で異形成、癌になる前の細胞を発見できるからだそうです。

がんになるかならないかのうちに発見できるので

ごく初期の段階で治療出来るというのが大きいみたいです。

私はまだ癌と決まったわけじゃないし、どういう状態かわからないけれど

少なくても検診を受けていなければ、“疑わしい”ということも知らずに

過ごしていると思います。

みなさん、検診はきちんと受けましょう!!

と偉そうに言っている私はここ数年、乳がんの検診を受けていません。

ちゃんと受けなくちゃ。



blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。

恐怖症

昨日病院へ検査の予約のための電話をしました。

普通の子宮頚がんの検査は細胞診と言って

子宮頸部の細胞を綿棒やブラシのようなもので擦り取るんですが

今度の組織検査はは「引っ掻きとります」と言われました。

出血するので、生理前や生理中はどちらの出血かわからなく

なってしまうため生理後じゃないと検査と出来ないということで

次の生理が終わったあとにすることに。

なので来月になります。

検査自体がすごく怖いのですが・・・。

気になって色々調べてみると

「痛みはそれほどありません」と書いてあるものと

「物凄くて痛くて脂汗をびっしりかきました」という体験談もあったりで

ビビってます。読まなきゃよかった・・・。

私は痛みに対して物凄く怖がりです。

痛み自体に弱いわけではなく

(たとえば、怪我をしたとか、突然何かの痛みに襲われたと言う場合、

その痛みを我慢できないとか大騒ぎをするということはなく

むしろ我慢強いと言われる)

さあ、これから痛いこと(かもしれない)を始めますよという状況がダメなのである。

分かりづらいかな?

たとえば歯医者。

待合室から、診察室に入るまでの間に私の心臓は爆発寸前。

椅子に腰をおろして口をあける頃にはもうすでに

息は荒く、この世の終わりのような顔をしている。

その顔を見た瞬間に先生から

「大丈夫だから落ち着いて。深呼吸して。そんなにハアハアしてたら気持ち悪くなっちゃうよ」と

治療前に言われる始末。

そういえば、私の母も若いころ歯医者さんで恐怖のあまり気を失ったことが

あるらしい(^^;)血か?

でも子供のころからそうだったわけじゃないのよ。

いつからこんなに怖がりになったのかしら?

気は強いくせに(苦笑)


長男と次男の間に実はひとり流産していて

そのときも・・・。

はじめから、成長が遅くて「これはダメかも」と言われていた。

妊娠反応は出ているのに中々姿が見えず

子宮外妊娠を疑われたくらいだ。

やっと見えても心臓の動きが確認出来ない。

2週間おきの検診。

やっと心臓の動きが確認出来た夜に出血。そのまま入院。

翌朝、かなり激しいお腹の痛み。

看護師さんに訴えて診察。

心臓は止まっていて、すでに半分流れてしまっている状態だった。

すぐに掻爬。このとき、

「朝食食べた?」と聞かれ

「ヤクルト飲んだだけですが」と答えると

「う~ん・・・ヤクルトかー・・・」と先生が何やら悩んでいる。

胃の中に何かあると嘔吐して

器官を詰まらせる可能性があるので、全身麻酔は出来ない。

しかし、ヤクルトだけというところで悩んだみたい。

で、局所麻酔でいこうと。

「我慢できないくらい痛かったら言ってください。」

麻酔のためにいれた膣座薬が出ちゃってる気がするんですが?!

しかし、緊張と恐怖のあまり声がでない。

私の表情を見た先生が「物凄く痛い?」と聞く。

思いっきりうなずく私。

で、結局途中から全身麻酔に切り替えて無事に終わったのだが

実はこのとき、そんなに強い痛みは感じてなかったのだ。

ただ、緊張と恐怖で死にそうだった。


私のこの恐怖症、なんとかならないかしら。

いい方法があったら教えてください!!




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



ガ~ン・・・

子宮がん検診で引っ掛かってしまいました(>_<)

クラスⅢbだそうです。

細胞診の結果は

クラスⅠからクラスⅤまであって、

クラスⅠ・・・正常
                                }陰性
クラスⅡ・・・異常細胞を認めるが心配なし(良性)


クラスⅢa・・悪性の疑い。軽度異形成を想定
                                 }擬陽性
クラスⅢb・・かなり悪性を疑う。高度異形成を想定


クラスⅣ・・・上皮内癌を想定
                     }陽性
クラスⅤ・・・浸潤癌を想定


となっているらしい。

つまり私は陽性に近い擬陽性というわけだ。

ちなみに異形成というのは癌になる前の細胞のことで

軽度~高度まであり、軽度、中度の場合は治療せず、様子見、


中には中度で治療する病院もあるらしい)

高度になると上皮内癌・・・まだ中まで浸潤していない初期の癌

と同じ扱いになるらしい。

詳しいって?

調べましたから~

とりあえず、詳しい検査をしてみないとわかりません。

だ・だいじょうぶでしょう

不登校ブログから闘病日記になったらどうしよう?とか

まだ死ぬわけにはいかないし・・なんてことが

頭を過りますが、気のせいでしょう。

とりあえず、長男には

「お母さん、癌かもしれないからはやくしっかりしなさいよ」と

言っておきました。ははは・・・

はい、私、ちょっと動揺しております。

意外に気が小さいです。

まあ、詳しい検査をして、結果を見ないとなんとも言えないので・・・

とりあえず今日は・・・バレーに行ってきます(^^;)



blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。

足跡

今日はいい天気




何かで聞いたお話です。

ある男が自分の人生に絶望し、誰もいない海岸でうずくまっていました。

死ぬ前に、どうしてこうなってしまったのか

自分の人生を振り返ってみようと思ったのです。

ふと気がつくと二人分の足跡が永遠と続いていました。

よく見るとそれは自分と神様の足跡でした。

二人の足跡は果てしなく続いていましたが、

あるところで、一人分の足跡だけになっていたのです。

しばらく一人分の足跡が続き、その後また二人の足跡になっていました。

男は、一人で歩いている部分のことをよく考えてみました。

ここは自分の人生のどういうときだったのだろう?

そして思いだしたのです。

それはその男の人生の中でまさに最悪の時でした。

男は思わず叫びました。

「神様!!ひどいじゃないですか!私が一番つらいときに

いなくなるなんて!なぜ、この時私を見捨てたのですか?!」

男は涙を流して訴えました。

すると、どこからともなく神様の声が聞こえてきました。

「男よ。よく見て下さい。それはあなたの足跡ではなく私の足跡です。

あなたが人生に疲れ果て、歩くことが出来ずにいたので

私があなたをおぶって歩いていたのです。

そうして年月がたち、あなたが再び歩く元気を取り戻したとき

私はあなたを背中から下ろしたのですよ。

男よ、人生を嘆き悲しまないでください。

私は今までも、そしてこれからもあなたとともに歩いています。

歩けなくなったら、またいつでもこの背中に乗ればいい。

いつでもあなたを支えますから」

男ははじめて、自分がひとりではなく

いつもそばで見守り、支えてくれている存在があることに気付きました。

そのことがわかってから、男は二度と死のうと思うことはありませんでした


このお話に出てくるのは神様ですが、

人によってそれは“親”だったり、あるいは“子供”だったり

夫(妻)、恋人、友人であったりしますよね。

ひとりぼっちに思える夜でも、

周りに支えていてくれる存在があることを

忘れないでいたいです。

そして、子供や大切な人を支えてあげられる存在でいたいなと思います。

きっと、強さの素はそこにある。



見にくい画像ですが、この前の三男のクラスの親子レクの太鼓です。
2010_0615rikujyou0002_convert_20100617120830.jpg 2010_0615rikujyou0003_convert_20100617120917.jpg

↓母たちも頑張りました(^◇^)
2010_0615rikujyou0001_convert_20100617120733.jpg  2010_0615rikujyou0004_convert_20100617121004.jpg





blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。


お返事、ご訪問遅れています

不登校児

今朝5時半ころ、外はすごい雨。

隣で目を覚ました次男(次男、三男、私は同じ部屋で寝ています。さすがに長男は

もう一緒には寝ません)

「これは・・・自転車は無理だな。車に決定!」

お?!行く気になってる!!

でも、ここで大きな反応をしてはいけません。

休むと言っても、行くと言っても

大袈裟な反応をしないのが不登校児を扱うコツです。

あくまでも普通に、普通に(笑)

帰って来てから、「頑張ったね(*^_^*)」と言ってあげれば充分です。

なので、「え~、電車でいけばぁ~」とまだ布団で丸くなりながら言うと

「車で送ってよ」

「しょうがないなー」ってはじめから送るつもりですけどね。

今日は体温計とも言わずにご飯を食べて

順調に登校。

2週間ぶりの登校なので内心勇気がいったことだと思う。←はじめて夏服で登校

このまま、明日、あさってと行ければ嬉しいけど・・・。



日、月と二日続けて施設へ行った長男。

月曜日迎えにいったとき、施設の先生と少し話をした。

先生からみて長男の中身がとても成長しているのが見える、

いろんなことがわかっていて、考えているのも感じられる。

問題はどう一歩を踏み出させるか、だ。

そう、それが問題・・・。

先生は長男のいいところをいっぱい見ていてくれる。

そして同時に弱い部分も。

「あいつは口ではどうでもいいとか適当なこと言っているけど

内心はすごく考えている。年下の子の面倒見もいいし、頼られてる。

いいものいっぱい持っているんだよな・・・。

ただ、なんていうか自分に自信がない。なにくそという根性がない・・・」

そうなんだよね・・・、自信がないからやる前にあきらめてしまうところがある。

最近も高校へ入れないんじゃないか、入れたとしても通えないんじゃないかって。

やってみなきゃわからないのに、そこで立ち止まってしまっている。

勉強がいやだとか面倒くさいとかって言うけど

本当はそういうことじゃないんだよね。

勉強が嫌なわけでも、面倒なわけでもなくて

自信がない・・・。

なんとか自己評価をプラスに持っていけるように

私も頑張っているが、最終的には本人が乗り越えなきゃいけない。


不登校児は大変だと思う。

私自身が高校進学のときは、高校へ行くということに何の疑問も

迷いも持たず、就職ということも考えたことなどなかった。

志望校をどこにするかは考えたが。

順調にいっている子はみんなそうだろう。

子供だけでなく、親も。

中3で自分の将来と向き合う。

それはけっこう大変なことだろうと思う。

学校へ通えなくなった自分。高校へ行ってもまた行けなくなるんじゃないかという不安も

当然あるだろう。

集団生活にたいする不安。

いじめられた日を思い出して恐怖にかられる日もあるだろう。

それでも、自分で決めるしかない。

自分で乗り越えるしかないのだ。

私はいつだって精一杯応援する。でもそれしか出来ない。手を貸すことは出来ても

あなたの人生を歩くことは出来ない。

長男の人生を歩くのは長男。

だから・・・頑張れ。




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。


etc・・・

今日も次男は結局登校できませんでした。

体温、平熱より高め。(平熱、35.6度。今朝36.7度)

のどが痛くて調子が悪いと言う。

学校行こうとする朝は最近はお腹ではなく微熱になっている。


次男はうちで一番のゲーム小僧だ。

最近はとくにひどくなっている。まるで依存症だ。

今まで何度か取り上げようかと思ったことはあるが

次男にとって精神的な逃げ場になっている感があったので

取り上げてしまうのも、かえって追い詰めてしまいそうだと

思っていたのだ。

だけど、今朝は取り上げた。

うまく言えないけど、タイミングというのかな。

今なら多少は大丈夫という直感?

取り上げたと言っても、ずっとやらせないわけではなくて

ゲームは夕方からというだけだ。

いつもは休むと決まった途端からずっとゲームをしていて

結局勉強も夜になる。

それも集中出来ない。宿題だけって時もある。

で、「ゲームできる元気があるなら、これを聞いてな」

英語のリスニングCD.

教科書対応CDだ。

これ、じつは長男の時に購入したもの。

長男は一回も聞いていないと思う(^^;)

休んでいる間に進んでしまっている授業のところを

聞かせる。

教科書の英文を眺めただけでは、発音などがわからないだろうから。

それにしても試験、大丈夫だろうか・・・。

英語、数学、漢字はなんとか毎日こなしているが

社会と理科がほとんどやっていない。

普通の子(?)がまったく勉強しないのとはわけが違う。

授業にでていないのだから。試験中、まぐれで思いだすなんて可能性はゼロなのだ。

今回は保体の試験もある。

ま~、なるようになれだわね。

結果がでて本人が考えるかもしれないし。

学校生活とまったく関係ない生活をしている人もうちにはいるし(苦笑)


今日は子ども手当の現況届を出しに役場へ行き

ついでに教育委員会へ。

「ちょっと教育委員会に行ってくるね」

「何しに?」と長男。

「馬鹿息子の相談に」

「・・・マジ?」

「うっそだよー。三男が親子スポーツスクールに入りたいんだって。

その申し込みに行ってくる」

こんな冗談が言えるようになったんだなーと思う。

2年前には学校と言う言葉さえ口に出せないくらいだったのに。


そうそう、親子スポーツスクールっていうのは町が主催の

町内の小学生親子でスポーツを楽しもうというものだ。

7月~9月の火曜日の夜に

バトミントン、卓球、フットサル、ニュースポーツなどを

親子で楽しむというもの。私が参加しようと思ったんだけど

旦那が運動不足解消に行くことになった。

かかるのは保険料のみだ。

しかし、なんでもやりたがるな~(笑)

7月4日の町内の陸上大会にも出るんだって。

野球は、まだ保留状態だけど

いろいろ、やってみればいいね。

他の小学校のお友達もできるかもしれないし。

いろんなものの中から

これだと思えるものが見つかるといいね。


教育委員会から帰ってきて今日は髪を染めました。

ちょっと前までは普通のカラーで十分だったのに

最近どっと白髪が増えて(>_<) ←苦労してるから(笑)

白髪染めです。

自分でね。Gパン買っちゃったし。

白髪もなくなって、Gパンが似合うようになったかな(^^♪




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。


ストレス解消??

一か月前に修理にだしていた携帯がやっと返ってきました。

代替機も長く使っていると気を使うので(傷つけたらどうしようとか)

ホッとしました。

外装をすべて替えたので綺麗になったけどデーターは全てパア。

決定ボタンが動かなくなってしまったので移せなかったの。

アドレスはPCに入っているので良かったけど。

あとで入れ直さなくては。


隣町のソフトバンクへ行ったのでついでにGパンを見に行った。

しまむらとかジャスコではサイズがないので(みんなデッカイ)

Right-onへ。

ちょっと高いけど、6500円分の商品券があることを思い出したの。

20日で有効期限が切れる。

これは、使わなきゃ(笑)

「Gパンお探しですか?サイズは?」

「えーと、何インチだろう?ウエスト58cmなんですけど・・・」

「じゃ、26インチですね。今これが人気あるんですよ」

値段を見ると9345円(税込)。高いけど6500円の商品券があるし。

とりあえず、試着。高いのはやっぱりいい。

「格好いいですよ!」

「じゃあ、これにしようかな」

店員さんが違う商品も持ってきて

「こちらもすごく人気あるんです。履いてみませんか」

というのでそれも試着。

やばい、こっちも気にいった!

「足も細く見えてすごくいいですよ!今日まで20%オフなんですよ。

9000円台のが7000円台になりますよ」

マジ?! 欲しい・・・。

普通に買えば2本で2万円弱。

しかし、20%オフの今日、6500円の商品券を使えば

1万円いかないで2本買えることになる。

普段は安い服しか買わないけど(買えない)

たまにはいいか?

今月は少しだけ余裕がある。

買ったらしばらくは幸せな気分でいられる。

たまにはご褒美あげてもいいよね、って焼き肉行ったばかりだけど(^^;)

しばらく考えたのちに

「両方下さい!(^◇^)」

8802円で9345円のGパンを2本手に入れた(*^_^*) 半額以下。

明日からまた頑張るぞー!!





blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。


長男、今日も施設へいきました!!(^^♪

肥やし

昨日はなんとなく気持ちが落ちていたので、

たまにはみんなで外食するかと焼き肉へ行くことに。

しかし、次男。「行かない・・・」

この状態、ちょっと前までは長男がこうだった。

いくら誘っても行かない。外へ出る事そのものが億劫なのだ。

こういうとき、無理やり連れて行ったり、外食を取りやめるということはしない。

いや、長男がはじめにこういう状態になったときは

外出をとりやめたりしたが、

それはそれで負担になるようなのと

以前相談に行ったN学園の先生のお話で

「親が気分転換をさせてあげようとよかれと思って誘っても

行かないと言う場合もある。そういうときは無理に誘わず、『じゃ、おみやげ買ってくるね~』と

出かけた方がいい」と教わった。

その子のペースは尊重しつつも、周りが無理に合わせるようなことは

しない方がお互いのためにいいということだった。

そのときの長男を見ていても、今の次男を見ていても

その通りだなと思うので結局4人で。

長男が付いてきたのは本当に久しぶり。(この前ふたりでラーメン食べたけど)

旦那も含めての外食自体が何年ぶり?という感じだが(^^;)

「行かないの?焼き肉だよ、滅多に行けないぞ?!」

次男を誘う長男を見て嬉しく思う気持ちと

「行かない、行ってきていいよ」という次男を見て

がっかりしてしまう気持ちとで複雑な思いで出かけた。

旦那と長男が 並んで座り、普通の会話しているのが

とても嬉しく感じるのはうちだけだろうか。

一時は関係が最悪だったので、なんでもない光景を

とても貴重なものに感じられるのは

苦しみを味わったご褒美なのかもしれない。


帰って来てからは次男とふたりで勉強。

といってもなかなかはかどらない。

宿題だけで精一杯になってしまうときもある。

でも、この時間が今は次男との大切なコミュニケーションの時間になっている。


今朝、長男は8時半に施設へ集合。

イベントへの引き馬で参加。

7時半に「あと30分で家出るよ」と声をかける。

「あ~、面倒だな~、行くの止めようかな・・・」ぶつぶつ。

こういうとき、私は下手に声をかけたりしない。

「オレ、絶対行くとは言ってないよ」などと言っても知らんぷり。

なぜなら、これは私に向かって言っているのではなく、

自分自身と戦っているからだ。

以前はそのことに気付かず、一々反応していろんなことを

ぶち壊しにしてしまった。

ぶつぶつ言いながらも着替えて支度をしている。

「先に車行ってて」

ほらね、余計なことを言わなければちゃんと動きだす。

施設へ着くと「おお、何年ぶり?」と

おじさんにからかわれた。

先生は「おお、来たか」と笑顔で迎えてくれた。

今頃頑張っているかな。


三男は今日も練習を休んだ。

まあ、ずっと頑張ってきたから、休憩も必要だね。

ちょっと休んで考えればいい。

本人は「3年の終わりからずっと考えていた」と言っていた。

とりあえず、結論は秋になってからでもいいよ。

無理に続けなくてもいいと思う。

でも後悔しないように、しっかり考えようね。


人生いろいろ。

でもどんな経験もきっとこれからの肥やしになるよ。

私がそうしてきたようにね。





blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。




なんだか・・・

☆長男☆

長男がスカイプで今一番話しをしているらしい女の子のお母さんから

夏休みに遊びに行きたい(というか、一度会いたい)という連絡をもらった。

と言っても子供たちを通してというか、

その女の子のブログにお母さんから私宛にメッセージが書きこんであり

それを見せられた。他にコンタクトをとる方法が思いつかなかったらしい。

思っても見なかったことなので、とっさに判断がつかないが

親子で、ということなら、いいかなとも思う。

どんな子と話しているかも気になるし。

親同士、知り合っておくのもいいかもしれない。

同じ県ではないんだけど、去年もその子と一緒にこちらへ旅行に

来たということ。(長男、詳しい住所は話していないけど何県に住んでいるかは

話したらしい)

今年も来ようかなと思っているらしくその時に出来たら会いたいということみたい。

ただ、去年きたというところは県内でもここから遠いので

場所なども検討しなくてはいけないけど。

とりあえず、親同士直接コンタクトをとってみないと何とも言えない。


明日は近くのイベントで引き馬がある。

一応出席にしてあるが、ちゃんと行けるんだろうか。



☆次男☆

結局、ずっと欠席している。

風邪の方はもういいと思うのだが。

今日は中体連で、運動部の子はそれぞれ試合がある。

授業日扱いとなるので、関係ない子は遊びには行かずに自宅待機するようにと

いうことだ。月曜日は振り替え休日となる。

火曜日から登校できるといいのだが。

期末試験のテスト範囲が発表された。

一学期は中間試験がないので範囲が広い。

そのうえ、欠席が多い次男は授業で受けていないところがいっぱいある。

私がつきっきりで勉強させるしかない。

大丈夫だろうか?


☆三男☆

三男が野球をやめたいと言い出した。

いや、最近嫌になってきているのはわかっていた。

支度するのにグズグズしていて毎回私に怒られていた。

「いやなら、やめなさい。やるならしっかりやりなさい」

毎回こう繰り返していた。

つまらないのは無理ないと思う。

今、5.6年生でちょうど9人。

つまり一人でも都合が悪ければ4年生が試合に出るのだが、

4人いる4年生の中で三男にチャンスが巡ってくるのは一番最後。

つまり、ほとんど出られない。

実力的なことが理由なのだから仕方ないのだが

実力的に差が出るのは無理ないのだ。

2年生のときから、例えば高学年だけの練習日に

お兄ちゃんが同じチームにいる子たちは低学年であったも出ていた。

上がいないのは、三男ともう一人の子だけだったから二人だけ圧倒的に

練習時間が短かった。(もう一人の子はけっきょくつまらなくなり

今年一年は休むということにしたので今はいない)

なんだか納得できなくて、「出てもいいなら出るけど(高学年の練習に)」と

そのお母さんと話していた。

でもね、監督には言えなくて。

で、当然その子たちの方がうまくなっていくじゃない?

レギュラーや試合に出る子たちのほうに力を入れるから(練習でも)

ますます差が出てきちゃうわけ。

で、たまに試合に出してもらうと緊張もあるし

うまく出来なくてすぐに交代させられちゃうから

ほとんどベンチにいるしかない。

「しっかり応援しろ」と怒られながらね。

これはひがみかもしれないけど、監督と親が同級生だったりと言う子とは

どこか扱いが違う気がする。

同級生でちょっと馬鹿にしたことを言う子もいるみたいで

練習してうまくなって見返してやろうと、一時はキャッチボールなども頑張ってやって

いたんだけど、もう野球そのものが嫌になってきちゃったみたい。

今まではグズグズしていてもやめるとは言わなかったんだけど

ついにやめたいって言いだした。

とりあえず、今日の練習試合は欠席した。

今はシーズン中だし、来月には合宿もある。

旦那も役員だしで秋までは保留にしておこうと話してある。

やめるにしてもよく考えてからにしないと。



なんだかうまく行かない時ってあるんだよね。

みんなが少し疲れてしまっているみたいだ。

夏休みには家族で旅行にでも行ってのんびりするというのが

今の我が家には必要なことなのかもしれない。





今日は麦刈りをしました。

暑くて疲れた・・・。









blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。


読書

今日は病院に行ってきました。

定期健診みたいなもの。

待ち時間が結構あったので、持っていった本を読んでいました。

これ↓



「娘はこのクラスの生徒に殺されました」っていう

松たか子主演でただいま上映中のあれ。

映画はR15だから子供たちとは見にいけないし、

いじめのシーンなどはちょっと見たくないなと思っていたけど

興味があったの少し前に本を買っておいたの。

中々読む時間がなかったので、待ち時間はチャンス(^^♪


今日は混んでいたので、病院にいる間に3分の2を読んで

帰ってきてから、全部読み終えました。

映画の構成は知らないけど

本では一章ごとに語り手が変わります。

一章めは、教師をやめるという担任の先生が

事故死で処理された娘が実はクラスの生徒に殺されたこと、

たった今、ある復讐をしたことを告白します。

二章目はその先生が去ったあとのクラスの様子をクラス委員の女の子が。

その後は、最初はA少年にだまされて(利用されて)、結果的に手をくだしたB少年の母親の

日記や(B少年に刺されて死にます)

B少年のそこまで至った動機や先生からの復讐を受けた後、母親を刺すまでのこと、

殺人計画をたて、凶器を作ったA少年。生い立ちやゆがんだ心理。

最後に・・・。

と言う具合。

想像していたよりはグロくなく、読みやすかったです。

親子関係や、少年の心が歪んでしまった背景、集団心理など

考えさせられたりもしました。

娘を殺された先生が取り乱したりせずに、淡々としているのも

逆に大きな怒りと悲しみを感じさせて

ラストはちょっと衝撃的・・・完全な復讐。

けっこうおすすめです。


そうそう、ひめさんの知り合いの娘さんが映画に出ているそうですよ(^◇^)





blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。

長男&次男

今日は長男の担任の先生との面談&スクールカウンセリングに行ってきました。

最近はカウンセリングの日に担任の先生の都合がよければ

できるだけ同じ日にしてもらっています。


中学へ行き、まずは事務室に次男の学年費と宿題を預ける。

今日は集金日なんだけど(この中学は毎月生徒が現金で持っていき

中学へくる郵便局員に渡しに行きます・・・学年費は入学のときに作る郵便局の貯蓄口座に

預けられます)

次男は欠席。朝微熱がありました(>_<)


長男の担任の先生と一緒に今日は教頭先生が顔を見せにきてくれました。

今年、校長も教頭も変わったんだけど

教頭先生とはまだお会いしていなかったので。

「お兄ちゃん、どうですか?」

「今、停滞期です

「エネルギーを充電中かな?」

「そうですね・・・」

「○○(施設名)はね、うちの義理の兄が時々手伝いにいってるんです」

「え、そうなんですか?」

「モンゴルにもね、2度ほど行きましたよ」

「長男は去年行きました。じゃあ、お会いしたことあるかしら?」

「あるかもしれませんね。・・・弟さんの方はどうですか?」

状況を話し

「その子によって違いますよね」

などと話しをし、

「これから会議があるのでこれで失礼しますが、私のところでも

校長のところでもいつでも、来てくださいね」

と言って下さった。今度の教頭先生も気さくでいい先生のようで

よかった(^◇^)


さて、担任の先生との話。

「どうですか?」

「自室にこもっている状態からは脱出しました。でもまだそれ以上の動きはないかな」

と最近の様子を話す。

「やっぱりね、進路のことが心配です。高校へ行きたいという気持ちがあるなら

そういう方向で動けるし、働くにしてもそうなんだけど

まだしっかり向き合う(自分自身と)のを避けているところがあるし。

時間はまだあるけれど、今のままだともし高校へ行っても

あるいは働いても、きっちりと時間に行くとか

うまく人間関係を築いていけるか、嫌なことがあっても頑張れるかという点で

不安があります。進路が決まっても続かなければ意味がありませんから」


「そうですよね・・・。施設へは土日も行ってない?」


「最近は行ってないですね。辞める?って聞くと辞めないって言うんだけど」


「うん、○○くんにとって、あそこはなければいけない場所なんだと

思います。あそこはとっておかなくちゃいけない。だけど

もしかしたら今の○○くんにとってちょっと物足りなくなってきているんじゃない?

スカイプで話しているのは同世代・・・中学生、高校生でしょ?

自分と同じかちょっと年上。施設では立場が家と同じで“お兄ちゃん”じゃない。

ネットは顔が見えないからいいという面もあるけど

リアルでももっと同年代との付き合いがあれば違ってくるかも」


「あー、そうですね!今の施設以外の場所をさがすということは

思いつかなかった。今の施設から他に変えるということじゃなくて

あそこはとっておきながら、他にも目を向けてみるっていいかもしれない」


「お母さん、その線でアンテナを張ってみましょうよ。

私も今おかあさんと話していて急に思いついたんです。

やっぱり話しをするって大事ですね。私も情報集めてみます。

その中でお母さんがまず見学へ行ってみてから考えたらいいと思います」


「なんか、アンテナを向ける方向が見つかってスッキリしました。

ありがとうございます!!」

そうだ。まずは進学、就職に向けての準備期間を設けること。

その場所をみつけることが今は必要なのかもしれない。

今の施設を見つけた時も長男が興味をもって通える場所を必死で探しているときに

あっさりと見つかったのだ。

あの時の長男とはまた違う。新たな一歩を踏み出す場所を探してみよう。

方向性がみつかった(^◇^)


その後はスクールカウンセラーの先生と。

こちらは主に次男の話。

「どうですか?来れてます?」

「いや、宿泊体験から帰ってから一日しか来ていないんです。

熱がでて、割とすぐ下がるんだけど

じゃあ、今日から行くかとなるとまた熱が出るんです。扁桃腺がはれているのは本当だけど

それだけじゃなくて、もしかしたら精神的なものもあるんでしょうか?」

「学校へ行きたくないと言う気持ちが強くて39度の熱を出す子もいます。

だから、それも関係しているかもしれませんね」

「そんなに出る子もいるんだ!・・・どうしたらいいんでしょう?」

「う~ん・・・。あんまり引っ張るのはよくないと思います。

だけど、まったく引っ張らないと学校へ全く来れなくなってしまう・・・?」

「そう思います。長男とは違って次男はうまくサポートすれば

完全不登校になるのは避けられるんじゃないかと思うんです。

ただ、身体と心が大事なので、あまり追い詰めるのはよくないと・・・。

それで、対応に迷うんです」

「そうですね、うまく通えれば一番いいですもんね。

相談室なども利用しながら、まずは気楽に来れればいいですよね」

「そうなんです。相談室は一回行ってみれば、たぶん大丈夫だって

思えると思うんです。ただその最初の一回に持ち込むまでが・・・」

「次回のカウンセリングに一緒に来るっていうのはどうですか?

そのときに一緒に相談室に見学へ行く。無理ですかね?」

「うまく伝えれば大丈夫かも(^◇^)

そうしてもらえます?でも、もしその日朝から登校したら・・・」

「スクールコーディネーターの先生に話しておくので

その日は、登校してもしなくても一時間目はこちらにくるということに

しておけば。担任の先生にもそう話してくれると思います」

次回は一週空いて、二週間後。

それまで次男の状態がどうなっているかわからないが、

どちらにしても一回見学に行っておいた方がいいだろう。

まだ本人に話していないけど。

なんて言おうかな。


身体も頭の中もいろいろと忙しいけど

お母さんは頑張ります

二人ともいい方向へ行くことを祈って。




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



いっぱい

昨日は小学校の土曜参観&保護者懇親運動。

参観授業は国語。風邪が流行っているらしく4人欠席。

クラス(というか学年)20人しかいないので4人でも欠席すると

ホント、少ない。

4年生くらいだと、まだみんな元気に手を挙げて答える。

人数少ないから指されない人はいない(笑)

前年度までは次男のクラスと半々で見ていたから

45分ずっと見ているとなんか長く感じる(^^;)


参観が終わり、懇親運動に参加する保護者は体育館へ。

キンボール。知ってる?

私は初体験でした。

大玉おくりに使うような大きいボール(やわらかい)

一チーム4人で3チームで試合をします。

それぞれ、ピンク、グレー、ブラックのベスト?チョッキ?をつけて

サーブを打つチーム(3人でボールを支えて一人がうつ)が

オム二キン○○!(自分のチーム以外の色)と言ってサーブをする。

言われたチームがボールを取らなければいけないという、まあ

単純なルールのスポーツです。

普通は一試合5分らしいけど、今回は7分で。

見ていると、そんなにハードじゃなさそうだけど

やってみると、けっこういい運動。

面白かったです。

私たちのチームは8チーム中、1位!(^^)!

同じチームのお父さん(このお父さん、育成会でも野球でもクラスでも一緒)

「祝杯はどこにしますか?」

あはは、すぐ酒の話なんだから~(笑)

このあと野球の総会でしょ?

「そんな飲んでたらカミさんにまた怒られちゃうか」

そうそう、野球だけでも毎週飲みに行ってんだから。(お父さんたちは)


いったん帰り、シャワーを浴びたかったけど、そんな時間はない。

夕飯の用意をして今度は旦那も一緒に野球の総会へ。

今年は大きなおまつりの年なので、大会などの日程が短い期間に集中してる。

合宿をいつにするかの相談。

6年生のお泊まり会があったり、選挙があったり(監督、コーチが役場関係の仕事を

しているため、選挙がある日は都合がつかない)

大会があったりで、日にちが中々決まらない。

結局、今年に限り日帰り合宿ということに。

朝から練習、昼はお母さんたちでカレーを作って

夜はみんなで焼き肉やにいくと言う事で決定。

お母さんたち、とっても楽だわ(笑)

夕飯の支度も、朝ごはんの支度もしなくていいもんね。



今日は隣町のMグランドで3チームで練習試合。

うちのチームは2試合続けてやって昼過ぎに終わりました。

(子供たちはまだそこで練習してるけど)

一勝一敗。今回はみんな結構よく打って、

なかなかいい試合でした。

ただ・・・私日傘を持っていくのを忘れてしまい

しかも七分袖の服でいったので

ひじから下が見事に真っ赤かであります。

ヒリヒリだよ~(>_<)


いよいよ夏に向け、予定がいっぱい詰まっています。

土日はほぼ全滅。

来週12日(土)は育成会の麦刈り&H小で練習試合。

13(日)グランドの草刈り。(子供たちは練習)

20(日)M大会B球場にて。、けっこう大きな大会です。

21(月)中学参観日

26(土)Sスタジアムで野球観戦。三男はスターターキッズを務めます

   (ほら、よくサッカーなんかで選手と一緒に入場する子供たちがいるでしょ?

    あれの野球盤)

7月3日(土)次男の中学の親子レクレーション&野球は町の大会

予定のない土日はもちろん練習。

このほかに、役員会、カウンセリング、長男の担任の先生との面談

バレー、ピラティス・・・頭回りませ~ん((+_+))

なのに4日にある町の陸上大会に出るって三男言ってるし・・・。

この後の予定もいっぱい詰まってる。

長男も土日くらいは何とか行って欲しいと思うので

送り迎えの時間も確保しなきゃだしね(行くかわからないけど)

次男もどこかへ連れだしたいんだけど。

ストレス解消にそろそろ友達とカラオケ・・・は無理でも

ランチくらいは行きたいと思っているけど

中々行けない。ま、バレーやピラティスはお楽しみだけど。

暇だ~!と言ってみたい私です(苦笑)




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



受験生

水曜日、登校した次男ですが、

木曜の朝、38.3度の発熱。完全に治ってなかったか

はたまたぶり返したのか・・・うまくいかない(>_<)

来週からに期待。


今日はバレーでした。

長男と同じ学年の子を持つ人が多いので、

最近は受験の話題が多い。

「うちの子、全然だめなのよ、高校行けるかしら」

「うちは塾変えたのよ、個別指導してくれるところに」などなど・・・。

全然勉強しない、やる気がない、自覚がない。

母たちは嘆く。

長男が中学へは入学式しか行っていないことを言ったら

この人たちは仰天するに違いない。

最初こそ隠したい気持ちだったが、今は絶対に知られたくないとは

思っていない。ただ、無理に報告することもないやというのと

話すタイミングがないだけだ。

転校したころは、事情を(いじめにあっていたことや先生が強烈だったこと)を

知っていたので

「新しい学校はどう?」

「元気に行ってる?」などと聞かれもしたが。

話したらきっと根ほり葉ほり聞くだろう。

そして、慰めの言葉をかけてくれるに違いない。

それは、少し気が重い。

志望校を決めるころには、きっと話すことになるだろう。

もっと前に話すかもしれないが・・・。

学区が同じになるしね。


高校かー。

正直、行って欲しいとは思う。

本人さえその気になれば、行けるのだ。

どこの高校にも行けるというわけではないが。

以前N学園の先生(不登校児と関わりながら、不登校について20年以上も

勉強している先生)と話した時に、

少なくてもこの県は、高校へ行きたい人は必ず行けることになっていると

言っていた。定時制も含めての話しであるが。

「勉強しろとか、進路はどうするのなどと言わなければ(追い詰めなければ)

まず間違いなく進学する」と。

ただ、この場合の進学とは必ずしも中学をでてすぐとは限らない。

一年たってからの高校進学や、何年かのち高認を受け、大学への進学というのも

含めての話しである。

これは、周り(家族)の理解と本人の心の回復次第で時期が違ってくるだろう。

もちろん、進学ではなく就職するにしてもだ。


人間は本来、向上心というものを持っている。

前を向いて歩くというのが本来の姿なのだ。

赤ちゃんが誰にも教わらなくても立ち上がり、歩きだしたように。

言葉を話しだしたように。

いろんなものに興味を持ち、なんでも知りたがったように。


動けなくなってしまうのは、その子が怠けものだからではない。

生まれつきの怠けものなんていないのだ。

その子の向上心を奪うなにかがあったから。

それは、親が手を出しすぎたり、なんでも禁止したり

或いはその逆でサポートの意味を履き違えて

子供の人生を奪っていたり(親に悪気はない)

誰かに「おまえはダメだ」と言い続けられたり(そう思わせたり)

やる気をそがれるようなことを言われ続けたり

いじめにあったり・・・

とにかく、自分の中に自分に対するマイナスイメージが

大きくなってしまって動きたくても動けなくなってしまうのだと思う。

そのことを理解し、正しい対応(マイナスイメージをプラスイメージに塗り替える)

と回復をじっくり待ってあげることが出来れば

きっとまた歩き出す。

だってそれが自然な姿。


親にとって待つということがどれだけ、忍耐力を必要とすることか。

子を持つ親ならわかると思う。叱咤激励するほうがよっぽど簡単だ。

誰に甘やかしと言われても

長い人生のほんの一瞬、一部分を切り取られて

批判されようが、この想いに迷いはない。

死ぬほど考え、向き合ってきてたどり着いた考えだから。

長期戦は覚悟の上だ。


でもやっぱり、受験の話は複雑だぁ~(笑)


明日は三男の参観日&保護者懇親運動。

キンボールをやる。やったことないけど、けっこう燃えるらしい。

楽しみだわ~。


ご訪問&お返事、明日になってしまいそう。いつも遅れて申し訳ない!



blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。





次男

なんとな~く、動き出すような気配のある長男。

一方、次男はというと・・・。

体験学習に行く前に風邪をひき、結局体験学習の前々日まで欠席をしていた。

前日になんとか登校し、体験学習へ。

翌日は1年生はお休み。

その次の日の金曜日。いつもよりは体温高め。だけど欠席するほどではない。

が、「だるいし行けない」と。精神的なものだろう。

仕方ないので欠席。

月曜日。金曜日と同じく。

「明日から頑張っていくから」と言うので仕方なく休ませた。

しかし、火曜(昨日)・・・。

「お腹が痛い」・・・。

私はいつもより強く登校を勧めた。

自分で「頑張る」と言ったのである。

だが、どんなに言っても「行けない」の一点張り・・・。


次男の場合は長男とは違うのだが

彼は彼なりにいろいろとあったのである。

真ん中の子で少しだけ触れているが、あの頃は相当つらかったに違いないと思う。

もともと、友達との関わりの薄い彼。

先生からのひどい扱い。長男のことでいっぱいいっぱいだった私は

それに気付かず、怒鳴りつけ、引きずって学校へと連れて行こうとしていた。

そのころからだ。彼が腹痛をおこすようになったのは。

以前、中学のスクールカウンセラーの先生にも話した。

(まだ次男が6年生のとき)

「今は、学校で何かあるというような感じではないんです(話しをした時)

なのに、お腹が痛いって・・・。行けないって。

嘘ではないんです。本当に下痢したり痛そうなんです。でも

病院へいってもなんでもなくて」

「今現在、何にもなくてもフラッシュバックするときがあるのかもしれません。

あるんです、そういうこと。傷が残っていると言うか。

そういう場合はやはり登校刺激はしない方がいいと言われています。

実際に身体にも出ていますし・・・」

というような話をした。

長男との一番の違いは、長男が学校という組織そのもの、

先生と名のつく職業の人、同世代の友達がまったく駄目になってしまい

何をどうしても“行けなかった”(進行形)のに対し、

次男は行けない日はあっても行ける日もあるということだ。


長男にとっては行けないと言う状態を理解し受け入れ

すべてを包んでやるということが何より必要だったのだが

次男の場合は行ける日をなくさないこと、

どうやったら、楽しく登校出来るかを考えサポートしていくことが大切だと

思っている。


不登校ということに関しては長男の記事が多かったので

私が、学校なんか行かなくてもいいと思っていると思われている方も

いるかもしれないが、そうではない。

学校へは行けた方がいいのである。

いろんな面で、学校へ行っている方がプラスに決まっている。

その子の将来を考えた時、不登校であることは絶対的に不利なのである。

でも、足のない子にみんなと同じくらい早く走れと言っても

無理なように、心の傷や様々な理由でどうしても学校へいくことが

出来ない子もいるのである。

どんなに頑張っても行けない、行けない自分を責めている子に対して

責めたてて無理やり引っ張って行くなんてことをして(実際やろうとしても

出来ないけど)心の傷をさらに深めたりしたら、生きて行くことさえ出来なくなってしまうかもしれない。

それよりも、まずは傷を治すことである。

ずっと歩かなくていいのではなくて、きちんと歩いていけるようになるための

休養なのである。


あの頃の長男と今の次男では傷の深さというのか、心の強さというのか

とにかく傷の重症度、頑張れる程度が違う。

頑張っても行けないときもあれば、頑張れば行けるときもある。

なので私の対応は長男のときとは違う。

次男の場合は私が背中を押すのをやめたら、ほぼ間違いなく

完全不登校になると思う。

私が押せば絶対大丈夫かと言えばそうではないが、

少なくても行ける可能性はある。

もちろん、強制や無理やりというのは逆効果だから、

様子を見ながら、行きなさいというよりも

楽しく通えるようになるために、どういう形がベストなのかを

試行錯誤している。

正直、欠席が続くと私の方がくじけそうになる。

でも、私が手を抜くわけには行かない。


長男のときは全面的に受け入れるということが

最初はとても難しく苦しかったのだが、

今、強制でも責めるのでもなく、様子をみながら

押したり引いたり、気持ちを盛り上げたり、休んでいる間の勉強を把握して

教えたりということが

時に疲れてしまう。結果が付いてこない時はとくにね。

結局、忍耐なのよね。

ずいぶんと長男で鍛えられたはずなんだけど(笑)


昨日はスクールカウンセラーの先生との面談日。

学校に相談室と言うものがあるというのは知っていたが

生徒が人に言えない悩みを相談に行く場所だと勝手に思い込んでいた。

しかし、聞いてみると教室に入れない子や他の子に会いたくない子、

授業に出るのが苦痛の子などの居場所・・・いわゆる保健室登校のようなもんらしい。

いつ行ってもOKで、例えば朝遅刻して授業の途中で入るのが

気が重い子が次の授業の間までいたり、

まあ色々なんだそうである。

何時間か普通に教室で過ごしてあとは相談室にいる子とか

給食の時間は教室へ行く子。

クラスの子が迎えに来てくれる子。

他の子をまったく受け付けない子は先生と2人だけで個室ですごしたり。

次男は教室がダメなわけじゃないけど

例えば朝、行けなくて、だけど途中から調子よくなった場合に

こういう場所があれば途中から行くことに対しての抵抗が和らぐかも。

(今のところ、途中から行けたことはない)

「見学できますか?」

カウンセラーの先生に聞くと「今から行ってみます?」

というので行ってみた。

相談室の先生はちょっと年配の柔らかなイメージの女性の先生。

いろいろと話を聞いた。

9時から4時まではいつ来て、いつ教室や少人数学級へ行っても

その子の気持ちで動いてOK。とくに事前に申し込み手続きなんていうのはいらない。

いつ利用しても大丈夫。

授業についていけなくて、でも少人数学級には抵抗があって

ここに来る子などもいるらしい。

そういう場合は空いてる先生が教えにきてくれたりなんてことも。

とても優しいおおらかな先生と言う感じで

この先生なら次男も大丈夫そう。

「利用させていただくこともあるかもしれませんが

そのときはよろしくお願いします」と部屋をでた。

この中学は本当にいろいろな配慮がされている。

どういう形であっても

次男が気楽に(?)少しでも学校へ行きやすくなればいいなと思う。

学校側の受け入れ態勢はバッチリ。

あとは、次男の気持ち(心の状態)次第。

精一杯、サポートするからね、一緒に頑張ろう!!




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。



ちなみに、今日は登校しました

土日&長男



土曜日は三男の大会でした。

結果は・・・あはは、と笑ってごまかしておきます(^^;)

朝6時から頑張りました!

お父さんたちは例によって「反省会」と称して飲みにいきました(苦笑)

勝てば祝杯、負ければ反省会だと言って毎回のように飲みにいくお父さんたちに

お母さんたちは少し不満顔。

私としては、それでお父さんたちが楽しく野球にかかわってくれるなら

OKなので文句はありません。

気持ちよく行かせておけば、

いろいろと使いやすいし、「たまにはお母さんたちも反省会しなきゃ」と

言ったときにダメだとは言えないだろうというしたたかな下心を持って

気持ちよく送り迎えをしております(笑)


昨日の日曜日は朝7時からゴミゼロ運動。

町内一斉ゴミ拾い。

出席率はいいですよ。出ないと出不足金2000円も取られますから(苦笑)

前日に旦那から「俺がいこうか?」と言われたけど

金曜の深夜まで仕事をしていて、土曜は朝早くから野球、その後飲み会だったので

「いいよ、寝不足でしょ?その代わり私、9時から麦畑で10時からの野球に間に合わないかも

しれないから、そっちお願いできる?」

「それは、もちろんいいよ」

旦那育て、いい感じでしょ?(笑)

さて、ゴミ拾いから帰ってきて、三男と旦那のおにぎりを握って

8時45分、麦畑。今回は網かけなので役員と5・6年生のみ。

麦は→地区行事のために作っているので

必要なのは麦ではなく藁。

網かけが必要かという疑問はあるけれど、一応毎年やっている。

すべての作業をやるというのが子供たちにとってもいいかもしれないしね。

麦畑に行くと、草がすごい!!麦の半分くらいのたけまでびっしり。

「これは・・・草取りだね・・・」

狭い麦の間に入り、草取りすること1時間半。

暑いし、大変だったけどなんとか終了。

家に帰り、長男、次男の昼を用意し

野球へ。練習試合。

草取りしていたときは暑かったというのに午後になったら

寒くて参った。

あ~、この日も負けてしまった・・・。


そして昨日。

朝、長男の髪を切った。

すごく、久しぶり。

長男、なんとモンゴル出発前に床屋へ言って以来髪を切っていないのだ。

もちろん伸び放題。

切れば?といくらいっても面倒だと言うので放っておいたのだ。

さすがにうっとうしくなったのだろう。

床屋に行くのも気が引けるようなので私が。

カットしながら、久しぶりの会話。

「スカイプ、楽しい?どんな話をするの?」

「楽しいよ、いろいろ話する。そのときによって。」

「中学生が多いの?」

「中学生もいるけど高校生が多い。社会人もいるよ」

「みんな、夜中まで起きてるわけ?学校行ってるんでしょ?」

「うん、ヤベー今日部活、朝練だ~。とか言ってるよ。」

「いつ寝るんだろ?」

「学校から帰ってすぐみたい」

「みんな、不健康だなぁ」

「オレ、ちょとだけ英語教わってるんだ」

「え、そうなの?」

「いや、ちょっとだけね。しかも相手は年下だし(^^;)」

「いいじゃん(^◇^)」

カットが終わり、長男は風呂へ。

調子が良さそうなので

「ねー、今日M市に用事があるんだけど、付き合わない?」と

風呂場へ声をかける。

「うん、いいよ」

で、長男久々の外出。

M市までは車で40分くらい。

たわいもない会話をしながらドライブ。

M市について、私の用事が終わり、二人でラーメン&餃子を食べた。

食べ終わって外にでると

今でたドアをじっと見つめる長男。

視線の先には“従業員募集”の張り紙。

「高校生800円か・・・高校生にならないかもしれないしなー」

「高校行っていなくても時給は変わらないと思うよ」

「そっか・・・時給800円で一日6時間働いたとして・・・」と

頭の中で計算してる。

「何やるんだろう?」

「ラーメンやなら、男の子は最初は皿洗いじゃない?餃子包んだりもするかもね」

「そっか・・・。中学が終わったらバイトしなきゃいけないからな・・・高校は・・・」

わずかずつ、長男の心は動きだしてきているようです。




blogram投票ボタン

コメントは承認制とさせていただきます。

嫌がらせ、中傷等、悪質なコメント、

記事に関係のないコメントは管理人の判断により削除させていたくことがございます。


お返事、ご訪問、ものすごく遅れています
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。