ショック

ショックなことがありました。

ブログのつながりで仲良くしていただいていた方のお子さんが

天国へと旅立ったそうです。

再発して入院したという記事があり、それからほとんど更新がなかったのですが

久しぶりに覗いてみると・・・。

ブログだけのお付き合いで、顔も名前も知らないけれど

以前からずっと頑張っている姿を見ていたので

とてもショックで涙が出てきました。

コメントも何を書いていいかわからなくて。

下手な慰めなど意味がないでしょう。

自分の子供が先立つ。それは想像するよりも何倍も何十倍も

つらいことだと思います。

私には頑張ってなんて言えない・・・。


命。その重み。

誰もが産まれる前は どうか無事に その想いでいっぱいだったはず。

それが子供が成長するにつれ、ああでもない、こうでもないとドンドン欲が出てくる。

それはある意味、自然なことではあるけれど

生きている、そのことがどれだけありがたいことかを

忘れてはいけないよね。


彼女は私と同じ3人の男の子のお母さん。

まだうちより小さい子たちです。

これからも家族5人で歩いて行くのでしょう。

もちろん亡くなったお子さんもずっと家族の一員。

その子は家族の愛情に包まれて精一杯生き抜いたと思います。

これからも家族の心の中で生き続けると思います。

たとえ、姿は見えなくても。

いろんな想いが溢れてきて言葉になりません。

心よりご冥福をお祈りいたします。






blogram投票ボタン

 よかったらこちらも 
おうち生活 女ですもの
調理器具のお店     もう一つのブログ


スポンサーサイト

旦那育て・・・現在

ゆうべは野球の役員の親睦会(飲み会)でした。

といっても、私は役員ではないので行ったのは旦那。

旦那、あまり気が載らない。

まだ、野球関係の人たちとあまり慣れていないから。

「行かなきゃ・・・マズイかな?」

「行っておいた方がいいよ。みんな知っていた方が後が楽でしょ?」

「そうだよな・・・」

旦那、一見そう見えないけど意外と人見知り。

今までも野球関係には何度か顔出しているけど、あまり親しくはなっていない。

第一、旦那は誰が誰だかほとんど覚えていない。

人覚えるの苦手なのよね、私と違って。

この辺の人たちは、新しく人が入ってきたからと言って

気を使って仲間に入れようという感じではない。

みんなそうだから・・・土地柄か?

田舎だから自分から積極的に入っていかないといつまでたっても馴染めないような感じ。

お父さんたちはほとんどが地元の人たちだからね、

つまり子供のころからの知り合いが多い。

でもだからといって敬遠ばかりしているといつまでもそのまんまだし

第一、旦那は自営だ。知り合いを増やしておくのは必要だと思う。

で、私がこっそりお父さん方に根回しをしておいた(^^;)

私は・・・なぜかすっかり馴染んでる(笑)

で、何かの機会のたびに

「うちの旦那、人見知りっていうか、中々入っていけないと思うけど

どんどん、使ってやって」

「旦那さんは飲まないの?」

「飲むよ~。毎晩晩酌してるよ。日本酒」

「あ~、そうなんだ。飲めるのかわからないから勧めていいのかわからなかったんだよ」

「大丈夫、飲む飲む!慣れれば結構しゃべると思うのよ。

これからはなるべく野球の方にも行ってもらおうと思っているから頼むわ」

「じゃ、こっちからドンドン声かけてもいいんだね?年も上だし

声かけていいのかどうか・・・・ってちょっと躊躇しっちゃってたんだよね」

「声かけてもらえれば結構喜ぶと思うわ。よろしくね(^◇^)」

と言う感じ。

あはは、手がかかる~。

でも、これで旦那が馴染んでくれたら、子供のことにももっと

積極的になってくれると思うのよね。

周り回って、仕事だって増えるかもしれないし。

野球に行くようになっただけ進歩だし、役員になったのも私にとってはチャンスなのだ(笑)

うまく頼って、コントロールしないとね!

はい、ご機嫌で帰ってきましたよ。

今朝も当たり前のように三男を野球に連れていった!!

作戦、大成功!!




 
下町バームクーヘン◆乳糖製菓◆無料ご試食サンプルサービス中!




blogram投票ボタン

 よかったらこちらも 
おうち生活 女ですもの
調理器具のお店     もう一つのブログ

新しい季節

今日は中学指定の靴屋さんに次男の上履き&通学用の靴を買いに行きました。

24くらいかなと思ったけど、きついというので24.5。

通学用の靴は最初ジュニアの24.5を履いたけど

きついというので大人用の24.5。

知ってた?同じ24.5でもジュニア用と大人用では規格が違うので

5mmくらい大きさが違うんだって。特に幅がね。

知らなかったわ。

25でも良さそうだってお店の人に言われたけど本人が大きいというので

仕方ないね。すぐに小さくなるかもしれないけど。

長男もこの時期、3カ月ごとくらいにサイズ変わったからな~。

とりあえず、中学入学準備は着々と進んでおります。

今日は友達と4月に入ったら中学まで自転車で下見に行こうと約束したみたい。

早く自転車買わなくちゃ(^^:)

私の車では乗らないから旦那の軽トラで二人で買ってきてもらわなくちゃ。

変則ギアのついてるママチャリを。

登り下り、坂が多いからね。


三男は今日の野球で今季のユニフォームをもらいました。

ユニフォームはチームのものなので毎年いったん返して

新たに渡されます。

背番号は17→13に。ちょっと出世(^◇^)

以前から4年生になったら新しいグローブとバットを買ってあげる約束をしていたから

買いに行かなくちゃ。

しかしお金が・・・。

そしたら、ば~ちゃん(私の母)が次男には自転車を

三男にはバットとグローブをそれぞれ誕生日のプレゼントにくれるって。(お金でね)

うう、すまないね~、助かるわ!!

次男が3月17日、三男が4月6日なのでちょうどよかったわ(*^_^*)


長男は明日、祭りの時代行列(?)のため

馬を連れて行きます。

実は今年は7年に一度の大きなお祭りがある年。

あ、どこに住んでるかばれちゃう??

わかっても内緒よ(^_-)-☆


春。新しい季節が始まる。

我が家にとって大事な年になる予感。

私も、母として、主婦として、それから女としても

張り切っていくわ!!

夢に向けても、それから・・・ドロップシッピングもね(まだ一つも売れてません 泣)

とにかく今出来ることを精一杯






感動!感激!感涙!

人生の節目のお祝いに「花なまえの詩」を贈ってみませんか?






blogram投票ボタン

 よかったらこちらも 
おうち生活 女ですもの
調理器具のお店     もう一つのブログ

長男

なんだかんだと忙しく、更新がまた遅くなってしまいました

今日は次男のことばの教室の終了式へ行ってきました。

修了証をもらい、先生と話をして帰りに中学指定の上履きを買いに行ったら

水曜日は商店街、休みだった(苦笑)

なんだか抜けてます・・・。

しかし、中学も二人目となると親の方の緊張感というのかな、

あまりないよね。準備も遅くなりがち(^^;)

旅行積立用に指定の郵便局で貯蓄口座も作らなくちゃいけないんだけど

それもまだ。

通学用の自転車も買わなきゃいけないし・・色々大変です。

4月中には家庭訪問もあるしね。

今回は三男もたぶん先生変わると思うし。

次男の現在の先生が今度三男の担任になってくれるといいんだけど

そううまくはいかないかな(笑)


さて、長男は相変わらずです。

ただ、すこーし気分が複雑になってきている感じ。

なんとなくだけどね。

たぶん、施設での卒業式があったり、次男が中学へ上がることもあって

なんとなく自分のこの先のことが気になっているのかなと言う感じ。

いよいよ来年は中学卒業・・・つまり義務教育が終わってしまうからね。

「高校はな・・・無理だと思う・・・」

これは色々な意味が含まれる。

勉強のこと、人間関係での心配、学校というものに対してのトラウマ・・・。

「通信制もあるよ?」

「いや、それは絶対無理。家で自己管理しながら勉強なんて出来ない」

まあ。そうだろう。

「コンビニでバイトでもすっかな。あ、ダメだ。知らない人と

接しなきゃいけない。」

難しいね・・・。いろいろと考えてはみるのだろう。

だけどまだ、いろんな意味で不安が大きくて動けないのかもしれない。

親はいつかはいなくなる。

そのことはわかっているだけに、どうしたらいいのか今は答えが見つからないのだろう。

とにかく今は施設へしっかり通えばいい。

「でも、あそこに就職出来るわけじゃないし・・・。」

「でもね、高校へ行くにしろ、仕事をするにしろ

気分で行く行かないを決めたり、適当な時間に行くというわけには

行かないよ。最低限、決められた時間に行かなきゃいけないし

やることはやらなきゃいけない。

施設へきちんと行くというのは、そういう練習にもなるんだよ。

目いっぱい頑張らなくてもいい。

だけど、ちょっとは今より頑張ってみる。

それは先生やお母さんのためじゃないよ。そうすることでつく力は

あんたが思っている以上に大きいんだよ。今はまだわからないかもしれないけれど」

「う~ん・・・」

頭ではわかっているのだろう。

だけどまだ一歩を踏み出す勇気というか、元気というか

なにかが足りない。考えすぎて動けないのかもしれない。

まずは目の前のことから始める、一生懸命になってみる。

これが以外と簡単ではないのは、私の人生経験の中でも

わからないことじゃない。

私がこれまでの人生の中でぶつかってきた色々な壁。

いろいろな考えがぐるぐると頭の中を駆け巡って

動きがとれないこともあった。

その中で一歩、また一歩と踏み出してきたのは

自分の中で(とにかく今はこれを)とどこかで決めてきたからだ。

誰に言われたからでもなく、自分自身で。

長男がぶつかった壁。

それはとてつもなく大きなものだったと思う。

その年齢、人生経験の浅さから言っても。

でも、きっと乗り越えていくだろう。それが生きるということだから。

まだまだ時間は掛るかもしれない。

でもそれを乗り越えたとき、きっととても大きくなるね。

お母さんは見守ってる。

いつだって応援しているよ。

だから・・・頑張れ。




blogram投票ボタン

 よかったらこちらも 
おうち生活 女ですもの
調理器具のお店     もう一つのブログ


【無料】ゴーゴー!通信制高校一括資料請求

次男の進歩と隣の婿さん

小学校、卒業式の前日が終業式でもらってきた通知表。

三男

冬場、体調のよくない時もありましたが、頑張って登校したと思います。

花丸です。理科や算数で良い思いつきをして学習のきっかけを作ってくれることもあり、

活躍した1年でした。少々苦手な漢字もまちがえた漢字をノートに書くと

根気よく練習しました。真面目に努力することもできた1年間でした。

この調子で活躍してくれることを期待します。



次男
*呼びかけ練習では、大きな声ではっきりとセリフを言うことが出来ました。

 大きな声を出せるのは○○くんの良さだと思います。

 明日の卒業式、堂々とした呼びかけができるといいですね。

*計算の仕組みを理解するのが早いです。算数のまとめの問題もスイスイ解いていく姿を

 目にします。得意な部分なので、中学でも磨きをかけて欲しいです。

 進学おめでとうございます。


やっぱりうちの子たちは理数系だわ。

私と違って(笑)


昨日も次男はRくんに誘われ、遊びに行きました。

久々、自転車で!!

4人で楽しく遊んだみたい。

やっぱり嬉しい(*^_^*)


今日は謝恩会でした。

会食の途中でいきなり、司会の役員さんが

「それでは、子供たちステージにあがって将来の夢を発表してください」

げ、まずいわ。次男いきなり発表ってすごく苦手。

きっと 固まるわ・・・。

ひとりひとり発表していく中、次男の番が迫る。

そしてついに・・・。

「○○です(フルネーム)将来の夢は・・・」

予想通り間があく。周りはシーン。

私のほうがドキドキする~。あ、汗が・・・・。

でも、次男の表情をみると、金縛り(?)にはあっていない感じ。

テレ笑いを浮かべ、頭をガリガリ。

そして・・・

堂々と、「将来の夢はこれから決めます!」

お、やったじゃん!!

とっさの時になんて言っていいかわからず、いつもただ固まっていた次男を思うと

大進歩!!

周りからも拍手。「そうだよ、俺なんか20歳すぎても将来なんて

決められなかった」とは近くに座っていたお父さん方。

その後、先生のところにお酌に行くと

「やりましたね!俺、あのまま固まっちゃうかと思ったけど・・・

でも表情もとても良かったし!! 」

発表をなんなくこなす人にはわからないだろうが

次男にとっては すごく大きな成長と感じ、本当に嬉しかった。


この謝恩会。子供は子供のテーブルで最初から座るところは

決まっていたんだけど、大人はくじ引き。

偶然となりは大家の婿さん。

普段はあまり話す機会もないが、今日はビールも飲んでいるし・・・

奥さんは別のテーブルだし・・・のせいか

「俺、女房に内緒で今中型(バイク)の免許取りにいってるんです」

「あ~そうなんですか。内緒で?」

「うん。人間関係でいろいろあって、精神的に参っちゃって

もう4カ月くらい仕事休んでるんです」

「人間関係、いろいろありますもんね」

「家庭で・・・あはは」

冗談だろうけど、冗談に聞こえない。

なんてったってあのばあさん→最大のピンチ ・ ぐったり

が姑だもんな・・・。

「女房が看護婦で忙しいから、今までずっと子供のことばっかりだったけど

これからは自分のために生きようと思って。子供はいつか巣立つんだし。

で、前からずっと憧れてたバイクをね・・・」

うん、子供はとても大切だし、最優先だけど

自分のための部分は残しておかなきゃいけないと思う。

親が人生を楽しむ、それは周り回れば子供のためでもあると私は思う。

そんな話をしながら飲んで、子供はビンゴやらをやり、

記念写真を撮って終了。


帰りのバスに乗ったら次男、頭が汗で濡れてる。

「暑かったの?」

「いや~、緊張のあまり汗だくさ~」

「そっか。でも、すごいじゃん!ちゃんと言えたじゃん!」

「あれでいいわけ?」

「いいのよ~。正直な気持ちだもん!!」

「まぁね・・・へへへ」


なんだかいい形で小学校生活を終われたと思う。

中学はどうなるかな?

うまくいくといいな!!




blogram投票ボタン

 よかったらこちらも 
おうち生活 女ですもの
調理器具のお店     もう一つのブログ


誕生日そして卒業

健やかにより美しく、春を満喫!伝説の「プラセンタ100」モニター募集

というのに応募してみました。プラセンタ、興味ありますよね。

アミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸などがぎっしり。

当たるといいな~!!やっぱり美しくいたいよね(^_-)-☆





さて次男、今日は卒業式でした

私、こともあろうにカメラを忘れてしまい・・・。

携帯で撮影しようとしたら1枚撮ったら充電切れ・・・。

でもまあ、卒業式はDVDにしてくれるし、私がカメラを忘れたと言ったら

「うちので撮ってあげるから親子で並びな~」とか「これできたら1枚あげるね」とか

あちこちで言ってくれたのでよかった(*^_^*)

卒業式。私泣かないと思っていたの。

長男のとき、まだ馴染みのない学校だったこともあり

(転校してきて1カ月登校し、その後2カ月欠席という状況で迎えた卒業だった)

先生と1回練習をしただけだったから

ちゃんと出来るかということが心配だったし

終わったあとも、やれやれとホッとしたというのが正直なところで感動とは

ほど遠かった。

今回もそんな感じかなーと表いたけど・・・

泣きましたね、かなり。

いろんな思いが溢れてきて。

色々と次男のことを親身になって考え、配慮してくれた先生。

休みが多くなった次男を心配し、遊びに誘ってくれたお友達。

少しずつでも、精一杯頑張った次男。

立派な卒業生でした。

教室に帰って、最後のお別れをし、外に出ると

全職員が並んで待っていてくれた。

ひとりずつ握手をしながらお別れをする。

小さな学校なので、校長先生も教頭先生も

もちろん他の先生方も卒業生全員を覚えていてくれている。

解散。

真っ先に車に乗ろうとする次男をRくんが引きとめる。

「一緒に写真撮ってよ!」

Yくん、Tくん、Kくんもそれに加わる。

みんな楽しそうな笑顔。

「今度は○○(次男のあだ名)が真ん中行けよ」とは写真を撮ってくれているKくんのお父さん。

Kくんのお父さんは三男の野球チームの監督。

次男の笑顔がまぶしかった。


実は昨日は次男の誕生日でした。たぶん一番最後に12歳になったね。

(逆に三男は一番先に誕生日を迎える。4月6日。学年は三つ違うけど

ちょうど2歳違いなのよね)

出産のとき長男のときと同じく実家で産んだのだけど

たまたま旦那が来ているときに陣痛が始まり入院。

だんだん強くなり、分娩台に上がったけど、長男のときの経験で

ここから2時間かかると思った私は旦那を一回実家に帰したら

30分で生まれてしまったんだわ。

生まれたときから髪が黒々としていた長男とは違い

産毛のようにフワフワの髪。なのに真ん中だけ立っていてウルトラマンみたいだった。

兄弟でも違うんだな~と思ったのを覚えてる。

激しい長男を育てていたから、大人しい次男はとっても楽で。

こんなに楽な子供もいるんだってはじめて知った。

いや、長男がどんなに激しいか気付いたというべきか(苦笑)

三男が生まれ、寝るときは私の両側に長男、次男。

そして三男は私の上に乗せていた。

だんだんに重くなっていく三男に耐えられなくなったころ

次男は私の隣の座をあっさりと三男に譲った。

それから私の隣で寝ることはほとんどなかったね。

激しい兄ちゃんと甘え上手な弟に挟まれてけっこう大変名もいをしていたのかも

しれないね。大人しく、手のかからない次男をついつい放っておくことは

多かったように思う。

前の学校で辛い目に遭っていたことを私が知ったのは

引っ越して3カ月くらいたってから。

誰にも言わず、ひとりで抱え込んでいたことを知ったとき

申し訳なさといじらしさで胸が張り裂けそうだった。

今思えば、私の隣の座をあっさり三男に譲ったのも、

あまり手がかからなかったのも、

君があっさりしているわけでも、性格なのでもなくて

精一杯の優しさだったのかもしれないね。

それに気づいてから、時々「たまには母ちゃんと寝ようか?」と言うと

「え~、別にどっちでもいいよ」と言いながら

嬉しそうな顔をする。

今は学校へ行きたくなかったり、色々あるけど

ゆっくり自分のペースでいいよ。

長男と次男を見ていて思うこと。

思春期は今まで足りなかった部分が表に出てくる。

足りないのは、甘えることだったり、自分を出すことだったり

いろんな部分があるけれど、それは親子にとっての大きなチャンス。

うまくバランスをとるために必要な期間なのかもしれない。


次男お誕生日、そして卒業おめでとう!!




blogram投票ボタン

 よかったらこちらも 
おうち生活 女ですもの
調理器具のお店     もう一つのブログ

中学

長男の担任の先生との面談に行ってきました。

「もうね、家にいるときはまるで病人か老人くらいの動きしかしていない」

と長男の様子を話す。

「遊びに行くのも電車で行けばいいんだけど・・・」

「面倒だって?」

「うん、それもあるし・・・。まだ知らない人がダメなとこがあるみたいで。

ほら、無人駅でしょ?電車乗って、駅員さんから切符を買わなきゃいけないから・・・」

あはは、すっかりタメ口である。

もうこの先生とも2年の付き合いだしね。少なくても毎月会って最低でも1時間は

話しているから、友達のようになっているところがある。

「友達から骨折するほどの暴力を受けて、それも1年以上にわたって。

その上、先生もかなり強烈で、お父さんからも叩かれることが多かったんだもんね・・・

私たちが思う以上に○○くんの心の傷は深いのかもしれないね。

傷が癒えるのにはまだ時間がかかるのかもしれないね・・・」

なんて話をして

今度は次男の話。今は中学へ上がる次男のことが心配だ。

「少人数の方にも席は用意出来てるし、ダメならそっち行けば大丈夫」

「最初は普通のクラスで様子を見るけど・・・少人数学級には

どういう状況になってどういうタイミングで行くのかとか・・・」

「入学してすぐに家庭訪問があるから、その時担任の先生と相談すればいいと思いますよ」

「あ~そうですね。担任の先生・・・どんな先生になるのかな・・・」

「ここだけの話ですけど、1年生は今いる職員がほとんどになる予定だから

大丈夫ですよ。」

「でも、今いる先生も知らないから・・・」

「今いる先生方は○○くん(長男)の状況もよく知っているし、

私がこうして、しょっちゅういるかさんと話しているのも知っているから

私が窓口になれると思います。いるかさんがもし担任の先生に話しづらいことが

あったら私に言ってくれればうまくやりますから。

それに、たぶん小学校で仲が良かった子と同じクラスになるような

配慮もすると思うし。S先生(スクールコーディネイターの先生)もいるし。

安心してください!!」

「先生が窓口になってくれれば安心だわ(*^_^*)

よろしくお願いします!!」

気持ちが楽になりました。親しい先生がいると心強いですね。

入学式しか行っていない長男。でも担任の先生と私がコンタクトをとり続けていて

良かったと思う。

あさってはいよいよ小学校を卒業する次男。

中学でのサポート体制がすでに出来ている君は幸せ者だ。

本人は気付かないだろうけどね。





blogram投票ボタン


 よかったらこちらも 
おうち生活 女ですもの
調理器具のお店     もう一つのブログ

育成会

ゆうべは役員の引き継ぎ会で・・・少々二日酔いぎみであります(^^;)

前回飲みすぎて久々に記憶をなくしたので

(あとで聞いた話では一次会で日本酒を2升あけ(日本酒を飲んでいたのは私を含め4.5人)

その後4人で行った二次会で焼酎のボトル2本あけたそうです・・・覚えてませんが)

今回は日本酒は飲まないと言っているのに

お父さんたちがみんな注ぎにくるんだもの。

気がついたら、日本酒飲んでましたわ(苦笑)

あ、でも今回は一次会だけでいい子で帰りましたよ。

大丈夫。記憶もあります(笑)


昨日は朝から天神様のお札配り。1年生~5年生の子供たちと一緒に

地区の全家庭(子供いる、いない関係なし)にお札を配ります。500円で(笑)

前日に一枚一枚刷りました。版画の要領で。

寒かった。

それが終わって公民館に帰り、6年生を送る会の準備(うどん作りなど)をして

11時過ぎから会を始めました。

次男・・・欠席(>_<)

小学校最後の地区行事なのに・・・。主役の6年生なのに・・・。

新1年生の歓迎会も兼ねています。

でも、新1年生は一人だけ。

現6年生は13人いるので、来年度は12人も人数が減ってしまうわ。

うどんやお菓子を食べて、ビンゴゲーム、6年生あいさつなどをして2時に終了。

片づけをしていったん帰り、5時から引き継ぎ会でした。

一日忙しかったわ。

もう1年か~と思うけど、なんだかんだ言って楽しいからいいか(^◇^)

いろんな人と知り合えるしね。

段々と私の顔も態度もでかくなってきています(笑)

みんなに「そーいえば、途中から引っ越してきたんだっけ?

なんか、ずっと前からいるような気がする」と言われています。

すっかり・・・馴染んだみたいです(笑)




blogram投票ボタン


    よかったらこちらも 
おうち生活 女ですもの
調理器具のお店     もう一つのブログ

それぞれ

今日はいいお天気です。

私の心もご機嫌です。

いいことがあったの  でも、内緒


さて、今週の次男。

月、欠席。 火、登校。 水、欠席。 木、午後から。 そして今日も午後から。

ま~今年入ってから週1登校が続いて、

その後2週間全滅だったことを考えると途中まででも、途中からでも

週3登校はいい方向に向かっているのではないかと思う。

第一途中から行ったのは昨日が初。

それまでは朝行けないとなるとその日は絶対ダメだったから。

トランプもあいかわらず毎日

あと、だんだんに生活が規則正しくなりつつある。

夜、11時に寝るようになった。

ひどい時は長男と一緒に3時くらいまで起きてたりしたからね。

あ、三男は今週は休み(遅刻、早退も)なしです!!

これで、長男が目覚めてくれればね・・・(苦笑)


さて、年度末はいろいろと忙しいですね。

あさっての日曜は育成会で天神様のお札を配ります(ってか500円で売る)

その後、6年生を送る会。

この地区ではお盆の行事のため→地区行事

育成会で麦を作っています。

そのため、6年生を送る会ではうどんを出します。

今は実際に麦を挽いたりはしませんが、その昔は作った麦を挽き、小麦粉にして

うどんを作っていたそうです。

収穫祭がなくなって送る会に引き継がれたなごり。

で、夜は役員の引き継ぎ会。

去年までは近くのとんかつやでやっていたけれど

今年は予算削減のため、公民館で。

明日は5年生と役員であさって配るお札を刷って、送る会のための買い出しに

行きます。

次の週は麦踏みをして今年度のお仕事は終わり。

1年間、頑張りました!!って私はもう1年留任だけど(笑)


来週は月曜日、長男の担任との面談。 水曜日、同じく中学のスクールカウンセラーと面談。

木曜日、次男卒業式。土曜日、麦踏み&謝恩会。

あ、やばい。その日長男の施設の卒業式&保護者会だ・・・。

断っておかなくちゃ。

なんだか頭がごちゃごちゃだわ(^^;)


4月は6日が入学式。10日からは野球の大会が始まります。

スコア付けられる人、お母さん役員の代表の人と私しかいないから

出番も多いかも

また長男の送り迎えとの兼ね合いが難しいかも。

夏は育成会も忙しいしね。


ドロップシッピングの方も色々と勉強しなきゃいけないし、

またまた忙しい毎日になりそうだわ。

でもその方が張り合いがあって私には合ってるのかも。


来年度も張り切ってまいりますか




 
blogram投票ボタン

↓こちらもよろしく
おうち生活

長男

お返事もご訪問も遅れていてごめんね!

今は仕事に出れないので、とりあえずお店を作ってみました→おうち生活

と言ってもドロップシッピングです。

まだ、作っただけでこれから色々と手を加えなくてはいけません

あったらいいかも!というような調理器具20種類ほど、並べてみたのだけど

暇があったら覗いてみてね!


次男は昨日休んで、今日は登校。

三男は昨日も今日も普通に登校。

長男は・・・相変わらず。昨日も今日も家におりました。

今日は雪。先週の金曜あたりは春を思わせる暖かさだったのに

土曜から寒い日が続いております。

いっかい暖かくなってからの冷えこみはこたえるね(>_<)


だいぶ前の話ですが、モンゴルの文集が出来ました。

長男は14ページもかいてあった!

内容はともかく、あの長男がそれだけ書いたというのは驚き。

面白かったのは他の子の作文に長男が多数出演していること。

長男の作文はただ淡々とやったことなどを書いてあるだけなんだけど

他の子の作文を読むと長男の様子がわかる(笑)

長男のゲルにはけっこう友達が来ていたみたい。

馬に乗って、何キロもの道を(笑)

一番仲が良い子の作文には「今日は○○くん(長男)のゲルに行きました」

「今日も○○くんのゲルに行きました」としょっちゅう来ていたみたい。

その子はモンゴル、2回目で偶然にも前の時お世話になった家族に

今回長男がお世話になっていたらしいので、

そのせいもあるかな。

それにしても、言葉も何もわからないところで一人きり・・・

と思っていたけど、けっこう自由にやっていたみたい。

それでも、日本じゃ絶対に味わえない体験。

きっと宝物だろうな。

再来週に施設の卒業式。

3人が卒業します。3人・・・三つ子ちゃんなんだけど。

長男、いよいよ最終学年か。

一番年上になるんだね。

そして一年後に卒業・・・さて、どうなるのでしょう?

高校へは行くのでしょうか?

行かなくてもいいけれど、今のような状態じゃ働くことも無理なんじゃないかな。

毎日出勤なんて出来ないでしょう。

ま、その前に就職口がないかもだけど。

バイト?浪人?

なんでもいいけど、もう少し意欲的になった欲しい。

この前、問題行動を起こしていたころの話をしていて

「あんたさ~、あの頃特急乗って、タクシー乗って、H村の方まで行ったり

自転車でどこまででも行ったりしてたよね。小学生が。

問題はあったけど、あの行動力はたいしたもんだったよね、

あの行動力は消えちゃったの?」

「うん、もうない。第一あれはAに付いて行ってた・・・ていうか

連れて行かれただけだもん」

「それにしたってさー、せめて近くのコンビニくらい自転車で行くとか

遊びにいくときは電車でいくくらいすれば?」

「やだよ、めんどくせー」

あ~あ、これだもんなー。

引っ越してきたころは電車は危ない(またAやBとどこかでツルむとか)と

思っていたので、電車で行動させないよう、そういう選択肢を

与えないようにしていたのよね。

結果、車でばかり行動してた。

コンビニが近くにできたのも最近だし。

こいつ、社会に出れるんだろうか?

勝手にどこかへ行かないように、もう少し落ち着いて過ごせるようにと

ずっと、思ってきたけど

今度は反対にそこを鍛えなきゃいけなくなってきちゃったわね。

まったく極端というかなんていうか・・・。

今はものすごく落ち着いたけど、落ち着きすぎっての!

まあ、ぼちぼちいきますか・・・。




blogram投票ボタン

明日にはご訪問出来ると思います!!

トランプ

先週は次男、3日登校しました!

一日は早帰りだったけど↓上出来だわ。

前記事の私の心の叫びが聞こえたのか、次の金曜日は

次男、三男とも気分良く登校。

ただし、「迎えにきてね」と次男に言われましたが(^^;)

私は午前中バレーだったのだけど、長男も約束通り

バレーから帰って昼食後に施設へGO。

みんなやれば出来るじゃないの

ま~、こんな日は滅多にないのだけどね。

金曜日は6年生を送る会で、その日はなんとか行こうねと次男とは前から

話していたせいもあるし。

さて、来週(今週?)はどうなることやら・・・。


木曜日、昼頃帰ってきた次男。(あ、もちろん迎えでね・・・三男と交代)

車の中から上機嫌。

鼻歌なんか歌ってる。

「そんな元気なら、学校いてもよかったのに・・・」

「いや、それは・・・断る」

あ、そうですか・・・。

ま~、3時間行けたのだからいいか。

帰って、昼食を食べて・・・宿題やって・・・

「暇だな~。トランプしよう!」

へ?いや~、家にいるときはゲームしかやらないと言っても大げさではない最近の次男。

ついに、飽きてきた??

で、大富豪を・・・。

「う~ん、二人じゃつまらないな・・・」

そりゃそうだ。長男は誘ってもやらないし。

「3人分配って、一人分はずしてやろう」

なるほど頭いいじゃん。

そして・・・毎日相手させられております。

三男がいるときは3人で。

大富豪かドボン。たま~に神経衰弱。

しかし、このふたり・・・。

「俺は○○を召喚!!」

な、なぬ?! その手があったか・・・。しかし何かを忘れてはおらぬか?

この手があることを!」


な、なぬ?き・貴様・・・それではこれを召喚!!」

「ふふふ・・・おろかよのー」

「はたしてどちらが おろかかの・・・」



ねえ、ちょっと普通に出来ないのぉ?

物凄く面白いけどさ・・・。


でも、黙々とゲームばかりやっていた次男の楽しそうな声が響くのは嬉しい。

少しパワーが出てきたのかな、という気がする。


この調子で頑張ってほしいな!!



blogram投票ボタン

今朝のこと

今朝、起きてきた次男

「なんか気持ち悪いな・・・」

これは=なんか行きたくないな・・・

「6年生の送る会の練習は朝だよね?それだけ行ったら?」

「朝だけ?」

「調子悪かったらそれでもいいんじゃない?先生に言えば迎えに行くよ?」

「う~ん・・・でもな・・・」

「じゃぁ・・・最初から今日は半日にするって先生にお母さんから

言おうか?」

「そんなに無理かも。」

「じゃ、どれくらいなら頑張れそう?」

「う~ん・・・二時間目までかな・・・」

「そっか、でも3時間目、算数だよ?やっといた方が良くない?」

「算数か・・・じゃ3時間目まで」

「わかった。じゃ先生にはお母さんから言うね。3時間目終わったら

迎えにいくって」

「うん!(^◇^)」

で、なんとかOK。

隣で三男「お腹が痛い・・・」

これも=休みたいよ

この前のように優しく話す・・・が、

今回はグズグズが止まらない。

じ・時間が・・・。

このままでは次男も一緒に遅刻してしまう(はい、当然送りです)

「どうする?休むの?」

いけないと思いつつ段々口調が強くなる。

「だって・・・」グズグズ・・。

なんとかジャンバーを着て、さあ行くよと私と次男が玄関に行っても

出てこない。そのうちワーワー泣きだした。

「どうするの?はっきり決めなさい!そんなに嫌なら行かなきゃいいでしょ!」

あ~あ、やっちまった・・・。

余計に泣く三男を放って、とりあえず次男を送りに学校へ。

それぞれの先生に事情を話す。

帰ってきて

三男を抱きしめ「怒ってごめんね。お母さん○○が自分に負けちゃったんだなって

悔しく思っちゃったの。だけどそういうときだってあるよね。

頑張れない時だって。ごめんね。」

「うん・・・」しっかりと抱きついてくる三男。

「ゆっくり休んでいいよ。・・・あ、でもね4時間目に6年生を送る会の

練習するんだって」

「え、もう明日金曜日だっけ?!」

「そうだよ。先生が出来たら来てほしいって言ってたよ。」

「じゃ・・4時間目から行こうかな」

「うん。ちょうどその時間にお母さん兄ちゃん迎えに行くし、

それまでゆっくり休んでようね」

「うん。母ちゃん、大好きだよ」

「お母さんも○○が大好き!」

とりあえず、一件落着~。


で、長男に

「何時に行くの?」

「う~ん・・・どうしようかな~」

「お母さん、11時45分くらいに三男送って次男を迎えに行くんだけど。

その前に行って?」

「めんどくさいな・・・今日やっぱ行くのやめようかな」

「え~、だって今週まだ一日も行ってないじゃん」

「そうだけど・・・まぁ気が向いたら行くわ 」

ええ~、予定たたないの、嫌なんだけどな~。

でもこれ以上言うと、意地になって行かないって言うしな・・・。

みんなが気持ちよく家を出てくれる日はないのか!

こういう状態なので仕事に出るのを躊躇しちゃうのよねー。

仕事してたら、こんなふうに早退だ、遅刻だ、気まぐれだ、に付き合えないもんね。

誰も文句は言わないけど

みんな家にいることになりそうだし。

は~正直、疲れるわ~。

誰か私も甘えさせてくれ~!!





blogram投票ボタン


今日の次男

今日は久しぶりに次男、登校しました!

朝、気持ち悪いと言っていたので早帰りになるかな・・・と

思っていたのですが、大丈夫だったようです(^◇^)


ゆうべ、先生から電話をもらったのですが

次男はこたつにもぐり込み、電話には出ませんでした。

「やっぱり、学校来いと言われそうで嫌なのかな?

先生は学校を休んでいることは悪いことだとは思ってないよ、

ただ、もし前のこと(友達のからかい)なんかで心配があるんなら

きちんと話しもして終わっていることだから大丈夫だよって

伝えてくれませんか?

あんまり強制もよくないとは思うんですが、卒業式の練習も始っているし

卒業のDVDなんかも撮りたいというのもあるし・・・

友達もみんな待っているんですよ。

俺が電話するとどうしても登校刺激ということになっちゃうんだけど

ここまで休んじゃったから来にくくなってるっていうのも

あると思うんで、なんとか一歩を安心して踏み出させてあげたい思いがあって・・・」

「そうなんですよね・・・。この前の土曜日にYくんたちと遊んだ時は

嬉しそうだったんで行っちゃえば大丈夫かなとは思うんですが・・・

ただ、最近夕方にSくんとKくんが来ても出ないんですよね・・・」

「やっぱり、気になっているのかな・・・」

SくんとKくんは前に連絡帳を届けてくれた子で

そのときの次男の態度が気に入らず、Kくんと他の子で次男をからかったのだ。

「あるとは思います・・・」

「そうですよね・・・。ただからかった方の子たちはなんていうか

さっぱりしているので引きずるというのはないと思うんですが・・・。

それも逆に来ちゃえば安心できると思うんですよね。

YくんやRくんと遊んだんですよね?

俺、なんの働きかけもしていないんですよ」

「そうなんですか?私はてっきり先生が働きかけてくれたのだと・・・」

「いや、しないですよ。するならお母さんに相談してからにします。

ただ、Yくんが『俺○○に電話してみようかな』と言っていたのは

耳にしています。でも、しろともするなとも言わなかったんです。

あの日のRくんの日記に、

○○くんとは、気の合う友達だと思っていたんだけど

最近学校にも来ないし、来ても暗い表情をしていることが多かったので

なんとなく友達でいることをあきらめていたけど

今日久しぶりに一緒に遊んでみて、僕があきらめるのはちがうんじゃないかと

思いました。

って書いてありました。

みんなね、待っているんですよ。

だから来ればみんな、喜んで受け入れてくれる感じなんです」


さて、今日帰ってきた様子は・・・。

「どうだった?」

「さあね」・・・これはいつものこと。

だけど表情を見ると大丈夫そう。

と思っていたら先生から電話。

「お母さん、登校させてくれてありがとうございました。

今日は友達ともけっこう遊ぶ姿があったし、調子もよさそうでした。

やっぱり、気の許せる友達の中にいた方が○○くんにはいい気がします。

気持ち悪い様子もなかったです。(登校した後、一応先生にメールしておいたのだ)

あとね、やっぱり算数、出来るんですよ。

だから、やらないのはもったいないと思うので、

家でも負担にならない程度にやっていた方がいいと思います。

国語は・・・単元変わっちゃっているので、今日は漫画に近いような本を

読ませたりしていました。

あさっては6年生を送る会があるので是非来てほしいのと

明日、その練習をするので、出来れば明日も来れるといいなとは思いますが、

あまり負担なら無理しすぎず、って感じでお願いします」


今は不登校の対応として登校刺激はしないというのが一般的である。

長男の時で身にしみている。

だけど、長男との、そして次男が前の学校でつらかったときと決定的に違うのは

長男や、あの時の次男は何をどんなふうに働きかけても

絶対に行けなかったことだ。

全力で抵抗してくる。力でもとてもかなわない。

こんな風に強く言わなくても行けると言う日はなかったのだ。

とりあえず、様子を慎重に見ながら、

弱い力で背中を押しながらいってみようと思う。

あと2週間で卒業。

そして・・・いよいよ中学だ。





blogram投票ボタン



私の穴と三男

私の心にはぽっかりと大きな穴があいている。

そう、あの日から。

時間がたてば小さくなるかと思ったけど、

むしろ穴は深くなった気がする。

時々、嵐も訪れる。強い風、大きな波。

私は無理に穴をふさごうとも、嵐を静めようともしないで

穴は穴のまま、痛みは痛みとして

共に歩いている。

苦しいのだけど、つらいのだけど

なぜか、この穴を誇りに思う私がいる。

そう、私にはとても大切に思えることがあるという証だから。

私、変わっているかしら、ねえ(笑)



昨日の6年生を送る会でコーチが言っていたこと。

「あのチームに勝ちたい、あの人よりバッティングがうまくなりたいと

一生懸命に練習する。一見、人と競争しているようだけど

自分との戦いなんだよな。野球に限らずすべてが自分との戦い。

昨日より今日。先月より今月。1年前より今の自分が成長していることが

なにより大切。君たちは見事にそれを見せてくれたよね。」

大人にとっても大切なことだよね。


ここのところ、三男までが朝グズグズ言い出した。

「兄ちゃんたちが休んでいるもんね、○○だって休みたくなっちゃうよね

わかるよ。・・・でも、学校いけばお友達もいっぱいいて楽しいよね。

帰ってきてからも遊べるもんね。行きたくないって思うのは朝だけなんだよね。

どうする?自分でちゃんと決めな」

はっきりしない。ただグズグズ・・・。

「そっか、今弱い○○と強い○○が戦っているんだね。

勝つのはどっちかな?」

「・・・今日だけ・・・」

「う~ん。でも、最近 今日だけって増えてきてるよ?

今日だけって時があってもいいけど、それが増えていくのはどうなんだろう?」

ちょっと考えてジャンバーを着る。

「車で送って。」

「いいよ。すごいね!勝ったんだね!!

お母さんも見習わなくちゃ!」

正直、迷う。

私は無理をさせているのだろうか?

長男次男が家にいる中、この子は頑張っている。甘えたいのもわかる。

ただ、“今日だけ”が少し増えてきたのも事実。

対応として間違ってはいないと思うが

兄ちゃんたちとの対応の違いに戸惑うのではないだろうか。

「三男は朝、行きたくないな~って思っても

学校行けば楽しいこといっぱいあるよね。クラスの人気者だし。

嫌なことがあるわけじゃ、ないでしょ?」

送っていきながら話をする。

「うん。」

「長男も次男も最初は今日だけって言っていたのがどんどん増えていっちゃったんだよね。

頑張って行っても、長男はつらいことだらけだったし、次男も色々あるみたいなんだ。

だから、三男みたいに頑張れなくなっちゃったんだよ・・・わかる?」

「うん」

「三男はすごく頑張っているし、たまにお休みしたくなるのは

お母さん、よくわかる。

だから、たまにはお休みしてもいいって思うんだけど

それがあんまり増えていくと、せっかく今楽しくお友達と

遊んだり、野球したり、勉強だってよくわかるのに

それが段々出来なくなっていっちゃうと思うんだ。

それはとても残念なことだと思わない?

学校が嫌なら行かなくてもいい。

だけど、そうじゃないでしょ?」

「学校は・・・楽しいよ」

「うん、いつも楽しそうだもんね。お母さん、楽しそうな三男みてるの好きだよ。」

なんて話しながら学校へ到着。

「じゃ~ね、行ってくるね!」

元気に車を降りて行った。


今、元気に帰ってきたと思ったら・・・

ちょっと浮かない顔になり

「どうしたの?」と聞くと

「明日の朝、委員会の当番と将棋が重なっているんだ。どうしよう?」

と言うので

「学校に電話して先生に相談してごらん?」

と言うと、電話で先生と話し、まず将棋で一戦したら

お友達に順番がきたら呼びに来てと伝えて委員会に行くことになったみたい。

もうすぐ4年生になるので委員会活動が今週から始まったのだ。

三男は火曜日が当番なんだけど、明日は最後の将棋の日。

いろいろあるけど、頑張れ三男!

母ちゃんも頑張るよ!!



blogram投票ボタン

お返事、遅れています



GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。