軌跡

長男にいろいろあってから(過去記事にすべて書いてありますが、

要約したのがこちら→存在価値 ・ 三年間 )

今までの私の気づき、やってきたことなどがもしどこかで

参考になればと思い、一度このブログで書いたことをまとめたいと思います。

お時間があったら読んで頂けると嬉しいです。

                                    
スポンサーサイト

夏休み

昨日は、ポケモン映画に行ってきましたピカチュウ

~アルセウス 超克の時空へ~子供たち、ちゃんとわかっていてDSを持って行って

アルセウスをゲットしていましたよ。

4時起きだった私は眠くて・・・半分寝てました(^^;)

その後お昼をファミレスで食べ、

「本が欲しい」というので本屋へ。

2009_072920080009_convert_20090730204141.jpg     2009_072920080010_convert_20090730204233.jpg

arrow-up-red次男                          arrow-up-red三男

次男もゲームだけじゃなく、漫画雑誌や攻略本以外の本も少しずつ読むように

なってきました絵文字☆その1☆


しかし、夏休みでもラジオ体操があるし、寝坊はできませんねえェェ

ラジオ体操のない土日も・・・そう、野球があります。

弁当だから下手したら平日より早く起きないと。

今度の日曜は6時半集合です。(土曜は8時)

誰か私に何にも予定のない朝をくれ~!!


この夏休みは生活面でのいろいろを修復しようと頑張っています。

今まで「宿題やりなさい!」など何でも言いっぱなしで放っておいたことを

丁寧についてやらせるようにしています。

忙しさにかまけて出来なかった部分のやり直しです。

なので時間がとられます。

学校のプールなどに行っている間は家事をいつもよりまじめにやっているので。

前は少しでも時間があればブログに費やしていたのですが

やはり、やるべきことを優先させなきゃね・・・。

なんか子供たち、それぞれ今が大事のような気がしています。

コメント、とても嬉しく励みになっているのに

お返事遅れ気味でごめんね。



長男、今日からゲル生活。(昨日はウランバートルのホテル)

大丈夫かな?言葉も通じない。夜10時まで昼間のように明るいらしいから

まだまだ寝てはいないだろうな。でも夕べは多分寝ていないから

(修学旅行などでも友達としゃべっていて絶対寝ないタイプ)

ダウンしてたりして。

お世話になる家族はどんな人たちなんだろう・・・。


長男がいない我が家は静かです。

普段 一番うるさいからね(^^;)











長男、出発!と成績表

長男、出発しました!!

5時40分に施設を出発。

飛行機は成田発1時30分に乗ります。

向こうに着くのは日本時間で夕方6時40分です。

今日はあいにくの雨。

本当なら私は今頃ラジオ体操に行っている予定でしたが

今日は中止なのですこしのんびりです。

出発までは何かと気忙しく、おちつきませんでした。

今は今でドキドキしていますが、もうあとは帰ってくるのを待つしかないですね。

心配しだすとキリがないから(^^;)

帰りは8月5日の夜になります。

頑張ってきてね!!


小学校も今日から夏休みに入りました。

昨日もらってきた通知表。

次男は予想通り。三男は思ったより良かった。

算数はパーフェクトです。

社会もほぼ。

次男はすべてごく平均的といったところかな。

太っているわりに体育はいいみたい。

体力ないのに・・・(^^;)

私は成績表で一番気になるのは先生からの所見。

次男

バレーボールの技術があり、楽しみながら試合をすることができました。

得点を決めると、友達に認められる姿がたくさんありました。

分数の足し算引き算の方法を理解し、計算力を高めることができました。

文字を書く場面では、書く量を減らすことで負担なく取り組むことができました。

新聞作りでは、写真を多く用いて完成させることができました。

授業後の感想はしっかり書こうとしています。書くことをよく頑張っています

太鼓の練習では、リズムをしっかり覚えながら練習をしています。

コツコツと取り組んでいる姿があります。



三男

意欲的に学校生活が送れました。計算の力が付いてきました。

またリコーダーも一生懸命練習していました。

読んだり書いたりすることも根気よく取り組んでさらに力をつけましょう。

毛筆では丁寧に一画一画書いて良い字を書いていますので

普段の文字も毛筆のように書くようにしましょう。

「りんご博士になろう」の活動ではりんご農家の一年間の仕事に

興味を持ち、休み時間や昼休みも使って熱心に調べていました。



二人の共通点・・・書くことが苦手。

めんどうで字がとても雑。

なので漢字も間違いが多い。

私は、母が書道の師範ということもあり、子供のころは書道をやっていた。

なので字が気になり、最初にうるさく言いすぎたかも。

そう思ってとりあえず何も言わないことにしていたが

こりゃ、また少し言っていかないとダメだなあ。

次男は来年中学だし。人に読めないような字ではまずいぞ!

なんでも楽しみながら身につけるのが一番の近道だと思っている私。

しょっしゅう一人で作戦会議を開いてる。



応援してね!!



もうすぐ夏休み

すっかり更新が遅くなってしまいました絵文字名を入力してください

訪問も出来なくてごめんね顔文字1(背景黒用)

モンゴルの荷づくりなど、バタバタしていたのもそうなんだけど、

もうすぐ夏休み、なんだか普段の子供たちの生活を見直すチャンスだと思って

まずは、家の中の物の配置を見直そうと思って・・・。

うち、旦那も子供たちもみんな「あれとって」「あれどこにある?」ってことがとっても多くて

私が5人分動いている感じ。「自分でやってよ」って言うけれど

考えたら、子供にはとりづらい場所にあったり、

定位置がきちんと決まっていないものがあったりでこれじゃダメだなと思っていたの。

思ってはいても中々手をつけられなかったんだけど

夏休み前に整えて休み中に定着させよう!と思ってはじめたら

大掃除のようになってしまって・・・。

途中ブログが気になっていたんだけど

PC開いたらずっとやっちゃいそうだから我慢してた。

コメントのお返事だけはしたけれど、遊びに行けずにごめんね。

なんとか目鼻がついたので後で伺います絵文字名を入力してください

モンゴルの荷づくりもなんとか終わりました。

大荷物だから、普通のキャンプ用のリュックに入るか心配だったけど

意外と入るもんね。衣類は圧縮袋を使って、寝袋は上に括りつけたけど。

でも、ギュウギュウ。

帰りが心配。

ま、お土産用のおもちゃ、古着、ノート10冊、食器(向こうで使っておいてくる)は

なくなるから、物は減るんだけど

ただし、靴がね足首まであるブーツをはいて行くんだけど

(馬に乗るときくるぶしがあたるので普通の靴じゃ痛くて駄目)

それはドロドロ・・・糞まみれ?になるだろうから帰り用に

サンダルを入れておいたから・・・・つまり帰りはブーツを持って帰ることになるんだな。

ま、長男には「なんとか入れて持ってこい」と言っておいた。

出発はあさって早朝です。

本人はまだ実感わかないと言ってます。

同時に次男、三男も夏休み突入です。

映画(ポケモン)に連れてけ、プールに連れてけと今から約束させられてます。

去年はキャンプに行ったけど、今年は無理だし

遠出の予定もないので まーそれくらい連れていってあげないとね。

一日くらい旦那が引き受けてくれるといいのだけど。

うまく頼んでみようえへ絵文字名を入力してください

率先して遊びに連れて行ってくれる日は・・・来ないかな。


みなさ~ん!夏休み、なんとか乗り切りましょう




責任感

最近、調子よく学校へ行っていた次男。

今朝、「喉が痛くて行けない」

過去には散々無理じいしたことがある私だが、

今はあまりしない。

喉が痛いのも本当のようだ。

しかし・・・。

今日は児童会祭り。 6年生がいろんなことを考え、仕切り、

下級生を楽しませるのだ。

次男は3人で“障害物競争”の担当。

昨日のうちに準備はしてあるようだが、当日の今日、次男は

下級生に競技の説明と受付をすることになっている。

「今日は児童会祭りでしょ?あんたが行かなきゃ困るんじゃないの?」

「だって・・・喉痛いから無理」

「ちょっとくらい痛くても頑張れるでしょ?それだけでも行っておいで」

「ちょっとじゃないよ、すげー痛い。行かなくてもなんとかなるよ」

「そりゃ何とかはするでしょ、でもその分友達に負担がかかるでしょ?」

「俺がやるはずのことなんて大したことないから大丈夫」

そういう問題じゃなくて!!

途中先生に電話をし、事情を説明し(時間になってしまいそうだったので)

説得を続けるが、結局無理だった・・・。


責任感がないのか?

確かに喉は痛そうである。 それにしても。

小学5年生の時、演劇部だった私。

演劇発表会の日、よりによって40度の熱が出た。

私はどうしても行かなければならないと母を説得して

その時間だけ行って舞台にたったという経験がある。


情けない・・・と思いながら、なぜだろうと考えた。

次男に足りないものはなんだろう。


集団の中で自分の存在を重要であると考えてはないのかもしれない。

自分が周りの役に立つと思ったことがないのかもしれない。

確かに、次男は長男とは違い、目立たない子だ。

何か大きな役をやったこともないし、率先して何かをやることもない。

考えてみれば家でも、3兄弟の真ん中で何かの時も“ついで”という感じになってしまうことが

多いのは否定できない。

こいつ・・・自分を “その他大勢”だと思っているんじゃないか?

いてもいなくても 大した影響はないと。


次男に関しての私の夏休みの課題は

ダイエットと、何かひとつでも毎日責任をもってやらせて、うんと褒めること

決定!!

嘆いたり、怒っているだけじゃ、始まらないからね!!



応援してね!!


エトセトラ・・・

   hart_ao.gif


ぼくたち3年生は太こを習いたいと考えています。
  
   プロの先生太こを習うためのこうし代を自分たちでつくりたいと

   考えました。

   春にたねをまいて育ててきたジャガイモがとれたので

   買っていただけるとうれしいです。

   ちょっと小さめのジャガイモなので1ふくろ5こ入りで100円です。

   たくさん買っていただけるとうれしいです。

   よろしくおねがいします。



   買ってね☆買ってね

hart_ao.gif

昨日、三男が持ってきた手紙。

先生が考えた文面をみんなそれぞれ手書きして家に持って帰ったみたいです。

最後の“買ってね☆買ってね”は勝手に書き足したようですが。

以前記事に書いた、プロに太鼓を習いたい!という夢は

現実のものになりそうです。

良かったねー三男! 一生懸命に育てたジャガイモ、買うからね!

今日は注文数の袋詰めをするそうです。

自分たちで夢をかなえようと頑張り、それが現実になる経験は

おっきな力になるよね!!                            
                  jagaimo01.gif01_jaga.gif






もう夏休みに入ってるところも多いんですね。

うちの方は29日からです。

8月18日から二学期始まるから短いよね。

昔は冬休みのほかに寒中休みがあったらしいのですが

今はそれもないし、普段の授業数が少ないわけじゃない。

授業数って小学校は全国で統一ってしてないの?

と疑問に思う私です。

先生たちの研究会で休みという日もありますが・・・。

そういうもので結局はトータル変わらないようになってるのかしら?

まぁ登校数が多い分にはいいけど(苦笑)




モンゴル行きのチケットが届きました。

でも・・・単なる紙なんですが?

本当にね、A4判の普通のプリント。(印刷は半分)

へ?これがチケット?

以前はもう少しチケットらしいものだったようですが今はこんなんなっちゃったんだって。

乗るのはモンゴルの便。日本の飛行機ではないの。

失くさないようにしなくちゃ!!

往復のチケットだから、向こうに着いたら大人が預かってくれるとうこと。

良かった!そうじゃなきゃ、きっと失くして帰れないわ。

荷造りも始めないと・・・。

キャンプ用のリュックで行く予定なのですが、

セーターからジャンバー、薬類(念のため・・・簡単には病院行けないし・・・)

食器(帰りはお世話になったゲルへおいてきます)、お土産用のおもちゃ、

おみやげ用の古着、懐中電灯(夜中トイレいくとき・・・・外だからね、電気ないし)

など・・・大荷物だから詰めてみないと入るかわからない。

入らなかったら、もっと大きいリュック買わなきゃいけないし。

もう一週間切ったからなー。長男本人より私の方がドキドキです。

なんだか気持ちも忙しくなってきました!!

モンゴルのことや、いろんな予定やらで・・・

頭がとっちらかっております。(←いつものこと亜矢イヒヒ汗


ファイト!!




しだれ栗とアスレチック



連休最後の日。しだれ栗の群生地に行ってきました。

三男が社会で、二人一組でなんでもいので何かを調べることになったようで

三男たちはしだれ栗にしたようで写真を撮りに行きたいと言われ、

次男と3人で・・・。

国天然記念物です。

頂芽が数年で枯れて側芽が成長します

2009_071920080010_convert_20090722085743.jpg


枯れても見事!!










2009_071920080013_convert_20090722085839.jpgひとしきり遊んだあと、

「親子レクで行ったアスレチックに行きたい!!」と三男。

反対方向なんですけど・・・。でも運動不足の次男に運動させるチャンスだしなー。

最近、急激に太った次男。

よし!行くか!!


さあ!頑張れ~!!


2009_071920080056_convert_20090722090244.jpg 2009_071920080057_convert_20090722090331.jpg

二人とも汗だくで頑張ってた。

三男、大張りきり、次男バテながら・・・。


2009_071920080040_convert_20090722085941.jpg 2009_071920080037_convert_20090722090040.jpg


もちろん私も楽しんだよ~!!
<

「また来ようね!!」

三男「うん!!」かおまる

次男「当分、嫌・・・」ふぅ・・



ポチっとしてくれると嬉しいな!


不登校を受け入れる

「今度のバレーいつ?」と長男に聞かれた。

次も行きたいらしい。

しかし、今度は前回とは違い、向こうの中学は休みではない。

「一緒に行く?」 「うん」

そっか・・・。

「あのね、Sくんのお母さんには言ったけど他の人には

あんたが学校行っていないこと話していないんだよ。

話すのはいいんだけどね、もしかしたら誰かが何か言うかもしれないよ。

それでも大丈夫?」


「何かって?」

「なんで学校行かないの?とかそんなんじゃダメじゃないとか」

「う~ん・・・うるせーばばぁとか言わないで無視すりゃいいんでしょ?」

「無視というか・・・多分話してもわかってくれないから適当に聞き流す・・・出来る?

ていうか何か言われた時のあんたの気持ちが心配なんだけど。

お母さんはね、あんたが学校へ行かなくてもこの先しっかり自分の人生を

歩いて行けるならそれでいいと思ってる。でも、世の中には偏見を持つ人や

あんたに説教する人もいると思う。その時に一々腹を立てたり、落ち込んだりしていても

仕方がない。そういうものをうまく聞き流すということも必要なんだと思うんだ」


「う~ん。30分くらいなら耐えられると思う。もし、我慢できそうになかったら

隣の図書館に行くよ」


強くなったなーと思う。

一年前、誰か(知ってる人)に会ったらどうしようとビクビクしたり

実際に誰かを見つけたら物凄い勢いで逃げて隠れたり

そうじゃなくても自分に都合の悪いことを言われる可能性のあるところへ

自分から行くというのは考えられなかった。

そして、私も強くなった。

何か言われるんじゃないいかとビクビクしていたのは彼だけではないのだ。

彼の状態を理解し、不登校を受け入れた時。

学校へ行かないことによるマイナス面はすべて彼自身が乗り越えなくてはならないことだと

思った。そしてそれを全面的にサポートする覚悟をしたのだ。

不登校を受け入れるというのはそういうことだ。

学校へ行かないのを認めるなんて甘やかしだという人がいる。

ここへも批判コメが来たこともある。

冗談じゃない!!と私は思う。

不登校を選ぶというのは学校へいくよりも厳しい状況がいっぱいある。

様々な物を乗り越える強さを身につけなくてはならない。

学校へ行くことの方が楽なのだ。

この先の人生において。

でも、行けないのだ。なまけているのではなくて行けないのだ。

親は経験で世間の厳しさというものを知っている。

それを知っていて敢えて受け入れる、これは子供の苦労を覚悟すること。

親の課題も子供の課題も増えるということだ。

決して甘やかしなんかじゃない、と私は思っている。

私はあきらめたのではない。受け入れたのだ。


この先、学校へ戻れるか戻れないかはわからない。

高校へ行くか行かないかもわからない。

高校へ行くか行かないかは自分で決めろといってある。

でも、勉強が・・・。
 その気になれば今からでも間に合う。

もし入れたとしても通えなくなるかもしれない・・・

そうなったら、その時考えよう

でも・・・まだ決められない
 

うん。まだ決めなくてもいよ、でも中3の2学期になって急に行きたいと言っても

準備してなきゃ(勉強)無理かもしれないよ。

可能性が少しでもあるなら準備しておいた方がいよ。


うん

それからね、もし行かなくても今の状態のままというわけにはいかないよ、

バイトくらいしないとね。

将来どういうことがしたいか考えてごらん?

もし、わからないならとりあえず高校へいってその3年間・・・定時制なら4年間で決めるというのが

一番楽だとお母さんは思うけど。牧場関係だとしても農業高校出てるのとでてないのじゃ

違うと思うし。

中卒と高卒では違うということも頭に入れておいた方がいい。でも決めるのは

あんただからね。


こういう会話が出来るようになっただけ大進歩!!

とりあえずは・・・・モンゴルね(^◇^)


例のごとく、前記事へのコメントのお返事がまだできていません。

もう少し待っててね


応援してね!!



学校お泊り会

さっき、次男が学校お泊り会から帰宅しました。

昨日の朝登校し、6時間目が終わった後、そのまま帰宅せずに

夕飯のカレー作り。

私たち親は夕方6時に学校へ。

役員さんと先生、子供たちが作ったカレーをみんなで食べて、

外でスイカ割り~まるいスイカ

写真を撮ろうとデジカメもって次男がやるのを待ってたけど

本人、やる気ないようで並ぶ気配なし。(やりたい人がやる)

ちょっとトイレへ・・・。

帰って来たら、次男がスイカを割ったとこだった!!縦線

あ~あ、タイミングが悪かったな~。

その後スイカを食べて体育館へ戻って

ソフトバレー、親子対決。と聞いていたが

なぬ?バウンドバレー??なんだそりゃ。

つまり・・・ワンバウンドOKのソフトバレー。

でっかいピンポンみたい(^^;)

大人はアタック、ブロック禁止。しかも大人は15点先取で勝利だが

子供は10点先取。

これが結構もりあがって汗だく。風邪もぶっ飛びましたわ。

そうそう、私まだあまり話したことのないお母さんも多くてね、

その中で見た目、体格がよくってとっても貫禄がある怖そうなお母さんがいたわけ。

参観日の時とかも取り巻き(?)のお母さんたちといるから

話す機会もなかったの。

で、その人と同じチームだったの。

一瞬(うわ~)って思ったんだけど、やりだしたらいつのまにか

「いけ~!」 「よっしゃ!」とか言い合ってた。

なんだ、全然怖くないぞ!

飲み会と一緒でスポーツのいところは知らない人でもすぐに打ち解けられるところよね。

しかし、最近バレー付いてる。しかも、やったことのないバレー・・・。

さて、バレーが終わり、親帰宅。

子供たちはその後、アイスを食べ、先生から怖い話を聞いたあと

きもだめし!!

音楽室でベートーベンを見て・・・(タイミングをみて脅し役の子がピアノを・・・)

理科室で人体模型と握手したりしたらしい。

もちろん電気はつけないよ、懐中電灯を持って。

怖そう!!

結局、就寝は10時半すぎだったみたい。体育館で寝袋で。

楽しい夜だったみたいでよかった。

朝起きて、自分たちで朝ごはんを作って食べて、

9時半解散。

迎えに行ったら汗だく。朝ごはんのあと遊びまわってたみたい。

元気だわ~。


人数の少ない小さな学校。

大変なこともあるけれど、楽しいこともいっぱい。

あ~、長男も最初からこういう小学校なら、少しはちがったのかなと

チラリと思ったりもする。

まぁそれはわからないけど。

ひとクラスしかないから合わなかったら、それはそれで悲惨だしね。


次男も前の学校ではいろいろあって・・・

真ん中の子参照

それが尾を引いているのか、長男の影響か、長男と一緒に遅くまで起きていたからか

(たぶん、全部)

学校も休みがちだったりしたけれど、最近は段々と頑張れるようになってきた。

生活リズムも工夫して段々に回復しつつある。

これに関しては後日記事にする予定。

ひとりひとりと向き合うのは大変なときもあるけれど

みんな可愛い私の息子。

肝っ玉母さん、頑張ります!!

応援してね!!


風邪

風邪をひきました。

喉が真赤です。 昨日は微熱がありましたが

抗生剤が効いたのかだいぶ楽になりました。

明日は次男、お泊り会だし、早く直さねば・・・。


そして心も風邪をひいたみたいです。

友人としっくりいきません・・・。

その友人は私が一番苦しかったとき心の支えになってくれた唯一の人。

なんでも話せる相手のはずなんですが・・・。

二人はいつか一緒にやりたいことがあります。

今はお互いの家庭のことや経済的な事、時間の余裕がないことなど

諸々あり、それはまだ“夢”の域をでていませんが

気持ち的には子育てをしながらの準備期間だと思っています。

なので旦那のこと、子供のこと、いろいろあった時も

いつか絶対実現しようね、だから今は精一杯それぞれの子供のことや

やるべきことをやりながら少しずつ準備をしようと話していました。

でも・・・。

以前から意見や考え方の違いはありました。

でも、目指すものは同じだって思っていたのですが、

それがズレているのかもしれないと思うようになったんです。

恋愛中、彼と別れた方がいいのだろうかと悩む乙女のごとく、

はたまたマリッジブルー・・・本当にこの人でいいのだろうかと悩む花嫁のごとく・・・

という心境です。

こうやって文章にしてみると

そんなの今決めなくてもいいじゃんと自分に突っ込みをいれたくなりますが

なんだか気持が落ち着きません。

まあそれだけ、私にとって大切な夢なのですが・・・。

でも、もしかしたらその夢にすがるのは私の“逃げ道”なんだろうかと思ったりもします。

いろんなつらいことを乗り越えるための心の拠り所。逃げ道・・・。

時々、しょうもないことを深く考え込んでしまったり、

今結論をださなくてもいいことなのに切羽詰まったりしてしまう愚かな私が

顔を出します。

そんな時程自分にも相手にも“決断”を迫って自分の首をしめてしまいます。

そして、後悔と自己嫌悪。

もう最低!!





諸々

出掛ける用事が多いと家事が溜まるので、

家にいる時、片付けなくてはならず、なかなかPCを開けません絵文字名を入力してください

いろいろ遅れがちですがごめんね

見捨てないで~!!

ホント、時間が倍欲しいです。

先週は雨が多く、洗濯ものが渇かず何度か乾燥機をかけにコインランドリーに

走りました。

洗濯物多いので普段洗濯機2回かけるんだけど、

一日で乾いてくれないと干すところがないもんね。2日くらいなら雨でもだ丈夫だけど

それ以上はきついわ。

週末は給食着やらユニフォームやら、当番だとチームのタオルなど山ほどだし・・・。

プールの日は水着もあるけどその場合はお天気だからいいけど。

やんなっちゃうなーと思っていたら、本日梅雨明け宣言!!

よかった、よかった。

で、畑・・・家庭菜園ね、見たら草がボウボウ。

雨続きだったので草が育っちゃった。もうジャングル!

草刈りしたら・・・馬鹿でっかいきゅうりが・・・。

ははは、草に埋もれて見えなかったのね(^^;)

草取りは旦那の仕事だって引っ越し前にいってあったけど、

やったのはたった1回、しかも三分の一くらい・・・。

あはは・・・。



前に長男の施設にテレビの取材が入っていることを書きましたが、

長男は写るのが嫌で逃げ回っております。

カメラマンにも撮らないでと頼んだみたいでなので

全く写らないかも。

私としてはちょっと残念だけどね。

そうそう、全国放送みたいです。一時間半の特別番組。

モンゴルでは一人の子に密着するみたい。

施設では先生の指導の仕方などを中心にということだけど

楽しみだな~。


いよいよ2週間後にせまったモンゴル。

出発の日と帰る前日はウランバートルのホテルに泊まります。

2日目から7日目の朝までをそれぞれのゲルで過ごします。

寝袋も夏用では寒いので3シーズン用を買いました。

ゲルにいる間はお風呂も入らないし、着替えもたぶんしない。

4日めにおまつり(?)があり、そこで、いったんみんなに会えるようです。

お祭り・・・競馬、相撲大会(朝青竜なみの力士たちがくるみたい)

そして、馬頭琴コンサート。これ、動物たちもじっと聞き入るらしいです。

涙を流す馬もいるんですっって!!

あ~私も聞いてみたい!!

持っていく小遣いは3000円。(一律)

向こうでは3万円の価値。でも買い物は最終日の前日に

ウランバートルのデパートでだけなので・・・デパードはちょっと高めらしいので

3万円分は買えないかな。

長男は飛行機が一番ドキドキだと言ってます。

乗ったことないからね。

「落ちないかなー?」と心配みたい。

そんなこと言われると私まで心配になるわ。

たくましくなって無事に帰ってきてね!!





バレーと親に出来ること

今町内のトリムバレー大会から帰ったことです。

2日前に急に声をかけられて、

「私はソフトバレーはやってるけどトリムバレーはやったことがないけど」

というと、ソフトバレーやってるなら全然大丈夫!!と言われて

行ってきたのだが・・・・。

いや~全然ちがう!!

コートと1チーム4人というのは一緒だが

ボールも違うし、ルールも違う。

ソフトバレーはボールや人数の違いはあるが基本的に

普通のバレーとあまり変わらない。

でもトリムは・・・スパイク、ブロック禁止だし、(スパイクは後ろからならOK)

3回以内ではなくて必ず3回で返さなくてはならない。

しかも同じ人が2回触ってはいけない・・・つまり4人のうちの3人が一回ずつ打って

返さないといけないのだ。

スピードカンが全然違う。早い攻撃に慣れてる私は

ちょっと調子が狂う。

ボールが違うので飛び方が違う。ソフトバレーのように

当てるだけでは飛ばないし、普通のバレーのように

力を入れると飛びすぎる。

4試合やり、最初の2試合は全く駄目。

ベテランのおばちゃんがイライラしてるのがわかる。

う、ごめんよ、おばちゃん!

最後の2試合は慣れてきて勝てたので

おばちゃん、「上手じゃない!」とご機嫌が戻った。

よかったよー。

うん、楽しかったよ。毎週練習やってるというおばちゃんに

おいでよーといわれた。

行ける時があったら行ってみようかな(^◇^)


昨日は地区の麦の脱穀と緑化作業。

男性役員と男子児童は脱穀、女性役員と女子児童は

緑化作業で駅に花壇を作って花の苗を植えた。

昨日に限って暑くてまいった((+_+))


こちらに来て、1年半。

段々に知り合いが増えてきた。

最初は狭い田舎。私は誰も知らないが、

周りはうちが越してくる前から「1年生、4年生、6年生の三兄弟がいる家族がくる」と

知れ渡っていた。

だから、越してくるとすぐに 新しくきた人たちだとすぐに顔を覚えられた。

でも、閉鎖的な部分もあるので 向こうから仲間に入れてくれるような雰囲気ではなかった。

もちろん、親切な人だっていたけれど

それでも、学校の参観日などに行ったってこちらから声をかけないと

誰も話しかけてはくれないような感じだった。

そんな中で長男が不登校になったのは

正直きつかった。

買い物に行く、知らない人が○○くん、どうしたの?と聞いてきて

はじめてその人が同級生のお母さんであることを知る。

私はしらないのに私のことは知られてる。

まだ、不登校であると決まっていない段階・・・変ないいかただが、

明日こそ行けるだろう、毎日そんな思いの時に

好奇心むき出しのような顔で(当時私が感じたことである、今思うと心配してくれていただけかも

しれない)

「風邪?でも長引いてるよね。もしかしてなじめないの?」と聞かれても

なんて答えていいかわからない。

今までのいきさつを話せるほど相手を知らないし、

第一いじめにあったなんて言ったら変な先入観を持たれてしまうかもしれない。

でも逆に知り合いがいっぱいいてもそれはそれでキツイのかもしれない。

よく、子供が不登校になったり、引きこもりになったりすると

親も引きこもりがちになると聞く。

世間の目が心にささるのだ。

でも、私はそうならなかった。そうなってはいけないと思った。

私は知りあいを作るため、積極的に話しかけた。

近所のおばちゃんにも「こんにちは!寒いですねー」などと必ず

挨拶以外の一言をつけ、

なにかの集まりには積極的に顔を出すようにした。

こういう話をすると 強いわねーと言われることがあるがそうじゃないのだ。

私だってドキドキするし、知らない人の中に行くのは気が重いときもある。

でも。普通でも子供がいれば知り合いがいるのといないのとでは

大きな違いがある。

子供たちのためにも早く地域になれなければという思いと・・・。

不登校となり、家族いがいとの接点がなかった長男(施設へいくまで)

もし、動き始めたとき、本人はもちろん地域のこと、学校のことは何もわからないだろう。

私が長男とそういったものを結ぶ架け橋になりたかったのだ。

いや、これは過去形ではなく進行形だが。

周りの目も

「あの子の事もお母さんのこともよく知らない」というのと

「あの子は学校へ行けないみたいだけど、お母さんのことはよく知ってるよ、

地域のことに取り組んでるよ」というのでは印象は全然違うと思うのだ。


何かにつかれて子供が動けない。

親としてはつらいし、世間の目が胸に刺さるときもある。

でもそれは親の課題である。

子供が苦しんでるのを見るのがつらい、

だからといってつらいから早く立ち直れと焦らせるのは違うと思うのだ。

子供が立ち直るために、また立ちあがったときのために

出来ること。つらい思いをかみしめながら、こんなにも子供を愛していると

実感しながら、焦らせず、待ってる間に自分に出来ることをすることだ。

それが子供にしてあげられることなのではないかと私は思っている。


ご訪問、お返事すごく遅れています。
ごめんね!!


応援してくれると嬉しいな
(*^_^*)









これからの道

今日は長男、けっきょくS君の家に行きました。

Sくんの家に着き、顔を合わせる二人。

オドオドした顔をしてぺこりと頭を下げる長男。

こんな長男は・・・初めてだ。

小さい時から人見しりがなく、誰とでもすぐに打ち解けていた彼。

Sくんも無言。

大丈夫か?と心配になる。

とりあえず長男を残し、バレーへ。

今日はこちらの中2はおとといから昨日一泊で登山があったため休み。

一人が子供をつれてきた。

長男の元同級生。T君。

久し振りに見ると大きくなったなー。

長男よりはちょっと小振りだが、中学のジャージ。

なんだか立派に見える。

お母さんたちに交じってやるTくん。

ごく普通の中学生であるが、なんとなくすべてが立派に見えてしまう。

T君のお母さんはまじめで融通があまりきかない人。

その上・・・何ごとにも口を出さずにいられない。

私が長男のことを話すことを一番躊躇したのは、実はこのTくんのお母さんの

反応を考えていたからでもある。

やはり・・・無理かもしれないと思ってしまう・・・。


バレーを終え、長男を迎えにSくんの家に行く。

長男は、Sくんがゲームをやっているのをただ見ていただけだったようだ。

二人とも何も話さなかったらしい。

お互い、嫌というわけではなかったようだが、何を話していいか

わからないまま時間が過ぎたようである。

Sくんのお母さんに

「私も今帰ってきたんだけど・・・Sがゲームをずっとやってて、○○くんは

見ていたみたい。一緒に遊べって言ってあったのに。

ごめんね。でも・・・元気いっぱいだった○○くんとはイメージが変わっちゃったね」

と言われ、なんだかとても切なくなる。


帰りの車の中。

「全然 しゃべらなかったの?」

「うん。一言も」

「そっかー。つまらなかった?」

「つまらなかったよ」

「バレーいけばよかったかな?」

「まー、同じだよ、そんなもんだよ」

長男は何を思っただろう。

でも 行かなきゃよかったとは一言も言わなかった。


長男がこれから外へ向かって歩いていく過程で

ごく一般的に生活してきた子たちとの間にギャップを感じたり

取り残されたような感覚だったり、

そういう 様々な思いを感じることがあるだろう。

不登校を受け入れた時から私が覚悟してきたことだ。

そして そういう彼をしっかり支えていくということも。

乗り越えてほしい。

また以前のように自分から笑顔で話しかける勇気を取り戻してほしい。

それが出来るようになった時、彼はもっともっと強くなっていることだろう。

自分から動きだそうとしたこと、

行かなきゃよかったと言わなかったこと。

それだけで すごい大きな一歩だと思っている。

ゆっくり歩いていこうね。大丈夫だよ。

自分の弱さを知った時、人は強くなれるのだから。

いつだって君のそばにいて

いつだって応援している。


見守ってください


ちょっとドキドキ

めずらしく本日2回目の更新です。

あ、アップするときには日付変わってるかも。

明日はバレーです。

以前にも話しましたが、バレーの仲間は長男が不登校になってしまったことを

知りません。

話すタイミングがつかめなかったのと、(最初はとてもそんなこと言えないと思っていた)

わざわざ言わなくてもいいかという思いから。

長男の同級生のお母さんたちなので・・・。

みんな長男が小さい頃、入園前の育児サークルからの付き合いです。

みんな仲はいいのですが、その中でもなんでも話せる人と

そうでない人はいます。

でも、何でも話せる人ともタイミングがなく言っていません・・・。

前回のとき、ふと長男を連れてくるのもいいかなと

思いつきました。 次回にでも思いきってみんなに話してみようと。

だんだんと外に気持ちが向いてきた長男。

もし、その日施設へ行かないなら、一緒に体を動かすのもいいだろうし、

いろんな人と接するのも悪くない。

そう思っていた。


で、さっきいつものように

「明日、お母さんバレーだからね」と言うと

「あ、俺も行っちゃダメかな?」となんと長男から言い出した。

「行く?」 「うん、てまだ絶対行くとは言い切れないけど・・・誰がくるの?」

「S君のお母さんとか、T君のお母さんとか・・・みんな知ってるでしょ?」

「うん。」 

「ただ・・・学校行ってないこと言ってないんだよね。突然行ったらびっくりかも。

ちょっとSくんのお母さんに聞いてみるか?」

「うん」

内心びっくりである。今誘えば行くかもとは思っていたが

元同級生のお母さんたちだから躊躇する可能性の方が高いと思っていた。

正直言うと私も・・・勇気がいる。

でも、外に向かって行けるようになって欲しいという思い。

不登校は悪いことじゃないし、本人にもそのことで引け目を感じて欲しくない。

うん、チャンスかも。

Sくんのお母さんにメール。

メールなので細かい話はせず、ただ実はずっと学校へ行っていないこと、

一時は知りあいに会えるような精神状態ではなかったけど

段々に気持ちが外に向いてきているのでバレーに連れていきたいこと。

でも、みんなに話していないから、突然じゃマズイかな?

というような内容。

「そうなんだ・・・。私は明日仕事で行けないんだよ・・・。

昨日今日登山だったからS、明日休みで家にいるから

もしよかったら うちにおいてく?」

Sくんの家にはおばあちゃんがいる。おばあちゃんもよく知っている。

お母さんの留守に遊びにいっても問題はない。

長男に聞いてみる。

「う~ん。どうしようかな。バレーと図書館半々ずつ行こうかなと思っていたんだけど。

Sと遊ぶのも悪くないし・・・」と迷ってる。

体育館と図書館は隣同士。

とりあえず、朝決めてSくん家に行くようなら電話するといっておいた。

長男も どっちにするかは朝決めると言っている。

ただ、どちらかには たぶん行くと言っている。

不登校であることを知らないお母さんたちにいきなり会わせるのは勇気がいるが

なんとかなるだろう。

私も長男も強くなったもんだ。


今日(もう昨日?)いただいたコメントのお返事

まだ書けてません。ごめんね、明日(今日?)になっちゃいそう。


こんな私たちですが応援してもらえると嬉しいな!




地区児童会と懇談会

昨日は昼間、地区児童会。

夜は地区懇談会でした。

あ~もうすぐ夏休みなのですねガーン

児童会の方は

夏休みのきまり、地区の危険個所の確認、地区行事について

そして、地区遊びを決める。

地区遊び。 この学校では、“地区の子供が集まって遊ぶ時間”というのが

年3,4回あります。 

地区ごとに 体育館のステージ側とか校庭のグラウンドとか決められた場所に

それぞれ集まり遊ぶのです。

その時何をするかを地区の児童会の時に話しあいます。

「体育館だから・・・ドッチボールがいい!」

「いや、お年寄りを呼んで昔の遊びを教えてもらおう」

「校庭の日に雨が降ったらどうするか?」

「ぞうきんリレー? あ、伝言ゲーム?」

など楽しそう。

はじめは 学校の授業時間に組み込まれていることに驚いたのですが

なかなかいいかもしれないって思っています。


さて、夜は保護者たち。

夏休み中の地区行事の日程、プール監視当番のお願い、等。

夏休みは7月29日から8月17日まで。

東京育ちの私は8月中に2学期が始まることに

長い間違和感を感じていたのですが、すっかり慣れてきました。

初日から最終日まで土日、お盆(8月13日から16日)を除いてラジオ体操。

でも、9日の日曜日はお寺で座禅会のためラジオ体操もやって

そのあとに座禅だし、

13日は・・・伝統行事があり、朝からその準備、

昼は焼き肉会、行事は夜・・・お墓で行います。

そして行事のあと花火。

つまり・・・役員の私、一日中であります(笑)

まー子供たちもだけど。

ラジオ体操の当番、プールの監視当番、野球(試合、合宿) 長男送り迎え・・・。

ははは・・・やせるかな?

野球の合宿は・・・夕飯、朝ごはん作りや、親子試合や・・・

なんだかんだで行ったり来たりになります。

なんか、最近 忙しい!!って内容の記事ばっかりね(苦笑)



男の子の育児・不登校ランキング



3年間

昨日、長男がモンゴル旅行のしおりを持って帰ってきた。

いよいよだなーと思う。

それを見ながら、ここまで来たんだなと胸が熱くなる。

この3年くらいの様々なことを思い出し、涙がでてきた。



長男に問題行動が出始めたのは5年生の後半くらいからだったと思う。

友達からの暴力を受けてることに全く気づいていなかった私は

だんだんに非行化する彼に頭を抱えていた。

最初はカードを取ったとられたなどのもめ事が頻繁におきるようになってきた。

そして、数人との万引き。

警察に連れていかれたこともある。

家ではお金を欲しがり、暴れ

私の財布から数千円消えてるということがおこるようになる。

隣町のゲーセンで遊びまわっている事を知り、それも友達の親が

車でそれを送り迎えしていることも知った。

何度もその子たちの母親と話し合うが改善されず、何度言っても無駄だった。

当時、昼も夜も土日も働いていた私。

ずっと監視することも出来ず、仕事が終わると長男を探しまわる日々。

目を離すと、私のもらったばかりの給料が消えてる。

通帳が消えてる。

どんなに怒っても、知らないと言い張り、

私は何処へ行くにも全財産を持ち歩いた。

家の中でも。


学校は軍隊のようだった。

4年生から6年生(転校するまで)同じ先生で

とても厳しい先生だった。

女の、それも30歳で背が低い先生だったにも関わらず

クラス中の男の子は異常におびえていた。 もちろん長男も。

授業の時は発言の仕方から、その発言者を全員で一斉に見つめる姿(顔をしっかりと

向けて)まで、全員がまったく同じだった。

あいさつは大きな声でしっかりと。

何かの時はみんなとても積極的。

最初は熱心ないい先生だと思った。

でも、そこにかなりの抑圧があることに段々と気づいていった。

とくに男の子には容赦なかったようで、先生に何か言われると

泣きだしてしまう子も多かった。6年生の・・・男の子が、である。

影で文句を言いながらでもうまく立ち回れる子はいいが

長男はそんなに器用ではない。

彼なりにかなり頑張ってはいたが、それでも目をつけられることは多かった。

たぶん・・・一緒に遊びまわり、長男に暴力をふるっていた子たちも。


一度、教頭先生に相談したことがある。

教頭先生は

「私も、あのクラスは絶対おかしい、異常だって思っていました。

なぜ、親御さんたちから抗議が殺到しないのか不思議だと思っていたんです・・・。

校長にも何度か、あのクラス(先生)はなにか問題があるんじゃないかと進言したことは

あるんです。でも、校長さんは あのクラスの生徒はみんなとってもいい子で

まとまりがある。熱心ないい先生じゃないですか。なんの問題もないっていい張るんです。

みんながみんないい子過ぎるのが異常だと私は思っているのですが、

校長がそういう限り、私は何も出来ないんですよ・・・。

職員のあの先生に対する評価も真っ二つなんです」ということだった。


一度、校長、教頭、担任と数人の親で話しをしたこともあった。

一応話はわかってくれたようであった。


が、その直後長男ともう一人の子が学校を抜け出した。

歴史でキリシタンの人たちが迫害を受けていたという内容の授業のとき

どういう流れでかはわからないが、みんなの前で一年も前の

万引き事件のことを言いだし、「おまえらもあんなことしたんだから

八つ裂きにされる」というようなことを言われ、怖くなって逃げ出したのだ。


そんな状態であったから、何か問題があったとき、

学校に相談するということは出来なくなっていた。

子供がどんな目に合うかわからない。


もちろん、お母さん友達にも言えはしない。

旦那はあまりにも怒り方がひどすぎて問題がこじれるだけ。

だから旦那にも話せなくなっていた。

私はただひとり、奮闘していた。


後は続きから・・・。

                             

昨日の諸々

昨日は三男の親子レク。

歩いて40分のキャンプ場へ遠足。

子供たちより普段歩いていない親のほうがクタクタ。

役員さんは先に車で行き、カレー作りをしてくれた。

子供と一般の親は着いたらすぐにネイチャーゲーム。

山の中で青、緑、ピンク、黄色、オレンジ色のものを探し、

そろった人からお菓子をゲット。

それから、子供たちはアスレチックへGO!!


三男に引っ張られ、私もアスレチックへ。

ははは・・・クタクタ・・・・。

それからカレーを食べてひとしきり遊んでからまた歩いて戻り解散。


夜は懇親会。来れる人は夫婦でということだったけど

子供をおいて夫婦で来れる人は少ない。

結局夫婦は3組のみ。あとはどちらかだけ。

どちらも来ないうちもあるが。

で、お父さん9人。お母さん5人、それと先生。

うちは旦那が「お前が行け」というので私が参加。

焼き肉屋で飲み放題。

久し振りにいっぱい飲んじゃいましたアップロードファイル

さて一次会が終わり・・・お父さんがたはお姉ちゃんのいる店へ(^^;)

お母さんたちは・・・「どうする?もう一軒行くか」ということで

居酒屋へ・・・。

居酒屋についた途端、夫婦で参加の奥様方、一斉に

旦那さんへメール。

「私が一緒の飲み会で、なんで女がいる店に行くの!」と

ちょっとご立腹。

「まあまあ・・・。他のお父さんたちに気遣っているのよ~」などと

なだめながら、愛があるなーと感心してしまった。

私だったら・・・旦那が一緒だったとしてこの状況でも

たぶん気にしない(笑)

ここからは女同士で楽しんじゃえ!って思うだろう。

でももし、私が恋愛中で、その相手が私をおいて女のいる店に行ったら・・・

やっぱり怒るだろう。

つまり・・・旦那にたいしての恋愛感情はもうないということだ。

前にバレーで、結婚20年たっても旦那に焼きもちをやくという友達の話を聞き

たまげた。私が全く気にしないといったら逆に驚かれた。

「じゃーなんで一緒にいるのよ?」と言われ・・・

「べつに嫌じゃないから」としか答えられなかった(苦笑)

子供のため・・・とは言いたくなかった。

結婚してもうすぐ16年。

ま、こんなもんでしょうと言う感じだ。


ゆうべ来ていたお母さんたちはあんまり話したことがない人たち。

親しい人がみんな行かないというので迷ったけど

親しくなるチャンスだと思い参加。

私はなるべく、相手に飛び込んでいくようにしている。

親しい人が増えるのはメリットがたくさんあるからだ。

子供がいれば尚更ね。

いろんな情報が聞けるし、いろんな面で助け合える仲間が増えるのは

心強い。

以前は人見しりだった私。今だって心の中にそういう自分もいるけれど

自分から飛び込んでいくことでそういう自分に負けないようになった。

ゆうべも行って正解。

今度はお母さんたちだけの飲み会をしようねと別れた。

ちょっと・・・・飲みすぎたけど!!(笑)


不登校、男の子の育児ランキング






今日の予定

バタバタしていて、お返事、ご訪問が遅くなってごめんね!!

今日は午後、小学校の参観日です。

参観授業の前に6年生の保護者は予防接種に同伴しなきゃいけない。

二種混合。長男の時、6年生でやったっけ?

どちらにしても学校でってことはなかったなー。

今の学校は人数少ないから可能なんだろう。

今、次男の学年が一番人数多いけど、それでもたった30人(^^;)

1時20分に予防接種のために行き、

2時から参観授業。次男と三男の教室に半分ずつ。

たった1年だったけど3人小学生の時にくらべたら楽になった!

で、3時から救急法講習会。

これ・・・私この2年で3回受けてる。今日で4回目。

もう完璧だと思っているし、強制じゃないから受けなくてもいいのだけど

夏休みのプール監視当番があるからね、念のために受けておこうと思って。

実践は何回やっても恥ずかしいのよね。

倒れてる人形相手に「あ、人が倒れてる!!」からやらされる(苦笑)

人形の肩をドンドン叩き、

「大丈夫ですか?聞こえますか?・・・意識なし、呼吸、心臓停止・・・

誰か来てくださーい!!」って(笑)

で、「そこのあなた!119番救急車お願いします!そっちのあなたはAEDを持ってきてください!」

と言って人形に心臓マッサージと人工呼吸。AEDがきたらそれを取りつけ・・・。

女優の私でも(笑)

ちょっと緊張!!

で、4時15分から学級懇談会。

次男はお泊り会のことと夏休みの課題、中学に向けての話。

三男は明日の親子レクのこととやはり夏休みのこと。

さて、どんなふうに回ろうかしら?

半々で行くつもりが片方出ているうちにもう片方が終わっちゃう時もある。

兄弟がいると大変よね~。


この前の役員会で夏休みの行事のことなどの話だったのだけど

たとえばラジオ体操、初日と最終日は役員全員参加だけど

(そのほかの日は当番制)

初日はつまり、長男がモンゴルへ出発する日。

私は・・・5時過ぎに長男を送るため家を出て、5時40分ごろの出発(施設)を

見送り、帰ってきて6時20分にはラジオ体操の会場にいなきゃいけない(苦笑)

夏休みもゆっくりできないわ~。

ま、張り切っていきましょう!!



応援してね!!




スタートライン

昨日は昼間、スクールカウンセラーの先生との面談。

夜は役員会でした。

カウンセラーの先生から

「仕事上、子供のことで悩んでるお母さんと接する機会が多いのですが、

みなさん、自分の育て方が悪かったからと自分を責めてばかりいたり

不安に押しつぶされそうな日々を送っていて・・・・。

そういうお母さんに会うたびに、いるかさんに会わせてあげたい!って最近思っちゃうんですよ。

いるかさん、長男くんがもう少し落ち着いたら、悩んでいるお母さん達のアドバイザーとか

そういうお仕事されたら絶対いいと思いますよ!!」

と言われてしまった。

アドバイザーなんてそんな偉そうに物を言える立場ではない。

私自身、まだまだ先の見えない戦いの中にいる。

でも、自分を散々責めた日々も

不安に押しつぶされそうな日々も

迷い、葛藤を繰り返したりした私が一歩を踏み出せるようになった経験を話すことで

もしもだれかが一歩踏み出せるようになるのなら

それは素敵なことだと思う。

もともとブログを始めたのもそういう理由からだし。

関係ないこともいっぱい書いているけど(苦笑)



子育てに悩みは付きものです。

問題は様々でも、親の思いというのは

そんなに変らないと思います。

母親は特に自分を責めてしまいます。

「私のしつけが悪かった。」

「私があの時こうしてあげていたら」

「もっと気持ちを考えてやっていれば」

「もっと早く気づいてあげていたら・・・」 etc・・・。


すべてが自分のせい。この子をこんな風にしてしまったのは私だ・・・。


でも、それは違います。

二人以上のお子さんを持っている方なら

おんなじように接しても子供によってその反応が違うのはわかるでしょ?

虐待などは別ですが、子供を愛し、よかれと思い接してきたならば、

あなたのせいで問題が起きたわけではないのです。

もしも、やり方がその子に合っていなかったとわかったのなら

やり方を変えればいいのです。

いつだってやり直しはきくのです。子供はまだ人生の半分も生きていないのですから。

それに、そんなにも自分を責め、苦しんでいること自体、

子供を愛している証拠です。

そのエネルギーを自分を責めることじゃなく、その子を見つめる方向に変えましょう。

弱い自分も、子供の弱さも受け入れてあげましょう。

どうしてあげていいかわからない時、

本や人の言葉に正解を探すのではなく、

まずは目の前にいる我が子にしっかり向き合いましょう。

そして、その子がどうしたら怪我をしないかを考えるのでなく、

もし怪我をしたら、しっかり手当をしてあげようと腹をくくるのです。

不安でいっぱいになったら、なにが不安かをひとつずつ書き出しましょう。

そして、どうしたらそうならないかを一つずつ検討してみましょう。

まずはそこがスタートライン。

まずはあなたが笑顔を取り戻すことから始めましょう。



応援してね!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。